サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

C China 4100: Economics, General

詳細情報

タイトル C China 4100: Economics, General
シリーズ名 文書名:Records of General Headquarters Far East Command = 極東軍総司令部文書 ; Assistant Chief of Staff, G-2 = 参謀第2部
シリーズ名 Entry18 ; ボックス番号:2 ; フォルダ番号:9
出版地(国名コード) JP
出版年月日等 1946.04-1951.10
注記 原所蔵機関: 米国国立公文書館(RG554); 日本占領関係資料
注記 Withdrawal Notice
注記 原資料の出版事項: ; 1946/04-1951/10
別タイトル Information on the Constructive Works of the Chinese Communists in Manchuria, 1949/11/14, Report, 1947/01/30, A Report of the Conditions in the Kwantung Territory, 1946/09/01, Intelligence Memorandum #45, 1946/07/19, Report #41-46 Russian Activities, 1946/04/03, Information on Economic Condition in Manchuria Made Available through Chinese Communist Broadcasts, 1949/10/28, Deteriorating Economy of Communist China, 1951/10/04, Miscellaneous Data on the Postwar Kwantung Economy Collected by the Consulate during the Period July 1948 to March 1949, 1949/03/28, Outline of the Two Economic Reconstruction Plan for the Kwantung Area in 1949 – 1950, 1949/03/28, Struggle to Fulfill the Two – Year Economic Plan!, 1949/03/28, Under the Two Year Economic Reconstruction Plan Dairen Factories under Private Management Enthusiastically Plan to Increase Production – Kung I Factory Wishes to Increase Its Capital by over 200%, 1949/03/28, The Economic Goal of the Kwantung Department Store, 1949/03/28, Regarding the Political Object of the Soviet Army for Evacoution [Evacuation] of Equipments, 1949/03/28, Chemical Factories in Dairen and in the Kwantung Territory, 1949/03/28, Statement about the Manshu Kagaku K. K. Dairen, 1949/03/28
出版年(W3CDTF) 1946
出版年(W3CDTF) 1951
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) eng : English

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで