사이트 메뉴 여기에서이 페이지의 선두입니다

바로 가기 키에 대한 설명을 시작합니다. 화면 전환이나 기능 실행은 설명에 나오는 바로 가기 키를 동시에 누른 후 Enter 키를 누르십시오. 바로 가기 키에 대한 설명을 들으려면  Alt +0. 메인 화면을 표시하려면 Alt +1. 로그인을 하려면 Alt +2. 간이검색 화면을 표시하려면 Alt +3. 상세검색 화면을 표시하려면 Alt +4. 장애인을 위한 자료검색 화면을 표시하려면 Alt +5. 검색 결과를 정렬하려면, Alt +6. 국립국회도서관 홈페이지를 표시하려면 Alt +7. 결과내 검색을 하기 위해서는 Alt +8. 바로 가기 키에 대한 설명은 이상입니다.

네비게이션 여기에서

네비게이션 여기까지

본문 여기에서

자료 종별 図書

メッセンジャーナース = MESSENGERNURSE : 看護の本質に迫る

村松静子 監修,甲州優, 武田美和, 川口奏子 編集

서지정보

타이틀 メッセンジャーナース = MESSENGERNURSE : 看護の本質に迫る
책임표시 村松静子 監修
책임표시 甲州優, 武田美和, 川口奏子 編集
저자표목 村松, 静子, 1947-
저자표목 甲州, 優
저자표목 武田, 美和
저자표목 川口, 奏子
출판 지명(국명 코드) JP
출판 지명東京
출판사看護の科学社
출판 연월일 등 2016.4
크기, 용량 등 361p ; 19cm
ISBN 9784878040948
가격 1500円
JP번호 22735667
TOHAN MARC 번호 33425447
별 타이틀 MESSENGERNURSE
부분 타이틀 私のメッセンジャーナース事始め / 甲州優 著
부분 타이틀 「離島で暮らす島民のメッセンジャーナースへのニーズ調査」からわかったこと / 田畑千穂子 著
부분 타이틀 医療者と患者および家族との間の認識のズレは本当にあるのか / 中村享子 著
부분 타이틀 メッセンジャーナースの法律的な整合性について / 小林裕美, 乗越千枝, 村松静子 著
부분 타이틀 長崎県から 迷いだらけの看護道からたどりついた看護 / 前田真由美 著
부분 타이틀 山口県から 地域の人たちの生活の声援者として / 原田典子 著
부분 타이틀 岡山県から まちの看護師として「晴」を設立 / 赤瀬佳代 著
부분 타이틀 大阪府から がん患者へのサポートから地域づくりへ / 南孝美 著
부분 타이틀 新潟県から 「認識のズレ」と「尊厳の遵守」に挑戦 / 小田直美 著
부분 타이틀 栃木県から 看護を語る会in栃木」の活動 / 山口久美子 著
부분 타이틀 神奈川県から 病院のがん相談員として、それぞれの人生・思いに向き合って / 倉戸みどり 著
부분 타이틀 患者・家族に教えられた「聴く」ことの大切さ / 村中知栄子 著
부분 타이틀 対話から見えた「こころの風景」 / 武田美和 著
부분 타이틀 看護師は黒子に徹する / 中村義美 著
부분 타이틀 医療の受け手の使者になり、医療者との懸け橋となる / 田口かよ子 著
부분 타이틀 最期まで希望を支える関わり / 武田美和 著
부분 타이틀 セカンドハウス「ここさこらんしょ」開設の経緯と最初の取り組み / 仲野佳代子 著
부분 타이틀 「生きていく覚悟」に勇気をもらって / 本田裕子 著
부분 타이틀 後輩につなぐ"看護の本質" / 松本ヤヨイ 著
부분 타이틀 わが家のような雰囲気を / 町屋千鶴子 著
부분 타이틀 実働部隊として福島へ / 坂内みゆき 著
부분 타이틀 メッセンジャーナースの認定と研鑽セミナーの内容 / 村松静子 著
부분 타이틀 研鑽プログラムに込めた思い / 村松静子 著
부분 타이틀 セミナーでの学びの活かし方 / 武田美和 著
부분 타이틀 セミナーでの仲間づくり / 武田美和 著
부분 타이틀 自分自身を知ることで、相手とも向き合えるようになって / 川口奏子 著
부분 타이틀 地域の人たちに寄り添って / 木村恵子 著
부분 타이틀 メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について / 吉田和子 著
부분 타이틀 これからのメッセンジャーナースの挑戦 / 甲州優, 武田美和, 川口奏子 著
출판 년도(W3CDTF) 2016
건명(키워드) 看護学
NDLC SC841
NDC(9판) 492.9 : 임상의학. 진단·치료
대상이용자 一般
자료 종별 図書
언어(ISO639-2 형식) jpn : 日本語

본문 여기까지

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

풋터 여기까지