サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

形式語研究論集

藤田保幸 編

詳細情報

タイトル 形式語研究論集
著者 藤田保幸 編
著者標目 藤田, 保幸, 1958-
シリーズ名 研究叢書 ; 440. 龍谷叢書 ; 29
出版地(国名コード) JP
出版地大阪
出版社和泉書院
出版年月日等 2013.10
大きさ、容量等 377p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784757606753
価格 12000円
JP番号 22625740
トーハンMARC番号 32997375
部分タイトル 形式語研究の方法論 / 山崎誠 著
部分タイトル 複合格助詞関連形式での丁寧形/普通形の対応関係 / 服部匡 著
部分タイトル コーパスを活用した類義語分析 / 砂川有里子 著
部分タイトル 「代わり」の意味分析 / 田野村忠温 著
部分タイトル 複合助詞の品詞性について / 杉本武 著
部分タイトル 複合辞〈ニ際シテ〉の意味および共起制限 / 三井正孝 著
部分タイトル 複合辞「~ものなら」について / 藤田保幸 著
部分タイトル 集合操作表現の文法的性質 / 江口正 著
部分タイトル 同一性を表す形式名詞「通り」について / 森山卓郎 著
部分タイトル 連体修飾構造中の形式的な「の」「こと」について / 中畠孝幸 著
部分タイトル 接続詞の連続使用・二重使用 / 馬場俊臣 著
部分タイトル 使役文における動作主体を表す「〈人ヲ〉V-テ」の後置詞性と動詞性 / 早津恵美子 著
部分タイトル 連体修飾節における基本形とタ形の対立 / 丹羽哲也 著
部分タイトル 複合辞「という」の文法化の地域差 / 日高水穂 著
部分タイトル 西日本方言における「と言う」「と思う」テ形の引用標識化 / 小西いずみ 著
部分タイトル 学校国文法と形式語 / 山東功 著
部分タイトル 文法体系における複合格助詞と単一格助詞の位置づけ / 塚本秀樹 著
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 日本語--文法
NDLC KF71
NDC(9版) 815 : 文法.語法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで