サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ぼくはスピーチをするために来たのではありません

ガブリエル・ガルシア=マルケス 著,木村榮一 訳

詳細情報

タイトル ぼくはスピーチをするために来たのではありません
著者 ガブリエル・ガルシア=マルケス 著
著者 木村榮一 訳
著者標目 García Márquez, Gabriel, 1927-2014
著者標目 木村, 栄一, 1943-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社新潮社
出版年月日等 2014.4
大きさ、容量等 205p ; 20cm
注記 原タイトル: Yo no vengo a decir un discurso
ISBN 9784105090197
価格 2000円
JP番号 22416989
トーハンMARC番号 33087203
別タイトル Yo no vengo a decir un discurso
部分タイトル 義務の学校 どのようにして私はものを書きはじめたか あなた方がおられるので もうひとつの祖国 ラテンアメリカの孤独 詩に乾杯 新しい千年に向けての言葉 ダモクレスの大災厄 不滅のアイデア 新しい千年への序言 ラテンアメリカ生態学同盟 私はここにいない ベリサリオ・ベタンクール、七十歳の誕生日を記念して わが友ムティス 誰からも愛されるようになったアルゼンチン人 ラテンアメリカは存在する われわれとは異なる世界における性質の違い ジャーナリズム、世界でもっとも素晴らしい仕事 言葉の神に捧げるべく海に投げ込まれた瓶 二十一世紀に向けての幻想 遠くにあって愛する祖国 スペイン語のメッセージで満たしてもらおうと開かれている心
出版年(W3CDTF) 2014
NDLC KR477
NDC(9版) 964 : 評論.エッセイ.随筆
原文の言語(ISO639-2形式) spa :
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで