サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

鶏卵・鶏肉のサルモネラ全書 : 安全な鶏卵・鶏肉の生産・流通のためのサルモネラ対策

鶏病研究会 編

詳細情報

タイトル 鶏卵・鶏肉のサルモネラ全書 : 安全な鶏卵・鶏肉の生産・流通のためのサルモネラ対策
著者 鶏病研究会 編
著者標目 鶏病研究会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本畜産振興会
出版年月日等 2004.1
大きさ、容量等 299p ; 26cm
注記 文献あり
ISBN 9784907876005
価格 3000円
JP番号 22383822
第3版
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 養鶏
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 家畜衛生
件名(キーワード) サルモネラ菌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB675
NDC(9版) 646.16 : 家禽各論.飼鳥
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 鶏卵・鶏肉のサルモネラ全書 :安全な鶏卵・鶏肉の生産・流通のためのサルモネラ対策
  • 目次
  • カラー写真
  • 序 3
  • 執筆者 4
  • 編集委員 5
  • 利用のしおり 6
  • 第1章 サルモネラの性状と分類 15
  • 第1章 1 サルモネラの形態と生化学的性状 15
  • 第1章 2 サルモネラの分類と血清型 15
  • 第1章 3 サルモネラの疫学マーカーによる細分類 17
  • 第1章 3 1) 生物型 17
  • 第1章 3 2) 薬剤感受性 17
  • 第1章 3 3) プラスミドプロフィール法(plasmid-profile analysis) 17
  • 第1章 3 4) DNAフィンガープリント法(DNA finger printing) 18
  • 第1章 3 5) ファージ型別(phage typing) 18
  • 第1章 4 サルモネラの増殖・生存条件と抵抗性 18
  • 第1章 5 サルモネラの病原性 20
  • 第1章 5 1) 人にチフス症、動物にパラチフスまたは敗血症を起こすサルモネラ 20
  • 第1章 5 2) 人に食中毒を起こすサルモネラ 21
  • 第2章 サルモネラ食中毒の発生状況とサルモネラ対策の概要 23
  • 第2章 1 サルモネラ食中毒の発生状況 23
  • 第2章 1 1) 欧米における発生状況 23
  • 第2章 1 2) わが国における発生状況 24
  • 第2章 1 3) SE食中毒の原因食品と発生場所 25
  • 第2章 1 4) SEのファージ型 27
  • 第2章 2 各国におけるサルモネラ対策 29
  • 第2章 2 1) 欧州連合(European Union: EU)における対策 29
  • 第2章 2 2) 英国における対策 29
  • 第2章 2 3) ドイツにおける対策 30
  • 第2章 2 4) オランダにおける対策 30
  • 第2章 2 5) 米国における対策 31
  • 第2章 2 6) わが国における対策 32
  • 第3章 鶏のサルモネラ症 35
  • 第3章 1 鶏のサルモネラ症の概要 35
  • 第3章 1 1) 鶏由来サルモネラの血清型 35
  • 第3章 1 2) 鶏におけるサルモネラの病原性 36
  • 第3章 1 3) 鶏におけるサルモネラの伝播 38
  • 第3章 1 4) 鶏のサルモネラ症の症状と病変 42
  • 第3章 2 鶏のSE感染症 44
  • 第3章 2 1) 発生状況 44
  • 第3章 2 2) 症状、病変、菌分離 44
  • 第3章 2 3) 介卵感染性 47
  • 第3章 2 4) 血清反応 49
  • 第3章 2 5) 卵黄抗体 52
  • 第3章 3 鶏のサルモネラ感染に及ぼすストレスの影響 54
  • 第3章 3 1) ストレスとは 54
  • 第3章 3 2) 暑熱ストレス 54
  • 第3章 3 3) 寒冷ストレス 55
  • 第3章 3 4) 社会的ストレス 55
  • 第3章 3 5) 輸送ストレス 56
  • 第3章 3 6) 他の病原体との複合感染 56
  • 第3章 3 7) 一時的断餌・断水 56
  • 第3章 3 8) 強制換羽 56
  • 第3章 3 9) 産卵開始 59
  • 第3章 4 鶏のサルモネラ感染と環境要因 60
  • 第3章 4 1) 汚染飲用水による感染 60
  • 第3章 4 2) 媒介動物による感染伝播 61
  • 第3章 4 3) 気道感染 63
  • 第3章 4 4) 換気流と伝播 65
  • 第4章 養鶏場におけるサルモネラ防除対策 75
  • 第4章 1 種鶏場・孵卵場における対策 75
  • 第4章 1 1) 輸入ひなの検疫 75
  • 第4章 1 2) 種鶏場におけるサルモネラ対策 76
  • 第4章 1 3) 孵卵場におけるサルモネラ対策 80
  • 第4章 2 採卵養鶏場における対策 82
  • 第4章 2 1) 基本方針 82
  • 第4章 2 2) 施設に関する制限 82
  • 第4章 2 3) 外界との隔離 82
  • 第4章 2 4) 日常衛生管理 83
  • 第4章 2 5) 鶏舎の消毒 83
  • 第4章 2 6) 集卵 84
  • 第4章 3 ブロイラー養鶏場における対策 84
  • 第4章 3 1) ブロイラーのサルモネラ症 84
  • 第4章 3 2) 清浄ひなの導入 85
  • 第4章 3 3) ブロイラー養鶏場における衛生管理 85
  • 第4章 3 4) 出荷および輸送 86
  • 第4章 3 5) 鶏舎の消毒 86
  • 第4章 3 6) 飼料 87
  • 第5章 鶏卵の処理・加工におけるサルモネラ汚染対策 88
  • 第5章 1 GPセンターにおける殻付卵の微生物制御 88
  • 第5章 1 1) 殻付卵のサルモネラ汚染状況ならびに汚染経路 88
  • 第5章 1 2) 鶏卵および液卵の流通経路 89
  • 第5章 1 3) GPセンターにおける卵処理工程 90
  • 第5章 1 4) GPセンターの卵処理工程別の細菌汚染と管理ポイント 90
  • 第5章 1 5) 鶏卵の保存による卵中身の細菌数の推移 94
  • 第5章 1 6) サルモネラの殻付卵内への侵入性 94
  • 第5章 2 加工卵・液卵-その現況と衛生対策 97
  • 第5章 2 1) 加工卵・液卵の定義 97
  • 第5章 2 2) 加工卵の種類、用途、生産量など 97
  • 第5章 2 3) 加工卵の衛生問題 99
  • 第5章 2 4) 補遺 109
  • 第6章 食鳥処理場のHACCP方式に基づく微生物汚染防止対策 115
  • 第6章 1 食鳥肉の危害評価 115
  • 第6章 1 1) 食鳥肉による食中毒の発生 115
  • 第6章 1 2) 市販食鳥肉の食中毒菌汚染 116
  • 第6章 2 食鳥肉の衛生管理 116
  • 第6章 2 1) 食鳥肉の微生物管理 116
  • 第6章 2 2) 食鳥処理場における微生物管理 117
  • 第6章 3 食品(食鳥肉)の衛生・品質管理のためのHACCPシステム 117
  • 第6章 3 1) HACCPシステムの利点 117
  • 第6章 3 2) HACCPシステム構築のための必要事項 118
  • 第6章 3 3) HACCPシステムの基本原則 118
  • 第6章 3 4) HACCPシステムの構築手順 119
  • 第6章 4 わが国の食鳥処理場における微生物制御マニュアル 121
  • 第6章 4 1) 微生物学的管理のための目標基準(管理基準)と衛生管理ポイントの作成 121
  • 第6章 4 2) 監視・調査マニュアルの作成 121
  • 第6章 4 3) 監視・調査結果に基づく指導マニュアルの作成 122
  • 第6章 4 4) 監視・調査のための検査マニュアルと汚染判断基準の作成および検査法の解説 122
  • 第6章 4 5) 食鳥処理場におけるHACCP方式による衛生管理指針の作成 122
  • 第6章 5 「食鳥処理場におけるHACCP方式による衛生管理指針」による衛生管理の実際 123
  • 第7章 サルモネラ検査法 127
  • 第7章 1 検査試料と採取方法 127
  • 第7章 1 1) 原種鶏、種鶏場および孵卵場 127
  • 第7章 1 2) 採卵養鶏場 128
  • 第7章 1 3) ブロイラー養鶏場 128
  • 第7章 2 細菌学的検査法 130
  • 第7章 2 1) 死亡・淘汰ひな(7日齢以内)および死ごもり胎児の細菌検査 130
  • 第7章 2 2) クロアカスワブ、盲腸便、胎便、ひな輸送箱敷料、GP、鶏舎内塵埃、綿毛、飼料および飲用水の細菌検査 131
  • 第7章 2 3) 感染が疑われた鶏の臓器、組織の細菌学的検査 133
  • 第7章 2 4) 卵の細菌検査 133
  • 第7章 2 5) プラスミドプロフィール法(plasmid-profile analysis) 135
  • 第7章 2 6) 市販キットによる検査法 136
  • 第7章 3 血清学的検査 140
  • 第7章 3 1) 凝集反応 140
  • 第7章 3 2) 寒天ゲル内沈降反応(agar gel precipitation test: AGP test) 141
  • 第7章 3 3) 酵素結合免疫測定法(enzyme-linked immunosorbent assay: ELISA) 141
  • 第7章 4 病理学的検査 142
  • 第7章 4 1) 検査法 142
  • 第7章 4 2) SE感染症における肉眼・組織学的病変およびSE抗原の検出 143
  • 第8章 媒介動物の防除対策 148
  • 第8章 1 養鶏施設におけるネズミ類と野鳥類の防除対策 148
  • 第8章 1 1) 防除対象となるネズミ類と野鳥類 149
  • 第8章 1 2) ネズミ類の防除対策 151
  • 第8章 1 3) 野鳥類の防除対策 156
  • 第8章 2 採卵養鶏場におけるネズミ対策の実際 158
  • 第8章 2 1) ネズミ対策の基本的考え方 158
  • 第8章 2 2) 殺鼠剤の配置方法 159
  • 第8章 2 3) ネズミの移動と生息密度 161
  • 第8章 2 4) ネズミ対策のキーポイント 161
  • 第8章 2 5) ネズミ対策の実際 162
  • 第8章 2 6) 市販ネズミ防除用品(資料) 162
  • 第8章 3 衛生害虫の防除対策 164
  • 第8章 3 1) ハエの防除対策 164
  • 第8章 3 2) ゴキブリの防除対策 167
  • 第8章 3 3) ガイマイゴミムシダマシの防除対策 167
  • 第9章 清掃、洗浄および消毒法 171
  • 第9章 1 養鶏施設における一般的清掃、洗浄および消毒法 171
  • 第9章 1 1) 清掃、洗浄および消毒の準備作業 172
  • 第9章 1 2) 乾式清掃 172
  • 第9章 1 3) 湿式清掃(水洗作業) 172
  • 第9章 1 4) 修理 173
  • 第9章 1 5) 検査 173
  • 第9章 1 6) 消毒 173
  • 第9章 1 7) 消毒効果の確認検査 174
  • 第9章 1 8) 再導入の準備 174
  • 第9章 2 消毒対象物と消毒の実際 174
  • 第9章 2 1) 消毒対象物の消毒要領 175
  • 第9章 2 2) 消毒対象物および消毒作業に関する注意事項 176
  • 第9章 2 3) 死亡鶏、淘汰鶏、鶏糞などの処理 177
  • 第9章 3 消毒薬使用時の注意事項 178
  • 第9章 3 1) 全般的な注意事項 178
  • 第9章 3 2) 消毒薬に関する注意事項 178
  • 第9章 4 消毒薬の安全性と消毒薬使用による社会的制約 179
  • 第10章 抗菌剤、オリゴ糖類の鶏のサルモネラ症対策への応用 183
  • 第10章 1 抗菌剤の応用 183
  • 第10章 1 1) サルモネラの抗菌剤感受性 183
  • 第10章 1 2) サルモネラ感染鶏に対する抗菌剤の投与効果 185
  • 第10章 2 オリゴ糖類の応用 185
  • 第10章 2 1) オリゴ糖類の飼料添加 186
  • 第10章 2 2) オリゴ糖類とCE剤などの併用 187
  • 第10章 2 3) オリゴ糖によるサルモネラ定着抑制メカニズム 188
  • 第10章 2 4) その他糖類などの飼料添加 188
  • 第11章 競合排除(compititive exclusion: CE)法の応用 192
  • 第11章 1 CE法の発展の経緯と原理 192
  • 第11章 1 1) 発展の歴史 192
  • 第11章 1 2) CE法の原理 193
  • 第11章 1 3) CE法に関する評価 193
  • 第11章 2 CE法の効果 194
  • 第11章 2 1) 投与方法とその効果 194
  • 第11章 2 2) 諸外国における大規模野外試験とその評価 194
  • 第11章 3 未同定細菌製品から同定細菌製品へ 197
  • 第11章 3 1) 単一菌種の場合 197
  • 第11章 3 2) 複数の菌種の混合の場合 197
  • 第11章 3 3) 多種同定細菌の混合の場合 197
  • 第11章 4 CE法の経済的効果 198
  • 第11章 5 CE法と抗菌剤との併用 198
  • 第11章 5 1) CE法処理と抗菌剤の同時投与 198
  • 第11章 5 2) 抗菌剤投与後のCE法処理 199
  • 第11章 6 CE製品 201
  • 第12章 鶏用サルモネラワクチンの応用 206
  • 第12章 1 生ワクチン 206
  • 第12章 2 不活化ワクチン 208
  • 第12章 3 生ワクチンと不活化ワクチンの組み合わせおよび効果の比較 211
  • 第12章 4 種鶏へのワクチン応用と問題点 212
  • 第12章 5 ワクチンの野外応用の効果 213
  • 第12章 6 鶏用サルモネラワクチンのまとめとポイント 214
  • 第13章 養鶏場の衛生対策へのHACCP方式の導入 219
  • 第13章 1 HACCP方式の成り立ち 219
  • 第13章 2 国際的な動き 219
  • 第13章 3 国内での動き 220
  • 第13章 4 HACCP方式の実際 220
  • 第13章 4 1) 生産段階での具体的イメージ 220
  • 第13章 4 2) 誤解 222
  • 第13章 5 今後の展望 224
  • 第14章 欧米におけるサルモネラ対策 225
  • WHO,FEDESA,FEP 226
  • 1 はじめに 227
  • 2 家禽におけるサルモネラ防除方法 228
  • 3 鶏卵肉生産における競合排除法の野外試験結果 228
  • 4 家禽におけるサルモネラ対策 抗菌剤使用と競合排除法(正常腸内細菌叢)の使用 229
  • 5 競合排除法とワクチンおよびワクチンと抗菌剤 231
  • 6 品質保証、安全性および法的規制 233
  • 7 各種検査と治療(処置)との関係 233
  • SEPP中間報告 238
  • 1 要約 238
  • はじめに 239
  • 3 検査方法 241
  • 4 1994年1月31日現在のデータ 243
  • 5 データ解析 244
  • 6 結論 265
  • 7 今後の調査・研究課題 266
  • 米国現地調査から 267
  • 1 SE防除対策の新しい動き 267
  • 2 本調査で感じたこと 268
  • 米国における1991年以降のSE増加 271
  • 第15章 わが国における鶏サルモネラ対策関連の通達集 274
  • 第15章 1 農林水産省通達「ふ卵場等養鶏施設における衛生対策指針」 275
  • 第15章 2 農林水産省通達「採卵鶏農場におけるサルモネラ衛生対策指針」 277
  • 第15章 3 農林水産省通達「家畜防疫対策要綱」の一部改正について 279
  • 第15章 4 厚生省通達「食鳥処理場におけるHACCP方式による衛生管理指針について」 281
  • 第15章 5 厚生省通達「卵及びその加工品の衛生対策について」 285
  • 第15章 6 厚生省通達「液卵製造施設等の衛生指導要領」 285
  • 第15章 7 厚生省通達「食鳥検査成績の活用について」 292
  • 索引 294

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで