サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日蓮聖人と法華の至宝 : 図説 第6巻

川添昭二, 中尾堯, 渡辺宝陽, 坂輪宣敬 監修

詳細情報

タイトル 日蓮聖人と法華の至宝 : 図説
著者 川添昭二, 中尾堯, 渡辺宝陽, 坂輪宣敬 監修
著者標目 川添, 昭二, 1927-
著者標目 中尾, 尭, 1931-
著者標目 渡辺, 宝陽, 1933-
著者標目 中尾, 尭, 1931-
著者標目 久保, 智康, 1958-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社同朋舎新社
出版年月日等 2015.12
大きさ、容量等 203p ; 30cm
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784908393075
価格 19048円
JP番号 22915702
巻次 第6巻
別タイトル 仏具と荘厳
部分タイトル 仏具と荘厳 / 中尾尭, 久保智康 編
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) 日蓮宗
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 仏具
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM181
NDLC HM187
NDC(10版) 188.9 : 各宗
NDC(9版) 188.9 : 各宗
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日蓮聖人と法華の至宝 :図説.第6巻
  • 目次
  • この巻の構成/表記について 八
  • 序章
  • 『法華経』にみる仏宝の荘厳 中尾堯 一〇
  • 第一章 本尊の勧請と仏具
  • 第一章 【概論】日蓮宗の本尊勧請と荘厳 中尾堯 一八
  • 第一章 <本堂>
  • 第一章 本堂内陣 身延山久遠寺 昭和時代 二四
  • 第一章 須弥壇・本堂宮殿 本遠寺 江戸時代 二六
  • 第一章 本堂内陣 妙顯寺 江戸時代 二七
  • 第一章 本堂内陣 立本寺 江戸時代 二八
  • 第一章 本堂内陣多宝塔 藻原寺 江戸時代 二九
  • 第一章 内陣・須弥壇 本興寺 戦国時代・天文二十一年 三〇
  • 第一章 釈迦堂内陣・須弥壇 遠照寺 江戸時代 三二
  • 第一章 釈迦堂多宝塔 遠照寺 室町時代 三三
  • 第一章 本堂内陣・須弥壇 妙覚寺 明治時代 三五
  • 第一章 本堂内陣 本蓮寺 室町時代 三六
  • 第一章 本堂内陣 西山本門寺 江戸時代 三八
  • 第一章 本堂内陣・宮殿 本禅寺 江戸時代 四〇
  • 第一章 本堂内陣 妙成寺 慶長十年代 四二
  • 第一章 <祖師堂>
  • 第一章 祖師堂内陣 池上本門寺 昭和時代 四四
  • 第一章 棲神閣(祖師堂)内陣 身延山久遠寺 昭和時代 四六
  • 第一章 御真骨堂内陣 身延山久遠寺 明治時代 四八
  • 第一章 祖師堂宮殿 中山法華経寺 江戸時代初期 五〇
  • 第一章 祖師堂宮殿 見延妙石坊 室町時代 五二
  • 第一章 祖師堂須弥壇・宮殿 藻原寺 江戸時代 五三
  • 第一章 三菩薩堂宮殿 妙顯寺 江戸時代中期 五四
  • 第一章 祖師堂 小湊誕生寺 江戸時代 五六
  • 第一章 祖師堂 堀之内妙法寺 江戸時代 五八
  • 第一章 祖師堂内陣 妙成寺 江戸時代 六〇
  • 第一章 祖師堂内陣・三宝本尊厨子 妙圀寺 江戸時代 六一
  • 第一章 <守護神堂>
  • 第一章 刹堂内陣 中山法華経寺 江戸時代 六二
  • 第一章 鬼子母神内陣 雑司ヶ谷法明寺 江戸時代 六三
  • 第一章 三十番神堂 妙本寺 桃山時代 六四
  • 第一章 三十番神堂 妙成寺 江戸時代 六五
  • 第一章 本殿内陣・拝殿 身延山久遠寺七面社 江戸時代 六六
  • 第一章 七面堂内陣 高田亮朝院 江戸時代 六八
  • 第一章 守護神堂内陣 能勢妙見社 江戸時代 六九
  • 第一章 妙見堂 頂妙寺 江戸時代 七〇
  • 第一章 三光堂内陣 妙成寺 江戸時代 七一
  • 第一章 本堂内守護神堂 福山妙政寺 江戸時代 七二
  • 第一章 鬼子母神・十羅刹女厨子 高光寺 江戸時代 七三
  • 第一章 守護神堂厨子 重顕寺 江戸時代 七四
  • 第一章 一切経蔵内輪蔵 本圀寺 江戸時代 七五
  • 第一章 経蔵内陣・一切経棚 妙成寺 江戸時代 七六
  • 第一章 経蔵一切経箱 妙成寺 江戸時代 七七
  • 第一章 持仏堂(御靈屋)陟屺堂仏壇 妙成寺 江戸時代 七八
  • 第一章 春慶塗御頂骨箱 妙成寺 江戸時代 七九
  • 第一章 鐘楼・梵鐘 飯高寺 江戸時代 八〇
  • 第一章 講堂須弥壇・宮殿 北真教寺 江戸時代 八二
  • 第一章 【用語】仏具名と読み方一覧 八四
  • 第二章 本尊と舎利・法華経を安置-厨子・宝塔・須弥壇
  • 第二章 【概論】本尊と法華経を安置する荘厳 久保智康 八六
  • 第二章 鉄多宝塔 頂妙寺 江戸時代 九〇
  • 第二章 宝塔 元本国寺 江戸時代 九一
  • 第二章 金銅宝塔 本法寺 南北朝時代 九二
  • 第二章 金銅舎利塔・漆塗舎利塔厨子 妙成寺 江戸時代 九四
  • 第二章 三宝本尊厨子 妙圀寺 文禄三年・慶長三年 九六
  • 第二章 宮殿形厨子 宝塔寺 桃山時代・江戸時代 九八
  • 第二章 宝塔 法華寺 江戸時代 一〇〇
  • 第二章 宮殿形厨子 西山本門寺 江戸時代 一〇一
  • 第二章 宮殿式厨子・須弥壇 南真教寺 江戸時代 一〇二
  • 第二章 須弥壇 法華寺 江戸時代 一〇四
  • 第三章 聖典を納める-経箱と日蓮聖人遺文箱
  • 第三章 【概論】法華経と聖人遺文の荘厳 久保智康 一〇六
  • 第三章 蓮池輪宝沈金経箱 長源寺 室町時代 一〇九
  • 第三章 金銅蓮華唐草紋透彫経箱 要法寺 室町時代 一一〇
  • 第三章 花唐草螺鈿経箱 本法寺 江戸時代 一一一
  • 第三章 牡丹唐草螺鈿経箱 妙顯寺 朝鮮時代 一一二
  • 第三章 金梨地宝塔蒔絵経箱 妙典寺 室町-桃山時代 一一四
  • 第三章 蓬莱蒔絵祈祷経箱 妙成寺 江戸時代 一一五
  • 第三章 『注法華経』蒔絵経箱 妙法華寺 桃山時代 一一六
  • 第三章 日蓮聖人遺文『観心本尊抄』箱 中山法華経寺 江戸時代 一一八
  • 第三章 日蓮聖人真蹟遺文箱 (蓮唐草鳳凰蒔絵三重箱)(蓮池蒔絵三重箱) 中山法華経寺 江戸時代 一一九
  • 第三章 橘松樹蒔絵文書箱菊萩花蒔絵文書箱 妙顯寺 江戸時代 一二一
  • 第三章 十六本山会合用書類内箱 頂妙寺 江戸時代 一二二
  • 第三章 【コラム】聖教護持の営み 中尾堯 一二四
  • 第四章 仏道をかざる-荘厳具と供養具
  • 第四章 【概論】仏堂をかざる 久保智康 一二六
  • 第四章 天蓋 飯高寺 江戸時代 一二九
  • 第四章 天蓋 瑞光寺 江戸時代 一三〇
  • 第四章 華鬘 国前寺 江戸時代 一三一
  • 第四章 前机(散華蒔絵) 妙本寺 桃山時代 一三二
  • 第四章 前机 西山本門寺 桃山時代 一三三
  • 第四章 前机 妙成寺 江戸時代 一三四
  • 第四章 前机 見塔寺別院 室町時代 一三五
  • 第四章 前机 遠照寺 江戸時代 一三六
  • 第四章 経机 妙政寺 江戸時代 一三八
  • 第四章 経机 法華寺 江戸時代 一三九
  • 第四章 経机 本興寺 江戸時代 一四〇
  • 第四章 黒漆燭台 長勝寺 室町時代 一四一
  • 第四章 五彩蓮華唐草雲龍文角香炉花卉雲龍鳳凰文尊形花瓶 本能寺 明時代 一四二
  • 第四章 七宝花唐草文香炉・花瓶 妙相寺 江戸時代 一四四
  • 第四章 三葉葵紋透釣灯籠 妙成寺 江戸時代 一四五
  • 第四章 【随想】梵鐘受難 中尾堯 一四六
  • 第五章 梵音具と僧具
  • 第五章 【概論】僧が用いる鳴器と道具 久保智康 一四八
  • 第五章 銅孔雀文磬 本国寺 南北朝時代 一五一
  • 第五章 銅孔雀文磬・磐架 西山本門寺 江戸時代 一五二
  • 第五章 磐架 本法寺 江戸時代 一五三
  • 第五章 銅鳳凰紋磬 本興寺 江戸時代 一五四
  • 第五章 雲版 妙本寺 南北朝時代 一五五
  • 第五章 雲版 本国寺 江戸時代 一五六
  • 第五章 梵鐘 本土寺 鎌倉時代 一五七
  • 第五章 梵鐘 久遠寺 江戸時代 一五八
  • 第五章 梵鐘 妙国寺 鎌倉時代 一六〇
  • 第五章 梵鐘 妙圀寺 鎌倉時代 一六二
  • 第五章 梵鐘 万光寺 室町時代 一六三
  • 第五章 梵鐘 妙政寺 江戸時代 一六四
  • 第五章 梵鐘 瑞光寺 江戸時代 一六五
  • 第五章 銅鰐口 本隆寺 南北朝時代 一六六
  • 第五章 金銅鰐口 藻原寺 室町時代 一六七
  • 第五章 銅鰐口 千久寺 桃山時代 一六八
  • 第五章 銅鑼 頂妙寺 江戸時代 一六九
  • 第五章 銅鑼 妙稲寺 江戸時代 一七〇
  • 第五章 饒鈸・銅鑼 瑞光寺 江戸時代 一七一
  • 第五章 金銅蓮華唐草文銅透彫華籠 本土寺 室町時代 一七二
  • 第五章 金銅装輪宝文科注箱 妙政寺 江戸時代 一七三
  • 第五章 朱漆科注箱 妙成寺 江戸時代 一七四
  • 第五章 南蛮人蒔絵交椅 瑞光寺 桃山時代 一七五
  • 第五章 椅子 妙相寺 江戸時代 一七六
  • 第五章 長櫃 立本寺 江戸時代 一七七
  • 第五章 相輪橖 身延山久遠寺 江戸時代 一七八
  • 第五章 【コラム】仏具の運命を問う 中尾堯 一八〇
  • 第六章 各論
  • 第六章 絵画にみる荘厳と仏具 中尾堯 一八二
  • 第六章 庶民の法華信仰と仏具 望月真澄 一八七
  • 第六章 【特別記事】ふたつの日蓮聖人展 中尾堯 一九二
  • 第六章 【特別記事】日蓮宗の法衣と袈裟 中尾堯 一九八

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで