サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

消費者契約と民法改正 : 消費者契約の法理論 第2巻

後藤巻則 著

詳細情報

タイトル 消費者契約と民法改正 : 消費者契約の法理論 第2巻
著者 後藤巻則 著
著者標目 後藤, 巻則, 1952-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社弘文堂
出版年月日等 2013.12
大きさ、容量等 382p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784335355806
価格 4500円
JP番号 22350294
トーハンMARC番号 33028662
部分タイトル 消費者契約法制の進展と消費者法、民法の課題 消費者契約における人間像 消費者契約法における契約締結過程の規律 契約締結過程の規律の進展と消費者契約法 消費者契約法4条の「重要事項」の意義 「不利益事実の不告知」についての判例の進展 困惑惹起行為と不招請勧誘の規制 消費者契約法における契約内容の規律 学納金返還請求訴訟の意義と問題点 更新料条項と消費者契約法10条 保険料不払いによる失効と消費者契約法10条 消費者契約法10条の前段要件と後段要件の関係 消費者契約法の改正課題 情報提供ルールの生成 情報提供義務論の現状 情報提供義務と損害賠償 錯誤・詐欺と情報提供義務 錯誤、不実表示、情報提供義務 不当条項と民法改正 非典型契約における内容規制 複合契約についての2つのアプローチ 交渉補助者等の行為による責任 継続的契約と民法の改正課題 民法改正と消費者の権利の実効性確保 総括ー民法〈債権関係〉の改正に関する中間試案の検討
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 消費者契約法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 契約法--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-834
NDC(9版) 324.52 : 民法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで