サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

乳児期における自己発達の原基的機制 : 客体的自己の起源と三項関係の蝶番効果

川田学 著

詳細情報

タイトル 乳児期における自己発達の原基的機制 : 客体的自己の起源と三項関係の蝶番効果
著者 川田学 著
著者標目 川田, 学, 1973-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社ナカニシヤ出版
出版年月日等 2014.2
大きさ、容量等 237p ; 22cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784779508165
価格 6800円
JP番号 22430446
トーハンMARC番号 33061089
部分タイトル 自己と他者の発達心理学
部分タイトル ヒトにおける二項関係の特徴と三項関係の成り立ち
部分タイトル 役割交替摸倣と自他関係性の発達
部分タイトル 自閉症幼児における自他関係性の発達
部分タイトル 本研究の構成
部分タイトル 乳児における他者の食行為への擬似的参加〈virtual participation〉〈研究1〉
部分タイトル 養育者における乳児の食行為への擬似的参加〈virtual participation〉〈研究2〉
部分タイトル 離乳食場面における養育者-乳児間の協同的摂食様態と乳児の自食行動の発達〈研究3〉
部分タイトル 0~1歳児における第一次役割交替摸倣と自己主張性との発達連関:乳児の「食べさせる行動」に着目して〈研究4〉
部分タイトル 1~2歳児における第二次役割交替摸倣と自己鏡映像認知,積極的教示行為との発達連関〈研究5〉
部分タイトル 自閉症幼児における第二次役割交替摸倣と自他関係性の発達〈研究6〉
部分タイトル 総括的討論
出版年(W3CDTF) 2014
件名(キーワード) 乳幼児心理学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SB157
NDC(9版) 376.11 : 幼児・初等・中等教育
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで