サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

シリーズ生命倫理学 9

シリーズ生命倫理学編集委員会 編

詳細情報

タイトル シリーズ生命倫理学
著者 シリーズ生命倫理学編集委員会 編
著者標目 中谷, 陽二, 1947-
著者標目 岡田, 幸之
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社丸善出版
出版年月日等 2013.5
大きさ、容量等 237p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784621084861
価格 5800円
JP番号 22260917
トーハンMARC番号 32930744
巻次 9
別タイトル 精神科医療
部分タイトル 精神科医療 / 中谷陽二, 岡田幸之 責任編集
部分タイトル 精神科治療法の歴史と倫理 / 中島直 執筆
部分タイトル 精神科医療の法規制と倫理 / 中根允文 執筆
部分タイトル 精神医学における研究倫理 / 米本直裕 執筆
部分タイトル 精神医療と守秘義務の問題 / 田中速 執筆
部分タイトル ロボトミー・精神外科・ニューロエシックス / 八木剛平 執筆
部分タイトル 薬物療法と電気けいれん療法 / 本橋伸高 執筆
部分タイトル 地域精神医療をめぐる倫理的な問題とはなにか / 伊藤順一郎 執筆
部分タイトル 心理療法 / 菊池安希子 執筆
部分タイトル 司法精神医学と倫理 / 中谷陽二 執筆
部分タイトル 性と精神科医療の倫理的側面 / 山内俊雄 執筆
部分タイトル 認知症 / 池田惠利子 執筆
部分タイトル 自殺と精神疾患 / 高橋祥友 執筆
部分タイトル 嗜癖と依存 / 松本俊彦 執筆
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 医療倫理
件名(キーワード) 精神医学
NDLC SC47
NDC(9版) 490.15 : 医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • シリーズ生命倫理学.9
  • 目次
  • 第1章 精神科治療法の歴史と倫理―精神医学の濫用 1
  • 第1章 1 歴史的指摘 1
  • 第1章 2 現在に続く問題 6
  • 第1章 3 なぜ精神医学は濫用されるのか 9
  • 第2章 精神科医療の法規制と倫理 18
  • 第2章 1 精神科医療における倫理とは 20
  • 第2章 2 精神衛生法から精神保健福祉法への推移 20
  • 第2章 3 非告知投与ないし強制的治療 27
  • 第2章 4 その他の法規制 31
  • 第3章 精神医学における研究倫理 34
  • 第3章 1 研究倫理原則,ガイドライン(指針) 35
  • 第3章 2 インフォームド・コンセント,研究説明の理解と同意の能力の問題 40
  • 第3章 3 ランダム化比較試験におけるプラセボの使用 42
  • 第3章 4 研究対象者の適格,除外基準の合理性 43
  • 第3章 5 ブレインバンク研究 44
  • 第3章 6 自殺傾向ハイリスク者を含む研究 45
  • 第3章 7 利益相反(Conflict Of Interest:COI)の問題 45
  • 第4章 精神医療と守秘義務の問題 50
  • 第4章 1 精神科領域における守秘義務の法的側面 51
  • 第4章 2 生命倫理学と守秘義務 56
  • 第5章 ロボトミー・精神外科・ニューロエシックス―いわゆる内因精神病に対する治療思想の視点から 62
  • 第5章 1 精神外科前史 63
  • 第5章 2 精神外科の盛衰史 66
  • 第5章 3 ロボトミー後史 72
  • 第5章 4 現代精神医学の治療思想 76
  • 第6章 薬物療法と電気けいれん療法 85
  • 第6章 1 治療開始に先立って必要なこと 85
  • 第6章 2 薬物療法 88
  • 第6章 3 電気けいれん療法 92
  • 第7章 地域精神医療をめぐる倫理的な問題とはなにか 101
  • 第7章 1 地域精神医療のありかたについて 101
  • 第7章 2 情報の共有の必要性と守秘義務のあいだ 105
  • 第7章 3 パターナリズムの法理,ポリスパワーの法理が検討されるとき 106
  • 第7章 4 倫理的問題の解決のために 110
  • 第8章 心理療法 115
  • 第8章 1 倫理規定とその役割 116
  • 第8章 2 心理療法における倫理的課題 117
  • 第8章 3 倫理的意思決定 127
  • 第8章 4 日本における心理療法家の職業倫理トレーニング 129
  • 第9章 司法精神医学と倫理―鑑定・治療・研究 131
  • 第9章 1 背景 131
  • 第9章 2 精神鑑定と倫理 134
  • 第9章 3 司法精神医療と倫理 140
  • 第9章 4 司法精神医学研究と倫理 143
  • 第9章 5 死刑と精神科医 145
  • 第10章 性と精神科医療の倫理的側面 151
  • 第10章 1 生命倫理からみた「性の問題」 151
  • 第10章 2 同性愛と生命倫理 152
  • 第10章 3 性同一性障害と生命倫理 153
  • 第10章 4 倫理委員会答申と日本精神神経学会答申 161
  • 第10章 5 生命倫理の立場から 162
  • 第11章 認知症 167
  • 第11章 1 超高齢社会を迎えて 167
  • 第11章 2 認知症の方々を支える倫理と権利擁護の必要性 169
  • 第11章 3 認知症者の権利難擁護と権利侵害の防止のため成年後見制度の理解 174
  • 第11章 4 認知症者への危機介入支援 178
  • 第12章 自殺と精神疾患 186
  • 第12章 1 自殺の要因 187
  • 第12章 2 自殺の危険因子 188
  • 第12章 3 自殺と精神疾患 196
  • 第13章 嗜癖と依存 201
  • 第13章 1 嗜癖から依存へ 203
  • 第13章 2 依存から再び嗜癖へ 212
  • 第13章 3 わが国の医療者における嗜癖/依存の理解 220
  • 事項索引 229
  • 人名索引 237
  • 索引
  • 事項索引
  • AAPL 133,136
  • abuse 9
  • Ake v.Oklahoma 145
  • Alcoholics Anonymous(A.A.) 201,204~206
  • AlKaloidsucht 201
  • AMA 133,145,146
  • APA 133,145,146
  • BPSD 18,169
  • British Journal of Psychiatry 144
  • chlordiazepoxide 88
  • chlorpromazine 88
  • CIOMS研究倫理指針 36
  • competency to be executed 145
  • dependence 202,208
  • DSM 152
  • DSM-III 224
  • DSM-IV-TR 206,210
  • DV防止法 56
  • EBM 60
  • ECT 92
  • ES 93
  • Ford v.Wainwright判決 145
  • Ford事件 145
  • G.A. 216
  • HIV 152
  • ICD 144
  • ICD-10 206,208,210
  • ICH-GCP 36
  • imipramine 88
  • LSD 202,213
  • Matrix Model 224
  • maximum-security 3
  • MDMA 213
  • monomania 215
  • MRI 43
  • NCA 207
  • NMDA 76
  • PET 43
  • PMDA 89
  • RCT 70
  • sluggish schizophrenia 3,4,10
  • SMARPP 224
  • SSRI 88
  • T4(作戦) 2,35
  • Tarasoff I 121
  • Tarasoff II 121,122
  • Trunksucht 201
  • well-being 13
  • WHO 152,197,199,206,208
  • WMA 132,143
  • WPA 3,132,135,146
  • WRAP 110,111
  • アウトリーチ 104,106,109
  • 悪質商法,悪徳商法 172,175
  • アドヒアランス 34,91
  • アドボカシー(advocacy) 170,173,181
  • アメリカ医学会(AMA) 133,145,146
  • アメリカ心理学会 116,119
  • アメリカ精神医学会(APA) 133,145,146
  • アメリカ法と精神医学会(AAPL) 133,136
  • アラノン 202
  • アルカロイド嗜癖 201
  • アルコホリズム 205
  • アルコホリックス 205
  • アルコール依存 201,206,208
  • アルコール依存者家族の自助グループ 202
  • アルコール嗜癖 207
  • アルコール有害使用 206
  • アルコール乱用 206
  • アルファ・アルコホリズム 206
  • 安楽死 2
  • イェール・アルコールセンター 206,207
  • 医学的倫理 159
  • 医師の倫理 57
  • 異性愛者 153
  • 依存 202,203,208
  • 依存症候群 207,208
  • 遺伝子治療研究に関する指針 37
  • イプシロン・アルコホリズム 207
  • 医療観察法 9,87,131,140,142
  • 医療費 15
  • 医療法の精神科特例 102
  • 医療保護入院 22,31,87
  • 医療モデル 87,98
  • インフォームド・コンセント 27,28,31,35,40~42,86,117,118,143
  • 動くゲイとレスビアンの会 152
  • 宇都宮病院 5,6
  • 宇都宮病院事件 11,22
  • 運転免許 55
  • 疫学研究に関する倫理指針 36,37
  • エクイポーズ 42
  • エンケファリン 217
  • 援護寮 24
  • 冤罪事件 132
  • エンパワメント 173,181
  • 応急入院制度 22
  • 応召義務 222
  • オウム真理教事件 93
  • 大うつ病性障害 40
  • オピエート 201,213
  • 介護 168
  • 介護殺人 181
  • 介護心中 179
  • 介護保険 14
  • 介護保険制度 169,174~176,179
  • 介護保険法 169
  • 介護力 167
  • 開示 119
  • 開示を強制されない情報 54
  • 改善保安処分 142
  • ガイドライン 132
  • 化学的原因説 76
  • 格差原理 13
  • 核磁気共鳴(MRI) 43
  • 覚せい剤 52,213
  • 覚せい剤取締法 221
  • 隔離 10
  • 渇酒症 207
  • 渇望 208
  • 過程モデル 72
  • 可能的被害者(→被害を受ける可能性のある人) 54
  • 仮退院制度 21
  • 仮入院制度 21
  • 簡易鑑定 135
  • 感謝 59
  • 感染症予防法 56
  • 鑑定人 134
  • ガンマ・アルコホリズム 206
  • 機会均等原理 13
  • 帰結主義 57
  • 危険回避義務 32
  • 危険予見義務 32
  • 鬼神論 63
  • 起訴前鑑定 134,135
  • 気分障害 18,199
  • 基本的潜在能力(basic capabilities) 13
  • 救済治療 160
  • 急性中毒 210
  • 狂言自殺 190
  • 強制入院 19
  • 強制採尿 222
  • 業務過誤(malpractice) 117
  • 緊急措置入院 22
  • 禁酒運動 203,204
  • 禁酒同盟 204
  • 禁酒法 204
  • 空想虚言者 139
  • 空想性虚言症 139
  • 愚行権 170
  • 苦情申立制度 175
  • 国親思想 27
  • クライシス後のプラン 112
  • クライシスプラン 110,112
  • グラスノスチ 3
  • クロルプロマジン 70,78
  • 群発自殺 194
  • ケア・マネジメント(ケース・マネジメント) 104,105
  • ケア・マネジャー 104
  • 警告する義務 55
  • 刑事施設 140
  • 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(刑事収容施設法,刑事収容者処遇法) 141,224
  • 刑事訴訟法 134,135
  • 刑務所の回転ドア現象 220
  • 契約権 173
  • 外科的性転換治療 157
  • 欠格条項 177
  • ゲノム科学研究 34
  • 原因において自由な行為 222
  • 原因療法至上主義 77
  • 検察 132
  • 現実の義務 59
  • 憲法上の原則 107
  • 抗うつ薬 88
  • 後期高齢者 167
  • 拘禁反応 147
  • 公衆衛生審議会精神保健福祉部会 164
  • 抗精神病薬 88
  • 拘束 10
  • 行動制限 19,141
  • 行動療法 85
  • 荒廃過程 64
  • 公表バイアス 45
  • 抗不安薬 88
  • 幸福追求権 171
  • 功利主義 57
  • 高齢者虐待 167
  • 高齢者虐待の防止,高齢者の養護者の支援に関する法律(高齢者虐待防止法) 169,172,177,179
  • コカイン 213
  • 国連人権原則 132,141
  • 個人情報 105
  • 個人情報保護 55
  • 国家公務員 52
  • 国家被験者保護委員会 143
  • 子供虐待 124
  • コモンメンタルディスオーダー 18
  • 根拠(エビデンス) 34
  • 根拠に基づく医療(EBM) 60
  • 根治治療 160
  • コントロール障害 215
  • コンプライアンス(遵法) 181
  • 財産管理権 173
  • 財産権 170
  • 最善の利益 174,176
  • 埼玉医科大学倫理委員会 153
  • 裁判員制度 131,135
  • 裁判所 132
  • 作業療法 64
  • ジェンダー 155
  • 色欲異常 152
  • 死刑 145
  • 死刑囚 14
  • 死刑制度 145,147
  • 死刑適応能力 14,145,146
  • 持効性抗精神病薬 88,91
  • 事故傾性 194,195
  • 自己決定権 151,170
  • 自己研鑚 59
  • 自己認知 154
  • 自己破壊傾向 193~196
  • 自殺 31,32,120,155,186
  • 自殺傾向ハイリスク者に対する介入研究で考慮すべき事項に関する手引き 45
  • 自殺対策基本法 187
  • 自殺の危険因子 188
  • 自殺の予見可能性 32
  • 自殺未遂 187,189,190,197
  • 自殺率 186,196
  • 自傷 119
  • 視床下部・下垂体・副腎系(HPA軸) 78
  • 自招性 222
  • 自傷他害防止監督義務 25
  • 自傷の恐れ 120
  • 自助グループ 216
  • 私宅監置 20,21
  • 疾病抵抗力(抗病力) 79
  • 私的精神鑑定 135
  • 児童虐待防止法 56
  • 嗜癖 202,203,211,215
  • 嗜癖精神医学 201,202
  • 司法精神医学 1,7,131,132
  • 司法精神医学実践のための倫理ガイドライン 133
  • 司法精神医療 140
  • シャーマン 203
  • 醜形恐怖 160
  • 自由権 171,173
  • 習慣および衝動の障害 215
  • 修正型ECT 92
  • 集団療法 124
  • 12ステップ 205
  • 周辺症状 7
  • 授産施設 24
  • ジュネーブ宣言 57
  • 守秘義務 22,50~52,54,56,57,119,122,123,133
  • 守秘義務の解除 119,123
  • 酒癖(アルコール依存) 201
  • 受容体 213
  • 障害者基本法 23
  • 常習犯罪人法 142
  • 使用障害 218
  • 焦燥感 190
  • 衝動制御障害 215
  • 衝動性制御不全 187,188
  • 情報不開示原則 54
  • 常用量依存 212
  • 職業倫理教育 129
  • 職業倫理トレーニング 129
  • 触法行為 8
  • 触法精神障害者 131
  • ショック療法 65,68,78,79
  • 職権主義 134
  • 自律尊重 116,127
  • 人格の尊厳 151,152
  • 人格の尊重 35
  • 神経発達障害説 77
  • 神経変性説 77
  • 人権モデル 87,98
  • 人工授精 161
  • 人工冬眠療法 78
  • 進行病 64
  • 進行麻痺 65,76
  • 身上監護 177
  • 心神喪失 146
  • 身体依存 206,212,216
  • 人体実験 35
  • 身体的性別 154
  • 心理学的剖検 197
  • 心理療法 115
  • 性 151
  • 生活訓練施設 24
  • 正義 12,35,59,116,127
  • 誠実 59
  • 政治的-精神医学的危険 4
  • 脆弱性モデル 72
  • 精神依存 216
  • 精神医療審査会 22,141
  • 精神衛生鑑定医制度 21
  • 精神衛生審議会 21
  • 精神衛生センター 21,22
  • 精神衛生相談員 21
  • 精神衛生法 6,20,102
  • 精神科特例 102
  • 精神鑑定 1,3,4,131,132,134,136
  • 精神外科 1,62,81
  • 精神疾患ブレインバンク倫理指針 45
  • 精神疾患を抱える被験者を組み入れる研究に対する倫理原則と指針 44
  • 精神疾患を有する者の保護及びメンタルヘルスケアの改善のための諸原則(国連人権原則) 28,36,87
  • 精神障害者居宅介護等事業(ホームヘルプ) 25
  • 精神障害者社会復帰施設 22
  • 精神障害者社会復帰促進センター 23
  • 精神障害者授産施設 22
  • 精神障害者生活訓練施設 22
  • 精神障害者短期入所事業(ショートステイ) 25
  • 精神障害者地域生活援助事業(グループホーム) 23
  • 精神障害者地域生活支援センター 25
  • 精神病院法 20
  • 精神病者監護法 20
  • 精神分析療法 85
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 24
  • 精神保健相談員 24
  • 精神保健指定医制度 22
  • 精神保健センター 24
  • 精神保健福祉法 19,56,131,223
  • 精神保健法 22
  • 精神保健法改正 102
  • 性的関係 125
  • 性的多重関係 126
  • 性転換 153,156
  • 性同一性障害 31,151
  • 性同一性障害者性別取扱特例法 164
  • 性同一性障害の診断と治療に関するガイドライン 161
  • 成年後見人 175,176
  • 成年後見制度 131,172,174,175,177
  • 生物学的性別 154,158,160
  • 性別 154,191
  • 性別適合手術 157
  • 性ホルモン 154
  • 生命倫理 151
  • 性欲倒錯 152
  • 世界医学会 132
  • 世界精神医学会(WPA) 3,132,135,146
  • 世界保健機関(WHO) 152,197,199,206,208
  • 責任能力 135
  • 責任無能力 12
  • 絶対的欠格事由 23,55
  • 説明責任 47
  • せりがや覚せい剤再乱用防止プログラム 224
  • セルフネグレクト 172
  • 旋回椅子 63
  • 善行 35,59,116,127
  • 全体主義 10,11
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) 88,212
  • 前頭葉切除(ロベクトミー) 67
  • 全日本断酒連盟 220
  • 躁うつ病 65
  • 双極性障害 40
  • 喪失体験 192
  • 相対的欠格事項 23
  • 相対的欠格事由 55
  • 早発性痴呆 65
  • 訴訟無能力 12
  • 措置入院 6,21,87,102
  • ソビエト精神医学会 3
  • 第三次薬物乱用防止対策五ヶ年計画 225
  • 耐性 208
  • 代替的治療法 86
  • 大麻 213
  • 他害 8,31,119
  • 他害の恐れ 120
  • 多剤併用 88,91
  • 多重関係 117,124,125
  • 多職種チーム 105
  • 脱施設化 103
  • 脱法ドラッグ 221
  • タラソフ事件 53~56,58
  • タラソフ判決 120
  • ダルク 220
  • 断種 10
  • 断種法 2
  • 地域精神医療 101~103
  • 地域包括支援センター 171,172
  • 地域保健法 23
  • 治験 143
  • 致死性 190
  • 地方公務員 52
  • 地方精神保健審議会 24
  • 注意義務 32
  • 中央児童福祉審議会母子保健部会 164
  • 中国 4
  • 中毒 210
  • 中脳皮質辺縁系ドーパミン神経路 214
  • 中立性 134
  • 超高齢社会 167
  • 重複罹患 197
  • 治療的侵襲 81
  • 通院医療費公費負担制度 21
  • 通電療法 93
  • 帝銀事件 139
  • 適応外使用 88~90
  • デポ剤 91
  • デルタ・アルコホリズム 206
  • てんかん 55
  • 電気けいれん療法(ECT) 1,92,202
  • 電気ショック療法(ES) 93
  • 同意 133
  • 同意取得 95
  • 同意入院 21,31,102
  • 同意能力 95,135
  • 統合失調型障害 79
  • 統合失調症 18,40,62,65,76,77,197
  • 当事者主義 132,134
  • 同性愛 151
  • 同性相親症 152
  • 道路交通法 55
  • ドクター・デス 145
  • 特定病因説 62,76,78,81
  • 特別養護老人ホーム 14
  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) 89
  • 徳倫理 59
  • ドーパミン亢進仮説 76
  • ドラッグコート 220
  • ドラッグ・ラグ 89
  • 内因性 76
  • 内因性神経伝達物質 213
  • 内因性精神病 65
  • ナチス・ドイツ 1,2,11,14,35
  • ナルトレキソン 217
  • 二重代理人 136,142,143
  • 日本医師会 132
  • 日本精神神経学会 132,146,152
  • 日本臨床心理士会 116,123
  • 入院処遇ガイドライン 142
  • 入院精神医療 102
  • ニュールンベルグ倫理綱領 35,43
  • 尿検査 52
  • 任意後見制度 176
  • 任意採尿 222
  • 人間の尊厳 151,152
  • 認知症 7,14,18,63,167,169
  • 認知の歪み 187,188
  • 認知療法 85
  • ネオヒポクラティズム 79
  • 年齢 192
  • 脳画像研究 34
  • 脳神経倫理学(ニューロエシックス) 62,74,82
  • 脳神話 64
  • 脳内報酬系 213
  • 脳病説 62,63,76,81
  • ノーベル賞 62,65
  • ノーマライゼーション 176
  • ハイリスクグループ 41
  • パーソナリティ障害 197,199
  • パターナリズム 9,106,108
  • パレンスパトリエ(parens patriae) 27
  • ハワイII宣言 135
  • ハワイ宣言 3,36
  • 犯罪通報 50
  • 反社会的傾向 193
  • 反精神医学 22,26
  • 判断能力 85
  • 被害をうける可能性のある人(→可能的被害者) 58
  • 被虐待経験 195
  • 被虐待高齢者 179
  • 非告知投与 29,31,91
  • 非自発的医療 10
  • 非自発的入院 26,28,102
  • 非通知薬物療法 19
  • 非定型抗精神病薬 88,92
  • ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針 37
  • 人を対象とする生物医学研究の国際倫理指針(CIOMS研究倫理指針) 35
  • 否認の病 202
  • ヒポクラテスの誓い 50,57,119
  • びまん性髄膜脳脊髄炎 64
  • 秘密保持 117,119
  • 秘密漏示 51,56
  • 病因志向性 81
  • 病因志向的治療思想 77
  • 病院精神医療 101
  • 病識 91
  • 病的ギャンブリング 217
  • 平等 12,13
  • 弘前事件 137
  • 不安感 190
  • 不安障害 197
  • フェニルケトン尿症 65
  • 複合嗜癖 215
  • 副作用 89
  • 福祉 13
  • 福祉権 173
  • 福祉工場 24
  • 福祉ホーム 24
  • 不足分の平等 13
  • 物質関連障害 197,199,203
  • 物質誘発性精神病 210
  • 不偏不党性 134
  • プラセボ 42,43,80
  • ブレインバンク研究 44
  • 平均在院日数 7
  • 米国精神医学会 206,208
  • ヘーゼルデン・センター 201
  • ベータ・アルコホリズム 206
  • β-エンドルフィン 217
  • ヘルシンキ宣言 35,37,132,143,144
  • ペレストロイカ 3
  • 弁護士 132
  • 偏執狂 215
  • 変性疾患説 77
  • 保安 8,9
  • 保安処分 140
  • 崩壊家庭 195
  • 包括的ケア 104
  • 放水浴 63
  • 報徳会宇都宮病院 5,6
  • 法輪功 4
  • 保健所 21
  • 保護者制度 26
  • 保佐人 176
  • 補償 59
  • 補助人 176
  • 母体保護法 56,155
  • ポリスパワー 27,106,108
  • ホルモン療法 157
  • 魔女狩り 63
  • マスコミ 144
  • マドリッド宣言 36,37,132,135,146
  • 麻薬及び向精神薬取締法 221
  • マラリア発熱療法 65
  • 慢性アルコール症 207
  • 慢性アルコール中毒 207
  • 慢性持続性精神病 223
  • 未告知投与 88
  • 自ら招いた障害(自招性の障害) 222
  • 民間回復施設 220
  • 無危害 59,116,120,127,151
  • 無作為化比較試験(RCT) 70
  • 無知のヴェール 12
  • 酩酊 210
  • 命令的倫理(mandatory ethics) 116
  • メディカルモデル 27
  • 元クライアント 125,126
  • モノアミン低下仮説 76
  • ものぐさ統合失調症 3
  • モノマニー 215
  • 森田療法 85
  • 薬事法 36
  • 薬物依存者支援システム 224
  • 薬物自己使用犯罪者 202
  • 薬物探索行動 208
  • 薬物乱用 144
  • 薬物乱用防止戦略加速化プラン 225
  • 薬物療法 7
  • 役割葛藤 135
  • 優生保護法 155,156
  • 陽電子放射断層撮影(PET) 43
  • 抑うつ感 190
  • 予定被害者(→可能的被害者) 123
  • 利益相反 45
  • リカバリー 103,106,108
  • リーガルモデル 27
  • リスクアセスメントツール 123
  • リスク・ベネフィット 35,43,44,47
  • リスクマネジメント 181
  • 理想追求型倫理(aspirational ethics) 116
  • 離脱 208
  • 離脱症状 208
  • 臨床研究法 36
  • 臨床研究における倫理綱領 37
  • 臨床研究に関する倫理指針 36,37
  • 倫理ガイドライン 132
  • 倫理基準 115,119
  • 倫理規程 115
  • 倫理規定 115
  • 倫理研修 128
  • 倫理原則 115
  • 倫理綱領 37,115,116,132
  • 倫理綱領違反 116
  • 倫理的意思決定 127
  • レジリエンス 63,75,76,79,81
  • ロイコトミー 66,68
  • 老人保健施設 14
  • 老老介護 167
  • ロボトミー 31,62,66,68,70~72,74,75,78
  • 人名索引
  • Edwards,G. 208,210,216
  • Esquirol,E. 215
  • Jellinek,E.M. 206,207,215
  • Jorgensen,C. 163
  • Jorgensen,G. 163
  • Kolle,K 201,202,207
  • Lapierre,A. 199
  • Munro,R.J. 4
  • Reischauer,E.O. 21
  • Szasz,T. 11
  • アペルボム,P.S. 29,132,133,145,147
  • 内村祐之 76
  • 加藤尚武 160
  • ガレノス 78
  • カント,I. 59
  • グタイル,T.G. 137
  • 呉秀三 64
  • クレペリン,E. 64,65
  • サンデル,マイケル 12
  • ストーン,A.A. 54,58
  • 洲脇寛 210
  • 諏訪望 152
  • セリエ,H. 78
  • タラソフ,タチアナ 53,121
  • チルドレス,J.F. 57,59
  • 西山詮 53,132,136
  • ネドピル,N. 135,137
  • ビーチャム,T.L. 57,59
  • ヒトラー,アドルフ 2
  • ヒポクラテス 78
  • ブランケンブルグ,W. 80
  • フリーマン,ウォルター 62,68,70,74,75,82
  • フロイド,S. 73
  • ブロイラー,E. 64
  • ブロイラー,M. 72
  • ベルナール,クロード 78
  • ポダー,プロセンジット 53,121
  • 丸井清泰 137
  • 三宅鑛一 152
  • モニス,E. 66,73,75
  • ヤスパース,K. 65
  • 山内俊雄 153,161
  • ロス,W.D. 59
  • ロールズ,J. 12,13

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで