サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

Transparency of interrogation : innovative data recording and analysis by the human science

editor: Mitsuyuki Inaba, Kosuke Wakabayashi

詳細情報

タイトル Transparency of interrogation : innovative data recording and analysis by the human science
著者 editor: Mitsuyuki Inaba, Kosuke Wakabayashi
著者標目 稲葉, 光行, 1965-
著者標目 若林, 宏輔
シリーズ名 Studies for inclusive society = インクルーシブ社会研究, 12
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社Institute of Human Sciences, Ritsumeikan University
出版年月日等 2016.3
大きさ、容量等 181p ; 21cm
注記 共同刊行: Translational Studies for Inclusive Society: MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities Research on Restorative Support for Inclusive Society Team
ISSN 21882789
JP番号 22714807
部分タイトル Transparency of interrogation process in multilingual and multicultural era / Mitsuyuki Inaba 著
部分タイトル Transparency of interrogation in Australia.Effective social interviewing techniques in high stakes cases / Jane Delahunty 著
部分タイトル Audio-visual recording of police interrogation / Dean David Dixon 著
部分タイトル Transparency of interrogation in South Korea.Interrogation video recording in the new Korean criminal procedure code and the practical problems with their performance / Ro Seop Park 著
部分タイトル Video recording of suspect interviewing in Korea / Eunkyung Jo 著
部分タイトル Transparency of interrogation in Japan.How do interviews fail? the possibility of the use of the interaction using the audio-visual recording / Kotaro Takagi 著
部分タイトル Current situation and the issues related to the video and audio taking in Japan / Takao Fuchino 著
出版年(W3CDTF) 2016
NDLC AZ-791
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) eng : English

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで