サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ゲルっていいじゃない = Gel is it : ゲルの製造と応用に向けて

山口由岐夫 監修

詳細情報

タイトル ゲルっていいじゃない = Gel is it : ゲルの製造と応用に向けて
著者 山口由岐夫 監修
著者標目 山口, 由岐夫
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社テクノシステム
出版年月日等 2016.3
大きさ、容量等 378p ; 27cm
注記 文献あり
ISBN 9784924728752
価格 50000円
JP番号 22722799
別タイトル Gel is it
出版年(W3CDTF) 2016
件名(キーワード) 高分子材料
NDLC PA431
NDC(9版) 578 : 高分子化学工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ゲルっていいじゃない = Gel is it : ゲルの製造と応用に向けて
  • 目次
  • 第1章 ゲルって,なんなの? (山口由岐夫)
  • 第1章 1. ゲルって,なに体? 3
  • 第1章 2. ゲルって,どんな構造? 3
  • 第1章 2. 2.1 ゲルって,均一なの? 4
  • 第1章 2. 2.2 ゲル構造って,マルチスケール? 5
  • 第1章 2. 2.3 ゲル構造って,散乱で見るの? 6
  • 第1章 3. ゲルって,どんな種類があるの? 11
  • 第1章 3. 3.1 ハイドロゲルって,水なの? 12
  • 第1章 3. 3.2 コロイドゲルって,温泉タマゴ? 13
  • 第1章 3. 3.3 ナノコンポジットゲルって,スーパーボール? 14
  • 第1章 3. 3.3 3.3.1 ナノクレイゲル 14
  • 第1章 3. 3.3 3.3.2 ナノコンポジットゲル 15
  • 第1章 3. 3.4 オルガノゲルって,有機ゲル? 21
  • 第1章 3. 3.4 ○マイクロエマルション・ベース・オルガノゲル(Micro-Emulsion Based Organogels:MEBG) 22
  • 第1章 3. 3.5 キセロゲルって,ケイ藻土? 22
  • 第1章 3. 3.6 エアロゲルって,多孔質体なの? 24
  • 第1章 ◆コーヒーブレイク
  • 第1章 ・ゲルっちゃった? 27
  • 第2章 ゲルは,どうしてできるの? (山口由岐夫)
  • 第2章 1. 相分離とは 31
  • 第2章 1. 1.1 スピノーダル分解とは? 34
  • 第2章 1. 1.2 核発生とは? 35
  • 第2章 1. 1.3 スピノーダル分解と核発生は違うの? 37
  • 第2章 1. 1.4 相分離とゲル化は違うの? 38
  • 第2章 1. 1.4 (1) 低温相分離型と高温相分離型 38
  • 第2章 2. 相転移とは? 39
  • 第2章 2. 2.1 平衡でゲルった 40
  • 第2章 2. 2.1 2.1.1 ゾル・ゲル相転移 40
  • 第2章 2. 2.1 2.1.2 熱可逆相転移 41
  • 第2章 2. 2.1 2.1.3 圧力誘起相分離 41
  • 第2章 2. 2.1 2.1.4 粘弾性相分離 42
  • 第2章 2. 2.1 2.1.5 感熱性ゲルの相分離 44
  • 第2章 2. 2.2 非平衡でゲルった 47
  • 第2章 2. 2.2 2.2.1 非平衡ゲル 47
  • 第2章 2. 2.2 2.2.2 振動誘起ゲル化 48
  • 第2章 2. 2.2 2.2.3 イオン性高分子系の振動ゲル化 48
  • 第2章 2. 2.2 2.2.4 濃厚コロイド系の流体凝集 49
  • 第2章 2. 2.3 ゲルの体積相転移って,膨らむの? 50
  • 第2章 3. ゲル化剤でゲルった 52
  • 第2章 4. ゲルって,相反するの? 56
  • 第2章 ◆コーヒーブレイク
  • 第2章 ・ゲルって,ジェラート? 58
  • 第3章 ゲルって,つくれるの? (山口由岐夫)
  • 第3章 1. エマルションをつくろう 61
  • 第3章 1. 1.1 エマルションは,マルチスケール 62
  • 第3章 1. 1.2 エマルションって,ひっくり返るの? 65
  • 第3章 1. 1.3 乳化重合と懸濁重合は,違う 66
  • 第3章 2. ゲル原料を合成しよう 66
  • 第3章 3. ゾル・ゲル法って,なんだろう? 67
  • 第3章 3. 3.1 シリカをつくろう 67
  • 第3章 3. 3.1 3.1.1 シリカの溶解度 67
  • 第3章 3. 3.1 3.1.2 シリカの析出 67
  • 第3章 3. 3.1 3.1.3 シリカゲルの乾燥と焼成 71
  • 第3章 3. 3.2 ストーバー法で粒子をつくろう 73
  • 第3章 3. 3.3 メソポーラス状のシリカをつくろう 74
  • 第3章 4. ゲルを粉砕しよう 76
  • 第3章 4. 4.1 ゲルって,壊れやすいの? 76
  • 第3章 4. 4.1 4.1.1 ゲルの破砕強度 77
  • 第3章 4. 4.1 4.1.2 ゲルの圧縮強度 78
  • 第3章 4. 4.2 ゲルって,伸びるの? 78
  • 第3章 4. 4.3 ゲルの粉砕装置はどんなもの? 80
  • 第3章 5. ゲルを乾燥しよう 80
  • 第3章 5. 5.1 乾燥って,何が起きるの? 81
  • 第3章 5. 5.2 乾燥って,皮が張るの? 82
  • 第3章 5. 5.3 ゲル乾燥で相転移するの? 85
  • 第3章 5. 5.4 乾燥クラックを減らそう 87
  • 第3章 6. ゾルを攪拌しよう 93
  • 第3章 7. ゲルの輸送物性は大切なの? 95
  • 第3章 7. 7.1 ゲル中の拡散係数を知ろう 97
  • 第3章 7. 7.2 ゲルの熱伝導度はどれくらい? 99
  • 第3章 8. ゲルの嵩密度を変えよう 100
  • 第3章 ◆コーヒーブレイク
  • 第3章 ・ゲルって,つや出る? 105
  • 第4章 ゲルって,好きな形につくれるの? (山口由岐夫)
  • 第4章 1. ゲル粒子を製造しよう 109
  • 第4章 1. 1.1 噴霧乾燥ゲルをつくろう 109
  • 第4章 1. 1.2 ミクロゲルって,なに? 110
  • 第4章 2. ゲルファイバーをつくろう 112
  • 第4章 2. 2.1 ナノファイバーって,どんなもの? 114
  • 第4章 2. 2.1 2.1.1 ナノ毒性 115
  • 第4章 2. 2.2 ゲルって,糸になるの? 115
  • 第4章 2. 2.2 2.2.1 PVAゲルファイバー 116
  • 第4章 2. 2.2 2.2.2 ファイバーの高強度化 119
  • 第4章 2. 2.2 2.2.3 ゾル・ゲル相転移による繊維化 121
  • 第4章 2. 2.2 2.2.4 中空ゲルファイバー 122
  • 第4章 2. 2.3 メルトブローでファイバーをつくろう 123
  • 第4章 2. 2.4 エレクトロスピニングでナノファイバーをつくろう 125
  • 第4章 2. 2.5 バイオミメティックなナノファイバーをつくろう 127
  • 第4章 2. 2.5 2.5.1 クモの糸 127
  • 第4章 2. 2.5 2.5.2 カイコの糸 128
  • 第4章 2. 2.5 2.5.3 セルロースナノファイバー 130
  • 3. ゲルって,シートになるの? 133
  • 3. 3.1 ゲルファイバーからシートをつくろう 133
  • 3. 3.2 ゾルを塗布しよう 133
  • 3. 3.2 3.2.1 光触媒 134
  • 3. 3.2 3.2.2 クレイシート 135
  • 4. ゾルを安定化しよう 138
  • 4. 4.1 分散安定化のために 138
  • 4. 4.2 沈降させたくない 140
  • 4. ◆コーヒーブレイク
  • 4. ・ゲルって,なめくじ? 144
  • 第5章 ゾルって,うまく流せるの? (山口由岐夫)
  • 第5章 1. コロイドゾルって,どんな構造? 147
  • 第5章 1. 1.1 ナノ粒子の凝集はなぜ起きるの? 147
  • 第5章 1. 1.2 DLVOポテンシャルって,役に立つの? 148
  • 第5章 1. 1.3 凝集体って,どんな構造? 149
  • 第5章 2. コロイドのレオロジーを知ろう 151
  • 第5章 2. 2.1 チキソトロピーって,なに? 152
  • 第5章 2. 2.2 レオペクシーとダイラタンシーって,難しくない 153
  • 第5章 2. 2.2 2.2.1 澱粉のダイラタンシー 154
  • 第5章 3. レオロジーって,測れるの? 157
  • 第5章 4. ゲル化をシミュレーションしよう 159
  • 第5章 4. 4.1 コロイド系をモデリングしよう 159
  • 第5章 4. 4.2 shear thickeningって,シミュレーションできるの? 159
  • 第5章 4. 4.2 4.2.1 流体凝集 162
  • 第5章 4. 4.2 4.2.2 shear thickening 現象の実験 165
  • 第5章 4. 4.3 レオペクシーをシミュレーションしよう 167
  • 第5章 ◆コーヒーブレイク
  • 第5章 ・ゲルって,片栗粉? 170
  • 第6章 ゲルって,応答するの? (山口由岐夫)
  • 第6章 1. 温度に応答 181
  • 第6章 1. 1.1 リビング重合って,なに? 182
  • 第6章 2. 電場に応答 183
  • 第6章 2. 2.1 ER流体ゲルって,なに? 183
  • 第6章 2. 2.2 ゲルアクチュエータって,どんなもの? 184
  • 第6章 3. 磁場に応答 186
  • 第6章 4. 刺激に応答 188
  • 第6章 4. 4.1 ゲルの自己組織化って,なに? 188
  • 第6章 4. 4.2 自励振動ゲルって,なに? 190
  • 第6章 ◆コーヒーブレイク
  • 第6章 ・ゲルって,複素数? 193
  • 第7章 ゲルの特許分析-応用の 拡がり・開発課題と動向 (林剛)
  • 第7章 1. ゲルの特許の検索と収集 198
  • 第7章 2. ゲル特許の分類 199
  • 第7章 2. 2.1 最新動向の把握に適した特許分類手法 200
  • 第7章 2. 2.2 トピックモデル 201
  • 第7章 2. 2.3 トピック分布と語彙分布 203
  • 第7章 3. ゲルの応用分野の拡がり 206
  • 第7章 3. 3.1 LDA分析の手順 206
  • 第7章 3. 3.2 ゲル特許の出願状況 207
  • 第7章 3. 3.3 ゲルの応用分野の全体俯瞰 208
  • 第7章 3. 3.4 「医薬品」分野の技術動向 212
  • 第7章 3. 3.5 「医療機器」分野の技術動向 214
  • 第7章 3. 3.6 「食品」分野の技術動向 217
  • 第7章 3. 3.7 「化粧品」分野の技術動向 219
  • 第7章 3. 3.8 「樹脂」および「コーティング,粘着剤」分野の技術動向 221
  • 第7章 3. 3.9 「電子部品・機器」,「吸着機能利用装置」,および「高機能材料」分野の技術動向 222
  • 第7章 3. 3.10 「土木・建築」,および「サニタリー」分野の技術動向 224
  • 第7章 4. ゲルの注目分野の紹介 226
  • 第7章 4. 4.1 成長度で見るゲルの注目分野 226
  • 第7章 4. 4.2 「外科手術用器具」分野 227
  • 第7章 4. 4.3 「医療食品,栄養補助食品」分野 228
  • 第7章 4. 4.4 「皮膚(美肌,保湿,コラーゲン)」分野 230
  • 第7章 ◆コーヒーブレイク
  • 第7章 ・ゲルって,落っこちない? 232
  • 第8章 ゲルって,役に立つの? (山口由岐夫)
  • 第8章 1. 医療分野 236
  • 第8章 1. 1.1 医療用ゲル 236
  • 第8章 1. 1.2 スキャホールドとしてのゲル 236
  • 第8章 1. 1.3 DDSとしてのゲル 238
  • 第8章 1. 1.4 ゲルコンタクトレンズ 239
  • 第8章 1. 1.5 再生治療 242
  • 第8章 2. 化粧品分野 244
  • 第8章 2. 2.1 化粧品と高分子材料 246
  • 第8章 2. 2.2 増粘・ゲル化剤 246
  • 第8章 2. 2.3 皮膜剤 247
  • 第8章 2. 2.4 保湿剤 247
  • 第8章 2. 2.5 乳化剤 247
  • 第8章 2. 2.6 油性ゲル 248
  • 第8章 2. 2.7 ミクロゲル 248
  • 第8章 3. 食品分野 251
  • 第8章 3. (1) 食品ゲルの粘弾性 252
  • 第8章 3. (2) 食品ゲルの破壊 252
  • 第8章 3. (3) 食品ゲルの摩擦係数 252
  • 第8章 3. (4) 食品ゲルの多様性 252
  • 第8章 3. 3.1 テクスチャー 253
  • 第8章 3. 3.1 (1) テクスチャーアナライザー 254
  • 第8章 3. 3.2 転相と味覚 256
  • 第8章 4. 電池分野 257
  • 第8章 4. 4.1 リチウムイオン電池 257
  • 第8章 4. 4.2 燃料電池 257
  • 第8章 5. 機能材料分野 260
  • 第8章 5. 5.1 ゲルプリンタ 261
  • 第8章 5. 5.1 (1) pH変化を利用したゲル化 262
  • 第8章 5. 5.1 (2) 界面活性剤によるゲル化 262
  • 第8章 5. 5.1 (3) 光重合法を用いたゲル化 265
  • 第8章 5. 5.1 (4) ゲルプリンタによる精密加工 266
  • 第8章 5. 5.2 粘着と接着 266
  • 第8章 5. 5.2 (1) ヤモリの粘着歩行 268
  • 第8章 5. 5.3 スポーツ用品 269
  • 第8章 5. 5.4 吸収性ポリマー 271
  • 第8章 ◆コーヒーブレイク
  • 第8章 ・ゲルって,CPU? 276
  • 第9章 ゲルのビジョン
  • 第9章 第1節 ゲルと医療分野 (伊藤大知)
  • 第9章 第1節 1. ハイドロゲルと再生医療 279
  • 第9章 第1節 2. ハイドロゲルとドラッグデリバリーシステム 283
  • 第9章 第1節 3. ナノゲルとタンパク質 285
  • 第9章 第1節 4. ハイドロゲルと癒着防止材 286
  • 第9章 第1節 5. ハイドロゲルと止血材 290
  • 第9章 第2節 ゲルと化粧品分野 (鈴木敏幸)
  • 第9章 第2節 1. 化粧品におけるゲル生成のための素材 293
  • 第9章 第2節 2. 保湿化粧品とゲル 295
  • 第9章 第2節 3. メイクアップ化粧品とゲル 299
  • 第9章 第2節 4. 液晶ゲルクレンジング料 302
  • 第9章 第3節 ゲルと食品分野 (西成勝好)
  • 第9章 第3節 1. ゲルのかたさとやわらかさ 309
  • 第9章 第3節 2. ゲルの力学特性 312
  • 第9章 第3節 3. ゲル化過程の解析 313
  • 第9章 第3節 3. 3.1 ゲル化を一定温度における弾性率の増加として捉える 313
  • 第9章 第3節 3. 3.2 ゲル化を加熱あるいは冷却する際の弾性率の増加として捉える 315
  • 第9章 第3節 4. 澱粉ゲル 316
  • 第9章 第3節 5. こんにゃくゲル 318
  • 第9章 第3節 6. 多糖類の混合によるゲル形成 320
  • 第9章 第3節 7. 流動ゲル 322
  • 第9章 第3節 8. テクスチャーとレオロジーと摩擦・潤滑 322
  • 第9章 第3節 9. 含泡ゲル,含油ゲル 324
  • 第9章 第3節 10. ゲル化する食品高分子の介護食への応用 325
  • 第9章 第4節 ゲルと医薬品 (大島広行,牧野公子)
  • 第9章 第4節 1. ゲルを用いた薬物放出制御 329
  • 第9章 第4節 2. ゲルが示す膨潤(swelling)-浸食(erosion)の周期的変化 330
  • 第9章 第4節 3. ハイドロゲルの膨潤(swelling)-浸食(erosion)の速度論モデル 331
  • 第9章 第4節 3. (1) 膨潤過程:0<t<t1 333
  • 第9章 第4節 3. (2) 浸食過程:t1<t<t2 333
  • 第9章 第4節 3. (3) 膨潤過程:t2<t<t3 333
  • 第9章 第4節 4. 時間遅れモデル 334
  • 第9章 第4節 5. 課題と展望 336
  • 第9章 第5節 ゲルと粘着剤 (野村聡一)
  • 第9章 第5節 1. 粘着の性質と構造 339
  • 第9章 第5節 2. 粘着性能の発現に影響する因子とその評価 340
  • 第9章 第5節 2. 2.1 接着過程 340
  • 第9章 第5節 2. 2.2 保持過程 340
  • 第9章 第5節 2. 2.3 剥離過程 341
  • 第9章 第5節 3. 粘着剤の分類 341
  • 第9章 第5節 3. 3.1 溶剤型粘着剤 341
  • 第9章 第5節 3. 3.2 水性エマルション型粘着剤 341
  • 第9章 第5節 3. 3.3 UV硬化型粘着剤 341
  • 第9章 第5節 4. 粘着付与樹脂(タッキファイヤー) 342
  • 第9章 第5節 5. アクリル系粘着剤の市場動向 343
  • 第9章 第5節 6. 最近の粘着剤と将来展望 344
  • 第9章 第5節 6. 6.1 【溶剤型粘着剤】光学用途向けパネル接着用粘着剤 344
  • 第9章 第5節 6. 6.2 【水性エマルション型粘着剤】ノンセパラベル用エマルション粘着剤 347
  • 第9章 第5節 6. 6.3 【UV硬化型粘着剤】UV硬化型粘接着フィルム 348
  • 第9章 第5節 6. 6.4 【UV硬化型粘着剤】貼付剤 349
  • 第9章 第6節 ゲルとスポーツシューズ (西脇剛史)
  • 第9章 第6節 1. スポーツシューズとゲル 353
  • 第9章 第6節 2. 衝撃緩衝性とは 353
  • 第9章 第6節 3. 衝撃緩衝性評価 354
  • 第9章 第6節 4. スポーツシューズの変化 355
  • 第9章 第6節 5. ポリスチレン系ゲルの設計 356
  • 第9章 第6節 6. 構造設計 358
  • 第9章 第7節 3Dゲルプリンタの開発-3Dプリンタブームの中で活躍するゲル (渡邉洋輔,古川英光)
  • 第9章 第7節 1. 3Dプリンタによる事業例欧米の先行 361
  • 第9章 第7節 2. 3Dプリンタの種類と3Dゲルプリンタ 362
  • 第9章 第7節 3. これからの3Dプリンタ 既存の技術と活路 365
  • 索引 369
  • 索引
  • [あ]
  • アインシュタインの粘度式 49
  • アクチュエータ 184
  • アクチンフィラメント 281
  • アクリル系粘着剤 341
  • 足場(スキャホールド:scaffold) 130,236
  • 足場材料 279
  • アスベスト禍 114
  • 圧縮 310
  • 圧縮速度 311
  • 圧力誘起相分離 41
  • アニオン 48
  • アルギン酸ゲル 238
  • αゲル 296
  • アルブミン 285
  • [い]
  • イオン性高分子 48
  • イオン伝導機構 259
  • イオン導電性 235
  • イオン導電性アクチュエータ 184
  • 板状粒子 14
  • 1次相分離 32
  • 医薬材料 12
  • 医薬品 212,329
  • 医薬分野の俯瞰 212
  • 医療機器 214
  • 医療機器分野の技術動向 214
  • 医療材料ゲル 236
  • 医療食品 217,228
  • 医療食品分野 228
  • 医療分野 236,279
  • 医療用ゲル 236
  • 医療用粘着剤 350
  • インジェクタブル・スキャホールド 236
  • 引用クラスタリング 197,200
  • 引力 69
  • [う]
  • 海島構造 6,348
  • ウレタン系粘着剤 341
  • 運動方程式 159
  • 運動量保存式 159
  • [え]
  • エアロゲル 22
  • 栄養補助食品分野 228
  • 液晶 294
  • 液晶ゲル 302
  • 液状硬化型 341
  • エネルギーバリア 13
  • Fターム 198
  • エマルション 13,38,61,296
  • エマルション結晶 297
  • エラスチン 280
  • エレクトロスピニング法(電界紡糸法) 114,125
  • 嚥下食 229
  • 塩ビゲルアクチュエータ 184
  • [お]
  • 応力-ひずみ(S-S)曲線 341
  • オストワルド成長 35
  • 折りたたみ鎖ラメラ結晶 120
  • オルガノゲル 18
  • 温度応答性ゲル 181,347
  • [か]
  • カードハウス 299
  • カーボンエアロゲル 24
  • カーボンナノチューブ(CNT) 130
  • 会合体 294
  • カイコの糸 128
  • 界面活性剤 13,304
  • 界面活性剤によるゲル化 262
  • カオス理論 188
  • 科学技術創発システム 197
  • 化学ゲル 39
  • 可逆凝集体(agglomerate) 162
  • 架橋 339
  • 架橋点 6,17
  • 架橋密度 18
  • 拡散 5
  • 拡散過程 150
  • 拡散係数 34
  • 拡散速度 150
  • 拡散方程式 35
  • 拡散律速(diffusion limited) 35,151
  • 核発生 31
  • 下限臨界相溶温度(Lower critical solution temperature:LCST) 38,238
  • 嵩密度 22
  • 加水分解 25,67
  • 硬さ 282
  • カタストロフィー理論 188
  • カチオン 48
  • 活性化エネルギー 37
  • 過飽和度 34
  • カラーフィックスオイル 299
  • κ-カラギーナンハイドロゲル 333
  • ガラス転移温度 339
  • 間質液 283
  • 感性的評価 244
  • 乾燥クラック 5,89
  • 乾燥速度 80
  • 乾燥特性 81
  • 乾燥モード 81
  • 寒天 22
  • 感熱性ゲル 42
  • 感熱性高分子 41,66
  • がん微小環境 285
  • 緩慢凝集 149
  • [き]
  • キーワード検索 198
  • きざみ食 229
  • 技術情報 197
  • キセロゲル 22
  • 機能材料分野 260
  • 逆ミセル 18
  • キャビテーション 266
  • キャピラリー域 301
  • キャピラリー力 22
  • 吸収性ポリマー 271
  • 吸水性ゲル 15
  • 吸水性ポリマー 271
  • 急速凝集 150
  • 吸着機能利用装置分野の技術動向 222
  • 吸熱ピーク 317
  • 共起 203
  • 凝集 4,13
  • 凝集体 148
  • 強相関電子系 188
  • 曲面接着性 346
  • 金属アルコキシド 66
  • [く]
  • 空間スケール 6
  • 鎖ラメラ結晶(ケバブ) 120
  • 口紅 293
  • クモの糸 127
  • クラスター 31
  • クラック 80,263
  • グラフェンシート 130
  • グリコミノグリカン 280
  • クリープ 78
  • クレイ 14
  • クレイシート 135
  • クレンジング剤 293
  • [け]
  • ケイ酸塩鉱物 16
  • 経腸栄養剤 230
  • 経皮吸収治療システム 350
  • 外科手術用器具 227
  • 外科手術用器具分野 227
  • 化粧品ゲル 244
  • 化粧品と高分子材料 246
  • 化粧品分野の技術動向 219
  • 結合水 296
  • 結合組織 279
  • 血流 283
  • ゲルアクチュエータ 184
  • ゲル化 38
  • ゲル化過程 313
  • ゲル化駆動部位 53
  • ゲル化剤 11,52
  • ゲル化時間 314
  • ゲル化のシミュレーション 159
  • ゲル乾燥 85
  • ゲル原料 66
  • ゲルコンタクトレンズ 239
  • ゲルシート 133
  • ゲル製剤 293
  • ゲル特許の出願状況 207
  • ゲル粘着剤 266
  • ゲルの圧縮強度 78
  • ゲルの応用 206,235
  • ゲルの拡散係数 97
  • ゲルの嵩密度 100
  • ゲルの乾燥 81
  • ゲルの自己組織化 188
  • ゲルの性質と特徴 235
  • ゲルの体積相転移 50
  • ゲルの注目分野の紹介 226
  • ゲルの特許の特徴 198
  • ゲルの熱伝導度 99
  • ゲルの破砕強度 77
  • ゲルの粉砕 76
  • ゲルの輸送物性 97
  • ゲルは壊れやすい 76
  • ゲルは伸びやすい 79
  • ゲルファイバー 112,133
  • ゲルプリンタ 261
  • ゲルプリンタによる精密加工 265
  • ゲルポリマー電解質(GPE) 257
  • ゲル粒子 109
  • 限界濃度 4
  • 研究企画 197
  • 健康志向 221
  • 懸濁重合 66
  • 権利化判断 197
  • 減率乾燥 22
  • 減率乾燥期間(falling drying rate period) 81
  • [こ]
  • コアーシェル構造 347
  • 語彙 205
  • 語彙分布 212
  • 高温相分離 38
  • 高温相溶臨界点 38
  • 広角中性子散乱 6
  • 交換連鎖移動機構 182
  • 高機能材料分野の技術動向 222
  • 高強度ゲル 364
  • 交差架橋 12
  • 合成ヘクトライト 16
  • 構成方程式 147
  • 構造 312
  • 恒率乾燥期間(constant dirying rate period) 81
  • 誤嚥性肺炎 230,325
  • コーティング分野の技術動向 221
  • コード検索 198
  • 凍り豆腐 22
  • 国際特許分類(IPC) 198
  • 固体高分子型燃料電池 259
  • 古典核発生理論 34,35
  • ゴム系粘着剤 341
  • コラーゲン 219,230,280
  • コラーゲン収縮促進剤 230
  • コロイド 4
  • コロイド系のモデリング 159
  • コロイドゲル 5,13,244
  • コロイドゾル 147
  • コロイドのレオロジー 151
  • 混合 320
  • コンサルティング 197
  • コンタクトレンズ 216,239
  • コントロールドリリース 11
  • 混和性 345
  • [さ]
  • 再生医療 279
  • 再生治療 242
  • 再剥離性 344
  • 細胞足場 242
  • 細胞外マトリックス 279
  • 細胞間脂質 295
  • 細胞シート 295
  • 最密充填構造 164
  • サスペンション 63
  • サニタリー分野の技術動向 224
  • 残存モノマー 350
  • 散乱 5
  • 散乱強度 6,7
  • 散乱曲線 7
  • 散乱ベクトル 6
  • 散乱法 6
  • 残留歪 80
  • [し]
  • シェイクゲル 47,262
  • 時間遅れ 335
  • 時間遅れモデル 331,334,346
  • 時間治療 329
  • 磁気粘性流体(MR流体) 183
  • 磁気粘弾性エラストマー(MRエラストマー) 187
  • 刺激応答性 12
  • 刺激に応答 188
  • 止血材 290
  • 自己集積 34
  • 自己組織化(self organization) 34,188
  • シシケバブ 120
  • 脂質エマルション 296
  • 脂質分散型エマルション 297
  • 磁性流体(Magnetic Fluids) 48,183
  • 自然言語処理 203
  • 歯槽骨再生 290
  • 湿潤ゲル 22
  • 湿潤状態 81
  • 湿熱処理 345
  • 湿熱負荷 345
  • 視認性 349
  • 磁場に応答 186
  • 地面反力 353
  • ジャミング転移(jamming transition) 153
  • 自由エネルギー 35
  • 収縮力 22
  • シューズの変遷 354
  • 充填パラメータ 294
  • 縮合反応 25,67
  • 樹脂分野の技術動向 221
  • 潤滑流(lubrication flow) 162
  • 上皮細胞 279
  • 上限相溶臨界点 38
  • 上限臨界相溶温度 38
  • 状態方程式 51
  • 衝突頻度 13
  • 触媒担体 25
  • 食品ゲル 251
  • 食品ゲルの多様性 252
  • 食品ゲルの粘弾性 252
  • 食品ゲルの破壊 252
  • 食品ゲルの摩擦係数 252
  • 食品分野の技術動向 217
  • 徐放性薬剤 329
  • シラノール基(-OH) 25,71
  • シラノール濃度 73
  • シリカエアロゲル 25
  • シリカゲル 22,67
  • シリカゲルの乾燥と焼成 71
  • シリケート層 15
  • シリコーン系 341
  • シリコーンゲル 354
  • シリコーンハイドロゲル 216
  • シリコーンハイドロゲル・ソフトコンタクトレンズ 241
  • シリコンアルコキシド 22
  • 自励振動(self-escillation) 188
  • 自励振動ゲル 184,190
  • 人工コラーゲン 238
  • 審査官引用 200
  • 伸縮性 15
  • 浸食 330,333
  • 伸張鎖結晶(シシ) 120
  • 振動誘起ゲル化 47
  • [す]
  • 水蒸気透過性 350
  • 水性エマルション型 341
  • 水性エマルション型アクリル系粘着剤 341
  • 水溶性ポリマー 12
  • 水和ゲル 247
  • スキャホールド(scaffold) 11,130
  • スキャホールドとしてのゲル 236
  • スティッフネス 282
  • ストーバー法 69,73
  • スピノーダル分解 31
  • スポーツ用品 269
  • スラリー 301
  • スラリー注入押出法 15
  • [せ]
  • 正珪酸 66
  • 生体吸収材料 236
  • 生体リズム 329
  • 成長度で見るゲルの注目分野 226
  • 静電気力 69
  • 生分解性高分子 236
  • 精密ラジカル重合(CRP:Controlled Radical Polymerization) 67,182
  • ゼータ(ζ)電位 69
  • 摂食・嚥下障害 228
  • 接着 266
  • 接着剤 339,349
  • 接着フィルム 349
  • 摂動法 188
  • ゼラチンハイドロゲル 236
  • セルロースナノファイバー(CNF) 130
