サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

不動産権利をめぐる判例研究 : 平成の最高裁判例を中心に

宇都宮充夫 著

詳細情報

タイトル 不動産権利をめぐる判例研究 : 平成の最高裁判例を中心に
著者 宇都宮充夫 著
著者標目 宇都宮, 充夫
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社成文堂
出版年月日等 2014.3
大きさ、容量等 205p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784792326562
価格 4500円
JP番号 22391769
トーハンMARC番号 33067658
部分タイトル 敷地賃借権付き建物の売買における敷地の欠陥が売買目的物の隠れた瑕疵に当たらないとされた事例
部分タイトル 土地の共有者の一人が相続人なくして死亡したときとその共有者の持分の帰属について
部分タイトル 留置権者が留置物の一部を債務者に引き渡した場合でも、債権の全部の弁済を受けるまで留置物の残部につき留置権を行使できるとされた事例
部分タイトル 共有物の分割請求者が多数である場合に、民法第258条による現物分割の方法としていわゆる一部分割が許されるとされた事例
部分タイトル 分譲マンション〈地上7階建〉の管理人室が建物区分所有法にいう専有部分に当たらないとされた事例
部分タイトル 建物建築工事請負契約において一括下請負人が自ら材料を提供して建築した出来形部分の所有権帰属について
部分タイトル 建物譲渡後も登記名義を保有する譲渡人が建物収去・土地明渡義務を免れられないとされた事例
部分タイトル 背信的悪意者からの転得者と民法第177条の第三者について
部分タイトル 賃借人の債務不履行による賃貸借の解除と賃貸人の承諾のある転貸借の帰趨について
部分タイトル 区分所有マンションの駐車場専用使用権分譲における対価の帰属について
部分タイトル 不実の所有権移転登記と民法第94条第2項、第110条の類推適用について
部分タイトル 英語教材割賦販売契約に基づく売掛代金の請求について
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 不動産--判例--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-821
NDC(9版) 324.2 : 民法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで