サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

地獄と煉獄のはざまで : 中世イタリアの例話から心性を読む

石坂尚武 著

詳細情報

タイトル 地獄と煉獄のはざまで : 中世イタリアの例話から心性を読む
著者 石坂尚武 著
著者標目 石坂, 尚武, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社知泉書館
出版年月日等 2016.3
大きさ、容量等 507,15p ; 22cm
ISBN 9784862852311
価格 8500円
JP番号 22742159
トーハンMARC番号 33431286
部分タイトル キリスト教と「改悛」
部分タイトル パッサヴァンティの例話集の書かれた背景
部分タイトル 例話とパッサヴァンティの作品
部分タイトル パッサヴァンティの生涯
部分タイトル 死から蘇生した男と地獄の罰
部分タイトル 裕福に育てられた若いドミニコ会士
部分タイトル 死に際で回心した騎士
部分タイトル 天使と悪魔の言い争い
部分タイトル ある罪人の死
部分タイトル 聖アンセルムスの見方と人間の愚かさ
部分タイトル マコンの領主
部分タイトル 教えに背いた息子と死んだ母親の叱責
部分タイトル 聖マカリウスとしゃれこうべと地獄の罪
部分タイトル 地獄で苦しむ学生、教授の前に現わる
部分タイトル 煉獄での「女狩り」の責め苦
部分タイトル サレルノの君主と地獄の火の予感
部分タイトル 悪魔に殴打された聖アントニウス
部分タイトル 聖アンブロシウスと幸福すぎる宿屋の主人
部分タイトル 立派な騎士と裏切られた悪魔
部分タイトル 托鉢修道会
部分タイトル 浪費家の青年騎士と聖母の憐れみ
部分タイトル ある娼婦の改悛と贖罪
部分タイトル 近親相姦と父親殺しの過去をもつ娼婦
部分タイトル 地獄に堕ちた大聖堂参事会員
部分タイトル フランスの貴族と地獄の永遠の罰.改悛のもたらす効力-学生の犯した罪とその不思議な赦免-
部分タイトル 改悛のもたらす効力-人殺しの学生と悔悟した妹-
部分タイトル 告解を回避した罪と聖フランチェスコの祈禱による蘇生
部分タイトル 告解の不可思議な効力
部分タイトル 悪魔に憑かれた修道士と告解で隠した罪の暴露
部分タイトル 悪魔憑きの男と無効な告解
部分タイトル 不倫をした司祭、馬小屋のなかで告解を受ける
部分タイトル 情事をした司祭
部分タイトル 盗賊となった修道士の臨終の告解と煉獄の罰.ある海賊の誓い
部分タイトル ある修道女の堕落と聖母の敬虔な赦免
部分タイトル 傲慢な修道士、女に化けた悪魔の誘惑に乗る
部分タイトル 聖修道院長の思慮ある謙遜
部分タイトル 冒瀆のことばを吐いた聖職者
部分タイトル アルキビアデスの栄光と没落
部分タイトル 悪魔払いが悪魔に憑かれる
部分タイトル 謙虚の美徳と聖書の解釈
部分タイトル 謙遜の美徳と聖アントニウス
部分タイトル マカリウスの謙遜が悪魔を打ち負かす
部分タイトル 聖ヒラリウスの高められた謙譲
部分タイトル この世の栄光はかくのごとくはかない
部分タイトル 人間よ、忘れるなかれ
部分タイトル 謙虚さから豚の世話をした聖師父
部分タイトル 軽蔑された聖徳なる人の謙譲さ
部分タイトル テミストクレスの虚栄
部分タイトル パウサニアスとエロストラトスが抱いた名声への愚かな欲求
部分タイトル キケロの徒として有罪宣告を受けたヒエロニムス
部分タイトル 不当に責められる悪魔
部分タイトル キリスト教徒は復讐をしない
部分タイトル 不平を言うな
部分タイトル 神の裁きと人間の裁き
部分タイトル アレクサンドリアのヨハネ大司教と商人
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) カトリック教会--イタリア--歴史--中世
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HP122
NDC(9版) 198.2237 : 各教派.教会史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで