サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日蓮聖人と法華の至宝 : 図説 第3巻

川添昭二, 中尾堯, 渡辺宝陽, 坂輪宣敬 監修

詳細情報

タイトル 日蓮聖人と法華の至宝 : 図説
著者 川添昭二, 中尾堯, 渡辺宝陽, 坂輪宣敬 監修
著者標目 川添, 昭二, 1927-
著者標目 中尾, 尭, 1931-
著者標目 渡辺, 宝陽, 1933-
著者標目 中尾, 尭, 1931-
著者標目 赤尾, 栄慶, 1954-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社同朋舎メディアプラン
出版年月日等 2013.5
大きさ、容量等 207p ; 30cm
注記 文献あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784862360342
価格 19048円
JP番号 22915691
ISBN(エラーコード) 978-4-86236-033-5
巻次 第3巻
別タイトル 典籍・古文書
部分タイトル 典籍・古文書 / 中尾尭, 赤尾栄慶 編
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 日蓮宗--教義
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM181
NDLC HM182
NDC(10版) 188.9 : 各宗
NDC(9版) 188.9 : 各宗
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日蓮聖人と法華の至宝 :図説.第3巻
  • 目次
  • この巻の構成/表記について 六
  • 序章
  • 文化財としての日蓮聖人真蹟 湯山賢一 八
  • 鎌倉仏教における日蓮聖人の聖教 蓑輪顕量 一三
  • 『法華経』経典の世界 赤尾栄慶 一七
  • 寺院文書の構造的把握 中尾堯 二一
  • 【資料】寺院文書を所収する文献 木村中一 二七
  • 第一章 法華経の典籍
  • 第一章 【概論】法華経の写経 赤尾栄慶 三〇
  • 第一章 法華経開結(注法華経) 妙法華寺 鎌倉時代 三四
  • 第一章 一字宝塔法華経井観普賢経 本満寺 平安時代後期 三六
  • 第一章 法華経并観普賢経(藍紙本) 立本寺 平安時代中期 三八
  • 第一章 金字法華経巻第五巻首伏見天皇宸翰 妙顕寺 鎌倉時代 四〇
  • 第一章 法華経開結紙背尊性法親王消息 南真経寺・北真経寺 鎌倉時代 四二
  • 第一章 法華経伏見天皇宸翰、紙背後深草天皇宸翰消息 妙蓮寺 鎌倉時代 四四
  • 第一章 法華経開結 本隆寺 平安時代後期-鎌倉時代前期 四六
  • 第一章 法華玄論 本隆寺 奈良時代-平安時代前期 四八
  • 第一章 紫紙金字法華経開結 本法寺 平安時代中期 五〇
  • 第一章 法華経紙背寛性法親王消息 本禅寺 南北朝時代 五二
  • 第一章 法華経伝伏見天皇宸翰 本興寺 室町時代 五四
  • 第一章 紺紙金字法華経 妙顕寺 至元五年 五六
  • 第一章 細字法華経 妙宣寺 鎌倉時代 五八
  • 第一章 法華経 本土寺 南北朝時代-室町時代 六〇
  • 第一章 法華経 本土寺 鎌倉時代 六二
  • 第一章 法華経要文和歌懐紙 妙満寺 南北朝時代 六四
  • 第一章 【コラム】中国の石刻法華経 桐谷征一 六八
  • 第二章 名僧の書蹟
  • 第二章 【概諭】日蓮宗における文書と記録 寺尾英智 七〇
  • 第二章 四信五品抄問状案 法華経寺 建治三年 七四
  • 第二章 日向書状 藻原寺 鎌倉時代 七六
  • 第二章 日位書状 妙顕寺 正和四年 七八
  • 第二章 日朗書状 妙顕寺 正和二年 八〇
  • 第二章 日印書状 妙顕寺 元応二年 八二
  • 第二章 本尊分与帳(白蓮弟子分与申御筆御本尊目録事) 本門寺 永仁六年 八四
  • 第二章 日法書状 妙顕寺 建武元年 八六
  • 第二章 日像書状 妙顕寺 暦応三年 八八
  • 第二章 日輪書状 妙顕寺 康永二年・延文二年 九〇
  • 第二章 大覚妙実書状 妙顕寺 室町時代 九二
  • 第二章 当家法門目安 光勝寺 延文四年 九四
  • 第二章 立正治国論 本法寺 永亨十二年 九六
  • 第二章 日朝書状 本覚寺 室町時代 九八
  • 第二章 己行記 妙国寺 永禄四年-天正十三年 一〇〇
  • 第二章 日重辞世 本満寺 元和元年 一〇二
  • 第二章 日樹言上書 頂妙寺 寛永七年 一〇四
  • 第二章 本満寺住持職付属状 本満寺 慶長十五年 一〇六
  • 第二章 日遠書状 頂妙寺 寛永七年 一〇八
  • 第二章 身延のみちの記 隆盛寺 万治二年 一一〇
  • 第二章 【コラム】中世農村の法華信仰 湯浅治久 一一二
  • 第三章 日蓮宗の寺院文庫
  • 第三章 【概諭】日蓮宗寺院の御宝物と寺院文庫 望月真澄 一一四
  • 第三章 弘決外典抄 久遠寺 鎌倉時代 一一八
  • 第三章 本朝文粋(北条時代頼本の筆写本) 久遠寺 建治二年 一二〇
  • 第三章 補施集 久遠寺 長享二年-明応六年 一二二
  • 第三章 三日講 久還寺 室町時代 一二四
  • 第三章 録内合本(録内御書) 久遠寺 室町時代 一二六
  • 第三章 録外合本(録外御書) 久遠寺 室町時代 一二八
  • 第三章 日朗遺骨分与状并一味同心連署起請文案 妙顕寺 元応二年 一三〇
  • 第三章 後醍醐天皇論旨 妙顕寺 建武元年 一三二
  • 第三章 後光厳天皇縮旨 妙顕寺 延文二年 一三四
  • 第三章 足利直義御判御教書 妙顕寺 建武三年 一三六
  • 第三章 足利義詮御判御教書 妙顕寺 貞和六年 一三七
  • 第三章 妙顕寺禁制 妙顕寺 暦応四年 一三八
  • 第三章 日像・大覚妙実譲状 妙顕寺 康永元年・延文元年 一四〇
  • 第三章 後小松天皇宸翰消息 妙顕寺 応永二十年 一四二
  • 第三章 鶏冠井両真経寺法式 南真経寺・北真経寺 寛文元年 一四四
  • 第三章 霊宝惣箱 南真経寺・北真経寺 寛文元年 一四六
  • 第三章 京都十六本山会合用書類 頂妙寺 室町時代-明治時代 一四八
  • 第三章 藤原範網施入注文 藻原寺 応長二年 一五〇
  • 第三章 仏堂伽藍記 藻原寺 永正十三年 一五二
  • 第三章 本土寺過去帳 本土寺 寛正七年 一五四
  • 第三章 市村隼人佐寄進状 岡山県立博物館 宝徳二年 一五六
  • 第三章 【コラム】本阿弥光悦書『立正安国論』を見る 中尾堯 一五八
  • 第四章 聖教目録・宝物目録
  • 第四章 【概論】寺院資料と「聖教目録」「宝物目録」 望月真澄 一六〇
  • 第四章 常修院本尊聖教事(常師目録) 法華経寺 永仁七年 一六四
  • 第四章 本尊聖教録(祐師目録) 法華経寺 康永三年 一六六
  • 第四章 文書等事(祐師文書事) 法華経寺 康安元年 一六八
  • 第四章 蔵書目録(意師目録) 久遠寺 室町時代 一七〇
  • 第四章 霊宝目録(乾師目録) 久遠寺 慶長八年 一七二
  • 第四章 御霊宝目録(遠師目録) 久遠寺 慶長十年 一七四
  • 第四章 霊宝目録(亨師目録) 久遠寺 正徳二年 一七六
  • 第四章 霊宝録(広師目録) 妙顕寺 天文十五年 一七八
  • 第四章 重書目録(堯師目録) 妙顕寺 江戸時代 一八〇
  • 第五章 各論
  • 第五章 近世初期にみる日蓮宗の出版 冠賢一 一八四
  • 第五章 京都日蓮宗寺院における古文書 羽田聡 一八九
  • 第五章 京都の法華と町 河内将芳 一九三
  • 第五章 関東地方の寺院文書 中尾堯 一九七
  • 第五章 【特別記事】日蓮聖人と一切経 中尾堯 二〇一

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで