サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

二里町誌

二里町誌編纂委員会 編

詳細情報

タイトル 二里町誌
著者 二里町誌編纂委員会 編
出版地(国名コード) JP
出版地[伊万里]
出版社二里町誌編纂委員会
出版年月日等 2013.3
大きさ、容量等 1046p ; 22cm
注記 発行所: 二里公民館
注記 年表あり
注記 文献あり
JP番号 22233671
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 伊万里市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC272
NDC(9版) 291.92 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 二里町誌
  • 目次
  • 『二里町誌』発刊に寄せて 伊万里市長塚部芳和
  • まえがき 二里町誌編纂委員会委員長前田浩
  • 第一編 自然環境
  • 第一編 第一章 二里町の位置 三
  • 第一編 第一章 絶対的位置、相対的位置
  • 第一編 第二章 二里町の山・川 五
  • 第一編 第二章 第一節 西部山地 佐世保層群の地質、幻の楯状型の火山 五
  • 第一編 第二章 第二節 中央低地 有田川の流路 権現渕井堰 二
  • 第一編 第二章 第二節 輪中の中島と古屋田
  • 第一編 第二章 第二節 自然堤防
  • 第一編 第二章 第二節 段丘地形
  • 第一編 第二章 第三節 東部山地 畑津砂岩層 畑津頁岩層 一四
  • 第一編 第二章 第四節 腰岳の黒曜石 腰岳の岩石 腰岳黒曜石の特徴 一六
  • 第一編 第二章 第四節 黒曜石の分布
  • 第一編 第二章 第四節 黒曜石の活用
  • 第一編 第三章 気候 一九
  • 第一編 第三章 第一節 概要 一九
  • 第一編 第三章 第二節 季節の移り変わり春・夏・秋・冬 二一
  • 第一編 第三章 第三節 伊万里と佐賀の気象のちがい 二三
  • 第一編 第三章 第四節 伊万里地方の天候に関することわざ 二五
  • 第一編 第四章 植生 二六
  • 第一編 第四章 第一節 二里の植物 二六
  • 第一編 第四章 第二節 二里の貴重植物と要保存・保護区域 三八
  • 第二編 部落誌
  • 第二編 第一章 東八谷搦部落誌 四五
  • 第二編 第一章 第一節 八谷搦の今昔 四五
  • 第二編 第一章 第一節 一 八谷搦の自然 四五
  • 第二編 第一章 第一節 二 八谷搦の灌概用水 四七
  • 第二編 第一章 第一節 三 主な農産物の移り変わり 四八
  • 第二編 第一章 第一節 四 姿を消した畝畑 四九
  • 第二編 第一章 第一節 五 搦堤防の修復 五〇
  • 第二編 第一章 第一節 六 東・西八谷搦の行政上の独立 五一
  • 第二編 第一章 第一節 七 歴代区長(昭和二九年以前) 五二
  • 第二編 第一章 第二節 伸びゆく郷土 五三
  • 第二編 第一章 第二節 一 市道八谷搦海岸通り線建設と準工業地域の造成 五三
  • 第二編 第一章 第二節 二 国道二〇二号線伊万里バイパスと国道二〇四号線西部道路の建設 五四
  • 第二編 第一章 第二節 三 都市計画土地区画整理事業 五五
  • 第二編 第一章 第二節 四 新田川河川改修事業 五五
  • 第二編 第一章 第三節 郷土の神仏 五七
  • 第二編 第一章 第三節 一 大石天満宮と諸神・諸仏 五七
  • 第二編 第一章 第三節 二 水天社 六〇
  • 第二編 第一章 第三節 三 八大龍王社と祭り 六一
  • 第二編 第二章 西八谷搦部落誌 六三
  • 第二編 第二章 第一節 西八谷搦の成立 六三
  • 第二編 第二章 第二節 西八谷搦の主な通称地名 六四
  • 第二編 第二章 第三節 世帯数及び人口 六五
  • 第二編 第二章 第四節 歴代区長(昭和三〇年以前) 六六
  • 第二編 第二章 第五節 今は見られなくなった文化行事 六七
  • 第二編 第二章 第六節 部落内の諸神 六八
  • 第二編 第二章 第七節 神仏の祭り 六九
  • 第二編 第二章 第八節 水利について 七〇
  • 第二編 第二章 第九節 水害について 七一
  • 第二編 第二章 第一〇節 公共事業 七二
  • 第二編 第二章 第一〇節 一 公民館の建設 七二
  • 第二編 第二章 第一〇節 二 頭無し樋門の改修 七三
  • 第二編 第二章 第一〇節 三 土地改良事業 七三
  • 第二編 第二章 第二節 その他の主な事業 七三
  • 第二編 第二章 第二節 一 競馬場の設置 七五
  • 第二編 第二章 第二節 二 マオラン会社(ロープ製造)の設立 七五
  • 第二編 第二章 第二節 三 日尾崎の渡し場 七六
  • 第二編 第三章 川東部落誌 七六
  • 第二編 第三章 第一節 川東区の漑況 七七
  • 第二編 第三章 第二節 地区別沿革 七七
  • 第二編 第三章 第二節 一 南川東地区(漑況) 七八
  • 第二編 第三章 第二節 一 1 腰岳の黒曜石
  • 第二編 第三章 第二節 一 2 千畳敷
  • 第二編 第三章 第二節 一 3 平沢良遺跡
  • 第二編 第三章 第二節 一 4 高岸石棺
  • 第二編 第三章 第二節 一 5 権現淵井堰
  • 第二編 第三章 第二節 二 腰岳山腹・山麓地域(漑況) 八一
  • 第二編 第三章 第二節 二 1 鈴桶遺跡
  • 第二編 第三章 第二節 二 2 杢路寺古墳
  • 第二編 第三章 第二節 二 (1・2は本誌「原始・古代」の項を参照ください)
  • 第二編 第三章 第二節 二 3 郷古山の堤(東八谷搦部落誌を参照ください)
  • 第二編 第三章 第二節 二 4 佐賀厚生年金休暇センター
  • 第二編 第三章 第二節 三 山中・江湖辻地域(漑況) 八二
  • 第二編 第三章 第二節 三 1 江湖辻の由来
  • 第二編 第三章 第二節 三 2 大石良知の墓
  • 第二編 第三章 第二節 三 3 前川家について
  • 第二編 第三章 第二節 四 松尾搦・笹尾搦・笹尾地域(漑況) 八四
  • 第二編 第三章 第二節 四 1 松尾搦の龍神宮
  • 第二編 第三章 第二節 四 2 笹尾搦
  • 第二編 第三章 第二節 四 3 笹尾
  • 第二編 第三章 第二節 五 川宿・古町地域(漑況) 八六
  • 第二編 第三章 第二節 五 1 川東の牛市
  • 第二編 第三章 第二節 五 2 西岡家について
  • 第二編 第三章 第三節 川東区内の社寺 九〇
  • 第二編 第三章 第三節 1 吉武神社
  • 第二編 第三章 第三節 2 明善寺
  • 第二編 第三章 第三節 3 称名庵
  • 第二編 第三章 第四節 時代の波に消えた民俗・他 九二
  • 第二編 第三章 第四節 1 もや風呂
  • 第二編 第三章 第四節 2 吉武神社の祭
  • 第二編 第三章 第四節 3 川東区の浮立
  • 第二編 第三章 第五節 歴代区長(昭和二九年以前) 九五
  • 第二編 第四章 大里部落誌 九六
  • 第二編 第四章 第一節 集落の起こり 九六
  • 第二編 第四章 第一節 ・郷村帳と集落
  • 第二編 第四章 第一節 ・特徴的な私称地名
  • 第二編 第四章 第二節 集落内の文化財 九九
  • 第二編 第四章 第二節 イ遺跡
  • 第二編 第四章 第二節 橋本遺跡
  • 第二編 第四章 第二節 西尾遺跡
  • 第二編 第四章 第二節 ロ道鑑屋敷
  • 第二編 第四章 第二節 ハ藤山家屋敷跡
  • 第二編 第四章 第三節 熊野神社 一〇二
  • 第二編 第四章 第三節 鎮守の神
  • 第二編 第四章 第三節 熊野神社の勧請
  • 第二編 第四章 第三節 伊勢講碑
  • 第二編 第四章 第三節 合祀の経過
  • 第二編 第四章 第四節 流鏑馬神社 一〇八
  • 第二編 第四章 第五節 神ノ原八幡宮の由来 一〇八
  • 第二編 第四章 第五節 取り追う祭り
  • 第二編 第四章 第五節 木口ノ池伝説
  • 第二編 第四章 第六節 風物誌 一一一
  • 第二編 第四章 第六節 大根干しと青海苔干し
  • 第二編 第四章 第七節 歴代区長(昭和三〇年以前) 一一三
  • 第二編 第五章 福母部落誌 一一四
  • 第二編 第五章 第一節 福母区の由来 一一四
  • 第二編 第五章 第二節 宗教 一一六
  • 第二編 第五章 第二節 一 法龍寺(臥龍庵) 一一六
  • 第二編 第五章 第二節 二 広厳寺 一一七
  • 第二編 第五章 第二節 三 伏鷹天満宮 一一八
  • 第二編 第五章 第三節 区の大事業 一二〇
  • 第二編 第五章 第三節 〇里道と現在の市道について 一二〇
  • 第二編 第五章 第三節 〇右事業に関係する事項 一二一
  • 第二編 第五章 第四節 土地改良事業 一二二
  • 第二編 第五章 第五節 福母簡易水道新設事業 一二三
  • 第二編 第五章 第六節 福母の極難開 一二四
  • 第二編 第五章 第七節 その他 一二五
  • 第二編 第五章 第七節 天満宮の鳥居
  • 第二編 第五章 第七節 区内の古い墓碑
  • 第二編 第五章 第七節 神祠・仏堂など
  • 第二編 第六章 内ノ馬場部落誌 一二六
  • 第二編 第六章 第一節 内ノ馬場の呼称と移り変り 一二六
  • 第二編 第六章 第二節 内ノ馬場行政上の区割・戸数 一二八
  • 第二編 第六章 第三節 内ノ馬場鎮守社妙見宮 一二八
  • 第二編 第六章 第四節 唐船城と内ノ馬場 一三一
  • 第二編 第六章 第四節 一 池田武蔵守 一三一
  • 第二編 第六章 第四節 二 池田武蔵守を祖とする池田家 一三二
  • 第二編 第六章 第四節 二 (1) 古子の池田家
  • 第二編 第六章 第四節 二 (2) 内ノ馬場の池田家
  • 第二編 第六章 第四節 三 有田大膳孝広公(紹平君坦居士)の墓 一三四
  • 第二編 第六章 第五節 消えた「上ノ原」部落 一三五
  • 第二編 第六章 第六節 水争いの内ノ馬場代表前田龍馬 一三九
  • 第二編 第六章 第七節 腰岳騒動と池田森三郎 一三九
  • 第二編 第六章 第八節 農業の先進地内ノ馬場 一四一
  • 第二編 第六章 第八節 一 内ノ馬場信用組合 一四一
  • 第二編 第六章 第八節 二 雅蚕共同飼育所 一四一
  • 第二編 第六章 第八節 三 赤坂黎の発明と製作 一四二
  • 第二編 第六章 第八節 四 穀類乾燥機の発明 一四二
  • 第二編 第七章 金武部落誌 一四二
  • 第二編 第七章 第一節 金武の集落 一四三
  • 第二編 第七章 第二節 地区別集落の概要 一四六
  • 第二編 第七章 第二節 イ、金武地区
  • 第二編 第七章 第二節 ロ、大道地区
  • 第二編 第七章 第二節 ハ、川向地区
  • 第二編 第七章 第三節 明治以降金武集落の歩み 一五一
  • 第二編 第七章 第四節 池田武蔵守の代官屋敷伝説 一五九
  • 第二編 第七章 第五節 金武区歴代区長(昭和三〇年以前) 一六〇
  • 第二編 第八章 作井手部落誌 一六二
  • 第二編 第八章 第一節 作井手部落概要 一六二
  • 第二編 第八章 第二節 作井手部落(地名のおこり) 一六八
  • 第二編 第八章 第三節 小字・私称地名 一六九
  • 第二編 第八章 第四節 作井手の昔の店 一六九
  • 第二編 第八章 第四節 (1) 三軒屋
  • 第二編 第八章 第四節 (2) 煙草屋
  • 第二編 第八章 第四節 (3) 酒造業
  • 第二編 第八章 第四節 (4) 紺屋(クウ屋)
  • 第二編 第八章 第四節 (5) 三角屋
  • 第二編 第八章 第四節 (6) 菓子屋
  • 第二編 第八章 第四節 (7) 医者
  • 第二編 第八章 第四節 (8) 床屋
  • 第二編 第八章 第四節 (9) 豆腐屋
  • 第二編 第八章 第四節 (10) 新聞屋
  • 第二編 第八章 第五節 水車 一七二
  • 第二編 第八章 第五節 (1) 峰長兵衛
  • 第二編 第八章 第五節 (2) 前川勘吉
  • 第二編 第八章 第五節 (3) 前田磯太郎
  • 第二編 第八章 第五節 (4) 吉永力次郎
  • 第二編 第八章 第五節 (5) 吉永源次郎
  • 第二編 第八章 第六節 針金渡し(ケーブル渡し) 一七四
  • 第二編 第八章 第七節 作井手の年表 一七四
  • 第二編 第八章 第八節 昭和二三年(一九四八)の水害 一七九
  • 第二編 第八章 第八節 〇救援活動
  • 第二編 第八章 第八節 〇水害対策費用(作井手区分)
  • 第二編 第八章 第八節 〇作井手部落水害調査
  • 第二編 第八章 第九節 部落内の祭 一八二
  • 第二編 第八章 第九節 〇三夜講
  • 第二編 第八章 第九節 〇観音講(女)
  • 第二編 第八章 第九節 〇お講
  • 第二編 第八章 第九節 〇天神様祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇阿弥陀様祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇山ン神祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇地神さん祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇権現さん祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇弘法さん祭
  • 第二編 第八章 第九節 〇お日待ち
  • 第二編 第八章 第九節 〇村祭り
  • 第二編 第九章 中田部落誌 一八四
  • 第二編 第九章 第一節 中田村と炭山村 一八四
  • 第二編 第九章 第二節 炭山の極難開 一八七
  • 第二編 第九章 第三節 伊勢越の丘 一八七
  • 第二編 第九章 第三節 一 伊勢講碑 一八八
  • 第二編 第九章 第三節 一 (1) 伊勢講
  • 第二編 第九章 第三節 一 (2) 伊勢参宮
  • 第二編 第九章 第三節 一 (3) 抜け参り
  • 第二編 第九章 第三節 二 奉請三夜神社 一九〇
  • 第二編 第九章 第四節 猿田彦神社と申相撲 一九一
  • 第二編 第九章 第四節 一 猿田彦大神と庚申信仰 一九一
  • 第二編 第九章 第四節 二 猿田彦大神祭りと申相撲 一九三
  • 第二編 第九章 第四節 三 部落歴史年表による申相撲開催一覧表 一九五
  • 第二編 第九章 第五節 勝負井手(前田井手)の伝説 一九五
  • 第二編 第九章 第六節 一ノ川分水堰 一九六
  • 第二編 第九章 第七節 国見炭鉱 一九七
  • 第二編 第九章 第七節 石炭産業の漑況と国見炭鉱
  • 第二編 第九章 第八節 部落懇談会の話題等 一九九
  • 第二編 第九章 第八節 一 中田 一九九
  • 第二編 第九章 第八節 二 炭山 二〇二
  • 第二編 第一〇章 吉野・飯盛川内部落誌 二〇二
  • 第二編 第一〇章 第一節 吉野の沿革 二〇三
  • 第二編 第一〇章 第一節 一 吉野の位置 二〇三
  • 第二編 第一〇章 第一節 二 吉野及び飯盛川内の地名発祥の由来 二〇四
  • 第二編 第一〇章 第二節 吉野神社(吉野蔵王権現)と氏子 二〇四
  • 第二編 第一〇章 第二節 一 吉野蔵王権現の勧請 二〇四
  • 第二編 第一〇章 第二節 二 吉野蔵王権現のご神体 二〇五
  • 第二編 第一〇章 第二節 三 無格社の合祀 二〇六
  • 第二編 第一〇章 第二節 四 氏子 二〇七
  • 第二編 第一〇章 第二節 五 吉野神社への寄進 二〇七
  • 第二編 第一〇章 第二節 六 祭礼 二〇七
  • 第二編 第一〇章 第二節 七 運営維持管理 二〇八
  • 第二編 第一〇章 第三節 広厳寺開基と有田丹後守盛公 二〇八
  • 第二編 第一〇章 第四節 飯盛川内 二一〇
  • 第二編 第一〇章 第五節 明治以降の天災地変 二一〇
  • 第二編 第一〇章 第五節 一 川内溜池の決壊 二一〇
  • 第二編 第一〇章 第五節 二 大正一二年の大水害 二一一
  • 第二編 第一〇章 第五節 三 二三水害 二二
  • 第二編 第一〇章 第五節 四 七・九水害 二一一
  • 第二編 第一〇章 第六節 産業の変遷 二一二
  • 第二編 第一〇章 第七節 宗教・風習 二一二
  • 第二編 第一〇章 第七節 一 宗教 二一二
  • 第二編 第一〇章 第七節 二 風習 二一二
  • 第二編 第一〇章 第七節 三 電灯 二一三
  • 第二編 第一〇章 第八節 飯盛溜池(大堤) 二一三
  • 第二編 第一一章 川内・野添部部落誌 二一五
  • 第二編 第一一章 第一節 川内部落の起り 二一五
  • 第二編 第一一章 第二節 戸数・人口 二一七
  • 第二編 第一一章 第三節 文化財 二一七
  • 第二編 第一一章 第三節 一 大日堂 二一七
  • 第二編 第一一章 第三節 二 観音堂 二一八
  • 第二編 第一一章 第三節 三 岩下本口観音 二一九
  • 第二編 第一一章 第三節 四 竜神宮 二二〇
  • 第二編 第一一章 第三節 五 山ノ神 二二〇
  • 第二編 第一一章 第三節 六 川内馬頭観音 二二一
  • 第二編 第一一章 第三節 七 雷様の山 二二一
  • 第二編 第一一章 第三節 八 稲荷大明神 二二一
  • 第二編 第一一章 第三節 九 野添弁財天 二二二
  • 第二編 第一一章 第四節 民間信仰 二二三
  • 第二編 第一一章 第四節 観音堂のとうや
  • 第二編 第一一章 第四節 弘法さんの祭
  • 第二編 第一一章 第四節 秋祭り
  • 第二編 第一一章 第四節 山ノ神の祭
  • 第二編 第一一章 第四節 他
  • 第二編 第一一章 第五節 からうす(水車) 二二五
  • 第二編 第一一章 第六節 溜池 二二五
  • 第二編 第一一章 第六節 新堤
  • 第二編 第一一章 第六節 岩の下溜池
  • 第二編 第一一章 第七節 水害 二二五
  • 第二編 第一二章 古子部落誌 二二六
  • 第二編 第一二章 第一節 古子部落の漑況 二二六
  • 第二編 第一二章 第二節 丹後守盛公と広厳寺 二二七
  • 第二編 第一二章 第三節 古子の棚田 二二八
  • 第二編 第一二章 第四節 くらしの移り変わり 二二九
  • 第二編 第一二章 第五節 文化財と民間信仰 二三〇
  • 第二編 第一二章 第五節 一 古子庵 二三〇
  • 第二編 第一二章 第五節 二 地蔵堂と薬師堂 二三〇
  • 第二編 第一二章 第五節 三 龍神宮と山ノ神 二三一
  • 第二編 第一二章 第五節 四 宗教 二三一
  • 第二編 第一二章 第五節 五 古子申相撲 二二一
  • 第二編 第一二章 第五節 六 古子滝藤 二三二
  • 第三編 町の沿革
  • 第三編 第一章 原始・古代 二三五
  • 第三編 第一章 第一節 日本列島の成立と伊万里 二三五
  • 第三編 第一章 第二節 旧石器時代の二里町 二三六
  • 第三編 第一章 第三節 縄文時代の二里町 二三九
  • 第三編 第一章 第四節 弥生時代の二里町 二三九
  • 第三編 第一章 第五節 古墳時代の二里町 二四六
  • 第三編 第一章 第六節 奈良時代の二里町 二五一
  • 第三編 第一章 第七節 平安時代の二里町 二五五
  • 第三編 第二章 鎌倉時代 二五八
  • 第三編 第二章 第一節 松浦源氏の発祥と発展 二五八
  • 第三編 第二章 第二節 有田氏の起り唐船城築城 二七〇
  • 第三編 第二章 第三節 有田氏の発展 二七四
  • 第三編 第二章 第四節 元寇と松浦党 二七八
  • 第三編 第三章 南北朝のころ 二八六
  • 第三編 第三章 第一節 九州探題滅亡と菊池武重 二八六
  • 第三編 第三章 第二節 菊池武重と八幡宮 二八七
  • 第三編 第三章 第三節 松浦党の発展 二九三
  • 第三編 第四章 室町幕府のころ 二九八
  • 第三編 第四章 第一節 本家松浦氏と分家平戸松浦氏との争乱 二九八
  • 第三編 第四章 第二節 戦国末期の有田唐船城 三〇四
  • 第三編 第五章 安土・桃山時代と朝鮮の役 三一四
  • 第三編 第五章 第一節 安土・桃山時代までの郷土 三一四
  • 第三編 第五章 第二節 朝鮮の役と有田氏 三二三
  • 第三編 第六章 江戸時代・佐賀藩のころ 三二七
  • 第三編 第六章 第一節 佐賀藩の成り立ち 三二七
  • 第三編 第六章 第二節 有田郷の村々 三三〇
  • 第三編 第六章 第三節 佐賀藩の制度と村の支配 三三八
  • 第三編 第六章 第四節 農村のくらし 三七二
  • 第三編 第六章 第五節 農地の拡大 三八三
  • 第三編 第六章 第六節 佐賀藩の均田制度(加地子猶予令と土地藩有分給令) 四一〇
  • 第三編 第六章 第七節 幕末の緊迫・維新への動き 四一三
  • 第三編 第六章 第八節 地租改正と腰岳騒動 四二一
  • 第三編 第七章 近代化への歩み(明治維新から太平洋戦争終戦まで) 四二九
  • 第三編 第七章 第一節 明治時代町村制施行まで 四二九
  • 第三編 第七章 第二節 明治後期(憲政時代) 四四三
  • 第三編 第七章 第三節 戦争と郷土 四五二
  • 第四編 産業
  • 第四編 第一章 農業 四八五
  • 第四編 第一章 第一節 土地所有制度と農地改革 四八五
  • 第四編 第一章 第二節 農地の拡大(その二) 四九一
  • 第四編 第一章 第三節 耕地面積の推移と農業経営形態 五〇一
  • 第四編 第一章 第四節 食糧管理制度 五一〇
  • 第四編 第一章 第五節 農産物の耕作体系と農具の変遷 五一四
  • 第四編 第一章 第六節 戦前の農家のくらし 五三一
  • 第四編 第一章 第七節 農村行事 五四四
  • 第四編 第一章 第八節 農業水利 五五〇
  • 第四編 第一章 第九節 土地改良事業 五六五
  • 第四編 第一章 第一〇節 養蚕 五七七
  • 第四編 第一章 第一一節 畜産 五八一
  • 第四編 第一章 第一二節 農業協同組合とその沿革 五九五
  • 第四編 第二章 林業 六〇二
  • 第四編 第二章 第一節 藩政時代の山林原野 六〇二
  • 第四編 第二章 第二節 明治の地租改正と二里村の共有林野 六〇三
  • 第四編 第二章 第三節 松食虫の被害 六〇六
  • 第四編 第二章 第四節 戦後の二里村の林況 六〇七
  • 第四編 第二章 第五節 市制施行(町村合併)と二里村有林 六〇八
  • 第四編 第三章 水産業 六一一
  • 第四編 第三章 第一節 八谷搦魚類養殖業 六一二
  • 第四編 第三章 第二節 有田川青海苔篊建養殖業 六一三
  • 第四編 第三章 第三節 有田川の魚貝類と漁法 六一五
  • 第四編 第三章 第四節 有田川環境づくりへの期待 六一九
  • 第四編 第四章 商工業・鉱業 六二一
  • 第四編 第四章 第一節 大里村と中里村の商工業者の分布 六二二
  • 第四編 第四章 第二節 伊万里郷誌に見る二里村の状況 六二六
  • 第四編 第四章 第三節 二里町の商工業者の年次別推移 六二七
  • 第四編 第四章 第四節 少年の頃の思い出に残る店と人 六三〇
  • 第四編 第四章 第五節 鉱業 六三五
  • 第五編 交通・運輸・通信
  • 第五編 第一章 交通 六四五
  • 第五編 第一章 第一節 中世の有田道 六四五
  • 第五編 第一章 第二節 グラント将軍の来訪と川東橋 六四九
  • 第五編 第一章 第三節 二里町内の橋 六五四
  • 第五編 第一章 第四節 県道と里道の開通 六五七
  • 第五編 第一章 第五節 馬頭観音・道標 六六〇
  • 第五編 第二章 運輸 六六四
  • 第五編 第二章 第一節 陶磁器の運搬 六六四
  • 第五編 第二章 第二節 江戸時代の通行料 六六六
  • 第五編 第二章 第三節 鉄道・乘合自動車の沿革 六六六
  • 第五編 第二章 第四節 二里村の車数の変遷 六七三
  • 第五編 第三章 通信 六七四
  • 第五編 第三章 第一節 二里町内の電話取り付け 六七六
  • 第五編 第三章 第二節 郵便局の沿革 六七八
  • 第六編 民俗
  • 第六編 第一章 心のふるさと童歌・昔の子どもの遊び 六八五
  • 第六編 第一章 第一節 男の子の遊び 六八六
  • 第六編 第一章 第二節 女の子の遊びと歌 六八七
  • 第六編 第一章 第三節 その他 六九四
  • 第六編 第二章 町内に伝わる歌 六九五
  • 第六編 第二章 第一節 婚礼の祝い歌 六九五
  • 第六編 第二章 第二節 祝い歌と相撲甚句 六九九
  • 第六編 第二章 第三節 数え歌・雨乞い祈願の歌 七〇二
  • 第六編 第二章 第四節 労働の歌・座興の歌 七〇三
  • 第六編 第三章 昔話 七〇七
  • 第六編 第三章 第一節 狐狸ばなし 七〇七
  • 第六編 第三章 第二節 昔ばなし 七〇八
  • 第六編 第三章 第三節 二里地方に伝わる昔話 七一二
  • 第六編 第三章 第四節 言い伝えられている俚諺・俗信 七一三
  • 第六編 第四章 方言 七一六
  • 第六編 第五章 郷土料理 七二六
  • 第六編 第六章 今も伝えられている祭事 七二八
  • 第七編 宗教・社寺
  • 第七編 第一章 神社 七三三
  • 第七編 第一章 一 吉野神社 (吉野) 七三三
  • 第七編 第一章 二 作井手天満宮 (作井手) 七三四
  • 第七編 第一章 三 妙見神社 (内ノ馬場) 七三四
  • 第七編 第一章 四 金武神社 (金武) 七三五
  • 第七編 第一章 五 伏鷹天満宮(ふしたかてんまんぐう)(福母) 七三六
  • 第七編 第一章 六 神ノ原八幡宮(大里) 七三七
  • 第七編 第一章 七 松尾搦龍神宮(川東) 七三八
  • 第七編 第一章 八 大石天満宮(東八谷搦) 七三九
  • 第七編 第一章 九 吉武神社(川東) 七三九
  • 第七編 第二章 仏閣 七四一
  • 第七編 第二章 一 大日堂 (川内) 七四一
  • 第七編 第二章 二 上ノ原文殊堂(内ノ馬場) 七四二
  • 第七編 第二章 三 金武六地藏(金武) 七四二
  • 第七編 第二章 四 医王山広厳寺(福母) 七四三
  • 第七編 第二章 五 称名庵(しょうみょうあん)(河東観音)(川東) 七四四
  • 第七編 第二章 六 神林山明善寺(川東・江湖ノ辻) 七四五
  • 第八編 教育
  • 第八編 第一章 幕末・明治維新前後の教育 七四九
  • 第八編 第二章 初等教育の変遷 七五三
  • 第八編 第二章 第一節 二里小学校の沿革と教育 七五三
  • 第八編 第二章 第一節 一 明治期の中里・大里小学校 七五三
  • 第八編 第二章 第一節 二 大正期の二里小学校 七七一
  • 第八編 第二章 第一節 三 昭和期・戦前戦時下の小学校 七七五
  • 第八編 第二章 第一節 四 第二次世界大戦後の二里小学校 七八一
  • 第八編 第二章 第二節 幼稚園・保育園の沿革 七八八
  • 第八編 第三章 中等教育の変遷 七九三
  • 第八編 第三章 第一節 二里中学校の沿革 七九三
  • 第八編 第三章 第二節 国見中学校の沿革と教育 七九七
  • 第八編 第三章 第三節 伊万里高等学校の沿革 八〇四
  • 第八編 第三章 第四節 伊万里農林高等学校の沿革と教育 八一一
  • 第八編 第四章 実業教育の変遷 八二二
  • 第八編 第四章 第一節 実業教育の沿革 八二二
  • 第八編 第四章 第二節 実業諸学校の設置と教育 八二五
  • 第八編 第五章 社会教育施設及び社会教育諸団体の沿革 八二八
  • 第八編 第五章 第一節 公民館の沿革 八二八
  • 第八編 第五章 第二節 社会教育諸団体の沿革と現況 八三一
  • 第八編 第五章 第二節 一 二里町婦人会 八三一
  • 第八編 第五章 第二節 二 二里町青年団 八三九
  • 第八編 第五章 第二節 三 二里町老人クラブ連合会 八四八
  • 第八編 第五章 第二節 四 PTA・育友会 八四九
  • 第八編 第五章 第二節 五 二里町体育協会 八五二
  • 第九編 人物
  • 第九編 第一章 学問・宗教 八五七
  • 第九編 第一章 一 霊潭和上 八五七
  • 第九編 第一章 二 円宣大僧正 八五八
  • 第九編 第一章 三 惟叢和尚 八五九
  • 第九編 第一章 四 居本唯然 八六〇
  • 第九編 第二章 政治・行政 八六二
  • 第九編 第二章 一 藤山徳太郎 八六二
  • 第九編 第二章 二 池田逸次 八六三
  • 第九編 第三章 産業・経済 八六四
  • 第九編 第三章 一 藤山雷太 八六四
  • 第九編 第三章 二 前川善左衛門 八六七
  • 第九編 第三章 三 西岡幸兵衛 八六八
  • 第九編 第三章 四 小隈長左衛門 八七〇
  • 第九編 第三章 五 西岡虎作 八七一
  • 第九編 第三章 六 川原鶴松 八七二
  • 第九編 第四章 医療・社会事業 八七四
  • 第九編 第四章 一 峰静軒 八七四
  • 第九編 第四章 二 峰源次郎 八七六
  • 第九編 第四章 三 峰直次郎 八七七
  • 第九編 第四章 四 吉永伊兵衛 八七八
  • 第九編 第五章 その他 八八〇
  • 第九編 第五章 一 永田末吉・嘉七・逸馬 八八〇
  • 第九編 第五章 二 永田与作 八八一
  • 第九編 第五章 三 吉富市之充 八八三
  • 第九編 第五章 四 池田竹次 八八四
  • 第一〇編 現代
  • 第一〇編 第一章 戦後から現代まで 八八九
  • 第一〇編 第一章 第一節 よみがえった平和 八八九
  • 第一〇編 第一章 第一節 一 終戦直前の空襲 八八九
  • 第一〇編 第一章 第一節 二 終戦の詔勅 八八九
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 戦後の混乱 八九一
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (1) 流言飛語(デマ)におびえる
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (2) 公職追放
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (3) 復員の状況
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (4) 食糧難
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (5) 二里村民葬
  • 第一〇編 第一章 第一節 三 (6) 満蒙開拓団の悲惨
  • 第一〇編 第一章 第二節 町村合併 九〇二
  • 第一〇編 第一章 第二節 一 昭和二七年の村の動き 九〇二
  • 第一〇編 第一章 第二節 一 (1) 市制研究委員選出
  • 第一〇編 第一章 第二節 一 (2) 住民投票
  • 第一〇編 第一章 第三節 消防団の歩み 九〇七
  • 第一〇編 第一章 第三節 一 江戸時代の火消し役路 九〇七
  • 第一〇編 第一章 第三節 二 明治・大正時代の消防組 九〇九
  • 第一〇編 第一章 第三節 三 昭和・近代化の消防へ 九一二
  • 第一〇編 第一章 第四節 選挙の民主化 九一二
  • 第一〇編 第一章 第四節 一 完全普通選挙 九二三
  • 第一〇編 第一章 第四節 二 統一地方選挙 九二四
  • 第一〇編 第一章 第五節 行政で活躍した人々 九三〇
  • 第一〇編 第一章 第五節 一 二里町(村)選出県議会議員 九三〇
  • 第一〇編 第一章 第五節 二 歴代村長・助役・収入役 九三一
  • 第一〇編 第一章 第五節 三 伊万里市議会議員(合併前の村議会議員)町村合併促進法第九条第一項第一号による 九三二
  • 第一〇編 第一章 第五節 四 二里町歴代区長(昭和三〇年以降) 九三四
  • 第一〇編 第一章 第五節 五 二里公民館歴代館長一覧 九三八
  • 第一〇編 第二章 災害と有田川改修 九三九
  • 第一〇編 第二章 第一節 災害の記録 九三九
  • 第一〇編 第二章 第一節 一 昭和二三年九月一一、一二日豪雨災害(二三水) 九四二
  • 第一〇編 第二章 第一節 二 昭和四二年七月九日昼間の惨禍(四二水) 九四八
  • 第一〇編 第二章 第二節 有田川流路の変遷と河川改修事業 九五五
  • 第一〇編 第二章 第二節 二 流路の変遷 九五六
  • 第一〇編 第二章 第二節 二 災害復旧工事とダムの完成 九五九
  • 第一〇編 第二章 第二節 三 有田川中小河川改修事業 九六一
  • 第一〇編 第三章 公共施設 九六六
  • 第一〇編 第三章 ・伊万里市民病院・国見台運動公園・有田川浄水場
  • 第一〇編 第三章 ・伊万里市浄化センター・伊万里警察署
  • 第一〇編 第三章 ・佐賀厚生年金休暇センター・伊万里市農業協同組合二里支所
  • 第一〇編 第三章 ・二里公民館・金武駅・川東駅・二里小学校・国見中学校
  • 第一〇編 第三章 ・保育園・幼稚園・伊万里高等学校・伊万里農林高等学校
  • 第一一編 郷土史年表 九八七
  • 第一二編 付表 一〇二一
  • 第一二編 一、 私称地名一覧表 一〇二一
  • 第一二編 二、 二里町誌編纂委員 一〇二一
  • 第一二編 三、 二里町誌執筆委員名溥(執筆項目別) 一〇三三
  • 第一二編 四、 参考文献一覧表 一〇三九
  • 第一二編 五、 写真・図表その他の資料提供者名薄 一〇四三
  • 第一二編 六、 集落別数・人口一覧表(平成二四年一一月三〇日現在) 一〇四四

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで