サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

中華文明の考古学

飯島武次 編

詳細情報

タイトル 中華文明の考古学
著者 飯島武次 編
著者標目 飯島, 武次, 1943-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社同成社
出版年月日等 2014.3
大きさ、容量等 486p ; 27cm
ISBN 9784886216588
価格 12000円
JP番号 22385926
トーハンMARC番号 33062254
部分タイトル 良渚囲壁集落と良渚遺跡群 / 中村慎一 著
部分タイトル 先史マカオの玉器製作におけるロクロの考察 / 鄧聡 著劉字毅 訳
部分タイトル 大石鏟考 / 小柳美樹 著
部分タイトル 海岳地区における生業に関する一考察 / 加藤里美 著
部分タイトル 宮室建築と中原国家文明の形成 / 許宏 著内田宏美 訳
部分タイトル 二里頭遺跡の出現 / 大貫静夫 著
部分タイトル 二里頭文化の長流壺に関する一考察 / 長尾宗史 著
部分タイトル 殷文化の東方開拓と発展 / 劉緒 著近藤はる香 訳
部分タイトル 殷墟骨笄・象牙笄の広がり / 鈴木舞 著
部分タイトル 甲骨文字研究の成果蓄積とデジタル化技術 / 鈴木敦 著
部分タイトル 青銅卣の法量規格 / 廣川守 著
部分タイトル 馬牲の境界 / 菊地大樹 著
部分タイトル 宝鶏石鼓山西周墓の発見と高領袋足鬲 / 西江清高 著
部分タイトル 西周青銅器の生産、流通の分散化 / 近藤はる香 著
部分タイトル 西周青銅戈毀兵行為に関する研究 / 田畑潤 著
部分タイトル 西周時代の青銅明器 / 角道亮介 著
部分タイトル 山東龍口帰城遺跡考 / 黄川田修 著
部分タイトル 周式銅剣から見た巴蜀式青銅器の出現過程 / 宮本一夫 著
部分タイトル 東周から漢時代にかけての黒陶着色技法 / 川村佳男 著
部分タイトル 建国期における秦文化の一考察 / 髙野晶文 著
部分タイトル 江漢地域における秦墓の成立 / 小澤正人 著
部分タイトル 咸陽厳家溝陵園における考古学的発見と探索 / 焦南峰 著安食多嘉子 訳
部分タイトル 中国鏡の出現 / 岸本泰緒子 著
部分タイトル 名工孟氏伝 / 岡村秀典 著
部分タイトル 漢代墓葬出土銭の研究 / 佐藤大樹 著
部分タイトル 清代の銭貨流通 / 三宅俊彦 著
部分タイトル 日韓の[ハソウ]と有孔広口壺 / 酒井清治 著
部分タイトル 銅斧と銅剣の鋳型 / 千葉基次 著
部分タイトル 高句麗東山洞壁画古墳出土の青磁獅子形燭台 / 早乙女雅博 著
部分タイトル 弥生時代研究と侵略戦争 / 寺前直人 著
部分タイトル 日本列島における方相氏の起源をめぐって / 設楽博己 著
部分タイトル 西の船・東の船団 / 杉山浩平 著
部分タイトル 日本の神仙思想と道教的信仰 / 利部修 著
部分タイトル 三角縁神獣鏡前半期の分有ネットワークの変遷 / 折原洋一 著
部分タイトル 筒形器台の分類と編年 / 池野正男 著
部分タイトル 日本における勾玉研究の意義 / 瀧音大 著
部分タイトル 北方四島の考古学的研究 / 右代啓視 著
部分タイトル 弥生後期十王台式期における集落の一様相 / 淺間陽 著
部分タイトル 入間川上流域の古墳時代 / 油布憲昭 著
部分タイトル 移民の土師器生産 / 藤野一之 著
部分タイトル GRONINGER MUSEUMの中国・日本磁器 / 髙島裕之 著
部分タイトル 民俗資料の貿易陶磁の壷 / 鈴木裕子 著
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) アジア (東部)--遺跡・遺物
件名(キーワード) 中国--文化--歴史--古代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GE114
NDC(9版) 220 : アジア史.東洋史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで