サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

障害児教育福祉の歴史 : 先駆的実践者の検証

小川英彦 著

詳細情報

タイトル 障害児教育福祉の歴史 : 先駆的実践者の検証
著者 小川英彦 著
著者標目 小川, 英彦, 1957-
出版地(国名コード) JP
出版地大津
出版社三学出版
出版年月日等 2014.5
大きさ、容量等 129p ; 21cm
注記 年表あり 索引あり
ISBN 9784903520872
価格 1800円
JP番号 22422689
トーハンMARC番号 33098623
部分タイトル 石井亮一の白痴教育の実践
部分タイトル 小林佐源治の劣等児教育の実践
部分タイトル 杉田直樹の治療教育の実践
部分タイトル 近藤益雄の学力保障の実践
部分タイトル 小林提樹の重症心身障害児の実践
部分タイトル 三木安正の障害児保育の実践
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 障害児教育--日本--歴史--明治以後
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 障害児福祉--日本--歴史--明治以後
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 知的障害児
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EG57
NDC(9版) 378.6 : 障害児教育
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 障害児教育福祉の歴史 : 先駆的実践者の検証
  • <目次>
  • まえがき 3
  • I. 刊行に寄せて 3
  • II. 研究の目的と方法 3
  • III. 本書の構成 4
  • 第1章 石井亮一の白痴教育の実践 11
  • 第1章 第1節 はじめに 12
  • 第1章 第2節 白痴教育論への萌芽(第1期) 13
  • 第1章 第2節 (1) 東京救育院時代の目的について 13
  • 第1章 第2節 (2) 孤女学院時代の目的について 14
  • 第1章 第2節 (3) 白痴教育への過渡期について 15
  • 第1章 第3節 白痴教育論の形成と展開(第2期) 17
  • 第1章 第4節 おわりに 23
  • 第2章 小林佐源治の劣等児教育の実践 29
  • 第2章 第1節 はじめに 30
  • 第2章 第2節 小林の生涯と教育観 31
  • 第2章 第3節 小林の劣等児教育実践 33
  • 第2章 第3節 (1) 特別学級の編制と対象児の抽出 33
  • 第2章 第3節 (2) 特別学級の教育の実際 35
  • 第2章 第4節 小林の学級編制と教育問題 39
  • 第2章 第5節 おわりに 39
  • 第3章 杉田直樹の治療教育の実践 45
  • 第3章 第1節 はじめに 46
  • 第3章 第2節 治療教育学の紹介と杉田 47
  • 第3章 第3節 「治療教育」思想の形成過程 50
  • 第3章 第3節 (1) 治療教育学の定義 50
  • 第3章 第3節 (2) 治療教育学的分類 52
  • 第3章 第3節 (3) 治療教育学的病理 56
  • 第3章 第3節 (4) 治療教育方法 58
  • 第3章 第4節 おわりに 62
  • 第4章 近藤益雄の学力保障の実践 67
  • 第4章 第1節 はじめに 68
  • 第4章 第1節 (1) 先行関連研究の動向 68
  • 第4章 第1節 (2) 近藤研究の意義 69
  • 第4章 第1節 (3) 研究の目的と方法 70
  • 第4章 第2節 近藤の略歴 70
  • 第4章 第3節 近藤の学力保障についての実践経過 71
  • 第4章 第3節 (1) 第1期(1927年~1930年) 71
  • 第4章 第3節 (2) 第2期(1931年~1940年) 72
  • 第4章 第3節 (3) 第3期(1941年~1944年) 73
  • 第4章 第3節 (4) 第4期(1945年~1949年) 73
  • 第4章 第3節 (5) 第5期(1950年~1964年) 74
  • 第4章 第4節 おわりに 79
  • 第4章 第4節 (1) 学力観について 79
  • 第4章 第4節 (2) 総合活動の位置づけについて 80
  • 第5章 小林提樹の重症心身障害児の実践 85
  • 第5章 第1節 はじめに 86
  • 第5章 第2節 研究の方法 90
  • 第5章 第2節 (1) 小林の研究業績の整理 90
  • 第5章 第2節 (2) 小林の活動 90
  • 第5章 第2節 (3) 小林の「療育」領域の区分 92
  • 第5章 第3節 小林の「療育」思想の生成・発展過程 93
  • 第5章 第3節 (1) 第1領域の仕事を通して 93
  • 第5章 第3節 (2) 第2領域の仕事を通して 96
  • 第5章 第3節 (3) 第3領域の仕事を通して 98
  • 第5章 第4節 おわりに 102
  • 第6章 三木安正の障害児保育の実践 111
  • 第6章 第1節 はじめに 112
  • 第6章 第2節 戦前における三木の略歴と障害幼児への活動の場 113
  • 第6章 第2節 (1) 三木の戦前の活動 114
  • 第6章 第2節 (2) 三木の障害幼児への活動の場-幼児期に注目した実践と研究の場- 114
  • 第6章 第3節 脳研究室での知的障害児問題との出会い 115
  • 第6章 第4節 保育問題研究会での研究と実践の始動 116
  • 第6章 第5節 愛育研究所での先駆的実践活動へ 119
  • 第6章 第6節 おわりに 121
  • 年表 124
  • あとがき 126
  • 索引 127
  • 初出一覧 129

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで