サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

日進市史 民俗編

日進市史編集委員会 編

詳細情報

タイトル 日進市史
著者 日進市史編集委員会 編
著者標目 日進市
出版地(国名コード) JP
出版地日進
出版社日進市
出版年月日等 2015.3
大きさ、容量等 590p 図版 [16] 枚 ; 27cm + 地図 2枚 (袋入)
注記 文献あり
JP番号 22609007
巻次 民俗編
出版年(W3CDTF) 2015
件名(キーワード) 日進市--風俗・習慣
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC135
NDC(9版) 215.5 : 中部地方:東山・東海地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日進市史.民俗編
  • 目次
  • 口絵
  • 凡例
  • はじめに 1
  • 時代史としての「民俗編」
  • 丘陵地の民俗
  • 兼業の民俗
  • 兼業農家の農業
  • 新興住宅地の民俗
  • 受け継がれる民俗
  • 第一章 社会生活
  • 第一章 第一節 ムラの概要 12
  • 第一章 第一節 一 日進市域のムラ 12
  • 第一章 第一節 一 ムラの変遷
  • 第一章 第一節 一 赤池
  • 第一章 第一節 一 浅田
  • 第一章 第一節 一 梅森
  • 第一章 第一節 一 野方
  • 第一章 第一節 一 蟹甲
  • 第一章 第一節 一 折戸
  • 第一章 第一節 一 藤枝
  • 第一章 第一節 一 米野木
  • 第一章 第一節 一 三本木
  • 第一章 第一節 一 藤島
  • 第一章 第一節 一 本郷
  • 第一章 第一節 一 岩崎
  • 第一章 第一節 一 岩藤
  • 第一章 第一節 一 北新田
  • 第一章 第二節 ムラのしくみと運営 43
  • 第一章 第二節 一 ムラのしくみ 43
  • 第一章 第二節 一 ムラ(区)
  • 第一章 第二節 一 ムラの役職
  • 第一章 第二節 一 区長
  • 第一章 第二節 一 副区長・会計・区議員
  • 第一章 第二節 一 役職者の選出
  • 第一章 第二節 二 ムラの運営 46
  • 第一章 第二節 二 ムラの会合
  • 第一章 第二節 二 区費
  • 第一章 第二節 二 ムラの係
  • 第一章 第二節 二 アルキサ
  • 第一章 第二節 二 共有地の管理
  • 第一章 第二節 二 共有財産
  • 第一章 第二節 二 ムラの境
  • 第一章 第二節 二 ムラへの転出入
  • 第一章 第二節 二 よそのムラとの対抗関係
  • 第一章 第二節 三 シマと組 52
  • 第一章 第二節 三 シマ
  • 第一章 第二節 三 シマの共同作業
  • 第一章 第二節 三 シマによる葬式の互助
  • 第一章 第二節 三 シマと信仰
  • 第一章 第二節 三 組とトナリ
  • 第一章 第二節 三 隣近所での互助
  • 第一章 第二節 三 近所つき合い
  • 第一章 第二節 三 オヒマチ
  • 第一章 第三節 年齢集団 59
  • 第一章 第三節 一 若者の組織 59
  • 第一章 第三節 一 若者組
  • 第一章 第三節 一 青年会
  • 第一章 第三節 一 青年会への加入
  • 第一章 第三節 一 青年会の上下関係
  • 第一章 第三節 一 青年会の楽しみ
  • 第一章 第三節 一 青年会の資金
  • 第一章 第三節 一 処女会と女子青年団
  • 第一章 第三節 二 子ども仲間 64
  • 第一章 第三節 二 子ども仲間と行事
  • 第一章 第三節 二 赤池の子ども行事
  • 第一章 第三節 二 子ども仲間の対抗関係
  • 第一章 第三節 三 成年の組織 67
  • 第一章 第三節 三 消防団
  • 第一章 第三節 三 婦人会
  • 第一章 第三節 三 同年組織
  • 第一章 第四節 家族と親族 71
  • 第一章 第四節 一 家族と家の継承 71
  • 第一章 第四節 一 アトトリと次三男
  • 第一章 第四節 一 養子婿
  • 第一章 第四節 一 娘の扱い
  • 第一章 第四節 一 嫁の働き
  • 第一章 第四節 一 家の継承
  • 第一章 第四節 一 シンヤ
  • 第一章 第四節 二 親族と同族 73
  • 第一章 第四節 二 親戚づき合い
  • 第一章 第四節 二 イットウ
  • 第二章 生業
  • 第二章 第一節 水利と耕地 78
  • 第二章 第一節 一 ため池と用水 78
  • 第二章 第一節 一 日進市域の農業
  • 第二章 第一節 一 岩崎川水系の水利
  • 第二章 第一節 一 天白川水系の水利
  • 第二章 第一節 一 用水の管理
  • 第二章 第一節 一 ミゾサライ
  • 第二章 第一節 二 耕地の状況 82
  • 第二章 第一節 二 湿田と乾田
  • 第二章 第一節 二 ミズ田
  • 第二章 第一節 二 ドブ田
  • 第二章 第一節 二 ムギ田
  • 第二章 第一節 二 田の大きさと形
  • 第二章 第一節 二 土質
  • 第二章 第二節 稲作 86
  • 第二章 第二節 一 田起こしと苗代 86
  • 第二章 第二節 一 田起こし
  • 第二章 第二節 一 ミズ田鍬
  • 第二章 第二節 一 オーチャクビッチュウ
  • 第二章 第二節 一 根肥
  • 第二章 第二節 一 田起こしの労働量
  • 第二章 第二節 一 畦塗り
  • 第二章 第二節 一 苗代
  • 第二章 第二節 一 塩水選
  • 第二章 第二節 一 籾浸け
  • 第二章 第二節 一 籾まき
  • 第二章 第二節 一 花のとう
  • 第二章 第二節 一 苗代の管理
  • 第二章 第二節 一 ムギ田起こし
  • 第二章 第二節 二 田植 92
  • 第二章 第二節 二 田植時期
  • 第二章 第二節 二 田植の一日
  • 第二章 第二節 二 苗取り
  • 第二章 第二節 二 マワリ植え
  • 第二章 第二節 二 いろいろな綱植え
  • 第二章 第二節 二 印をつける田植
  • 第二章 第二節 二 田植の技
  • 第二章 第二節 二 田植の労働力
  • 第二章 第二節 二 苗代じまい
  • 第二章 第二節 二 農休み
  • 第二章 第二節 二 雨乞い
  • 第二章 第二節 三 夏の生育管理 99
  • 第二章 第二節 三 稲の害虫
  • 第二章 第二節 三 火による害虫駆除
  • 第二章 第二節 三 害虫駆除の儀礼
  • 第二章 第二節 三 農薬の使用
  • 第二章 第二節 三 田の草取り
  • 第二章 第二節 三 夏の田の水管理
  • 第二章 第二節 三 出穂水
  • 第二章 第二節 三 穂肥
  • 第二章 第二節 三 二百十日
  • 第二章 第二節 三 ヨムシ切り
  • 第二章 第二節 三 ヒエ切り
  • 第二章 第二節 三 二百二十日
  • 第二章 第二節 四 稲刈り 103
  • 第二章 第二節 四 稲刈りの時期
  • 第二章 第二節 四 稲刈りの準備
  • 第二章 第二節 四 稲刈りの仕方
  • 第二章 第二節 四 田舟
  • 第二章 第二節 四 ハザ
  • 第二章 第二節 四 ハザ掛け
  • 第二章 第二節 四 土手干し
  • 第二章 第二節 四 稲扱き
  • 第二章 第二節 四 スズミ
  • 第二章 第二節 四 籾干し
  • 第二章 第二節 五 アキ仕事と肥料 108
  • 第二章 第二節 五 籾すり
  • 第二章 第二節 五 アキアゲ
  • 第二章 第二節 五 俵詰め
  • 第二章 第二節 五 検査
  • 第二章 第二節 五 年貢納めと供出
  • 第二章 第二節 五 種籾
  • 第二章 第二節 五 収量
  • 第二章 第二節 五 品種
  • 第二章 第二節 五 肥料
  • 第二章 第二節 五 牛と堆肥
  • 第二章 第二節 五 下肥
  • 第二章 第三節 養蚕と畑作 116
  • 第二章 第三節 一 養蚕 116
  • 第二章 第三節 一 日進の養蚕
  • 第二章 第三節 一 春蚕の掃き立て
  • 第二章 第三節 一 円座飼い
  • 第二章 第三節 一 加温
  • 第二章 第三節 一 蚕棚
  • 第二章 第三節 一 安楽飼い
  • 第二章 第三節 一 桑の不足
  • 第二章 第三節 一 ヤマアゲ
  • 第二章 第三節 一 繭かきと出荷
  • 第二章 第三節 一 夏蚕・秋蚕
  • 第二章 第三節 一 蚕の病気
  • 第二章 第三節 一 桑の管理
  • 第二章 第三節 一 養蚕の衰退
  • 第二章 第三節 二 麦作とコモ編み 122
  • 第二章 第三節 二 大麦と小麦
  • 第二章 第三節 二 麦の畝
  • 第二章 第三節 二 麦まき
  • 第二章 第三節 二 土寄せと麦踏み
  • 第二章 第三節 二 麦刈り
  • 第二章 第三節 二 脱穀と麦すり
  • 第二章 第三節 二 コモ編み
  • 第二章 第三節 三 そのほかの作物 126
  • 第二章 第三節 三 サツマイモ
  • 第二章 第三節 三 タバコ
  • 第二章 第三節 三 野菜と豆
  • 第二章 第四節 池や川の魚とり 131
  • 第二章 第四節 一 池の魚とり 131
  • 第二章 第四節 一 池ゼッショウ
  • 第二章 第四節 一 池ゼッショウでの魚のとり方
  • 第二章 第四節 二 川や田の魚とり 133
  • 第二章 第四節 二 天白川の魚
  • 第二章 第四節 二 ハリキリ
  • 第二章 第四節 二 ナガノ
  • 第二章 第四節 二 カイドリ
  • 第二章 第四節 二 田の魚貝
  • 第二章 第四節 二 ウゲ
  • 第二章 第四節 二 火ブリ
  • 第二章 第四節 二 ツボとり
  • 第二章 第五節 亜炭の採掘 138
  • 第二章 第五節 一 日進市域の亜炭 138
  • 第二章 第五節 一 岩木
  • 第二章 第五節 一 日進市域の亜炭層
  • 第二章 第五節 一 岩木場の経営
  • 第二章 第五節 一 坑夫
  • 第二章 第五節 二 亜炭鉱の構造 141
  • 第二章 第五節 二 チンマル
  • 第二章 第五節 二 亜炭層の状況
  • 第二章 第五節 二 ケンノビ
  • 第二章 第五節 三 亜炭の採掘 143
  • 第二章 第五節 三 サキヤマとアトヤマ
  • 第二章 第五節 三 サキヤマによる採掘
  • 第二章 第五節 三 亜炭採掘の道具
  • 第二章 第五節 三 アトヤマ
  • 第二章 第五節 三 ツナヒキ
  • 第二章 第五節 四 事故と信仰 148
  • 第二章 第五節 四 落盤
  • 第二章 第五節 四 酸欠
  • 第二章 第五節 四 出水
  • 第二章 第五節 四 ガス
  • 第二章 第五節 四 陥没
  • 第二章 第五節 四 山の神
  • 第二章 第五節 五 待遇と稼ぎ 150
  • 第二章 第五節 五 労働時間
  • 第二章 第五節 五 坑夫の服装
  • 第二章 第五節 五 昼食
  • 第二章 第五節 五 風呂
  • 第二章 第五節 五 休み
  • 第二章 第五節 五 計量と勘定
  • 第二章 第五節 六 販売と亜炭採掘の衰退 152
  • 第二章 第五節 六 乾燥
  • 第二章 第五節 六 亜炭の販路
  • 第二章 第五節 六 亜炭の配達
  • 第二章 第五節 六 亜炭鉱の衰退
  • 第三章 衣生活
  • 第三章 第一節 仕事着 156
  • 第三章 第一節 一 トンモギ 156
  • 第三章 第一節 一 戦前から戦後にかけての衣生活
  • 第三章 第一節 一 農作業と仕事着
  • 第三章 第一節 一 女性の仕事着
  • 第三章 第一節 一 テゴとハバキ
  • 第三章 第一節 一 モンペの普及とハバキ
  • 第三章 第一節 一 ノラギのおしゃれ
  • 第三章 第一節 一 男性の仕事着
  • 第三章 第一節 一 モモヒキ
  • 第三章 第一節 二 かぶりものと履きもの 163
  • 第三章 第一節 二 かぶりもの
  • 第三章 第一節 二 ショイゴモ
  • 第三章 第一節 二 雨具
  • 第三章 第一節 二 防寒着
  • 第三章 第一節 二 履きもの
  • 第三章 第二節 普段着と晴着 167
  • 第三章 第二節 一 ツネギとヨソイキ 167
  • 第三章 第二節 一 普段着・よそ行きの呼称
  • 第三章 第二節 一 ツネギ
  • 第三章 第二節 一 ツネギの洋装化
  • 第三章 第二節 一 チョコチョコ
  • 第三章 第二節 一 チョコチョコの画一化
  • 第三章 第二節 一 ヨソイキ
  • 第三章 第二節 一 戦争とヨソイキ
  • 第三章 第二節 二 晴着 174
  • 第三章 第二節 二 婚礼衣装
  • 第三章 第二節 二 喪服
  • 第三章 第二節 三 小間物と粧い 176
  • 第三章 第二節 三 足袋
  • 第三章 第二節 三 履きもの
  • 第三章 第二節 三 傘
  • 第三章 第二節 三 日本髪とパーマ
  • 第三章 第二節 三 洗髪
  • 第三章 第二節 三 化粧
  • 第三章 第三節 下着と夜具 180
  • 第三章 第三節 下着
  • 第三章 第三節 月経時の扱い
  • 第三章 第三節 布団
  • 第三章 第三節 布団の洗濯と手入れ
  • 第三章 第三節 枕
  • 第三章 第三節 寝巻
  • 第三章 第三節 蚊帳
  • 第三章 第三節 座布団
  • 第三章 第四節 衣服の管理と調達 185
  • 第三章 第四節 一 洗濯と収納 185
  • 第三章 第四節 一 洗濯
  • 第三章 第四節 一 洗い張りと仕立て直し
  • 第三章 第四節 一 電気洗濯機
  • 第三章 第四節 一 虫干し
  • 第三章 第四節 一 収納
  • 第三章 第四節 二 裁縫 188
  • 第三章 第四節 二 衣服の調達
  • 第三章 第四節 二 裁縫(和裁)
  • 第三章 第四節 二 裁縫を習う場所
  • 第三章 第四節 二 裁縫の道具
  • 第三章 第四節 二 秋の虫と夜なべ
  • 第三章 第四節 二 裁縫のまじないと禁忌
  • 第三章 第四節 二 洋裁
  • 第三章 第四節 二 編みもの
  • 第三章 第四節 二 絞り
  • 第三章 第四節 三 機織り 195
  • 第三章 第四節 三 ウチオリ
  • 第三章 第四節 三 木棉の栽培
  • 第三章 第四節 三 綿繰りと綿打ち
  • 第三章 第四節 三 糸紡ぎ(綿糸)
  • 第三章 第四節 三 カセ(綛)繰りと染色
  • 第三章 第四節 三 経糸と緯糸の準備
  • 第三章 第四節 三 機織り
  • 第三章 第四節 三 絹のウチオリ
  • 第三章 第五節 子どもの衣服 201
  • 第三章 第五節 一 乳幼児期 201
  • 第三章 第五節 一 オムツ
  • 第三章 第五節 一 産着と着物
  • 第三章 第五節 一 乳児を背負う
  • 第三章 第五節 二 学童期 203
  • 第三章 第五節 二 子どもの着物
  • 第三章 第五節 二 通学時の服装(男子)
  • 第三章 第五節 二 通学時の服装(女子)
  • 第三章 第五節 二 履きもの
  • 第三章 第五節 二 子どもの洋服
  • 第三章 第六節 衣服の変化 210
  • 第三章 第六節 モンペの登場と普及
  • 第三章 第六節 服装の画一化と品不足
  • 第三章 第六節 和装から洋装へ
  • 第四章 食生活
  • 第四章 第一節 普段の食事と主食 216
  • 第四章 第一節 一 食制 216
  • 第四章 第一節 一 膳箱での食事
  • 第四章 第一節 一 食事の座順
  • 第四章 第一節 一 食生活の変化
  • 第四章 第一節 一 高度経済成長以前の食生活
  • 第四章 第一節 一 一日の食事
  • 第四章 第一節 一 田んぼでの昼食
  • 第四章 第一節 一 弁当
  • 第四章 第一節 二 主食 220
  • 第四章 第一節 二 麦飯
  • 第四章 第一節 二 精米
  • 第四章 第一節 二 炊飯
  • 第四章 第一節 二 ご飯の保存
  • 第四章 第一節 三 戦争と食生活 225
  • 第四章 第一節 三 ご飯のかさ増やし
  • 第四章 第一節 三 子どもの弁当と戦争
  • 第四章 第一節 三 陰膳
  • 第四章 第二節 副食と山野の素材 227
  • 第四章 第二節 一 副食 227
  • 第四章 第二節 一 おかず
  • 第四章 第二節 一 ジンダ味噌
  • 第四章 第二節 一 イリデンボ
  • 第四章 第二節 一 醤油かす
  • 第四章 第二節 一 煮味噌
  • 第四章 第二節 一 豆腐
  • 第四章 第二節 一 味噌汁
  • 第四章 第二節 一 味噌汁のだし
  • 第四章 第二節 一 団子汁
  • 第四章 第二節 一 卵と鶏肉
  • 第四章 第二節 一 海の魚
  • 第四章 第二節 二 山野の素材 231
  • 第四章 第二節 二 自然の恵み
  • 第四章 第二節 二 ドジョウとウナギ
  • 第四章 第二節 二 フナとコイ
  • 第四章 第二節 二 モロコとセンペラ
  • 第四章 第二節 二 貝類
  • 第四章 第二節 二 キノコ
  • 第四章 第二節 二 タケノコと山菜・ヒシ
  • 第四章 第二節 二 イナゴとカエル
  • 第四章 第二節 二 野鳥と野ウサギ
  • 第四章 第三節 粉食・保存食・間食 236
  • 第四章 第三節 一 粉食 236
  • 第四章 第三節 一 うどん
  • 第四章 第三節 一 そば
  • 第四章 第三節 一 コウセン
  • 第四章 第三節 一 米粉
  • 第四章 第三節 一 きな粉
  • 第四章 第三節 一 石臼(ひき臼)
  • 第四章 第三節 二 保存食と間食 238
  • 第四章 第三節 二 漬物
  • 第四章 第三節 二 大根漬け
  • 第四章 第三節 二 梅干し
  • 第四章 第三節 二 ラッキョウ
  • 第四章 第三節 二 粕漬け
  • 第四章 第三節 二 白菜漬け
  • 第四章 第三節 二 大根切干し
  • 第四章 第三節 二 サツマイモ
  • 第四章 第三節 二 ボロとオヘゲ
  • 第四章 第三節 二 山野の果実
  • 第四章 第三節 二 手作りの菓子
  • 第四章 第三節 二 買ってくるおやつ
  • 第四章 第四節 調味料と嗜好品 244
  • 第四章 第四節 一 調味料 244
  • 第四章 第四節 一 味噌
  • 第四章 第四節 一 桝塚の指導による味噌作り
  • 第四章 第四節 一 浅田の味噌作り
  • 第四章 第四節 一 醤油と溜まり
  • 第四章 第四節 一 塩
  • 第四章 第四節 一 砂糖
  • 第四章 第四節 一 ソース
  • 第四章 第四節 二 嗜好品 247
  • 第四章 第四節 二 酒
  • 第四章 第四節 二 甘酒
  • 第四章 第四節 二 お茶
  • 第四章 第四節 二 甘茶
  • 第四章 第四節 二 ヤギの乳
  • 第四章 第四節 二 マムシ
  • 第四章 第五節 ハレの食事 250
  • 第四章 第五節 一 餅 250
  • 第四章 第五節 一 餅
  • 第四章 第五節 一 うるち米の餅
  • 第四章 第五節 一 粟餅・きび餅
  • 第四章 第五節 一 菱餅
  • 第四章 第五節 一 ぼた餅
  • 第四章 第五節 二 団子 252
  • 第四章 第五節 二 団子
  • 第四章 第五節 二 オコシモン
  • 第四章 第五節 三 寿司と味ご飯 253
  • 第四章 第五節 三 寿司
  • 第四章 第五節 三 味ご飯
  • 第四章 第五節 四 行事と食事 254
  • 第四章 第五節 四 正月のごちそう
  • 第四章 第五節 四 涅槃会とオハナガラ
  • 第四章 第五節 四 節供の食事
  • 第四章 第五節 四 農休みと冷麦・うどん
  • 第四章 第五節 四 盆のお供え
  • 第四章 第五節 四 弁財天の祭りと豆汁
  • 第四章 第五節 四 秋祭りのごちそう
  • 第四章 第五節 四 アキアゲとぼた餅・溜まり飯
  • 第四章 第五節 四 報恩講のごちそう
  • 第四章 第五節 四 オヒマチと味ご飯
  • 第四章 第五節 四 婚礼の料理
  • 第四章 第五節 四 葬式の料理
  • 第五章 住生活
  • 第五章 第一節 屋敷取りと母屋 262
  • 第五章 第一節 一 屋敷取り 262
  • 第五章 第一節 一 屋敷の配置
  • 第五章 第一節 一 カド
  • 第五章 第一節 一 屋敷と樹木
  • 第五章 第一節 二 母屋の造り 264
  • 第五章 第一節 二 農家の住まい
  • 第五章 第一節 二 構造と用材
  • 第五章 第一節 二 土台
  • 第五章 第一節 二 屋根
  • 第五章 第一節 二 バンコ造り
  • 第五章 第一節 二 オオヤの家
  • 第五章 第一節 三 間取りと部屋 267
  • 第五章 第一節 三 玄関
  • 第五章 第一節 三 「四八」の間取り
  • 第五章 第一節 三 ダイドコロ
  • 第五章 第一節 三 オカッテ
  • 第五章 第一節 三 デイ
  • 第五章 第一節 三 ナンド
  • 第五章 第一節 三 養蚕と住まい
  • 第五章 第一節 三 障子戸
  • 第五章 第一節 三 唐紙
  • 第五章 第一節 三 帯戸
  • 第五章 第一節 三 敷物
  • 第五章 第一節 四 土間と母屋の周り 273
  • 第五章 第一節 四 土間
  • 第五章 第一節 四 小縁
  • 第五章 第一節 四 マヤ
  • 第五章 第一節 四 二階と天井裏
  • 第五章 第一節 四 縁側
  • 第五章 第一節 四 雨戸
  • 第五章 第一節 四 軒下
  • 第五章 第二節 クドと水まわり 278
  • 第五章 第二節 一 クドと炊事 278
  • 第五章 第二節 一 クド
  • 第五章 第二節 一 煙突
  • 第五章 第二節 一 炊事場
  • 第五章 第二節 一 流し
  • 第五章 第二節 一 水甕
  • 第五章 第二節 二 風呂 280
  • 第五章 第二節 二 風呂の位置
  • 第五章 第二節 二 五右衛門風呂
  • 第五章 第二節 二 水入れ
  • 第五章 第二節 二 風呂焚き
  • 第五章 第二節 二 風呂の明かり
  • 第五章 第二節 二 入浴法
  • 第五章 第二節 三 井戸 282
  • 第五章 第二節 三 掘抜き井戸
  • 第五章 第二節 三 釣瓶井戸
  • 第五章 第二節 三 ポンプ井戸
  • 第五章 第二節 三 井戸の位置
  • 第五章 第二節 三 ソブ水
  • 第五章 第二節 三 ボチ
  • 第五章 第二節 三 井戸掘り
  • 第五章 第三節 付属建物 286
  • 第五章 第三節 コヤ
  • 第五章 第三節 便所
  • 第五章 第三節 灰屋
  • 第五章 第三節 牛小屋・馬小屋
  • 第五章 第三節 堆肥小屋
  • 第五章 第三節 味噌部屋
  • 第五章 第三節 離れ
  • 第五章 第三節 蔵
  • 第五章 第四節 暖房・照明と燃料 292
  • 第五章 第四節 一 暖房と照明 292
  • 第五章 第四節 一 火鉢
  • 第五章 第四節 一 アンポンタン
  • 第五章 第四節 一 コタツ
  • 第五章 第四節 一 アンカ
  • 第五章 第四節 一 ランプ・カンテラ
  • 第五章 第四節 一 電灯
  • 第五章 第四節 二 燃料 294
  • 第五章 第四節 二 藁
  • 第五章 第四節 二 割木
  • 第五章 第四節 二 桑の木
  • 第五章 第四節 二 そのほかの自給的燃料
  • 第五章 第四節 二 炭・練炭・イワキ
  • 第五章 第五節 普請・大掃除と住生活の変化 297
  • 第五章 第五節 建築材の調達
  • 第五章 第五節 家相
  • 第五章 第五節 地鎮祭
  • 第五章 第五節 建前
  • 第五章 第五節 壁塗り
  • 第五章 第五節 大掃除
  • 第五章 第五節 住生活の変化
  • 第六章 人の一生
  • 第六章 第一節 出産と育児 302
  • 第六章 第一節 一 妊娠と帯祝い 302
  • 第六章 第一節 一 子授け祈願
  • 第六章 第一節 一 妊娠
  • 第六章 第一節 一 安産祈願
  • 第六章 第一節 一 腹帯
  • 第六章 第一節 一 帯祝い
  • 第六章 第一節 一 産婆
  • 第六章 第一節 一 志水産婦人科医院
  • 第六章 第一節 一 母子健康センター
  • 第六章 第一節 一 妊娠中の禁忌
  • 第六章 第一節 一 つわりとアイバラミ
  • 第六章 第一節 二 出産 307
  • 第六章 第一節 二 出産の場所
  • 第六章 第一節 二 産室
  • 第六章 第一節 二 出産
  • 第六章 第一節 二 ハイブトン
  • 第六章 第一節 二 胞衣・へその緒
  • 第六章 第一節 二 産婦の生活
  • 第六章 第一節 二 産婦の食べ物
  • 第六章 第一節 二 イゾメ
  • 第六章 第一節 二 乳
  • 第六章 第一節 二 七夜祝い
  • 第六章 第一節 二 名付け
  • 第六章 第一節 二 産婆のお礼
  • 第六章 第一節 二 産の忌み
  • 第六章 第一節 二 産の死
  • 第六章 第一節 三 成長の祝い 313
  • 第六章 第一節 三 宮参り
  • 第六章 第一節 三 宮参りの産着
  • 第六章 第一節 三 子どもの荷
  • 第六章 第一節 三 婚家での七夜祝い
  • 第六章 第一節 三 産見舞い
  • 第六章 第一節 三 食い初め
  • 第六章 第一節 三 百十日
  • 第六章 第一節 三 初正月
  • 第六章 第一節 三 初節供
  • 第六章 第一節 三 初誕生
  • 第六章 第一節 三 子守
  • 第六章 第一節 三 子どもの病気
  • 第六章 第一節 四 子ども時代 317
  • 第六章 第一節 四 七五三
  • 第六章 第一節 四 新入学
  • 第六章 第一節 四 七夕
  • 第六章 第一節 四 山の遊び
  • 第六章 第一節 四 川やため池の遊び
  • 第六章 第一節 四 家の周りでの遊び
  • 第六章 第一節 四 家の中や学校での遊び
  • 第六章 第一節 四 石合戦
  • 第六章 第一節 四 家の手伝い
  • 第六章 第一節 四 小遣い稼ぎ
  • 第六章 第一節 四 習い事
  • 第六章 第一節 四 奉公・就職
  • 第六章 第二節 婚姻 325
  • 第六章 第二節 一 配偶者の選択 325
  • 第六章 第二節 一 娘遊び
  • 第六章 第二節 一 通婚圏
  • 第六章 第二節 一 適齢期と厄年
  • 第六章 第二節 一 縁組の条件
  • 第六章 第二節 一 見合
  • 第六章 第二節 一 聞き合わせ
  • 第六章 第二節 一 仲人
  • 第六章 第二節 二 結婚の成立 330
  • 第六章 第二節 二 サカズキ
  • 第六章 第二節 二 結納
  • 第六章 第二節 二 足入れ
  • 第六章 第二節 二 嫁の荷の準備
  • 第六章 第二節 二 嫁の荷の中身
  • 第六章 第二節 二 荷運び
  • 第六章 第二節 三 婚礼 334
  • 第六章 第二節 三 髪結
  • 第六章 第二節 三 花嫁衣装
  • 第六章 第二節 三 婿入り
  • 第六章 第二節 三 出立ち
  • 第六章 第二節 三 嫁菓子
  • 第六章 第二節 三 中宿
  • 第六章 第二節 三 嫁迎えと入家
  • 第六章 第二節 三 盃ごと
  • 第六章 第二節 三 披露宴
  • 第六章 第二節 三 式場結婚式への変化
  • 第六章 第二節 四 婚礼後の儀礼とくらし 343
  • 第六章 第二節 四 近所回り
  • 第六章 第二節 四 嫁の荷の披露
  • 第六章 第二節 四 新客・初客
  • 第六章 第二節 四 新婚旅行
  • 第六章 第二節 四 嫁呼び
  • 第六章 第二節 四 報恩講の新嫁披露
  • 第六章 第二節 四 里帰り
  • 第六章 第二節 四 嫁の境遇
  • 第六章 第二節 四 嫁の小遣い
  • 第六章 第三節 厄祝いと年祝い 348
  • 第六章 第三節 厄年
  • 第六章 第三節 厄除け参り
  • 第六章 第三節 厄年の接待や振る舞い
  • 第六章 第三節 年祝い
  • 第六章 第四節 葬式と供養 351
  • 第六章 第四節 一 死の前後 351
  • 第六章 第四節 一 死の予兆
  • 第六章 第四節 一 遺体の安置
  • 第六章 第四節 一 枕経と百万遍
  • 第六章 第四節 一 通夜
  • 第六章 第四節 一 湯灌
  • 第六章 第四節 一 死装束
  • 第六章 第四節 一 納棺
  • 第六章 第四節 二 葬式の互助 354
  • 第六章 第四節 二 葬式の段取り
  • 第六章 第四節 二 葬式の取り持ち
  • 第六章 第四節 二 葬式の際の役割
  • 第六章 第四節 二 シニヅカイ
  • 第六章 第四節 二 穴掘り
  • 第六章 第四節 二 お斎の準備
  • 第六章 第四節 三 葬式 359
  • 第六章 第四節 三 喪服
  • 第六章 第四節 三 香典
  • 第六章 第四節 三 祭壇
  • 第六章 第四節 三 お斎
  • 第六章 第四節 三 出棺
  • 第六章 第四節 三 葬列
  • 第六章 第四節 三 野辺送り
  • 第六章 第四節 三 埋葬と墓上施設
  • 第六章 第四節 三 土葬から火葬へ
  • 第六章 第四節 三 火葬と収骨
  • 第六章 第四節 三 葬祭場への移行
  • 第六章 第四節 四 死後の供養 366
  • 第六章 第四節 四 着物洗い
  • 第六章 第四節 四 三日・初七日
  • 第六章 第四節 四 七日七日の勤め
  • 第六章 第四節 四 位牌
  • 第六章 第四節 四 四十九日
  • 第六章 第四節 四 命日と一周忌
  • 第六章 第四節 四 納骨
  • 第六章 第四節 四 初盆
  • 第六章 第四節 四 年忌法要
  • 第六章 第四節 五 墓制 369
  • 第六章 第四節 五 共同墓地
  • 第六章 第四節 五 両墓制
  • 第六章 第四節 五 墓石
  • 第七章 年中行事
  • 第七章 第一節 正月行事 374
  • 第七章 第一節 一 正月の準備 374
  • 第七章 第一節 一 旧暦と新暦
  • 第七章 第一節 一 煤払い
  • 第七章 第一節 一 餅つき
  • 第七章 第一節 一 鏡餅
  • 第七章 第一節 一 道具の神様
  • 第七章 第一節 一 門松
  • 第七章 第一節 一 注連縄
  • 第七章 第一節 一 砂まき
  • 第七章 第一節 一 正月料理
  • 第七章 第一節 一 ヤナタラシ
  • 第七章 第一節 二 正月 380
  • 第七章 第一節 二 年越し
  • 第七章 第一節 二 初詣
  • 第七章 第一節 二 元日
  • 第七章 第一節 二 仕事始め
  • 第七章 第一節 二 七日正月
  • 第七章 第一節 二 鏡開き・蔵開き
  • 第七章 第一節 二 左義長
  • 第七章 第一節 二 小正月
  • 第七章 第二節 春・夏の行事 388
  • 第七章 第二節 一 春の行事 388
  • 第七章 第二節 一 節分
  • 第七章 第二節 一 三月節供
  • 第七章 第二節 一 弘法さん
  • 第七章 第二節 一 灌仏会
  • 第七章 第二節 二 夏の行事 394
  • 第七章 第二節 二 五月節供
  • 第七章 第二節 二 オタメシ
  • 第七章 第二節 二 熱田総参り
  • 第七章 第二節 二 虫送り
  • 第七章 第二節 二 チョウ虫送り
  • 第七章 第二節 二 天王祭り
  • 第七章 第二節 二 天王祭りと飾り馬
  • 第七章 第二節 二 天王祭りと山車
  • 第七章 第二節 二 夏の提灯祭り
  • 第七章 第二節 二 赤池の提灯トボシ
  • 第七章 第二節 二 茅の輪くぐり
  • 第七章 第三節 盆行事 406
  • 第七章 第三節 七夕
  • 第七章 第三節 墓掃除
  • 第七章 第三節 迎え盆
  • 第七章 第三節 盆のお供え
  • 第七章 第三節 初盆
  • 第七章 第三節 八坂の市
  • 第七章 第三節 ナスの馬
  • 第七章 第三節 送り盆
  • 第七章 第三節 盆踊り
  • 第七章 第三節 地蔵盆
  • 第七章 第四節 秋・冬の行事 412
  • 第七章 第四節 一 秋の行事 412
  • 第七章 第四節 一 月見
  • 第七章 第四節 一 お月見どろぼう
  • 第七章 第四節 一 弁天さん
  • 第七章 第四節 一 池ゼッショウ
  • 第七章 第四節 二 秋祭り 416
  • 第七章 第四節 二 秋祭り
  • 第七章 第四節 二 白山宮の祭り
  • 第七章 第四節 二 子ども相撲
  • 第七章 第四節 三 冬の行事 419
  • 第七章 第四節 三 ヤマノコ(山の講)
  • 第七章 第四節 三 ヤマノコの勧進と宿
  • 第七章 第四節 三 ヤマノコの藁鉄砲
  • 第七章 第四節 三 ヤマノコでの肝試しと喧嘩
  • 第七章 第四節 三 報恩講
  • 第八章 信仰
  • 第八章 第一節 神社信仰 426
  • 第八章 第一節 一 ムラの神社と氏子組織 426
  • 第八章 第一節 一 日進市域の神社
  • 第八章 第一節 一 白山宮
  • 第八章 第一節 一 氏神境内の末社
  • 第八章 第一節 一 氏子組織
  • 第八章 第一節 一 氏子総代の任期
  • 第八章 第一節 一 氏子総代の選出方法
  • 第八章 第一節 一 責任役員
  • 第八章 第一節 一 新しい住民と氏子組織
  • 第八章 第一節 二 神事と祭事 432
  • 第八章 第一節 二 春の祭り
  • 第八章 第一節 二 夏の祭り
  • 第八章 第一節 二 秋の祭り
  • 第八章 第一節 二 冬の祭り
  • 第八章 第二節 寺院信仰 434
  • 第八章 第二節 一 ムラの寺院と檀家組織 434
  • 第八章 第二節 一 日進市域の寺院
  • 第八章 第二節 一 日進市域の人たちの宗派
  • 第八章 第二節 一 寺院を護持する組織
  • 第八章 第二節 二 寺院の行事 437
  • 第八章 第二節 二 寺の年中行事
  • 第八章 第二節 二 大晦日と年賀
  • 第八章 第二節 二 大般若
  • 第八章 第二節 二 涅槃会
  • 第八章 第二節 二 彼岸法要
  • 第八章 第二節 二 施食会(施餓鬼)
  • 第八章 第二節 二 報恩講
  • 第八章 第二節 三 ムラの念仏講 440
  • 第八章 第二節 三 念仏講
  • 第八章 第二節 三 念仏講の衰退
  • 第八章 第二節 四 ムラやシマで護持する寺堂 443
  • 第八章 第二節 四 公共的な施設としての寺堂
  • 第八章 第二節 四 米野木の行者堂
  • 第八章 第二節 四 北新田奥シマの観音堂
  • 第八章 第二節 四 岩崎梅ノ木の弘法堂
  • 第八章 第二節 四 野方の秋葉堂
  • 第八章 第二節 四 蟹甲の大日堂
  • 第八章 第二節 四 北新田の庵寺
  • 第八章 第二節 四 三本木の長松寺
  • 第八章 第二節 四 米野木の薬師寺
  • 第八章 第二節 四 三本木の説教所
  • 第八章 第三節 御嶽信仰 452
  • 第八章 第三節 一 岩崎御嶽山 452
  • 第八章 第三節 一 御嶽信仰と御嶽講
  • 第八章 第三節 一 心願講と岩崎御嶽山
  • 第八章 第三節 一 岩崎御嶽山の組織
  • 第八章 第三節 一 岩崎御嶽山の祭礼行事
  • 第八章 第三節 一 春秋大祭
  • 第八章 第三節 一 御座立て
  • 第八章 第三節 一 霊神祭
  • 第八章 第三節 一 岩崎御嶽山の先達
  • 第八章 第三節 一 岩崎御嶽山の霊神碑
  • 第八章 第三節 二 ムラの御嶽講 458
  • 第八章 第三節 二 米野木御嶽心願講
  • 第八章 第三節 二 米野木御嶽講の盛衰
  • 第八章 第三節 二 大祭と御嶽山登拝
  • 第八章 第三節 三 御嶽信仰の霊験譚 462
  • 第八章 第三節 三 死の病から救われた話
  • 第八章 第三節 三 レイテ島の玉砕を免れた話
  • 第八章 第四節 民間信仰 464
  • 第八章 第四節 一 秋葉信仰 464
  • 第八章 第四節 一 秋葉代参
  • 第八章 第四節 一 赤池の秋葉代参
  • 第八章 第四節 一 藤島の秋葉講
  • 第八章 第四節 一 各ムラの秋葉講
  • 第八章 第四節 一 秋葉山常夜灯
  • 第八章 第四節 二 観音信仰 468
  • 第八章 第四節 二 赤池の観音堂
  • 第八章 第四節 二 蟹甲の観音堂
  • 第八章 第四節 二 岩崎観音(古称、清水観音)
  • 第八章 第四節 二 馬頭観音
  • 第八章 第四節 三 民間信仰の諸相 471
  • 第八章 第四節 三 伊勢信仰
  • 第八章 第四節 三 津島信仰
  • 第八章 第四節 三 洲原信仰
  • 第八章 第四節 三 大峯信仰(行者信仰)
  • 第八章 第四節 三 不動信仰
  • 第八章 第四節 三 地蔵信仰
  • 第八章 第四節 三 恵比須信仰
  • 第八章 第四節 三 庚申信仰
  • 第八章 第四節 三 水神信仰
  • 第八章 第四節 四 碑・塚・石塔 478
  • 第八章 第四節 四 株山開墾の記念碑
  • 第八章 第四節 四 赤池のお塚様
  • 第八章 第四節 四 聖人塚
  • 第八章 第四節 四 梅森西のお地蔵さん
  • 第八章 第四節 四 三本木下川田の灯籠とお天王さんのオシャトウ
  • 第八章 第四節 四 六字名号石塔
  • 第八章 第四節 四 岩崎城の「丹羽勘助・古城之趾」
  • 第九章 民俗芸能
  • 第九章 第一節 馬の頭と猿投合属 484
  • 第九章 第一節 一 馬の頭 484
  • 第九章 第一節 一 馬と祭り
  • 第九章 第一節 一 標具と馬道具
  • 第九章 第一節 一 警固と行列
  • 第九章 第一節 二 猿投合属 488
  • 第九章 第一節 二 合属と合宿
  • 第九章 第一節 二 猿投神社と合属
  • 第九章 第一節 二 猿投合属の由緒
  • 第九章 第一節 二 猿投合属の次第
  • 第九章 第一節 二 南尾張合属
  • 第九章 第一節 二 合属で用いる標具
  • 第九章 第一節 二 馬の頭・合属の中止と再開
  • 第九章 第一節 二 猿投合属の終焉
  • 第九章 第一節 三 日進市域の馬の頭 502
  • 第九章 第一節 三 氏神祭礼と馬の頭
  • 第九章 第一節 三 白山宮の馬の頭
  • 第九章 第一節 三 近世の白山宮祭礼
  • 第九章 第一節 三 近代の白山宮祭礼
  • 第九章 第一節 三 白山宮馬の頭の次第
  • 第九章 第一節 三 小猿投祭り
  • 第九章 第一節 三 宮祭り
  • 第九章 第一節 三 天王祭りと馬の頭
  • 第九章 第一節 三 米野木の馬の頭
  • 第九章 第二節 棒の手 517
  • 第九章 第二節 棒の手の発生と分布
  • 第九章 第二節 「棒の手」の表記
  • 第九章 第二節 馬の頭と棒の手
  • 第九章 第二節 棒の手の流派
  • 第九章 第二節 日進市域と棒の手発祥伝承
  • 第九章 第二節 日進市域の棒の手伝承
  • 第九章 第二節 浅田の棒の手
  • 第九章 第三節 提灯車と提灯山 528
  • 第九章 第三節 一 提灯車 528
  • 第九章 第三節 一 提灯と祭り
  • 第九章 第三節 一 山車と提灯車
  • 第九章 第三節 一 岩藤の天王祭
  • 第九章 第三節 一 岩藤の提灯車
  • 第九章 第三節 一 提灯車の復活
  • 第九章 第三節 二 提灯山 532
  • 第九章 第三節 二 提灯トボシと提灯山
  • 第九章 第三節 二 赤池の提灯トボシ
  • 第九章 第三節 二 木遣音頭
  • 第九章 第四節 打ち囃子と神楽 536
  • 第九章 第四節 一 打ち囃子 536
  • 第九章 第四節 一 祭りと囃子
  • 第九章 第四節 一 日進の打ち囃子
  • 第九章 第四節 一 打ち囃子の伝播
  • 第九章 第四節 一 囃子の伝承
  • 第九章 第四節 一 囃子と祭り
  • 第九章 第四節 二 神楽 542
  • 第九章 第四節 二 祭りと神楽
  • 第九章 第四節 二 神楽の伝承
  • 第九章 第四節 二 神子舞
  • 第九章 第五節 消えた芸能 547
  • 第九章 第五節 一 獅子舞 547
  • 第九章 第五節 一 幻の獅子舞
  • 第九章 第五節 一 本郷と米野木の獅子舞
  • 第九章 第五節 一 獅子舞に対しての排撃
  • 第九章 第五節 一 野方の獅子屋形
  • 第九章 第五節 二 そのほかの芸能 552
  • 第九章 第五節 二 芝居
  • 第九章 第五節 二 万歳
  • 話者一覧 557
  • 資料提供者・協力者・団体一覧 559
  • 『日進市史』編さん関係者名簿 560
  • 執筆分担 562
  • あとがき 563
  • 写真図版一覧
  • 参考文献・資料一覧
  • 索引
  • (付図)一 「日進市全図 二万分一」この地図は、平成二十二年十二月作成日進市発行都市計画基本図を縮小編集したものである。
  • (付図)二 「日進市域旧地形図 二万分一」大日本帝国陸地測量部作成「長湫」「平針」(明治二十四年測量 明治二十六年製版)よりこの地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の二万分一正式図を複製したものである。(承認番号 平二六部複、第三〇号)
  • 写真・図版・表一覧
  • 写真
  • 口絵1 左義長の飾りつけ、平成23年1月8日、折戸、笠井新一氏提供
  • 口絵2 左義長の準備、平成23年1月8日、折戸、笠井新一氏提供
  • 口絵3 書き初めを燃やす、平成23年1月10日、折戸
  • 口絵4 点火、平成23年1月10月、折戸
  • 口絵5 山車(チョウチングルマ)、平成23年7月31日、岩藤
  • 口絵6 子ども相撲、平成24年7月29日、岩藤、日進市秘書広報課提供
  • 口絵7 お囃子、平成24年7月29日、岩藤・善光寺
  • 口絵8 山車巡行、平成24年7月29日、岩藤
  • 口絵9 盆踊り、平成24年7月29日、岩藤
  • 口絵10 茅の輪用チガヤの選り分け、平成25年7月26日、本郷・白山宮
  • 口絵11 茅の輪作り、平成25年7月27日、本郷・白山宮
  • 口絵12 茅の輪、平成25年7月27日、本郷・白山宮
  • 口絵13 チガヤの授与、平成25年7月28日、本郷・白山宮
  • 口絵14 茅の輪くぐり、平成25年7月28日、本郷・白山宮
  • 口絵15 五重塔、平成22年8月7日、赤池
  • 口絵16 五重塔の引き起こし、平成22年8月7日、赤池
  • 口絵17 盆踊り、平成22年8月7日、赤池
  • 口絵18 飾り馬、平成25年10月13日、米野木・神明社
  • 口絵19 標具をつける、平成25年10月13日、米野木・薬師寺
  • 口絵20 垢離取り、平成23年10月9日、米野木・天白川
  • 口絵21 集落を回る、平成25年10月13日、米野木
  • 口絵22 警固隊、平成25年10月13日、米野木・米野木駅前
  • 口絵23 鳥居前での挨拶、平成25年10月13日、米野木・神明社
  • 口絵24 早駆け、平成25年10月13日、米野木・神明社
  • 口絵25 棒の手の演技、平成23年10月9日、浅田・八劔社、日進市秘書広報課提供
  • 口絵26 菊水の滝での修行、昭和52年4月、岩崎、日進市秘書広報課提供
  • 口絵27 御嶽山上先達碑、大正15年頃、岩崎、『閑院宮殿下御台臨記念写真帖』より
  • 口絵28 火渡り、昭和53年1月、岩崎、日進市秘書広報課提供
  • 口絵29 おばあちゃんと犬と、昭和37年頃、藤枝、萩野ふみ子氏提供
  • 口絵30 初めての担任の子たち、昭和5年頃、米野木・洲原社、個人提供
  • 口絵31 奉安殿前での敬礼、戦前、日進尋常小学校、個人提供
  • 口絵32 小学生の日参団、昭和13年、青山美子氏提供
  • 口絵33 子ども相撲、昭和50年頃、本郷・白山宮、日進市秘書広報課提供
  • 口絵34 稚児行列、昭和32年、岩崎、浅井針子氏提供
  • 口絵35 ミズ田の田植、昭和16年、本郷、個人提供
  • 口絵36 青年団の仲間と脱穀機、戦後、赤池、中川睿氏提供
  • 口絵37 脱穀風景、昭和51年、日進市秘書広報課提供
  • 口絵38 トウスひき、昭和40年頃、藤島、青山美子氏提供
  • 口絵39 白山宮大祭の棒の手、大正15年頃、本郷・白山宮、『閑院宮殿下御台臨記念写真帖』より
  • 口絵40 天王祭りの飾り馬、昭和25年頃、赤池、中川睿氏提供
  • 口絵41 タテアゲ、赤池
  • 口絵42 火縄銃の発砲、赤池
  • 口絵43 日進村役場、昭和32年頃、蟹甲
  • 口絵44 日進村農業協同組合、昭和32年頃、蟹甲
  • 口絵45 蟹甲新田の町並み、昭和32年頃、蟹甲
  • 口絵46 岩崎の町並み、昭和32年頃、岩崎
  • 口絵47 農家の母屋とカド、昭和21年、赤池、中川睿氏提供
  • 口絵48 上棟式、昭和28~29年頃、岩藤、浅井治夫氏提供
  • 口絵49 屋根葺き、昭和35年、北新田、村瀬誠氏提供
  • 口絵50 伊勢湾台風で倒壊した小屋、昭和34年、折戸、折戸区提供
  • 口絵51 花嫁の出立ち、昭和30年代、岩崎、個人提供
  • 口絵52 入家、昭和34年、本郷、個人提供
  • 口絵53 雄蝶雌蝶、昭和34年、本郷、個人提供
  • 口絵54 三三九度、昭和34年、本郷、個人提供
  • 口絵55 花嫁、昭和34年、本郷、個人提供
  • 0-1 カントリーエレベーター、昭和41年竣工、平成26年、蟹甲
  • 1-1 旧梅森橋、昭和30年代後半、浅井常典氏提供
  • 1-2 蟹甲新田の町並み、昭和32年頃
  • 1-3 石灯籠、平成26年、藤枝、日進市秘書広報課提供
  • 1-4 工事中の愛知池、昭和30年代、独立行政法人水資源機構愛知用水総合管理所提供
  • 1-5 石橋、平成26年、米野木、日進市秘書広報課提供
  • 1-6 下機織池、藤島、青山美子氏提供
  • 1-7 岩崎交差点付近、昭和32年頃
  • 1-8 北新田の郷蔵と十六本松、昭和30年頃、村瀬誠氏提供
  • 1-9 梅森公会堂、平成17年、梅森
  • 1-10 本郷の北側シマの恵比須講、平成25年1月20日、本郷・白山宮
  • 1-11 秋葉講のオヒマチ、平成24年1月6日、野方
  • 1-12 村芝居の扁額、昭和21年、野方
  • 1-13 素人芝居「三人吉三」、昭和29年3月、本郷・東陽寺御開帳、塚本筧氏提供
  • 1-14 消防団、昭和18年頃、岩藤、塚本公司氏提供
  • 1-15 国防婦人会、昭和19年、本郷、個人提供
  • 1-16 裁縫を習うお針子さん、余語ふゆ子氏提供
  • 2-1 三ケ峯下池、平成26年、米野木
  • 2-2 天白川、平成26年
  • 2-3 冬の田、藤島、青山美子氏提供
  • 2-4 ミズ田、昭和16年、本郷、個人提供
  • 2-5 耕地整理前の田、日進市秘書広報課提供
  • 2-6 オーチャクビッチュウ(右)とビッチュウ(左)、個人所蔵
  • 2-7 苗代、昭和35年頃、赤池、中川睿氏提供
  • 2-8 籾まき、土地改良事業実施後、藤島、青山美子氏提供
  • 2-9 花のとう、平成24年、名古屋市・熱田神宮
  • 2-10 田植、昭和51年、日進市秘書広報課提供
  • 2-11 夏の水田、昭和46年、赤池、日進市秘書広報課提供
  • 2-12 稲刈り、昭和45年、日進市秘書広報課提供
  • 2-13 ハザ作り、昭和46年、米野木、日進市秘書広報課提供
  • 2-14 ハザ掛け、昭和46年、米野木、日進市秘書広報課提供
  • 2-15 足踏脱穀機、岩藤
  • 2-16 稲扱き、昭和51年、日進市秘書広報課提供
  • 2-17 スズミ、平成22年、赤池
  • 2-18 米を貯蔵する缶、平成23年、北新田、個人所蔵
  • 2-19 農耕用の牛、戦前、本郷、個人提供
  • 2-20 愛日蚕業技術指導所日進試育所、岩崎、個人提供
  • 2-21 養蚕帳、北新田
  • 2-22 サツマイモの苗床、岩藤、浅井治夫氏提供
  • 2-23 タバコの乾燥小屋、平成26年、蟹甲
  • 2-24 アゼ豆
  • 2-25 ツキウゲ、北新田
  • 2-26 三角網、北新田
  • 2-27 ヘラ、北新田
  • 2-28 ウゲ、北新田
  • 2-29 ハリキリ、北新田
  • 2-30 タタキ、北新田
  • 2-31 亜炭
  • 2-32 岩木場、大正15年頃、『閑院宮殿下御台臨記念写真帖』より
  • 2-33 亜炭採掘の道具
  • 3-1 農作業着姿の家族、昭和16年、本郷、個人提供
  • 3-2 半幅帯、左3本はボロ帯。右端は新モス地
  • 3-3 半幅帯、写真3-2の左から2番目の生地拡大
  • 3-4 帯の結び方
  • 3-5 テゴ、(上)表(下)裏
  • 3-6 畑仕事の服装、昭和20年代、赤池、蟹江鈴子氏提供
  • 3-7 ウチオリの縞の短い着物、三本木、個入所蔵
  • 3-8 絣の短い着物、浅田、個人所蔵
  • 3-9 テッポウジバン、個人所蔵
  • 3-10 モモヒキ、個人所蔵
  • 3-11 ショイゴモ
  • 3-12 蓑
  • 3-13 カッパ
  • 3-14 デンチコ、個人所蔵
  • 3-15 ツネギ、個人所蔵
  • 3-16 防寒着を着る祖父と孫、昭和30年代、赤池、中川睿氏提供
  • 3-17 モンペ姿の女性、戦中、浅井治夫氏提供
  • 3-18 盆踊りの際に浴衣を着用する、昭和30年代、本郷、福岡幸江氏提供
  • 3-19 タスキをかけた大日本国防婦人会、戦前、岩藤、塚本公司氏提供
  • 3-20 婦人会の緑のコート
  • 3-21 日東保育園の保護者参観の様子、昭和30年代、藤枝、萩野ふみ子氏提供
  • 3-22 ヨソイキ姿の家族、個人提供
  • 3-23 青年のコート姿、昭和10~11年、個人提供
  • 3-24 婚礼衣装、昭和27年、赤池、個人提供
  • 3-25 足袋の型
  • 3-26 高下駄、個人所蔵
  • 3-27 バウチの下駄
  • 3-28 日本髪を結った女性、三本木、石川ユリ氏提供
  • 3-29 高枕
  • 3-30 襦袢姿、昭和58年9月、日進市秘書広報課提供
  • 3-31 真綿
  • 3-32 枕
  • 3-33 盥と洗濯板
  • 3-34 洗い張り、昭和13年、浅田、浅井常典氏提供
  • 3-35 絣の着物、個人所蔵
  • 3-36 お針子さん、昭和3年頃、岩藤、塚本公司氏提供
  • 3-37 コテ・ヒノシ・炭火アイロン
  • 3-38 足踏みミシン、昭和14年購入
  • 3-39 絞りをする女性、昭和15年、浅田、浅井常典氏提供
  • 3-40 絞りの製品、赤池、個人所蔵
  • 3-41 機を織る、平成24年、藤枝
  • 3-42 棉の実、平成23年9月28日
  • 3-43 綿繰機
  • 3-44 糸車
  • 3-45 糸枠、個人所蔵
  • 3-46 竹筬と糸綜絖
  • 3-47 杼とヒゴ
  • 3-48 女児の産着
  • 3-49 男児の産着
  • 3-50 モリドウギ
  • 3-51 乳児を背負って結婚式の見物、昭和34年、本郷、個人提供
  • 3-52 胴着を着る子ども、昭和30年代、赤池、中川睿氏提供
  • 3-53 日進尋常高等小学校男子の服装の変化、大正6年
  • 3-54 日進尋常高等小学校男子の服装の変化、昭和10年
  • 3-55 日進尋常高等小学校男子の服装の変化、昭和16年
  • 3-56 日進尋常高等小学校女子の服装の変化、大正6年
  • 3-57 日進尋常高等小学校女子の服装の変化、昭和10年
  • 3-58 日進尋常高等小学校女子の服装の変化、昭和16年
  • 3-59 婦人標準服、武田米子氏提供
  • 3-60 青年団の服装の変化、昭和初期、折戸
  • 3-61 青年団の服装の変化、昭和12年、折戸
  • 3-62 青年団の服装の変化、昭和16年、折戸
  • 4-1 膳箱、野方
  • 4-2 ちゃぶ台、野方
  • 4-3 夏のお櫃の扱い
  • 4-4 イズミを使った冬のお櫃の扱い
  • 4-5 ジンダ味噌
  • 4-6 鰹節削り器、個人所蔵
  • 4-7 石臼
  • 4-8 梅干の土用干し、平成25年7月22日
  • 4-9 大根切干し、平成23年1月11日、赤池
  • 4-10 オヘゲ
  • 4-11 小麦饅頭
  • 4-12 フジヨロゲ、個人所蔵
  • 4-13 大豆の選別、平成24年11月25日、本郷
  • 4-14 味噌樽、赤池、個人所蔵
  • 4-15 お茶の木、平成23年4月4日、三本木
  • 4-16 餅つき用のもち米を蒸す、平成22年12月30日、赤池
  • 4-17 オコシモンの型、個人所蔵
  • 4-18 押し寿司の道具、個人所蔵
  • 4-19 押し寿司
  • 4-20 オハナガラ
  • 4-21 盆の団子
  • 4-22 七色材
  • 4-23 弁財天の祭りの豆汁、平成24年9月15日、三本木
  • 4-24 秋葉講のオヒマチの食事、味ご飯(上)、平成24年1月6日、野方
  • 4-25 秋葉講のオヒマチの食事、煮和え(中)、平成24年1月6日、野方
  • 4-26 秋葉講のオヒマチの食事、漬物(下)、平成24年1月6日、野方
  • 5-1 農家のカド、左の囲いはイモの苗床、昭和21年、赤池、中川睿氏提供
  • 5-2 蔵の梁に使われたノモノ、平成22年2月25日、岩崎
  • 5-3 屋根の葺き替え作業、昭和35年、北新田、村瀬誠氏提供
  • 5-4 デイの神棚、米野木、個人所蔵
  • 5-5 デイでの結婚式、昭和34年、本郷、個人提供
  • 5-6 練炭による暖房、折戸、個人所蔵
  • 5-7 上下二段の障子戸、折戸
  • 5-8 帯戸、米野木
  • 5-9 コモ編み、平成24年8月2日、野方
  • 5-10 小縁の収納場、米野木
  • 5-11 二階への階段と物入れ、折戸、個人所蔵
  • 5-12 縁側のかんぬき、折戸
  • 5-13 クド、昭和30年代後半、浅田、浅井常典氏提供
  • 5-14 車釣瓶の井戸、昭和20年頃、浅田、浅井常典氏提供
  • 5-15 手押しポンプ、浅田、浅井常典氏提供
  • 5-16 天秤棒と肥桶、昭和10年代前半、浅田、浅井常典氏提供
  • 5-17 物置の要素を兼ね備えた離れ、蟹甲
  • 5-18 蔵、平成22年2月25日、岩崎
  • 5-19 火鉢
  • 5-20 長火鉢、個人所蔵
  • 5-21 コタツ
  • 5-22 ランプ
  • 5-23 裸電球、野方
  • 5-24 田んぼのスズミ、平成23年11月2日、岩藤
  • 5-25 ヨキと割木、岩崎
  • 5-26 自作の練炭、折戸、個人所蔵
  • 5-27 建前と餅投げ、昭和28、29年頃、岩藤、浅井治夫氏提供
  • 6-1 子安地蔵、平成26年、三本木・長松寺
  • 6-2 母子健康センター愛恵園、昭和56年頃、日進市保健センター提供
  • 6-3 子安観音、岩崎・大應寺
  • 6-4 乳房形のお供え、岩崎・大應寺
  • 6-5 初節供、昭和29年頃、岩藤、浅井針子氏提供
  • 6-6 乳母車に入った子ども、昭和51年、日進市秘書広報課提供
  • 6-7 川遊び、昭和45年頃、本郷、塚本筧氏提供
  • 6-8 ビー玉、浅井常典氏提供
  • 6-9 ショウヤコ、浅井常典氏提供
  • 6-10 タケトンボ、浅井常典氏提供
  • 6-11 おはじき、浅井常典氏提供
  • 6-12 リヤカーによる荷運び、岩崎、個人提供
  • 6-13 トラックによる荷運び、昭和37年、浅田、浅井仁志氏提供
  • 6-14 髪結、昭和37年頃、浅田、浅井仁志氏提供
  • 6-15 角隠しに中振袖の花嫁衣裳、塚本公司氏提供
  • 6-16 出立ち、筵を鎌でたたいている、昭和30年代、岩崎、個人提供
  • 6-17 女の子によるお茶出し、昭和34年、本郷、個人提供
  • 6-18 花婿と花嫁、昭和35年、個人提供
  • 6-19 鶴・亀・高砂の作りもの、昭和30年、浅田、浅井仁志氏提供
  • 6-20 酒を注ぐ婿の友達、昭和34年、本郷、個人提供
  • 6-21 白山宮での結婚式、昭和30年代、塚本公司氏提供
  • 6-22 厄年の振る舞い酒、平成25年1月1日、梅森・八幡社
  • 6-23 秋祭りの餅投げ、平成24年10月7日、北新田・八幡社
  • 6-24 喪主、昭和43年、岩崎、個人提供
  • 6-25 祭壇、昭和43年、個人提供
  • 6-26 葬列、昭和41年、浅田、浅井常典氏提供
  • 6-27 花籠、北新田
  • 6-28 葬列、昭和43年、個人提供
  • 6-29 葬列、花輪、昭和43年、個人提供
  • 6-30 棺台と供物を置く台、野方
  • 6-31 埋め墓、平成26年、岩崎・兼場の墓(つうじの墓)
  • 6-32 引き墓、平成26年、岩崎・大應寺
  • 6-33 埋め墓、平成26年、岩崎・六坊の墓
  • 6-34 引き墓、平成26年、岩崎・妙仙寺
  • 6-35 埋め墓、かつての丸根墓地、赤池、小池義郎氏提供
  • 6-36 埋め墓、現在の丸根墓地、平成25年、赤池
  • 6-37 詣り墓、平成26年、赤池・龍淵寺
  • 6-38 個人墓、平成26年、岩崎・大應寺
  • 7-1 門松、平成17年、三本木・神明社
  • 7-2 除夜の鐘、昭和29年、浅田・性海寺、浅井常典氏提供
  • 7-3 左義長、平成23年1月9日、本郷
  • 7-4 左義長、平成23年1月10日、野方
  • 7-5 左義長の火で餅を焼く、平成23年1月10日、野方
  • 7-6 雛飾り、平成24年2月22日、岩崎、個人提供
  • 7-7 初節供、ツバキの枝に糸で煎餅を下げている、昭和27年、藤枝、個入提供
  • 7-8 弘法さんの幟、平成23年4月17日、本郷・東陽寺
  • 7-9 弘法さんのオセッタイ、平成23年4月17日、本郷・東陽寺
  • 7-10 鯉のぼり、昭和50年代、日進市秘書広報課提供
  • 7-11 虫送り、昭和54年、米野木
  • 7-12 天王さんのオシャトウ、平成24年7月27日、三本木
  • 7-13 天王祭り、平成24年7月27日、三本木
  • 7-14 提灯車、平成24年7月29日、岩藤
  • 7-15 提灯祭り、昭和50年代、米野木、日進市秘書広報課提供
  • 7-16 提灯トボシ、平成22年8月7日、赤池
  • 7-17 茅の輪製作、平成25年7月27日、本郷・白山宮
  • 7-18 茅の輪の授与、平成25年7月28日、本郷・白山宮
  • 7-19 参拝者に配る茅の輪、平成25年7月27日、本郷・白山宮
  • 7-20 お迎え団子、平成24年8月13日、本郷
  • 7-21 お精霊様のお膳、平成23年8月15日、藤枝
  • 7-22 盆踊り、平成24年8月4日、香久山、日進市秘書広報課提供
  • 7-23 お月見どろぼう、平成22年9月22日、梅森
  • 7-24 お月見どろぼうの貼り紙、平成22年9月22日、梅森
  • 7-25 池ゼッショウでの魚捕り、平成20年10月12日、北新田・林池
  • 7-26 池ゼッショウでの魚捕り、平成20年10月12日、北新田・林池
  • 7-27 秋祭りのオマント、平成25年10月13日、米野木
  • 7-28 子ども相撲、平成22年10月10日、野方
  • 7-29 ボンデン(梵天)の授与、平成22年10月10日、野方
  • 8-1 白山宮秋祭り、平成23年10月9日、本郷
  • 8-2 足王社、平成26年、本郷・白山宮
  • 8-3 野方神明社の末社、平成26年、野方
  • 8-4 岩崎川の精霊送り、平成24年8月15日、岩崎
  • 8-5 洲原社種蒔祭のお供え、平成23年4月3日、米野木
  • 8-6 長松寺、平成26年3月11日、三本木
  • 8-7 涅槃会、平成20年2月15日、三本木・長松寺
  • 8-8 施食会、平成25年8月10日、本郷・東陽寺
  • 8-9 行者祭り、平成24年9月2日、米野木
  • 8-10 秋葉堂の初ヒマチ、平成24年1月6日、野方
  • 8-11 大日堂、平成26年、蟹甲
  • 8-12 弘法堂、平成22年、北新田
  • 8-13 庵寺、平成23年、北新田
  • 8-14 説教所、平成26年、三本木
  • 8-15 御嶽山奥の院、平成25年、岩崎
  • 8-16 御嶽山、春の大祭、平成24年4月15日、岩崎
  • 8-17 御嶽山、霊神祭、平成23年7月10日、岩崎
  • 8-18 霊神碑、平成26年、岩崎・御嶽山
  • 8-19 御嶽神社、平成26年、米野木
  • 8-20 秋葉御初穂奉納帳、大正5年、藤島
  • 8-21 秋葉神社祭礼、平成24年9月18日、岩崎
  • 8-22 九万九千日の数珠繰り、平成25年8月10日、蟹甲・観音堂
  • 8-23 岩崎観音ご開帳、平成23年11月4日、岩崎・慈眼寺
  • 8-24 稚児行列、平成23年11月6日、岩崎・慈眼寺
  • 8-25 馬頭観音、浅田
  • 8-26 初不動、平成23年1月23日、野方・豊龍院
  • 8-27 千躰地蔵、野方・妙淵寺
  • 8-28 地蔵盆、平成24年8月24日、米野木・又助地蔵
  • 8-29 台所の恵比須様と大黒様、平成25年1月20日、本郷
  • 8-30 新池の封切神事、平成24年4月22日、岩藤・新池
  • 8-31 お塚様、平成26年、赤池
  • 8-32 聖人塚、平成24年、浅田
  • 8-33 下川田の燈籠とお天王さん、平成23年7月31日、三本木
  • 9-1 馬の頭の標具、赤池、赤池区所蔵
  • 9-2 猿投神社、平成26年11月15日、豊田市
  • 9-3 猿投祭礼記録、岩崎、岩崎区所蔵
  • 9-4 標具、平成26年10月12日、折戸
  • 9-5 米野木合属の各村々の標具雛形、岩崎区所蔵「猿投祭礼献馬纏目録」より
  • 9-6 猿投祭禮関スル折戸事件覚、大正8年、藤枝、藤枝区有文書
  • 9-7 白山宮、平成26年11月11日、本郷
  • 9-8 白山宮秋祭り、平成23年10月9日、本郷
  • 9-9 火縄銃の発砲、大正15年頃、岩崎・白山宮、『閑院宮殿下御台臨記念写真帖』より
  • 9-10 天王祭りの馬の頭、昭和初期、野方
  • 9-11 地域内を回る隊列、平成25年10月13日、米野木
  • 9-12 駆け上がる飾り馬、平成25年10月13日、米野木
  • 9-13 早駆け、平成25年10月13日、米野木
  • 9-14 棒の手、大正15年頃、本郷・白山宮、『閑院宮殿下御台臨記念写真帖』より
  • 9-15 棒の手免許状、見当流、天保11年、岩崎
  • 9-16 棒の手の演技、昭和29年、赤池・天地社、小池義郎氏提供
  • 9-17 棒の手の稽古、平成26年10月9日、浅田
  • 9-18 棒の手の演技、平成23年10月9日、浅田
  • 9-19 棒の手の演技、平成23年10月9日、浅田
  • 9-20 山車と青年団、大正15年、岩藤、塚本公司氏提供
  • 9-21 発見された当時の山車、昭和55年、岩藤
  • 9-22 修繕された山車、平成26年7月27B、岩藤
  • 9-23 神楽台でのお囃子の演奏、平成26年7月27日、岩藤
  • 9-24 赤池の提灯トボシ、平成24年8月4日、赤池・中島公園
  • 9-25 民俗芸能発表会で発表する赤池木遣保存会、平成25年10月27日、折戸・市民会館
  • 9-26 お囃子の演奏、平成23年7月28日、本郷・白山宮の茅の輪くぐり
  • 9-27 米野木の囃子台、昭和51年
  • 9-28 虫送り神事、昭和54年、米野木
  • 9-29 岩崎観音大祭のお囃子演奏、平成24年8月17日、岩崎・慈眼寺
  • 9-30 囃子台、平成22年10月10日、三本木
  • 9-31 梅森のお囃子演奏、平成26年10月19日、民俗芸能発表会、折戸・市民会館
  • 9-32 九万九千日、平成22年8月9日、北新田
  • 9-33 神楽の奉納、平成24年10月7日、北新田・八幡社
  • 9-34 梅森の神楽、平成24年7月9日、梅森・八幡社
  • 9-35 教本「太鼓のたたき方」、梅森神楽保存会
  • 9-36 神子舞、平成23年7月28日、本郷・白山宮の茅の輪くぐり
  • 9-37 民謡的な振り付けをした踊り、平成26年10月19日、民俗芸能発表会、折戸・市民会館
  • 9-38 民謡的な振り付けをした踊り、平成26年10月19日、民俗芸能発表会、折戸・市民会館
  • 9-39 獅子頭、平成23年、米野木
  • 9-40 獅子屋形の長持、平成23年、米野木
  • 9-41 獅子屋形、平成26年、野方、個人所蔵
  • 9-42 鬼神面、平成26年、野方、個人所蔵
  • 9-43 道化面、平成26年、野方、個人所蔵
  • 9-44 村芝居「父帰る」、昭和29年、本郷、塚本筧氏提供
  • 9-45 万才引退記念碑、昭和8年建立、平成26年、岩崎・大應寺
  • 0-1 香久山の人口構成、平成18年、日進市統計資料より作成
  • 1-1 三村時代の村域図、『日進町誌資料編2』より
  • 1-2 赤池、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-3 赤池、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-4 浅田、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-5 浅田、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-6 梅森、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」「平針」より
  • 1-7 梅森、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-8 野方、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-9 野方、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-10 蟹甲、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-11 蟹甲、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-12 折戸、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-13 折戸、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-14 藤枝、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「平針」より
  • 1-15 藤枝、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-16 米野木・三本木、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」「平針」より
  • 1-17 米野木・三本木、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-18 藤島、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」「平針」より
  • 1-19 藤島、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-20 本郷、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」「平針」より
  • 1-21 本郷、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-22 岩崎、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」「平針」より
  • 1-23 岩崎、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-24 岩藤、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」より
  • 1-25 岩藤、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-26 北新田、明治24年測量、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図「長湫」より
  • 1-27 北新田、平成22年作成、日進市発行都市計画基本図より
  • 1-28 村境標杭、『日進町誌 資料編6』所収「米野木区有資料」より
  • 2-1 日進市域の川とため池、大日本帝国陸地測量部作成2万分の1地形図(明治24年測量)より作成
  • 2-2 マワリ植え
  • 2-3 綱を用いた五条植え、三本木
  • 2-4 岩木鑿、『尾張名所図会』より
  • 3-1 カガミ仕立ての布団
  • 3-2 裁縫をする様子、大正10年頃、赤池のY家、田中健三・画
  • 4-1 田んぼでの食事、個人提供
  • 4-2 ダイガラ、大正10年頃、赤池のY家、田中健三・画
  • 5-1 一般的な農家の屋敷配置
  • 5-2 バンコ造りの屋根
  • 5-3 「三間通り」の間取りの例
  • 5-4 「四八」の間取り
  • 5-5 オカッテでの食事、大正10年頃、赤池のY家、田中健三・画
  • 5-6 勝手場が土間の北側にある例
  • 5-7 大正~昭和の風呂場、大正10年頃、赤池のY家、田中健三・画
  • 5-8 母屋の東側にコヤのある例
  • 5-9 納屋や堆肥小屋のある例
  • 6-1 盃ごとの席、赤池・藤枝の事例
  • 6-2 盃ごとの席、本郷、昭和34年
  • 6-3 ある家の婚礼料理、昭和3年、北新田
  • 7-1 砂まき習俗の分布(確認分)
  • 7-2 三月節供に菓子をもらい歩く行事(ガンドウチ)の分布(確認分)
  • 7-3 七夕の習俗の分布(確認分)
  • 7-4 お月見どろぼうが行われている地区(確認分)
  • 7-5 ヤマノコの分布(確認分)
  • 8-1 秋葉講代参費用、昭和56年、藤島
  • 9-1 東海道五拾三次之内「宮」熱田神事、歌川広重筆、名古屋市博物館所蔵
  • 9-2 猿投馬之頭南合宿の端馬 米野木村行列、名古屋市蓬左文庫所蔵『尾張年中行事絵抄』より
  • 9-3 猿投馬之頭 米野木出合、名古屋市蓬左文庫所蔵『尾張年中行事絵抄』より
  • 9-4 南尾張合属参加の村々
  • 9-5 熱田宮への献馬の際に便宜を図ったムラ、安政6年
  • 9-6 大坊柱祭の図、名古屋市蓬左文庫所蔵『張州雑志』より
  • 9-7 馬の頭、中組の行列、名古屋市博物館所蔵『絵本上雲雀』より
  • 9-8 お囃子の伝播
  • 1-1 日進市域のムラ
  • 1-2 若い衆の呼称
  • 2-1 大正14年の春蚕の飼育状況、北新田
  • 2-2 大正13年の春蚕・夏蚕・秋蚕の飼育状況、北新田
  • 3-1 田んぼで作業する女性の服装
  • 4-1 盆のお供え
  • 6-1 母子健康センター助産部門の利用状況、日進市保健センター所蔵資料より作成
  • 7-1 赤池の提灯トボシ、「赤池邑年中行事」より作成
  • 8-1 岩崎御嶽山 歴代の先達、岩崎御嶽山所蔵資料による
  • 9-1 猿投合属参加の村々、「猿投神社考」をもとに作成
  • 9-2 米野木合属の標具意匠と鉄砲数一覧、『尾張年中行事絵抄』より作成
  • 9-3 米野木合属地域が熱田宮へ献馬した一覧(宮祭り一覧)
  • 9-4 日進市域の棒の手と流派
  • 9-5 日進市域に棒の手の巻物が残る流派
  • 9-6 日進市域の打ち囃子
  • 9-7 日進市域の神楽

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで