サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2015 エネルギーデバイス編

東京マーケティング本部第四部 調査・編集

詳細情報

タイトル エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望
著者 東京マーケティング本部第四部 調査・編集
著者標目 富士経済
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社富士経済
出版年月日等 2015.3
大きさ、容量等 427p ; 30cm
ISBN 9784834917741
価格 120000円
JP番号 22715504
巻次 2015 エネルギーデバイス編
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) 蓄電池
件名(キーワード) 燃料電池
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL495
NDC(9版) 572.12 : 電気化学工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望.2015 エネルギーデバイス編
  • 目次
  • A. 総括分析編
  • A. I. 蓄電デバイス・構成部材市場分析
  • A. I. 1. 蓄電デバイス別市場規模推移・予測 3
  • A. I. 1. 1) 蓄電デバイス別市場規模 3
  • A. I. 1. 2) 蓄電デバイス別/用途分野別市場規模 4
  • A. I. 1. 3) 応用製品×蓄電デバイス市場マトリクス(2014-2025年) 5
  • A. I. 1. 4) 有望蓄電デバイスにおける用途分野別市場展望 7
  • A. I. 1. 5) 大型用途分野別システム電力容量と入出力容量マップ 9
  • A. I. 1. 6) 車載用電池事業における合弁電池会社/資本提携電池メーカー一覧 10
  • A. I. 1. 7) 次世代自動車(HEV、PHEV、EV)別リチウムイオン電池供給マップ(日系自動車メーカー編) 11
  • A. I. 1. 8) 次世代自動車(HEV、PHEV、EV)別リチウムイオン電池供給マップ(海外自動車メーカー編) 13
  • A. I. 1. 9) 電池メーカー別HEV、PHEV、EV用セルにおける主要部材サプライチェーン及び搭載モデル一覧 15
  • A. I. 1. 10) 電力貯蔵分野におけるリチウムイオン電池供給事例 17
  • A. I. 1. 11) 動力分野におけるリチウムイオン電池供給事例 19
  • A. I. 1. 12) その他分野におけるリチウムイオン電池供給事例 20
  • A. I. 1. 13) リチウムイオン電池市場におけるセルコスト、モジュール・パックコスト推移・予測 21
  • A. I. 2. 蓄電デバイス別構成部材市場規模推移・予測 23
  • A. I. 2. 1) リチウムイオン電池 23
  • A. I. 2. 1) 世界市場における大型用途分野のリチウムイオン電池部材市場規模推移・予測
  • A. I. 2. 1) 大型用途向けリチウムイオン電池におけるセルコスト・部材コスト推移・予測
  • A. I. 2. 1) 大型用途における主要6部材市場シェア(金額ベース)
  • A. I. 2. 2) ニッケル水素電池 25
  • A. I. 2. 2) 世界市場における大型用途分野のニッケル水素電池部材市場規模推移・予測
  • A. I. 2. 2) 大型用途向けニッケル水素電池における主要4部材コスト比率
  • A. I. 2. 2) 用途分野別部材市場シェア(金額ベース)
  • A. I. 2. 3) 電気二重層キャパシタ 27
  • A. I. 2. 3) 世界市場における大型用途分野の電気二重層キャパシタ部材市場規模推移・予測
  • A. I. 2. 3) 大型用途向け電気二重層キャパシタにおける主要部材コスト比率
  • A. I. 2. 3) 用途分野別部材市場シェア(金額ベース)
  • A. I. 3. 国際標準規格動向 29
  • A. I. 4. 蓄電デバイス関連マテリアル価格動向 37
  • A. I. 4. 炭酸リチウム
  • A. I. 4. コバルト
  • A. I. 4. マンガン
  • A. I. 4. ニッケル
  • A. I. 4. アルミ
  • A. I. 4. 銅
  • A. I. 4. 鉛
  • B. エネルギーデバイス及び構成部材市場編
  • B. 1. リチウムイオン電池
  • B. 1. I. 電池市場編 47
  • B. 1. II. 電池メーカー動向編 83
  • B. 1. II. パナソニック
  • B. 1. II. オートモーティブエナジーサプライ
  • B. 1. II. NEC(NECエナジーデバイス)
  • B. 1. II. ジーエス・ユアサコーポレーション(リチウムエナジージャパン、ブルーエナジー)
  • B. 1. II. 日立グループ(日立ビークルエナジー、日立化成、日立マクセル)
  • B. 1. II. プライムアースEVエナジー
  • B. 1. II. 東芝
  • B. 1. II. エリーパワー
  • B. 1. II. Samsung SDI
  • B. 1. II. LG化学
  • B. 1. II. Johnson Controls
  • B. 1. II. Li-Tec
  • B. 1. II. BYD
  • B. 1. II. A123 Systems(万向集団グループ)
  • B. 1. II. SK Innovation
  • B. 1. II. Saft
  • B. 1. II. その他電池メーカー
  • B. 1. 1-1. リチウムイオン電池/正極活物質 149
  • B. 1. 1-2. リチウムイオン電池/負極活物質 178
  • B. 1. 1-3. リチウムイオン電池/電解液 203
  • B. 1. 1-4. リチウムイオン電池/セパレータ 227
  • B. 1. 1-5. リチウムイオン電池/正極集電体 251
  • B. 1. 1-6. リチウムイオン電池/負極集電体 265
  • B. 2. ニッケル水素電池 281
  • B. 2. 2-1. ニッケル水素電池/正極活物質 301
  • B. 2. 2-2. ニッケル水素電池/負極活物質 304
  • B. 2. 2-3. ニッケル水素電池/電解液 307
  • B. 2. 2-4. ニッケル水素電池/セパレータ 310
  • B. 3. 電気二重層キャパシタ/リチウムイオンキャパシタ 313
  • B. 3. 3-1. 電気二重層キャパシタ/電極材 349
  • B. 3. 3-2. 電気二重層キャパシタ/電解液 356
  • B. 4. 鉛電池 362
  • B. 5. NAS電池 383
  • B. 6. レドックスフロー電池 392
  • B. 7. NaNiCl2電池 406
  • B. 8. 次世代電池 416
  • B. 調査項目
  • B. ≪エネルギーデバイス市場≫
  • B. 1. 製品概要
  • B. 1. 1) 製品概要
  • B. 1. 2) 大型分野における当該デバイス採用シェア動向
  • B. 2. 市場規模推移・予測
  • B. 2. 1) 世界市場における大型用途分野の市場推移・予測
  • B. 2. 2) 分野別エリア別市場規模推移・予測(金額/容量/数量)
  • B. 2. 3) 製品用途別市場規模(金額/容量/数量/製品別採用の方向性)
  • B. 2. 4) 自動車用LiBセル形状別市場規模推移(※)
  • B. 2. ・セル形状別市場規模推移:2013年-2016年(容量/台数)
  • B. 2. 5) 自動車用LiBセルメーカーシェア(※)
  • B. 2. ・メーカーシェア推移(2014-2015年)
  • B. 2. ・HEV用セルメーカーシェア:(2014-2015年 容量/台数)、(セル形状別2014年 容量/台数)
  • B. 2. ・PHEV用セルメーカーシェア:(2014-2015年 容量/台数)、(セル形状別2014年 容量/台数)
  • B. 2. ・EV用セルメーカーシェア:(2014-2015年 容量/台数)、(セル形状別2014年 容量/台数)
  • B. 3. 製品用途別容量・価格動向
  • B. 3. 1) 1台当たりの容量(Wh)推移
  • B. 3. 2) Wh当たりの価格推移
  • B. 4. 開発の方向性
  • B. 4. ・大容量リチウムイオン電池コストの低減対策
  • B. 4. ・小型量産セル採用による低コスト化
  • B. 4. ・セル容量別大容量応用製品開発アプローチ
  • B. 5. 参入企業動向(リチウムイオン電池のみ電池メーカー動向編として別掲)
  • B. 5. ・組織体制・事業計画
  • B. 5. ・販売動向
  • B. 5. ・分野別事業展開動向
  • B. 5. ・アライアンス/供給関係
  • B. 5. ・生産動向
  • B. 5. ・電池スペック動向
  • B. (※)リチウムイオン電池のみの調査項目
  • B. ≪構成部材市場≫
  • B. 1. 製品概要
  • B. 1. 1) 製品概要
  • B. 1. 2) 構成部材採用構成比
  • B. 1. 3) 構成部材価格動向
  • B. 2. 市場規模推移・予測
  • B. 2. ・世界市場における大型用途分野の市場推移・予測(金額/数量)
  • B. 2. ・製品用途別市場規模推移
  • B. 3. メーカーシェア(2014年)
  • B. 4. HEV、PHEV、EV用材料市場(※)
  • B. 4. ・セル形状別市場規模推移(HEV、PHEV、EV用)
  • B. 4. ・メーカーシェア(2014年、2015年)(HEV、PHEV、EV用)(※※)
  • B. 5. 製品別部材使用量分析
  • B. 6. 開発の方向性
  • B. 7. 参入企業動向
  • B. 7. ・部材ラインナップと販売動向
  • B. 7. ・事業動向
  • B. 7. ・生産動向
  • B. 7. ・アライアンス/供給関係
  • B. (※)リチウムイオン電池のみの調査項目
  • B. (※※)リチウムイオン電池(正極活物質/負極活物質/電解液/セパレータ)のみの調査項目

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで