サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代アメリカにおける学力形成論の展開 = Development of theories on educational objectives and assessment in the United States : スタンダードに基づくカリキュラムの設計

石井英真 著

詳細情報

タイトル 現代アメリカにおける学力形成論の展開 = Development of theories on educational objectives and assessment in the United States : スタンダードに基づくカリキュラムの設計
著者 石井英真 著
著者標目 石井, 英真
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東信堂
出版年月日等 2015.10
大きさ、容量等 432p ; 22cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784798913131
価格 4600円
JP番号 22656287
トーハンMARC番号 33358596
別タイトル Development of theories on educational objectives and assessment in the United States
部分タイトル 序章 ブルーム・タキソノミー開発の意義と課題 スタンダード運動の展開とパフォーマンス評価論の誕生 L.W.アンダーソンらによる「改訂版タキソノミー」の開発 「改訂版タキソノミー」の提起する新たな課題 R.J.マルザーノらによる思考教授のタキソノミーの開発 思考教授研究における情意目標論の展開 R.J.マルザーノらのスタンダード設定論の検討 G.ウィギンズらの「理解をもたらすカリキュラム設計」の検討 「真正の学習と学力」をもたらす教育目標・評価論の構想 終章 スタンダードに基づく教育改革の再定義に向けて 教室の内側からの評価改革 高次の学力の質的レベルを捉える枠組み ポスト近代社会をよりよく生きていくのに必要な資質・能力
増補版
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) 学力
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) アメリカ合衆国--教育
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC FB82
NDC(9版) 372.53 : 教育史・事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで