サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

柴野拓美SF評論集 : 理性と自走性-黎明より

柴野拓美 著,牧眞司 編

詳細情報

タイトル 柴野拓美SF評論集 : 理性と自走性-黎明より
著者 柴野拓美 著
著者 牧眞司 編
著者標目 柴野, 拓美, 1926-2010
著者標目 牧, 眞司, 1959-
シリーズ名 KEY LIBRARY
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京創元社
出版年月日等 2014.4
大きさ、容量等 662p ; 20cm
ISBN 9784488015350
価格 3700円
JP番号 22413479
トーハンMARC番号 33088001
部分タイトル 終戦のころ 「SF」との出会い ごあいさつに代えて……〈宇宙塵〉二十五年の歩み SFとは何か? 「集団理性」の提唱 われ惟うにあらず…… SFを支える三つの柱 ハードSF E≠mc2 〈宇宙塵〉巻頭言 宇宙の眼 女性とSF/女性のSF 〈SFマガジン〉への投稿 機械と人間〈ロボット・サイボーグ・ミュータント〉 タイム・トラベル SFマセマティカ 日本SF史雑論 日本SFの今日 日本SFの30年 〈宇宙塵〉の作家たち SF児童文学のあゆみ 「ウェルズ・ショック」のあとさき 大器用・大容量の人 小松左京『蟻の園』解説 眉村卓『黄色い夢、青い夢』解説 山田正紀『氷河民族』解説 堀晃ハードSFの新星 ハル・クレメント『窒素固定世界』訳者あとがき ラリイ・ニーヴン『インテグラル・ツリー』訳者あとがき リングワールド建設公団の発足によせて 「空想科学」とJ・P・ホーガン『未来からのホットライン』訳者あとがき ブラッドベリぎらい 寸評 宇宙塵さろん/月評 批評について 現代SF事情 正月休みにこの一冊SF作品から SFレビュー アーサー・C・クラーク『都市と星』 映画評 アンケート回答 ファンダム、この割り切れないもの SFファンとは何か? SFファンのある位置づけ ファンダム 日本ファンダムの現況 ファンダム ミュータント児童を考える
部分タイトル コンピュータ時代の選挙と議会 エッセイ SF・テクノロジカル・SF / 志賀隆夫, 新戸正明 聞き手
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 空想科学小説
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE173
NDC(9版) 902.3 : 文学史.文学思想史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで