サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

岩国市史 通史編 2

岩国市史編さん委員会 編纂

詳細情報

タイトル 岩国市史
著者 岩国市史編さん委員会 編纂
著者標目 岩国市
出版地(国名コード) JP
出版地[岩国]
出版社岩国市
出版年月日等 2014.3
大きさ、容量等 1629p ; 22cm + 7枚
注記 文献あり
JP番号 22466219
巻次 通史編 2
部分タイトル 近世
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 岩国市--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC227
NDC(9版) 217.7 : 中国地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 岩国市史.通史編 2
  • 岩国市史 通史編二 近世目次
  • 口絵
  • 刊行にあたって
  • 凡例
  • 目次
  • 第一編 移封までの古川氏
  • 第一編 第一章 駿河時代の吉川氏 2
  • 第一編 第一章 一 始祖吉川経義 2
  • 第一編 第一章 二 二代友兼 2
  • 第一編 第一章 三 三代朝経 3
  • 第一編 第一章 四 四代経光 3
  • 第一編 第二章 安芸時代の吉川氏 10
  • 第一編 第二章 一 五代経高 10
  • 第一編 第二章 二 六代経盛 10
  • 第一編 第二章 三 七代経秋 12
  • 第一編 第二章 四 八代経見 13
  • 第一編 第二章 五 九代経信 14
  • 第一編 第二章 六 十代之経 14
  • 第一編 第二章 七 十一代経基 15
  • 第一編 第二章 八 十二代国経 16
  • 第一編 第二章 九 十三代元経 16
  • 第一編 第二章 一〇 十四代興経 17
  • 第一編 第三章 吉川元春・元長 20
  • 第一編 第三章 一 十五代元春 20
  • 第一編 第三章 二 十六代元長 29
  • 第一編 第三章 三 毛利氏と織田信長との戦争 29
  • 第一編 第三章 四 上月城の戦 31
  • 第一編 第三章 五 鳥取城の戦 32
  • 第一編 第三章 六 高松城の戦 34
  • 第一編 第三章 七 秀吉の四国平定 36
  • 第一編 第三章 八 九州平定 37
  • 第二編 岩国藩の政治
  • 第二編 第一章 藩の成立と特殊性 40
  • 第二編 第一章 一 江戸時代の格式と吉川氏 40
  • 第二編 第一章 二 関ヶ原の後遺症 45
  • 第二編 第一章 三 幕藩体制の枠に入れない矛盾 70
  • 第二編 第一章 四 特殊家格吉川氏の悲哀 79
  • 第二編 第一章 五 吉川氏の意地と抵抗 100
  • 第二編 第一章 六 大名化への努力と吉川氏の回帰 118
  • 第二編 第一章 七 家格問題の影響 141
  • 第二編 第二章 所領と石高 144
  • 第二編 第二章 一 所領の授受と過程 144
  • 第二編 第二章 二 石高の変遷と検地 148
  • 第二編 第二章 三 岩国藩の領域と村落 149
  • 第二編 第二章 四 行政区分としての五下代 153
  • 第二編 第三章 城と土居 155
  • 第二編 第三章 一 吉川氏の城郭技術の変遷 155
  • 第二編 第三章 二 城地の選定 173
  • 第二編 第三章 三 縄張・普請 181
  • 第二編 第三章 四 破却 209
  • 第二編 第三章 五 遺構 213
  • 第二編 第三章 六 河川並具硝 218
  • 第二編 第四章 城下町の建設 227
  • 第二編 第四章 一 城下町の造営 227
  • 第二編 第四章 二 城下町の拡張 231
  • 第二編 第四章 三 保護政策 237
  • 第二編 第四章 四 中津屋敷と町割 239
  • 第二編 第四章 五 今津 240
  • 第二編 第四章 六 川西 242
  • 第二編 第五章 歴代藩主 244
  • 第二編 第五章 一 初代広家 244
  • 第二編 第五章 二 二代広正 256
  • 第二編 第五章 三 三代広嘉 260
  • 第二編 第五章 四 四代広紀 263
  • 第二編 第五章 五 五代広達 265
  • 第二編 第五章 六 六代経永 266
  • 第二編 第五章 七 七代経倫 269
  • 第二編 第五章 八 八代経忠 270
  • 第二編 第五章 九 九代経賢 271
  • 第二編 第五章 一〇 十代経礼 272
  • 第二編 第五章 一一 十一代経章 273
  • 第二編 第五章 一二 十二代経幹 274
  • 第二編 第五章 一三 士二代経健 282
  • 第二編 第六章 藩府の組織及び制度 287
  • 第二編 第六章 一 御蔵元 287
  • 第二編 第六章 二 御用所 301
  • 第二編 第六章 三 御表 303
  • 第二編 第六章 四 御裏 307
  • 第二編 第六章 五 目付役 310
  • 第二編 第六章 六 学校 311
  • 第二編 第六章 七 兵局 312
  • 第二編 第六章 八 在外機関 313
  • 第二編 第七章 家臣構成と職制 319
  • 第二編 第七章 一 皆及 319
  • 第二編 第七章 二 職制 336
  • 第二編 第八章 地方行政の組織及び制度 342
  • 第二編 第八章 一 在方 342
  • 第二編 第八章 二 町方 347
  • 第二編 第九章 行政に関する法令 354
  • 第二編 第九章 一 近世の法令 354
  • 第二編 第九章 二 岩国藩の法令と高札 355
  • 第二編 第九章 三 家臣に対する法令 356
  • 第二編 第九章 四 在方領民に対する法令 360
  • 第二編 第九章 五 町人に対する法令 364
  • 第二編 第九章 六 その他の法令 368
  • 第三編 萩藩の政治と支配
  • 第三編 第一章 毛利氏の入封と検地 376
  • 第三編 第一章 一 関ヶ原の戦 376
  • 第三編 第一章 二 検地と石高の変遷 377
  • 第三編 第二章 宰判制度と地方支配 389
  • 第三編 第二章 一 宰判と勘場 389
  • 第三編 第二章 二 山代宰判と勘場 389
  • 第三編 第二章 三 山代宰判の支配機構 409
  • 第四編 幕末期の政局
  • 第四編 第一章 幕末期の政局 420
  • 第四編 第一章 一 ペリー来航 420
  • 第四編 第一章 二 公武周旋 422
  • 第四編 第一章 三 擁夷決行と八月十八日政変 428
  • 第四編 第一章 四 禁門の変 431
  • 第四編 第一章 五 第一次長州出兵 434
  • 第四編 第一章 六 第二次長州出兵 448
  • 第四編 第一章 七 王政復古 455
  • 第四編 第二章 諸隊の結成と動向 457
  • 第四編 第二章 一 長州本藩の諸隊 457
  • 第四編 第二章 二 岩国藩の諸隊 458
  • 第四編 第三章 四境戦争 463
  • 第四編 第三章 一 四境戦争の開戦 463
  • 第四編 第三章 二 芸州口の戦 467
  • 第四編 第三章 三 四境戦争の終結 482
  • 第五編 岩国藩の財政
  • 第五編 第一章 財政制度と執行機関 486
  • 第五編 第一章 一 家臣の知行俸禄制度 486
  • 第五編 第一章 二 身分制度 488
  • 第五編 第一章 三 俸禄制度 490
  • 第五編 第一章 四 全面的な蔵米支給制度への転換 492
  • 第五編 第二章 租税貢納制度 498
  • 第五編 第二章 一 租税の種類 498
  • 第五編 第二章 二 正租 500
  • 第五編 第二章 三 付加税 503
  • 第五編 第二章 四 雑税 503
  • 第五編 第三章 通貨と藩債 518
  • 第五編 第三章 一 通貨制度 518
  • 第五編 第三章 二 岩国藩の紙幣 520
  • 第五編 第四章 財政改革 536
  • 第五編 第四章 一 岩国藩の財政状況の推移 536
  • 第五編 第四章 二 返租問題 538
  • 第五編 第四章 三 藩財政確立期の財政 539
  • 第五編 第四章 四 藩財政最盛期の財政 543
  • 第五編 第四章 五 藩政動揺期の財政 547
  • 第五編 第四章 六 財政収入 556
  • 第五編 第四章 七 専売益金 559
  • 第五編 第四章 八 借入金 560
  • 第五編 第四章 九 寛政十二年の財政改革 566
  • 第五編 第四章 一〇 文化九年の財政改革 567
  • 第五編 第四章 一一 藩財政総結末の新県への引継 569
  • 第六編 岩国藩の産業
  • 第六編 第一章 産業奨励制度 574
  • 第六編 第二章 紙の生産と専売 576
  • 第六編 第二章 一 岩国地方の製紙業の始まり 576
  • 第六編 第二章 二 楮の栽嬉 577
  • 第六編 第二章 三 紙の生産 598
  • 第六編 第二章 四 岩国紙の種類 609
  • 第六編 第二章 五 紙漉に必要なもの 617
  • 第六編 第二章 六 紙の専売制 620
  • 第六編 第三章 織物 726
  • 第六編 第三章 一 麻 726
  • 第六編 第三章 二 麻衣地 733
  • 第六編 第三章 三 関戸蚊帳 737
  • 第六編 第三章 四 岩国町の衣地商売 739
  • 第六編 第三章 五 綿 750
  • 第六編 第三章 六 玖珂縮 754
  • 第六編 第三章 七 綿座 755
  • 第六編 第三章 八 綿用場 759
  • 第六編 第三章 九 綿相場 765
  • 第六編 第三章 一〇 綿織物 766
  • 第六編 第四章 唐櫨と木蝋 773
  • 第六編 第四章 一 唐櫨 773
  • 第六編 第四章 二 櫨の奨励 775
  • 第六編 第四章 三 板場の開設 778
  • 第六編 第四章 四 櫨生産の変遷 782
  • 第六編 第四章 五 湊板場 789
  • 第六編 第四章 六 明治三年度櫨算用 791
  • 第六編 第四章 七 お手櫨 803
  • 第七編 萩藩の産業
  • 第七編 第一章 産業奨励制度 808
  • 第七編 第二章 紙の生産と専売 812
  • 第七編 第二章 一 楮の栽培 812
  • 第七編 第二章 二 紙の生産 813
  • 第七編 第二章 三 紙の種類 814
  • 第七編 第二章 四 紙の検査 827
  • 第七編 第二章 五 紙蔵 828
  • 第七編 第二章 六 紙に関する諸制度 831
  • 第八編 社会
  • 第八編 第一章 社会制度としての階層 838
  • 第八編 第一章 一 近世の身分制度 838
  • 第八編 第一章 二 武士階層の社会 839
  • 第八編 第一章 三 農民階層の社会 844
  • 第八編 第一章 四 町人階層の社会 849
  • 第八編 第一章 五 その他の階層社会 852
  • 第八編 第二章 各村の概況 854
  • 第八編 第二章 一 岩国藩領 854
  • 第八編 第二章 二 萩藩領 995
  • 第八編 第三章 干拓事業 1042
  • 第八編 第三章 一 農地開発の必然注 1042
  • 第八編 第三章 二 手捌開作 1044
  • 第八編 第三章 三 常水溝 1060
  • 第八編 第三章 四 堤防の構築 1070
  • 第八編 第三章 五 潮留 1074
  • 第八編 第三章 六 取繕 1078
  • 第八編 第三章 七 開作の進展 1089
  • 第八編 第四章 百姓一揆 1125
  • 第八編 第四章 一 慶長一揆 1126
  • 第八編 第四章 二 享保の一揆 1129
  • 第八編 第四章 三 岩国領享保の百姓一揆 1137
  • 第八編 第四章 四 直訴と逃散 1211
  • 第八編 第四章 五 天保の百姓一揆の影響 1213
  • 第八編 第五章 交通 1216
  • 第八編 第五章 一 陸上交通 1216
  • 第八編 第五章 二 宿駅玖珂三市 1244
  • 第八編 第五章 三 河川交通 1350
  • 第八編 第五章 四 海上交通 1374
  • 第八編 第五章 五 錦帯橋 1454
  • 第八編 第六章 宗教 1475
  • 第八編 第六章 一 江戸幕府が行った仏門の体制化・組織化 1475
  • 第八編 第六章 二 仏教宗門の幕藩体制への順応化 1476
  • 第八編 第六章 三 岩国藩における仏教諸宗門の組織化と統制 1477
  • 第八編 第六章 四 神道界の統制 1483
  • 第八編 第六章 五 神仏分離のきざし 1485
  • 第八編 第六章 六 藩政期の社会における宗教者の身分 1486
  • 第八編 第六章 七 キリスト教禁止と教徒のてん末 1493
  • 第八編 第六章 八 加持・祈祷・祓除などの宗教儀式 1493
  • 第八編 第六章 九 法要・祈祷・開帳などの行事 1495
  • 第八編 第六章 一〇 近世末期における領内社会の変貌と宗教界 1496
  • 第九編 文化
  • 第九編 第一章 学術 1536
  • 第九編 第一章 一 岩国の朱子学者 1537
  • 第九編 第一章 二 岩国の古学・古文辞学者 1541
  • 第九編 第一章 三 岩国の陽明学者 1545
  • 第九編 第一章 四 岩国の国学者 1547
  • 第九編 第一章 五 その他の学者 1552
  • 第九編 第一章 六 岩国藩の医学者と医師 1554
  • 第九編 第二章 文芸 1566
  • 第九編 第二章 一 詩歌・連歌・俳諾 1566
  • 第九編 第二章 二 能 1568
  • 第九編 第二章 三 町人の文芸 1575
  • 第九編 第三章 美術工芸 1584
  • 第九編 第三章 一 絵画 1584
  • 第九編 第三章 二 工芸 1589
  • 第九編 第四章 教育 1597
  • 第九編 第四章 一 藩校開設以前の教育 1597
  • 第九編 第四章 二 横山講堂の開設 1598
  • 第九編 第四章 三 錦見講堂の開設 1601
  • 第九編 第四章 四 藩校養老館の開設 1602
  • 第九編 第四章 五 医学校の開設 1609
  • 第九編 第四章 六 諸隊の講学所 1609
  • 第九編 第四章 七 寺子屋 1610
  • 参考資料一覧
  • 協力機関・協力者一覧
  • あとがき
  • 執筆分担

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで