サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 映像資料

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな シーズン2 disc 3-4

ジェーン・スー 原作,新井友香 [ほか] 脚本

詳細情報

タイトル 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな
著者 ジェーン・スー 原作
著者 新井友香 [ほか] 脚本
シリーズ名 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな : DVD-box ; シーズン2
出版地(国名コード) JP
出版地[東京]
出版社アスミック・エース
出版地[東京]
出版社ポニーキャニオン
出版年月日等 [2016.3]
大きさ、容量等 ビデオディスク 2枚 (210分) : DVD
注記 資料種別 : [映像資料]
注記 原作・脚本:ジェーン・スー 監督:石井聡一/大内隆弘/片山雄一/川村泰祐/鶴岡慧子/村本大志/本橋圭太 監督・脚本:佐藤二朗/たかひろや/マギー 監督・出演:城田優 脚本:新井友香/狗飼恭子/樋口七海/ふじきみつ彦/松田沙也/渡辺千穂 脚本・出演:池田鉄洋 音楽:アゲハスプリングス 制作協力:ホリプロ 製作:アスミック・エース 製作著作:女性チャンネル♪LaLa TV 出演:浅見れいな/芦名星/臼田あさ美/貫地谷しほり/小池栄子/酒井若菜/佐々木希/佐藤仁美/釈由美子/中村倫也/夏菜/菜々緒/渡部豪太
注記 システム要件 : カラー, ステレオ, ワイド
注記 システム要件 : 音声: 日
JP番号 22715715
発売番号(録音・映像資料) PCBE-63588-2
発売番号(録音・映像資料) PCBE-63588
巻次 シーズン2 disc 3-4
部分タイトル DISC1《第10話》〈077〉よんどころない事情もなく、実家に住み続けている。〈078〉今の生活レベルを落とせない、という話をしたことがある。〈079〉将来に一縷の不安も抱かせない完璧な男と、結婚しようと思っている。《第11話》〈080〉「俺についてこい」というマッチョな男と付き合った試しも、惹かれた試しもない。〈081〉そういう男に、引かれることはよくある。〈082〉彼氏が年下すぎる。《第12話》〈083〉雑誌に書いてある「彼をその気にさせるアプローチ」を鵜呑みにした。〈084〉彼の友人に初めて会ったとき、自分の失敗談やバカ話ばかりした。〈085〉そもそも、彼氏がいない。もう3年以上。《第13話》〈086〉「大切な彼女」以外の存在として、男女の関係を持っている。〈087〉過剰な子供好きアピールや、過剰な子供嫌い宣言をしている。〈088〉彼が自分のどこを好きなのか、よくわからない。《第14話》〈089〉日常会話の延長線上のような口調で、友人の結婚話を何度もしたことがある。〈090〉男運が悪い。〈091〉そもそも彼と結婚したいのか、ただ結婚がしたいだけなのかよくわからない。
部分タイトル DISC2《第15話》〈092〉彼のセンスをけなしたことは、一度や二度ではない。〈093〉彼のプロポーズを聞き逃している。〈094〉相手には、すでに家庭がある。《第16話》〈095〉家事全般が苦手なことを、まったく悪いと思っていない。〈096〉「このままズルズル付き合うのは良くない」と友人や親に言われたことを彼に伝えた。〈097〉彼と10年以上付き合っているか、結婚生活となんら変わりない同棲生活を続けている。《第17話》〈098〉彼の名字の下に、自分の名前を書いた紙を見つけられてしまった。〈099〉指輪のブランドから式場まで、理想のウェディングプランを彼に話した。〈100〉彼に花を持たせようと、力不足を演じたことがある。《第18話》〈101〉病めるときも健やかなるときも、バカ笑いができる女友達に囲まれている。
出版年(W3CDTF) 2016
NDLC YL321
対象利用者 一般
資料の種別 映像資料
資料の種別 DVD

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで