사이트 메뉴 여기에서이 페이지의 선두입니다

바로 가기 키에 대한 설명을 시작합니다. 화면 전환이나 기능 실행은 설명에 나오는 바로 가기 키를 동시에 누른 후 Enter 키를 누르십시오. 바로 가기 키에 대한 설명을 들으려면  Alt +0. 메인 화면을 표시하려면 Alt +1. 로그인을 하려면 Alt +2. 간이검색 화면을 표시하려면 Alt +3. 상세검색 화면을 표시하려면 Alt +4. 장애인을 위한 자료검색 화면을 표시하려면 Alt +5. 검색 결과를 정렬하려면, Alt +6. 국립국회도서관 홈페이지를 표시하려면 Alt +7. 결과내 검색을 하기 위해서는 Alt +8. 바로 가기 키에 대한 설명은 이상입니다.

네비게이션 여기에서

네비게이션 여기까지

본문 여기에서

자료 종별 図書

福祉サービスの第三者評価受け方・活かし方 : 保育所版

全国社会福祉協議会

서지정보

타이틀 福祉サービスの第三者評価受け方・活かし方 : 保育所版
저자표목 全国社会福祉協議会
출판 지명(국명 코드) JP
출판 지명東京
출판사全国社会福祉協議会
출판 연월일 등 2016.3
크기, 용량 등 183p ; 30cm
ISBN 9784793512001
가격 1600円
JP번호 22725015
출판 년도(W3CDTF) 2016
건명(키워드) 保育所--日本
NDLC EG57
NDC(9판) 369.42 : 사회복지
대상이용자 一般
자료 종별 図書
언어(ISO639-2 형식) jpn : 日本語

목차
 

  • 福祉サービスの第三者評価受け方・活かし方 :保育所版.
  • 目次INDEX
  • 刊行にあたって
  • 第三者評価受審促進に向けて iii
  • 全国保育協議会/全国保育士会 iv
  • ▶第1章 保育の質向上に活かす第三者評価
  • ▶第1章 1. 第三者評価受審の意義-保育所における評価・第三者評価とは p.2
  • ▶第1章 2. 第三者評価の目的と仕組み p.5
  • ▶第1章 2. (1) 第三者評価の目的と必要性 p.5
  • ▶第1章 2. (2) 第三者評価事業の仕組み p.7
  • ▶第1章 2. (3) 第三者評価事業に関する「指針」の改定 p.8
  • ▶第1章 2. (4) 第三者評価の実際 p.10
  • ▶第1章 2. (5) 評価機関(評価調査者)と評価基準の概要 p.16
  • ▶第1章 2. (6) 第三者評価を活用した保育の質の向上の取り組み(受審した保育所の声) p.22
  • ▶第2章 第三者評価受審の前に
  • ▶第2章 1. 受審に向けた準備と保育所の体制づくり p.26
  • ▶第2章 1. (1) 受審に向けて p.26
  • ▶第2章 1. (2) 受審準備 p.28
  • ▶第2章 1. (3) 受審のポイント p.28
  • ▶第2章 2. 自己評価のすすめ(1)自己評価の実施方法 p.31
  • ▶第2章 2. (1) 自己評価の実施方法 p.31
  • ▶第2章 2. (2) 自己評価の実施タイプ p.32
  • ▶第2章 3. 自己評価のすすめ(2)自己評価の実際 p.35
  • ▶第2章 3. (1) 評価基準の読み方 p.35
  • ▶第2章 3. (2) 自己評価の実施 p.36
  • ▶第2章 3. (3) 評価の判断根拠(保育所の諸資料) p.38
  • ▶第2章 3. (4) 自己評価結果表の作成 p.40
  • ▶第3章 保育所版評価基準ガイドラインを読む
  • ▶第3章 1. 保育所版評価基準ガイドラインと保育実践 p.42
  • ▶第3章 1. (1) 保育所の理念・基本方針に基づく保育実践 p.42
  • ▶第3章 1. (2) 一人ひとりを受け止める保育(アセスメントに基づく指導計画の作成) p.45
  • ▶第3章 1. (3) 養護と教育の一体的展開 p.46
  • ▶第3章 1. (4) 家庭との緊密な連携(利用者満足、保護者からの意見・要望など) p.47
  • ▶第3章 2. 保育所版共通評価基準ガイドライン
  • ▶第3章 2. I. 福祉サービスの基本方針と組織
  • ▶第3章 2. I. 1. 理念・基本方針 p.53
  • ▶第3章 2. I. 2. 経営状況の把握 p.55
  • ▶第3章 2. I. 3. 事業計画の策定 p.57
  • ▶第3章 3. 福祉サービスの質の向上への組織的・計画的な取組 p.62
  • ▶第3章 3. II. 組織の運営管理
  • ▶第3章 3. II. 1. 管理者の責任とリーダーシップ p.65
  • ▶第3章 3. II. 2. 福祉人材の確保・育成 p.69
  • ▶第3章 3. II. 3. 運営の透明性の確保 p.79
  • ▶第3章 3. II. 4. 地域との交流、地域貢献 p.82
  • ▶第3章 3. III. 適切な福祉サービスの実施
  • ▶第3章 3. III. 1. 利用者本位の福祉サービス p.89
  • ▶第3章 3. III. 2. 福祉サービスの質の確保 p.106
  • ▶第3章 3. 保育所版内容評価基準ガイドライン
  • ▶第3章 3. A-1 保育内容
  • ▶第3章 3. A-1 (1) 保育課程の編成 p.117
  • ▶第3章 3. A-1 (2) 環境を通して行う保育、養護と教育の一体的展開 p.118
  • ▶第3章 3. A-1 (3) 健康管理 p.131
  • ▶第3章 3. A-1 (4) 食事 p.135
  • ▶第3章 3. A-2 子育て支援
  • ▶第3章 3. A-2 (1) 家庭との緊密な連携 p.138
  • ▶第3章 3. A-2 (2) 保護者等の支援 p.139
  • ▶第3章 3. A-3 保育の質の向上
  • ▶第3章 3. A-3 (1) 保育実践の振り返り(保育士等の自己評価) p.141
  • ▶第4章 第三者評価の活用方法
  • ▶第4章 1. 第三者評価結果の実際 p.144
  • ▶第4章 1. (1) 評価機関における評価結果の取りまとめ p.144
  • ▶第4章 1. (2) 報告書を取りまとめる際のポイント p.145
  • ▶第4章 2. 第三者評価の公表と活用 p.147
  • ▶第4章 2. (1) 全体の総評(コメント) p.147
  • ▶第4章 2. (2) 各評価細目のコメント p.149
  • ▶第4章 2. (3) 第三者評価結果の活用 p.150
  • ▶参考資料
  • 1. 保育所版自己評価シート【共通評価基準】 p.152
  • 2. 保育所版自己評価シート【内容評価基準】 p.171
  • 3. 厚生労働省雇用均等・児童家庭局長・厚生労働省社会・援護局長通知「保育所における第三者評価の実施について」(平成28年3月1日付雇児発0301第3号・社援発0301第2号) p.181
  • 執筆者一覧 p.183

본문 여기까지

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

풋터 여기까지