  • 繊維芽細胞 231
  • 先行技術調査 197
  • 潜在意味解析 203
  • 潜在的(Latent)意味 203
  • 全体俯瞰 208
  • せん断変形 358
  • [そ]
  • 層状構造 16
  • 創傷被覆材 290
  • 相転移 3,31,293,347,348
  • 増粘安定剤 11
  • 増粘・ゲル化剤 246
  • 相反機能 56
  • 相分離 3,31
  • 相溶性 342
  • 双連続相 31
  • 速度論 34
  • 速度論モデル 331
  • 速放性薬剤 329
  • 疎水性親和 42
  • 疎水性水和 42
  • 塑性変形 80
  • 疎な凝集 13
  • ソフトゲル 293
  • ソフトコンタクトレンズ 241
  • ソフトマター 42,80,188,251
  • ゾル・ゲル相転移 31,39
  • ゾル・ゲル相転移による繊維化 121
  • ゾル・ゲル法 67
  • ゾルの安定化 138
  • ゾルの塗布 133
  • ゾルの攪拌 93
  • ゾル溶液 5
  • 損失弾性率 154
  • [た]
  • 耐水性 344
  • 体積相転移 39,50
  • 体積膨潤 18
  • ダイナミクス 34
  • 耐熱性 14
  • 耐発泡性 346
  • 耐薬品性 14
  • ダイラタンシー 48,153
  • ダイラタント材料 269
  • ダイラタント特性 270
  • ダイラタント流体 271
  • 大量文書の分析 197
  • 多価アルコール 304
  • タッキファイヤー(TF) 345
  • タック 340
  • 脱溶剤化 344
  • 単位操作 61
  • 段差追従性 344,349
  • 単層カーボンナノチューブ(SWNT) 121
  • 断熱材 25
  • タンパク質 285
  • [ち]
  • チキソトロピー 152,548
  • 中間径フィラメント 281
  • 中空ゲルファイバー 122
  • 中性子広角散乱法(WANS:Wide Angle Neutron Scattering) 5
  • 中性子散乱 6
  • 中性子小角散乱法(SANS:Small Angle Neutron Scattering) 5,47
  • 中皮細胞 288
  • 超高齢社会 219,227
  • 超臨界乾燥 22
  • 超臨界流体 22
  • 直鎖 5
  • 貯蔵弾性率 154,339
  • 沈降 140
  • [て]
  • 低温相分離 38
  • 低分子ゲル 181
  • 低VOC化 343
  • テーマ立案 197
  • テキスト情報を利用した特許分類手法 200
  • テクスチャー 11,252
  • テクスチャーアナライザー 254
  • テトラエトキシド(TEOS) 66
  • テレケリック会合高分子 48
  • 電界共役流体(ECF流体) 183
  • 電界紡糸法(エレクトロスピニング法) 114
  • 電荷反発 4
  • 電気粘性流体(ER流体) 183
  • 電気流体力学(EHD流) 183
  • 電子部品・機器分野の技術動向 222
  • 転相と味覚 256
  • 電池分野 257
  • 電場に応答 183
  • 貼付剤 349
  • 澱粉のダイラタンシー 154
  • [と]
  • 同音異義語 198
  • 統計的機械学習法 203
  • 透水率 81
  • 動的レーザ散乱(Dynamic Laser Scattering:DLS) 5
  • 導電性高分子 10
  • 導電性ナノ粒子 10
  • 透明 5
  • 透明断熱材 23
  • 透明導電膜 10
  • 透明フィルム 14
  • 特異点 81
  • 特許情報 197
  • 特許データベース 198
  • 特許のテキスト情報を利用した分類手法 200
  • 特許分類手法 200
  • トップダウン法 63
  • トピック(潜在的意味) 203
  • トピック分布 204
  • トピックモデル 201
  • 土木・建築分野の技術動向 224
  • ドラッグデリバリーシステム(DDS) 182,238,283
  • トレードオフ 114
  • [な]
  • ナノ顔料 261
  • ナノクレイゲル 15
  • ナノゲル 285
  • ナノコンポジットゲル 14
  • ナノ毒性 114
  • ナノファイバー 114,127
  • ナノ粒子 4
  • ナノ粒子の凝集 147
  • 難燃性 14
  • [に]
  • 2次相転移 32
  • 二軸押出機 15
  • 二重円筒型粘度計 157
  • 乳化剤 247,348
  • 乳化重合 13,66
  • [ね]
  • 熱安定性 350
  • 熱可逆相転移 41
  • 熱拡散係数 40
  • 熱硬化型 349
  • ネットワーク構造 3
  • 熱力学的安定性 35
  • 粘液 286
  • 粘接着剤 349
  • 粘弾性相分離 42
  • 粘弾性液体 289
  • 粘弾性体 3
  • 粘着剤 339,349
  • 粘着剤分野の技術動向 221
  • 粘着3物性 340
  • 粘着と接着 266
  • 粘着フィルム 349
  • 粘着付与樹脂(タッキファイヤー) 342
  • 粘着力 340
  • 粘土鉱物 14
  • [の]
  • 濃厚コロイド系の流体凝集 49
  • ノンセパ粘着ラベル 347
  • [は]
  • パーコレーション閾値 10
  • ハードゲル 293
  • バイオミメティックス 236
  • バイオミメティックなナノファイバー 127
  • 配向誘起結晶化 120
  • 配合性 350
  • ハイドロゲル 235,279,283,330
  • ハイドロゲル・ソフトコンタクトレンズ 241
  • バイノーダル領域 31
  • ハイプサイクル 365
  • パウダーゲル 293,302
  • 破壊的イノベーション 366
  • 白濁 147
  • 剥離強度 345
  • 剥離紙 347
  • BOW表現 201
  • 発泡 23
  • パラフィンオイル 357
  • パルス型薬物放出制御 330
  • 汎関数 35
  • バンドル(束) 4,130
  • 反応速度 150
  • 反応律速(reactionlimited) 151
  • 反発力 69
  • [ひ]
  • ヒアルロン酸 66,280
  • ビークル特性(容器特性) 236
  • 光開始剤 350
  • 光カチオン硬化型 349
  • 光散乱 5,6
  • 光重合法を用いたゲル化 265
  • 光触媒 134
  • 光透過率 15
  • 光反応開始剤 265
  • 光ラジカル硬化型 349
  • 微結晶 6
  • 微小管 281
  • 引張強度 15
  • 美肌 219,230
  • 比表面積 14
  • 皮膚(美肌,保湿,コラーゲン)分野 219,230
  • 非平衡ゲル 39,47
  • 非平衡材料 3
  • 非平衡熱力学 35
  • 非平衡論的凝集体 162
  • 皮膜剤 247
  • 表面エネルギー 4,13
  • 表面張力 22
  • 表面電荷 4
  • 表面偏析 345
  • ビンガム流体 183
  • [ふ]
  • ファイバーの高強度化 119
  • ファイルインデックス(FI) 198
  • ファニキュラー 301
  • ファンデーション 293
  • vander Walls力 69,268
  • フィブリル状(繊維質) 251
  • フィラー 14,135
  • 封孔 73
  • フェイズフィールド法 35
  • フォークト(Voigt)モデル 79
  • 不可逆凝集体(aggregate) 162
  • 俯瞰マップ 210
  • 腹腔液 289
  • 腹腔鏡手術 227
  • 複合溶融紡糸法 114
  • 複素弾性率 157
  • 腹膜癒着 289
  • 負性粘性 267
  • 付着確率(sticking coefficient) 151
  • 物質移動係数 82
  • 物質拡散係数 40
  • 物理ゲル 39
  • 不透明 5
  • 負の拡散 35
  • プレストパウダー 301
  • 一般社団法人プロダクト・イノベーション協会(PIA) 197
  • プロトン伝導体 260
  • 分岐理論 188
  • 分散 4
  • 分散安定化 138
  • 分散相 13,31
  • 分子会合性オルガノゲル 18
  • 分子間力 268,340
  • 噴霧乾燥ゲル 109
  • [へ]
  • 閉曲線型相分離 38
  • 平衡ゲル 47
  • 平衡反応 67
  • 平衡論 34
  • 平衡論的凝集体 162
  • ベースポリマー(BP) 345
  • ベースメイク 299
  • pH変化を利用したゲル化 262
  • 変曲点 10
  • ペンデュラー 301
  • [ほ]
  • ホイップ状 251
  • ポイントメイク 299
  • 膨潤 12,330,333
  • 膨潤曲線 51
  • 保湿 219,230,295
  • 保湿化粧品 293
  • 保湿剤 247
  • 保持力 340
  • ホットメルト型 341
  • ボトムアップ法 62
  • ポリグリコール酸(PGA) 236
  • ポリスチレン系ゲル 356
  • ポリ乳酸(PLA) 236
  • ホルモンの分泌 329
  • ポロド則 7
  • [ま]
  • マイクロゲル 110
  • マクロゲル 110
  • 摩擦係数 324
  • マトリックス(3次元網目構造) 14,330
  • マルチスケール 5
  • マルチラメラ 296
  • [み]
  • ミー散乱 6
  • 味覚 256
  • ミクロゲル 13,110,244,248
  • ミクロ相分離 31,40
  • 密な凝集 13
  • [む]
  • ムコ多糖類 66
  • ムチン 287
  • 無溶剤系 341
  • [め]
  • メイクアップ化粧品 299
  • メカノバイオロジー 282
  • メソ構造 35
  • メソポーラス材料 67
  • メソポーラス状のシリカ 74
  • メニスカス 23
  • メルトブロー法 114,123
  • 面内せん断変形 359
  • [も]
  • 毛細管力 23
  • モノリシック(monolithic) 70
  • モンモリロナイト 15
  • [や]
  • 薬物送達システム 336
  • 薬物皮膚透過性 350
  • 薬物放出性 350
  • 薬物放出制御 329
  • ヤモリの粘着歩行 268
  • [ゆ]
  • UV硬化 265
  • 油性ゲル 248,299
  • 輸送流束 14
  • 癒着防止材 286
  • ゆらぎ 35,148
  • [よ]
  • 溶解性パラメータ(SP値) 342
  • 溶解度 34
  • 容器特性 236
  • 溶剤型アクリル系粘着剤 341
  • 溶剤系 341
  • 溶媒蒸気圧 81
  • [ら]
  • ラミニン 280
  • ラメラ構造 296
  • ランニングシューズ 353
  • 乱流渦 63
  • 乱流エネルギー 63
  • 乱流拡散 40
  • [り]
  • リーマンショック 208
  • リオトロピック液晶 294
  • 力学的強度 14
  • 力学特性(レオロジー特性) 236
  • リスク 114
  • リターナブル適性 348
  • リチウムイオン電池 257
  • リビング現象(ribbing) 134
  • リビングラジカル重合(LRP:Living Radical Polymerization) 67,182
  • 粒子間相互作用力 14
  • 流体凝集 163
  • 流体ゲル 312
  • 流動ゲル 322
  • 両親媒性高分子 247
  • 両親媒性分子 294
  • リワーク性 344
  • 臨界状態 10
  • [る]
  • 類義語 198
  • [れ]
  • レイリー散乱 6
  • レオペクシー 5,153,167
  • レオメータ 147
  • レオロジー 5,157
  • レオロジー測定 312
  • レオロジー特性 236,246
  • 連続相 13,31
  • [ろ]
  • 老化防止 221
  • [数字]
  • 3Dゲルプリンタ 361
  • 3Dプリンタ 261
  • 3次元網目構造 330
  • [A]
  • agglomerate(可逆凝集体) 162
  • aggregate(不可逆凝集体) 162
  • [B]
  • Bag-of-Words(BOW)表現 201
  • Belousov-Zhabotinsky reaction(BZ反応) 190
  • Bragg ピーク 6
  • BZ反応(Belousov-Zhabotinsky reaction) 190
  • [C]
  • CNF(セルロースナノファイバー) 4,130
  • CNT(カーボンナノチューブ) 4,130
  • constant drying rate period(恒率乾燥期間) 81
  • Controlled Radical Polymerization:CRP 182
  • [D]
  • DDS(ドラッグデリバリーシステム:薬物送達システム) 182,238,346
  • DDSとしてのゲル 238
  • diffusion limited aggregates(DLA) 151
  • diffusion limited(拡散律速) 151
  • DLA(diffusion limited aggregates) 151
  • DLS(Dynamic Laser Scattering:動的レーザ散乱) 5
  • DLVOポテンシャル 108,148
  • DSC曲線 317
  • [E]
  • ECF流体(Electro-Conjugate Fluids:電界共役流体) 183
  • EHD流体(Electro-Hydro-Dynamic Fluids:電気流体力学) 183
  • Electro-Conjugate Fluids(ECF流体) 183
  • Electro-Hydro-Dynamic Fluids(EHD流体) 183
  • Electre-Rheological Fluids(ER流体) 183
  • ER流体(Electro-Rheological Fluids:電気粘性流体) 183
  • [F]
  • face centered cubic(fcc) 163
  • falling drying rate period(減率乾燥期間) 81
  • fcc(face centered cubic) 163
  • FI(ファイルインデックス) 198
  • [J]
  • jamming transition(ジャミング転移) 153
  • [L]
  • Latent Dirichlet Allocation(LDA) 197,203
  • LCST(下限臨界相溶温度) 41,238
  • LDA分析について 206
  • Living Radical Polymerization:LRP 182
  • Lower critical solution temperature:LCST 238
  • lubrication(潤滑流) 162
  • [M]
  • Magnetic Fluids(磁性流体) 183
  • Magneto Rheological Elastomer(MRエラストマー) 187
  • Magneto-Rheological Suspensions(MR流体) 183
  • MEBG 22
  • monolithic(モノリシック) 70
  • Morris 321
  • MRエラストマー(磁気粘弾性エラストマー) 187
  • MR流体(Magneto-Rheological Suspensions:磁気粘性流体) 183
  • [N]
  • NC 14
  • NCハイドロゲル 15
  • [O]
  • O/W 13
  • OCA 344
  • ORゲル 16
  • [P]
  • PET-G 16
  • pH変化を利用したゲル化 262
  • PIA(一般社団法人プロダクト・イノベーション協会) 197
  • PNIPA 16
  • PVAゲル 5
  • PVAゲルファイバー 116
  • PVCゲルアクチュエータ 184
  • [R]
  • reaction limited aggregates(RLA) 151
  • reaction limited(反応律速) 151
  • Rheo-SANS 5,154
  • ribbing現象 134
  • RLA(reaction limited aggregates) 151
  • [S]
  • SANS(Small Angle Neutron Scattering:中性子小角散乱法) 5,47
  • scaffold(スキャホールド) 130
  • self-organization(自己組織化) 188
  • self-oscillation(自励振動) 188
  • shear thickening 152,159,165
  • shear thinning 152
  • Small Angle Neutron Scattering 47
  • SNAP(Structure of Nano Particles) 152
  • sticking coefficient(付着確率) 151
  • Structure of Nano Particles(SNAP) 152
  • SWNT(単層カーボンナノチューブ) 121
  • [T]
  • TEMPO触媒 130
  • TEOS(tetraethyl orthosilicate:テトラエトキシド) 25,66,67
  • tetraethyl orthosilicate 66
  • TPA 322
  • TTS 350
  • T-V線図 51
  • [U]
  • U-SANS 5
  • UV硬化 265
  • UV硬化型 349
  • UV硬化型粘着剤 341
  • [V]
  • van der Waals力 69,268
  • Voigt(フォークト)モデル 79
  • [W]
  • W/O 13
  • WANS(Wide Angle Neutron Scattering:中性子広角散乱法) 5
  • [ギリシャ文字]
  • αゲル 296
  • κ-カラギーナン 330
  • κ-カラギーナンハイドロゲル 333

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで