サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

吉會鐵道沿線森林調査書 其の2 (牡丹江上流流域編)

南満州鉄道株式会社

詳細情報

タイトル 吉會鐵道沿線森林調査書
著者標目 南満州鉄道株式会社
出版地(国名コード) CN
出版地[大連]
出版社南滿洲鐵道興業部農務課
出版年月日等 1929.3
大きさ、容量等 138, 22p 図版 [18] 枚 ; 23cm + 地図 1枚 (袋入)
注記 折り込 1枚
JP番号 22524494
巻次 其の2 (牡丹江上流流域編)
出版年(W3CDTF) 1929
件名(キーワード) 森林資源--満州
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 満州--林業
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DM521
NDC(9版) 652.225 : 森林史.林業史・事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 吉會鐵道沿線森林調査書.其の2 (牡丹江上流流域編).
  • 吉會鐵道沿線森林調査書(其の二)牡丹江上流流域編 目次
  • 吉會鐵道滑線森林調査位置圖(九十萬分の一) 一葉
  • 口繪-林相竝參考寫眞 十八枚
  • 緒言 一
  • 第一章 森林の位置及廣袤 四
  • 第二章 地況 五
  • 第二章 第一節 氣候 五
  • 第二章 第一節 第一項 氣溫 五
  • 第二章 第一節 第二項 降霜及降雪時期 八
  • 第二章 第一節 第三項 降水日數表 八
  • 第二章 第一節 第四項 降水量 九
  • 第二章 第一節 第五項 降水量一晝夜の最多量表 九
  • 第二章 第一節 第六項 風向 九
  • 第二章 第二節 地勢 一〇
  • 第二章 第二節 第一項 山脈 一〇
  • 第二章 第二節 第二項 河川 一一
  • 第二章 第三節 土性 一二
  • 第二章 第四節 地位 一三
  • 第三章 林況 一八
  • 第三章 第一節 樹種 一八
  • 第三章 第二節 林相の漑況竝分布狀態 二二
  • 第三章 第三節 林種 二四
  • 第三章 第三節 第一項 林區別、林種、面積竝に蓄積 二五
  • 第三章 第三節 第二項 林種別面積及蓄積竝其の歩合 二八
  • 第三章 第四節 樹種の混淆歩合竝に立木蓄積量 二九
  • 第三章 第五節 散生林 四六
  • 第三章 第六節 林位 四七
  • 第三章 第七節 林相圖 五〇
  • 第四章 森林利用關係 五一
  • 第五章 森林權利關係 五三
  • 第五章 第一節 森林法規 五五
  • 第五章 第一節 第一項 吉林森林局未收國有林暫行簡章 五五
  • 第五章 第一節 第二項 吉林省自砍自用木料免税規則 五六
  • 第五章 第二節 敦化縣内林場所有者竝林場區 五八
  • 第六章 主要樹種及形質竝用途 六〇
  • 第六章 第一節 主要樹種 六〇
  • 第六章 第二節 樹種の形質竝用途 六〇
  • 第七章 森林副產物 六八
  • 第八章 森林勞働者關係 七〇
  • 第八章 第一節 勞働者組織竝雇傭關係 七一
  • 第八章 第二節 勞働者の技倆 七七
  • 第八章 第三節 勞働者の需給 七九
  • 第八章 第四節 勞銀關係 八三
  • 第九章 伐木造材運材關係 八五
  • 第九章 第一節 作業季節 八五
  • 第九章 第二節 伐木造材の方法 八六
  • 第九章 第三節 造材の種類 八八
  • 第九章 第四節 利用歩合 九一
  • 第九章 第五節 見込年伐額 九一
  • 第九章 第六節 現在伐木利用の有無及程度 九二
  • 第九章 第七節 伐木造材費 九二
  • 第十章 諸税及機密費 一〇〇
  • 第十一章 市場狀況 一〇六
  • 第十一章 第一節 吉林市場 一〇六
  • 第十一章 第二節 取引慣習 一〇八
  • 第十一章 第二節 第一項 批買 一〇八
  • 第十一章 第二節 第二項 現物取引 一一〇
  • 第十一章 第三節 長春市場 一一一
  • 第十一章 第四節 木材出廻狀況 一一二
  • 第十一章 第四節 第一項 安東著鴨綠江材最近三箇年間年度別出材量 一一二
  • 第十一章 第四節 第二項 吉林材最近三箇年間年度別出材量 一一三
  • 第十一章 第四節 第三項 南滿に於ける生產材數量 一一四
  • 第十一章 第四節 第四項 南滿に於ける木材輸出入狀況 一一五
  • 第十一章 第四節 第五項 南滿に於ける木材出廻狀況 一一六
  • 第十一章 第四節 第六項 南滿に於ける最近過去四年間木材需要量 一一六
  • 第十一章 第四節 第七項 滿鐵購入竝枕木最近三箇年間數量 一一七
  • 第十一章 第四節 第八項 滿鐵購入竝枕木最近三箇年間單價 一一七
  • 第十一章 第四節 第九項 撫順炭礦坑木購入單價 一一八
  • 第十一章 第四節 第十項 安東木材市場に於ける年平均單價 一一九
  • 第十一章 第四節 第十一項 間島及琿春縣に於ける過去六箇年間の出材量 一一九
  • 第十二章 現在森林の評價 一二一
  • 第十二章 第一節 集約的利用見地に依る評價 一二一
  • 第十二章 第二節 粗放的利用見地に依る評價 一二三
  • 結論 一二五
  • 一 吉會鐵道勢力範圍の決定 一二五
  • 二 樹種別立木蓄積量竝に其の利用蓄積量 一二五
  • 三 各材種別得量 一二六
  • 四 伐採順序 一二七
  • 五 年伐量 一二八
  • 六 吉林材出廻數量竝日本に於ける木材需給の現在及將來 一二九
  • 七 副產物の將來 一三五
  • 附錄
  • 石頭河林區に對する斫伐案 一
  • 鐵道運賃想定竝市場豫想賣價 二〇
  • 牡丹江上流流域林相圖(二十萬分の一) 一葉

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで