サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

渋沢栄一「論語と算盤」と現代の経営

守屋淳 編著,渋沢栄一記念財団 監修

詳細情報

タイトル 渋沢栄一「論語と算盤」と現代の経営
著者 守屋淳 編著
著者 渋沢栄一記念財団 監修
著者標目 守屋, 淳, 1965-
著者標目 渋沢栄一記念財団
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本経済新聞出版社
出版年月日等 2013.7
大きさ、容量等 293p ; 19cm
ISBN 9784532168810
価格 1800円
JP番号 22274162
トーハンMARC番号 32946067
部分タイトル 縁を広げて、日本をよくしたい。その原点は『論語』です / 藤巻幸大 述
部分タイトル 日本企業はアジアのリーダーになるという気概を持って、事業モデル、ビジョンを持つべきです / 程近智 述
部分タイトル 信用を取り戻すには、"まろ"を高めることです / 竹田和平 述
部分タイトル 地域を幸せにする。そのためには意思と経済の自立が必要です / 池田弘 述
部分タイトル 渋沢栄一の時代から今日まで、人の"えにし〈縁〉"が帝国ホテルをつくってきました / 小林哲也 述
部分タイトル 育成する人間に夢がない限りは絶対に部下は育ちません / 酒巻久 述田中一弘 聞き手
部分タイトル 会社は、身の丈の力以上に儲けすぎてはいけないんです / 岩﨑隆夫 述
部分タイトル 思いと行動が一致しているのが良い状態で、そういった人々が有機的に繋がっているのが良き社会 / 和田洋一 述
部分タイトル 道徳経済合一の意味は、本当に「合一」でないといけないと思いました / 塚本隆史 述
部分タイトル 新しい世の中を切り拓くのは常に事業家と投資家です / 澤上篤人 述
部分タイトル 『論語と算盤』は私の経営方針に合った、理想とするものでした / 平松廣司 述
部分タイトル よい銀行とは、自然体で預金が集まってくる銀行です / 利根忠博 述
部分タイトル 「論語と算盤」は両立するか / 渋澤健, 田中一弘, 守屋淳 述
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 経営倫理
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DH1
NDC(9版) 335.15 : 企業.経営
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで