サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本美術全集 12

辻惟雄, 泉武夫, 山下裕二, 板倉聖哲 編集委員

詳細情報

タイトル 日本美術全集
著者 辻惟雄, 泉武夫, 山下裕二, 板倉聖哲 編集委員
著者標目 辻, 惟雄, 1932-
著者標目 泉, 武夫, 1954-
著者標目 山下, 裕二, 1958-
著者標目 狩野, 博幸, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社小学館
出版年月日等 2014.4
大きさ、容量等 287p ; 38cm + 2枚
注記 布装
注記 付属資料: 2枚 : 月報 9
注記 文献あり 年表あり
ISBN 9784096011126
価格 15000円
JP番号 22412260
トーハンMARC番号 33085495
巻次 12
別タイトル 狩野派と遊楽図 : 江戸時代 1
部分タイトル 狩野派と遊楽図 : 江戸時代 1 / 狩野博幸 責任編集
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 絵画 (日本)--歴史--江戸初期--画集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 狩野派
NDLC YP11
NDLC K81
NDLC KC127
NDC(9版) 702.1 : 芸術史.美術史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本美術全集.12
  • もくじ
  • 図版もくじ 4
  • はじめに 狩野博幸 6
  • 江戸前期画壇を貫道するもの―狩野家の呪縛 狩野博幸 170
  • 狩野山雪の知られざる一面―晩年の投獄をめぐって 五十嵐公一 184
  • 将軍御成の「しつらい」について―柳営御物絵画の和物への傾斜 矢野環 192
  • 慶長小袖から寛文小袖へ―17世紀の服飾史における劇的な変化 丸山伸彦 200
  • 二条城と日光東照宮 伊東龍 206
  • 風俗画の情報の探り方―『色道大鏡』を一例に 狩野博幸 189
  • 図版解説 215
  • 関連年表 274
  • 序文英訳・英文作品リスト 281
  • 図版もくじ
  • 第一章 京の狩野派―山楽・山雪
  • 第一章 1 老梅図襖(ろうばいずふすま)(16図部分)狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 2 花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびようぶ) 狩野長信(かのうながのぶ)
  • 第一章 3 四季花木図襖(しきかぼくずふすま) 狩野光信(かのうみつのぶ)
  • 第一章 4 洛中洛外図屏風(らくちゆうらくがいずびようぶ) 狩野光信(かのうみつのぶ)
  • 第一章 5 洛中洛外図屏風(らくちゆうらくがいずびようぶ)
  • 第一章 6 北野社頭遊楽図屏風(きたのしやとうゆうらくずびようぶ) 狩野孝信(かのうたかのぶ)
  • 第一章 7 園城寺(おんじようじ)・日吉山王社図屏風(ひよしさんのうしやずびようぶ) 狩野孝信(かのうたかのぶ)
  • 第一章 8 洛中洛外図屏風(らくちゆうらくがいずびようぶ) 狩野孝信(かのうたかのぶ)
  • 第一章 9 紅梅図襖(こうばいずふすま) 狩野山楽(かのうさんらく)
  • 第一章 10 牡丹図襖(ぼたんずふすま) 狩野山楽(かのうさんらく)
  • 第一章 11 龍虎図屏風(りゆうこずびようぶ) 狩野山楽(かのうさんらく)
  • 第一章 12 韓靱人狩猟(だつたんじんしゆりよう)・打毬図屏風(だきゆうずびようぶ) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 13 雪汀水禽図屏風(せつていすいきんずびようぶ) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 14 籬(まがき)に朝顔図襖(あさがおずふすま) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 15 梅花遊禽図襖(ばいかゆうきんずふすま) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 16 老梅図襖(ろうばいずふすま)(旧天祥院客殿襖絵(てんしよういんきやくでんふすまえ)) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 17 龍虎図屏風(りゆうこずびようぶ) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 18 寒山拾得図(かんざんじつとくず) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 19 蘭亭曲水図屏風(らんていきよくすいずびようぶ) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 20 長恨歌図巻(ちようごんかずかん) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 21 明皇貴妃図屏風(めいこうきひずびようぶ) 狩野山雪(かのうさんせつ)
  • 第一章 22 四季花鳥図屏風(しきかちようずびようぶ) 狩野永納(かのうえいのう)
  • 第二章 探幽と江戸狩野
  • 第二章 23 四季松図屏風(しきまつずびようぶ) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 24 波濤水禽図屏風(はとうすいきんずびようぶ) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 25 鵜飼図屏風(うかいずびようぶ) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 26 鸕鷀草葺不合尊降誕図(うがやふきあえずのみことこうたんず) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 27 笛吹地蔵図(ふえふきじぞうず) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 28 獺図(かわうそず) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 29 若衆観楓図(わかしゆらかんぷうず) 狩野探幽(かのうたんゆう)
  • 第二章 30 夕顔棚納涼図屏風(ゆうがおだなのうりようずびようぶ) 久隅守景(くすみもりかげ)
  • 第二章 31 四季耕作図屏風(しきこうさくずびようぶ) 久隅守景(くすみもりかげ)
  • 第二章 32 鍋冠祭図押絵貼屏風(なべかむりまつりずおしえばりびようぶ) 久隅守景(くすみもりかげ)
  • 第二章 33 朝暾曳馬図(ちようとんえいばず) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 34 吉野(よしの)・龍田図屏風(たつたずびようぶ) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 35 吉原風俗図巻(よしわらふうぞくずかん) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 36 木立(こだち)に桜図(さくらず) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 37 布晒舞図(ぬのさらしまいず) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 38 雨宿図屏風(あまやどりずびようぶ) 英一蝶(はなぶさいつちよう)
  • 第二章 39 鵜図(うず) 宮本武蔵(みやもとむさし)
  • 第二章 40 枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず) 宮本武蔵(みやもとむさし)
  • 第三章 岩佐又兵衛と遊楽図
  • 第三章 41 源氏物語(げんじものがたり) 野々宮図(ののみやず)(旧金谷屏風(かなやびようぶ)) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 42 虎図(とらず)(旧金谷屏風(かなやびようぶ)) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 43 雲龍図(うんりゆうず)(旧金谷屏風(かなやびようぶ)) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 44 官女観菊図(かんじよかんぎくず)(旧金谷屏風(かなやびようぶ)) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 45 人麿(ひとまろ)・貫之図(つらゆきず) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 46 山中常盤物語絵巻(やまなかときわものがたりえまき) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 47 堀江物語絵巻(ほりえものがたりえまき) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 48 浄瑠璃物語絵巻(じようるりものがたりえまき) 伝岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 49 洛中洛外図屏風(らくちゆうらくがいずびようぶ)(舟木本(ふなきぼん)) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 50 豊国祭礼図屏風(ほうこくさいれいずびようぶ) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 51 誓願寺門前図屏風(せいがんじもんぜんずびようぶ) 岩佐又兵衛(いわさまたべえ)
  • 第三章 52 桜下弾弦図屏風(おうかだんげんずびようぶ)
  • 第三章 53 歌舞伎図巻(かぶきずかん)(茶屋遊(ちややあそ)びの場(ば))
  • 第三章 54 湯女図(ゆなず)
  • 第三章 55 四条河原遊楽図屏風(しじようがわらゆうらくずびようぶ)(愛知・天桂院(てんけいいん))
  • 第三章 56 四条河原遊楽図屏風(しじようがわらゆうらくずびようぶ)(静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)美術館)
  • 第三章 57 風俗図屏風(ふうぞくずびようぶ)(彦根屏風(ひこねびようぶ))
  • 第三章 58 遊楽図屏風(ゆうらくずびようぶ)(相応寺屏風(そうおうじびようぶ))
  • 第三章 59 本多平八郎姿絵屏風(ほんだへいはちろうすがたえびようぶ)
  • 第三章 60 縄暖簾図屏風(なわのれんずびようぶ)
  • 第三章 61 縁先美人図(えんささびじんず)
  • 第三章 62 八千代太夫図(やちよだゆうず)
  • 第三章 63 川口遊廓図屏風(かわぐちゆうかくずびようぶ)
  • 第三章 64 舞踊図(ぶようず)
  • 第三章 65 江戸図屏風(えどずびようぶ)
  • 第三章 66 江戸名所図屏風(えどめいしよずびようぶ)
  • 第三章 67 雑画帖(ざつがじよう) 土佐光則(とさみつのり)
  • 第三章 68 秋草鶉図屏風(あきくさうずらずびようぶ) 土佐光起(とさみつおき)
  • 第三章 69 磯千鳥図屏風(いそちどりずびようぶ) 土佐光起(とさみつおき)
  • 第三章 70 箱崎八幡宮縁起絵巻(はこざむはちまんぐうえんぎえまき) 住吉具慶(すみよしぐけい)
  • 第三章 71 洛中洛外図屏風(らくちゆうらくがいずびようぶ) 住吉具慶(すみよしぐけい)
  • 第四章 華ひらく工芸と建築
  • 第四章 72 紅紗綾地山桜円文蔓草模様縫箔小袖(べにさやじやまざくらえんもんつるくさもようぬいはくこそで)
  • 第四章 73 染分綸子地松皮菱草花模様縫箔小袖(そめわけりんずじまつかわびしくさぼなもようぬいはくこそで)
  • 第四章 74 染分論子地四季花鳥模様縫箔小袖(そめわけりんずじしきかちようもようぬいはくこそで)
  • 第四章 75 黒論子地花卉群鹿模様絞縫小袖(くろりんずじかきぐんろくもようしぼりぬいこそで)
  • 第四章 76 黒紛子地桐唐草大葉模様絞縫箔小袖(くろりんずじきりからくさおおばもようしぼりぬいはくこそで)
  • 第四章 77 紅給子地雪持笹桜花模様絞小袖(べにりんずじゆきもちざさおうかもようしぼりこそで)
  • 第四章 78 白綸子地雪輪菊模様絞縫小袖(しろりんずじゆきわきくもようしぼりぬいこそで)
  • 第四章 79 紅綸子地楓模様絞縫小袖(べにりんずじかえでもようしぼりぬいこそで)
  • 第四章 80 白綸子地甕垂模様描絵小袖(しろりんずじかめだれもようかきえこそで)
  • 第四章 81 染付山水文大皿(そめつけさんすいもんおおざら)
  • 第四章 82 青磁染付葦鷺文四方皿(せいじそめつけあしさぎもんよほうさら)
  • 第四章 83 色絵蝶牡丹文大皿(いろえちようぼたんもんおおざら)
  • 第四章 84 色絵色紙山水花鳥文九角皿(いろえしきしさんすいかちようもんきゆうかくざら)
  • 第四章 85 色絵菊文大皿(いろえきくもんおおざら)
  • 第四章 86 染付鷺文大皿(そめつけさぎもんおおざら)
  • 第四章 87 色絵桃文大皿(いろえもももんおおざら)
  • 第四章 88 色絵坐姿美人像(いろえすわりすがたびじんぞう)
  • 第四章 89 色絵狛犬(いろえこまいぬ)
  • 第四章 90 色絵花鳥文角瓶(いろえかちようもんかくびん)
  • 第四章 91 初音蒔絵調度(はつねまきえちようど) 幸阿弥長重(こうあみちようじゆう)
  • 第四章 92 十二手箱(じゆうにてばこ)(初音蒔絵調度(はつねまきえちようど)) 幸阿弥長重(こうあみちようじゆう)
  • 第四章 93 硯箱(すずりばこ)(初音蒔絵調度(はつねまきえちようど)) 幸阿弥長重(こうあみちようじゆう)
  • 第四章 94 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸御殿唐門(まるこてんからもん)と車寄(くるまよせ)
  • 第四章 95 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸庭園(まるていえん)と御殿(ごてん)
  • 第四章 96 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸御殿大広間(まるこてんおおひろま) 上段(じようだん)の間(ま)
  • 第四章 97 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸御殿大広間(まるこてんおおひろま) 上段(じようだん)の間天井(まてんじよう)
  • 第四章 98 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸御殿大広間(まるこてんおおひろま) 四(し)の間(ま)(障壁画(しようへきが):狩野探幽(かのうたんゆう))
  • 第四章 99 二条城(にじようじよう) 二(に)の丸御殿白書院(まるこてんしろしよいん) 上段(じようだん)の間(ま)
  • 第四章 100 二条城(にじようじよう) 本丸天守台(ほんまるてんしゆだい)と内堀(うちぼり)
  • 第四章 101 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 陽明門(ようめいもん)
  • 第四章 102 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 陽明門(ようめいもん) 上部の彫刻
  • 第四章 103 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 唐門(からもん) 上部の彫刻
  • 第四章 104 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 唐門(からもん)
  • 第四章 105 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 本殿(ほんでん)裏手より本殿(ほんでん)・拝殿(はいでん)・陽明門(ようめいもん)
  • 第四章 106 日光東照宮(につこうとうしようぐう) 本殿(ほんでん)と石(いし)の間(ま)
  • 第四章 107 輪王寺大猷院(りんのうじたいゆういん) 霊廟本殿(れいびようほんでん)と拝殿(はいでん)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで