サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

加飾フィルム関連市場の展望とメーカー戦略 2013年

東京マーケティング本部第二統括部第三部 調査・編集

詳細情報

タイトル 加飾フィルム関連市場の展望とメーカー戦略
著者 東京マーケティング本部第二統括部第三部 調査・編集
著者標目 富士経済
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社富士経済
出版年月日等 2013.7
大きさ、容量等 176p ; 30cm
ISBN 9784834916140
価格 97000円
JP番号 22459560
巻次 2013年
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) プラスチックフィルム
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL528
NDC(9版) 578.47 : 高分子化学工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 加飾フィルム関連市場の展望とメーカー戦略.2013年
  • 目次
  • 【A 総括・分析編】 1
  • 【A 1. 加飾フィルム市場の全体像 3
  • 【A 2. サプライチェーンの全体像 4
  • 【A 3. 加飾フィルムの分類 5
  • 【A 3. 1) 加飾フィルム方法の分類 5
  • 【A 3. 2) 加飾フィルム別の特性 6
  • 【A 4. 加飾フィルムの全体市場動向 7
  • 【A 4. 1) 種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測) 7
  • 【A 4. 2) 種類別市場分析 9
  • 【A 4. 3) 価格動向 11
  • 【A 5. 加飾フィルムメーカーの動向 13
  • 【A 5. 1) メーカー別販売数量(2012年実績) 13
  • 【A 5. 2) 各メーカーの事業戦略 14
  • 【A 6. 自動車用途の市場動向 15
  • 【A 6. 1) 種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測) 15
  • 【A 6. 2) メーカー別フィルム種類別販売数量 17
  • 【A 6. 3) 市場の構造 18
  • 【A 7. 電気電子製品用途の市場動向 19
  • 【A 7. 1) 種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測) 19
  • 【A 7. 2) メーカー別フィルム種類別販売数量 21
  • 【A 7. 3) 市場の構造 22
  • 【A 8. 原材料の動向 23
  • 【A 8. 1) 原反フィルムの市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測) 23
  • 【A 8. 2) 種類別の原反素材採用動向 24
  • 【A 9. 注目製品の最新動向 25
  • 【A 9. 1) 筐体(モバイル端末用)素材の動向 25
  • 【A 9. 1) (1) 対象品目 25
  • 【A 9. 1) (2) 筐体用材料 25
  • 【A 9. 1) (3) 筐体製造メーカー 25
  • 【A 9. 1) (4) 材質別の採用動向 26
  • 【A 9. 1) (5) 端末別の材質採用動向 28
  • 【A 9. 2) 3次元被覆工法装置・メーカー動向 29
  • 【A 9. 2) (1) 対象品目 29
  • 【A 9. 2) (2) 装置メーカー 29
  • 【A 9. 2) (3) 装置市場の動向 29
  • 【A 9. 2) (4) 装置メーカーの動向 29
  • 【A 9. 2) (5) 価格帯 29
  • 【A 9. 2) (6) 今後の市場動向 30
  • 【B 市場編】 31
  • 【B <加飾フィルム>
  • 【B 1. IMR転写箔 33
  • 【B 2. IMF/Lフィルム(自動車用) 44
  • 【B 3. IMF/Lフィルム(電気電子・その他用) 56
  • 【B 4. 水圧転写フィルム 65
  • 【B 5. 3次元被覆工法(OMD/TOM)用フィルム 69
  • 【B 6. 金属調フィルム 76
  • 【B 7. 金属転写箔 82
  • 【B 8. 飛散防止フィルム(加飾印刷・抜き加工品) 84
  • 【B <フィルム加工品> ※加飾フィルム用
  • 【B 9. 飛散防止フィルム用粘着フィルム※ 91
  • 【B 10. ハードコートフィルム※ 96
  • 【B 11. 自己修復コートフィルム※ 103
  • 【B <原反フィルム、コーティング材> ※加飾フィルム用
  • 【B 12. PETフィルム※ 106
  • 【B 13. PMMAフィルム※ 115
  • 【B 14. ハードコーティング材※ 123
  • 【B 《調査項目》
  • 【B 1. 製品概要
  • 【B 2. 製品構成
  • 【B 3. 主要参入企業及び製品概要
  • 【B 4. 製品別市場規模推移(2011年実績~2017年予測)
  • 【B 5. メーカー別販売数量及びシェア
  • 【B 6. 用途別需要量及び構成比率
  • 【B 7. フィルム基材別需要量及び構成比率
  • 【B 8. 世界の地域別生産・販売動向
  • 【B 9. 価格動向
  • 【B 10. 業界構造・サプライチェーンマップ
  • 【B 11. 最近の製品・市場環境
  • 【C メーカー事例編】 129
  • 【C 1. 日本写真印刷(株) 131
  • 【C 2. 森田印刷廠(Sentien Printing Factory) 136
  • 【C 3. Kurz 141
  • 【C 4. 大日本印刷(株) 146
  • 【C 5. (株)千代田グラビヤ 150
  • 【C 6. (株)ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー 154
  • 【C 7. 住友スリーエム(株) 158
  • 【C 8. リケンテクノス(株) 162
  • 【C 9. 创誉科技(Artdeco) 165
  • 【C 10. 東山フィルム(株) 168
  • 【C 11. 東レフィルム加工(株) 173
  • 【C 《調査項目》
  • 【C 1. 企業概要
  • 【C 2. 事業動向・取り扱い製品
  • 【C 3. 加飾フィルム事業売上高(世界・2012年実績)
  • 【C 4. 用途別販売動向
  • 【C 5. 地域別販売動向
  • 【C 6. 加飾フィルム生産体制(能力、設備)
  • 【C 7. 加工対応・設備等
  • 【C 8. 材料調達、製品販売動向
  • 【C 9. テーマ別事業動向・方向性

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで