サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

住設建材マーケティング便覧 2015年版

大阪マーケティング本部第三事業部 調査・編集

詳細情報

タイトル 住設建材マーケティング便覧
著者 大阪マーケティング本部第三事業部 調査・編集
著者標目 富士経済
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社富士経済
出版年月日等 2015.3
大きさ、容量等 210p ; 30cm
ISBN 9784834917901
価格 120000円
JP番号 22715063
巻次 2015年版
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) 建築設備
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 建築材料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL847
NDC(9版) 528 : 建築設備.設備工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 住設建材マーケティング便覧.2015年版
  • 目次
  • I. 総括編
  • I. 1. 新設住宅着工戸数の動き 1
  • I. 2. 2014年住設建材市場総括と将来予測 2
  • I. 3. 外部環境の変化による市場への影響 3
  • I. 3. 1) 消費税率の引き上げ 3
  • I. 3. 2) 電力/ガス小売り自由化 4
  • I. 3. 3) 東京オリンピック開催 4
  • I. 4. 大手住宅メーカーによる商品開発コンセプトと住設建材市場への影響 5
  • I. 4. 1) 品目分野別の採用傾向 5
  • I. 4. 2) 注目される住宅商品の開発コンセプト 7
  • I. 4. 2) (1) 省エネ/ZEH
  • I. 4. 2) (2) 高齢者対応
  • I. 4. 2) (3) ウエルネス
  • I. 4. 2) (4) 安全・安心
  • I. 4. 2) (5) ライフサポート
  • I. 4. 2) (6) システム化/ネットワーク化
  • I. 4. 2) (7) リフォーム
  • I. 4. 2) (8) 異業種コラボレーション
  • I. 4. 3) 品目分野別に見た注目開発コンセプトが住設建材市場に与える影響 12
  • I. 4. 4) スマートハウスの販売戸数と今後の予測 14
  • I. 5. 対象品目の市場規模推移 15
  • I. 6. エリア別市場の特性分析 22
  • I. 7. 主要住設建材メーカーの事業戦略動向 23
  • I. 8. 品目分野別の商品開発トレンド 24
  • I. 9. 流通構造の特性と変化、今後の方向性 27
  • I. 10. 日系企業による海外市場への進出動向 28
  • I. 11. 次世代に向けた注目動向と住設建材市場に与える可能性 34
  • I. 11. 1) 省エネ化に関する動向 34
  • I. 11. 2) 中古住宅流通に関する動向 34
  • I. 11. 3) 高齢化社会の到来に関する動向 35
  • I. 11. 4) グローバル化に関する動向 35
  • II. 品目市場編
  • II. 住宅設備分野編
  • II. 【A. 水廻り設備分野】
  • II. 【A. 1. キッチン 37
  • II. 【A. 2. 洗面化粧台 41
  • II. 【A. 3. 浴室ユニット 45
  • II. 【A. 4. 温水洗浄便座/一体型温水洗浄便器 49
  • II. 【A. 5. 水栓金具 53
  • II. 【B. 水廻り関連機器分野】
  • II. 【B. 6. ビルトインコンロ 57
  • II. 【B. 7. 食器洗浄乾燥機 61
  • II. 【B. 8. 浄水器/整水器 65
  • II. 【B. 9. レンジフード 69
  • II. 【B. 10. 浴室暖房乾燥機 73
  • II. 【C. 給湯機分野】
  • II. 【C. 11. ガス給湯機 77
  • II. 【C. 12. 石油給湯機 81
  • II. 【C. 13. 電気給湯機 83
  • II. 【D. 空調設備分野】
  • II. 【D. 14. ルームエアコン 87
  • II. 【D. 15. 床暖房 91
  • II. 【D. 16. 換気設備 95
  • II. 【E. 創エネ/省エネ分野】
  • II. 【E. 17. 住宅用太陽光発電システム 97
  • II. 【E. 18. 太陽熱利用システム 101
  • II. 【E. 19. ガスコージェネレーションシステム 105
  • II. 【E. 20. HEMS 109
  • II. 【E. 21. 家庭用定置型蓄電システム 111
  • II. 【F. セキュリティ分野】
  • II. 【F. 22. 住宅用火災警報器 113
  • II. 【F. 23. テレビドアホン 117
  • II. 【F. 24. 玄関用錠前 119
  • II. 建材分野編
  • II. 【G. 内装材(木質)分野】
  • II. 【G. 25. フローリング材 123
  • II. 【G. 26. 室内ドア 127
  • II. 【G. 27. 収納部材 131
  • II. 【G. 28. 階段ユニット 135
  • II. 【G. 29. 造作材 137
  • II. 【H. 内装材(非木質)分野】
  • II. 【H. 30. 壁クロス 139
  • II. 【H. 31. クッションフロア 143
  • II. 【H. 32. 内装タイル 145
  • II. 【I. 断熱分野】
  • II. 【I. 33. 住宅用繊維系断熱材 147
  • II. 【I. 34. 住宅用発泡系断熱材 151
  • II. 【I. 35. 複層ガラス 155
  • II. 【J. 外部建具分野】
  • II. 【J. 36. サッシ 157
  • II. 【J. 37. 玄関ドア 161
  • II. 【J. 38. シャッター雨戸 165
  • II. 【K. 屋根材・外装材関連分野】
  • II. 【K. 39. 窯業系サイディング材 169
  • II. 【K. 40. 金属系サイディング材 173
  • II. 【K. 41. 外装タイル 175
  • II. 【K. 42. ALC 177
  • II. 【K. 43. 樹脂サイディング材 179
  • II. 【K. 44. 新生瓦(薄型平板瓦) 181
  • II. 【K. 45. 塩ビ雨樋 183
  • II. 【L. エクステリア分野】
  • II. 【L. 46. 門扉 185
  • II. 【L. 47. フェンス 187
  • II. 【L. 48. カーポート 189
  • II. 【品目市場編】共通調査項目
  • II. 1. 市場概況及び市場規模推移
  • II. 2. メーカーシェア推移
  • II. 3. 需要形態別市場分析(2014年見通し)
  • II. 4. エリア別市場構成比(2014年見通し)
  • II. 5. 新商品・売れ筋商品の特性分析
  • II. 6. 注目される商品コンセプト、商品開発動向
  • II. 7. 流通特性
  • II. 7. 1) 流通ルート図
  • II. 7. 2) 主要メーカーによる販売促進策の実態
  • II. 8. メーカーの事業戦略動向
  • II. 8. 1) 主要メーカーの事業戦略動向
  • II. 8. 2) メーカー間、異業種との合併・連携の動き
  • II. 9. グローバル化の動向
  • II. 9. 1) 日系メーカーによる海外進出動向
  • II. 9. 2) 海外製品の国内流通の実態と市場可能性
  • II. 10. 現状の課題と今後の方向性
  • III. 大手住宅メーカー編
  • III. (1) 積水ハウス 191
  • III. (2) 大和ハウス工業 193
  • III. (3) 積水化学工業 195
  • III. (4) 住友林業 197
  • III. (5) 旭化成ホームズ 199
  • III. (6) ミサワホーム 201
  • III. (7) 野村不動産 203
  • III. (8) 三井不動産レジデンシャル 205
  • III. (9) 三菱地所レジデンス 207
  • III. (10) 大京 209
  • III. 【大手住宅メーカー編】共通調査項目
  • III. 1. 企業概要
  • III. 2. 住宅事業の概要と主な商品ラインアップ
  • III. 3. 住宅商品開発の基本戦略
  • III. 4. 住宅開発における注目コンセプトと取り組み状況
  • III. 4. (1) 省エネ/ZEH
  • III. 4. (2) 高齢者対応
  • III. 4. (3) ウエルネス
  • III. 4. (4) 安全・安心
  • III. 4. (5) ライフサポート
  • III. 4. (6) システム化/ネットワーク化
  • III. 4. (7) リフォーム
  • III. 4. (8) 異業種コラボレーション
  • III. 5. 主要部材の採用傾向
  • III. 6. 今後求められる住設建材商品、コンセプト対応に基づく部材ニーズ

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで