サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

茶の機能と科学

森田明雄, 増田修一, 中村順行, 角川修, 鈴木壯幸 編

詳細情報

タイトル 茶の機能と科学
著者 森田明雄, 増田修一, 中村順行, 角川修, 鈴木壯幸 編
著者標目 森田, 明雄, 1962-
著者標目 増田, 修一, 1969-
著者標目 中村, 順行, 1953-
シリーズ名 食物と健康の科学シリーズ
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2013.3
大きさ、容量等 195p ; 21cm
注記 索引あり
ISBN 9784254435443
価格 4000円
JP番号 22226723
トーハンMARC番号 32902729
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード)
NDLC PC61
NDC(9版) 619.8 : 農産物製造・加工
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 茶の機能と科学
  • 目次
  • 1. 茶の歴史
  • 1. 1.1 茶の科学史 〔中川致之〕 1
  • 1. 1.1 1.1.1 タンニン,カテキン類 1
  • 1. 1.1 1.1.2 カフェイン 2
  • 1. 1.1 1.1.3 アミノ酸 3
  • 1. 1.1 1.1.4 その他の成分 4
  • 1. 1.2 喫茶の歴史 6
  • 1. 1.2 1.2.1 茶の歴史的な広がり 〔中村羊一郎〕 6
  • 1. 1.2 1.2.2 日本における茶の生産と需要の現状 〔寺本益英〕 10
  • 2. チャの栽培と生理 14
  • 2. 2.1 チャの起源と育種 14
  • 2. 2.1 2.1.1 チャの起源 〔中村順行〕 14
  • 2. 2.1 2.1.2 チャの育種 〔谷口郁也〕 17
  • 2. 2.2 チャの栽培 25
  • 2. 2.2 2.2.1 チャの栽培条件 〔中村順行〕 25
  • 2. 2.2 2.2.2 チャの栽培方法 〔鈴木利和〕 29
  • 2. 2.3 茶樹の植物栄養と茶園の土壌環境 35
  • 2. 2.3 2.3.1 茶樹の生育史と養分吸収,移行 〔森田明雄〕 35
  • 2. 2.3 2.3.2 茶樹のpHに対する応答特性 36
  • 2. 2.3 2.3.3 茶樹の栄養特性 37
  • 2. 2.3 2.3.4 茶樹の栄養診断 43
  • 2. 2.3 2.3.5 茶園の土壌環境 〔廣野祐平〕 45
  • 2. 2.4 茶樹の生化学 47
  • 2. 2.4 2.4.1 テアニンの生合成,代謝 〔森田明雄〕 48
  • 2. 2.4 2.4.2 カフェインの生合成,代謝 〔芦原坦〕 53
  • 2. 2.4 2.4.3 カテキン類の生合成,代謝 56
  • 2. 2.5 茶樹の病虫害と防除 60
  • 2. 2.5 2.5.1 チャにおける病虫害の特性 〔河合章〕 60
  • 2. 2.5 2.5.2 チャにおける病気の特徴と防除 〔園田亮一〕 62
  • 2. 2.5 2.5.3 チャにおける害虫の特徴と防除 〔小澤朗人〕 65
  • 3. 茶の加工科学 69
  • 3. 3.1 荒茶の製造 69
  • 3. 3.1 3.1.1 茶の種類 〔角川修,山口優一〕 69
  • 3. 3.1 3.1.2 緑茶の製造 〔山口優一〕 70
  • 3. 3.1 3.1.3 紅茶の製造 〔角川修〕 78
  • 3. 3.1 3.1.4 ウーロン茶の製造 〔山口優一〕 81
  • 3. 3.2 茶の仕上げ加工 〔水上裕造〕 83
  • 3. 3.2 3.2.1 火入れ 85
  • 3. 3.2 3.2.2 篩分け 86
  • 3. 3.2 3.2.3 木茎分離 87
  • 3. 3.2 3.2.4 合組 87
  • 3. 3.3 茶の包装と保蔵 〔佐田康稔〕 87
  • 3. 3.3 3.3.1 保蔵中の化学成分の変化 88
  • 3. 3.3 3.3.2 品質変化に関する環境要因 89
  • 3. 3.3 3.3.3 保蔵条件と品質管理指標 90
  • 3. 3.3 3.3.4 茶の変質防止法 91
  • 3. 3.3 3.3.5 茶の包装 92
  • 3. 3.4 茶の二次加工:茶飲料の製造 〔鈴木壯幸〕 93
  • 3. 3.4 3.4.1 粉末茶飲料 93
  • 3. 3.4 3.4.2 容器詰め飲料 94
  • 4. 茶の化学 98
  • 4. 4.1 茶の化学成分とその含有量 〔鈴木壯幸〕 98
  • 4. 4.1 4.1.1 ポリフェノール成分 98
  • 4. 4.1 4.1.2 アミノ酸 103
  • 4. 4.1 4.1.3 ビタミン 103
  • 4. 4.1 4.1.4 アルカロイド 105
  • 4. 4.1 4.1.5 糖 105
  • 4. 4.1 4.1.6 サポニン 106
  • 4. 4.1 4.1.7 無機成分 107
  • 4. 4.2 茶の香気成分 〔熊沢賢二〕 109
  • 4. 4.2 4.2.1 緑茶 109
  • 4. 4.2 4.2.2 ほうじ茶 113
  • 4. 4.2 4.2.3 半発酵茶 113
  • 4. 4.2 4.2.4 紅茶 115
  • 4. 4.2 4.2.5 微生物発酵茶(後発酵茶) 118
  • 4. 4.3 茶の味の成分 〔成川真隆〕 120
  • 4. 4.3 4.3.1 味の感覚 120
  • 4. 4.3 4.3.2 茶の呈味成分 122
  • 5. 茶の機能 128
  • 5. 序 〔木苗直秀〕 128
  • 5. 5.1 茶の抗酸化作用 〔石井剛志〕 129
  • 5. 5.1 5.1.1 緑茶およびカテキン類の血漿抗酸化能に及ぼす影響 129
  • 5. 5.1 5.1.2 緑茶およびカテキン類の血漿成分に対する酸化抑制効果 131
  • 5. 5.1 5.1.3 カテキン類の抗酸化作用の発現機構 131
  • 5. 5.2 茶の抗突然変異・抗がん作用 〔増田修一,島村裕子〕 137
  • 5. 5.2 5.2.1 日本人の発がん要因と茶の機能性 137
  • 5. 5.2 5.2.2 発がんメカニズムとその抑制作用 137
  • 5. 5.2 5.2.3 がんの原因物質 138
  • 5. 5.2 5.2.4 茶の抗変異原性 140
  • 5. 5.2 5.2.5 茶の発がんイニシエーションおよびプロモーション抑制効果 143
  • 5. 5.2 5.2.6 動物実験における茶の抗がん作用 144
  • 5. 5.2 5.2.7 疫学的調査における茶の抗がん作用 144
  • 5. 5.3 茶の生活習慣病予防効果 147
  • 5. 5.3 5.3.1 疫学的調査における緑茶の効果 〔増田修一,島村裕子〕 147
  • 5. 5.3 5.3.2 茶の抗肥満効果 〔佐野満昭〕 149
  • 5. 5.3 5.3.3 茶葉によるAGEs生成抑制作用 〔永井竜児,中島あかり,金川あまね〕 159
  • 5. 5.4 カテキン類の抗細菌作用および抗ウイルス作用 〔島村忠勝〕 163
  • 5. 5.4 5.4.1 カテキン類の殺菌作用とそのメカニズム 164
  • 5. 5.4 5.4.2 カテキン類の細菌外毒素阻害作用と細菌酵素阻害作用およびそれらのメカニズム 165
  • 5. 5.4 5.4.3 カテキン類のその他の抗細菌作用 167
  • 5. 5.4 5.4.4 カテキン類の抗ウイルス作用とそのメカニズム 167
  • 5. 5.4 5.4.5 カテキン類の臨床医学的応用 168
  • 5. 5.5 茶の脳神経機能に対する効果 〔横越英彦〕 170
  • 5. 5.5 5.5.1 テアニン・GABA・カフェインの摂取量 170
  • 5. 5.5 5.5.2 テアニン・GABA・カフェインの吸収と代謝 172
  • 5. 5.5 5.5.3 テアニン・GABA・カフェインの急性生理効果 173
  • 5. 5.5 5.5.4 テアニン・GABA・カフェインの作用機作 174
  • 5. 5.5 5.5.5 テアニン・GABA・カフェイン摂取による生理作用 176
  • 5. 5.6 茶の抗アレルギー効果 〔山本(前田)万里〕 180
  • 5. 5.6 5.6.1 アレルギー発症の機序と茶のアレルギー抑制作用 180
  • 5. 5.6 5.6.2 茶葉中抗アレルギー物質 182
  • 索引 190
  • コラム1 茶の湯の文化 〔中村羊一郎〕 10
  • コラム2 杉山彦三郎 〔中村順行〕 24
  • コラム3 多田元吉と国産紅茶 〔中村順行〕 82
  • コラム4 食品素材としての茶 〔矢野早希子〕 97
  • コラム5 カテキン類とタンパク質との相互作用 〔石井剛志〕 107
  • コラム6 食べるお茶 〔加藤みゆき〕 119
  • コラム7 茶と放射能 〔増田修一,島村裕子〕 146
  • 索引
  • 欧文
  • 67LR 183
  • AGEs 159
  • A1 41,43
  • Aroma Extract Dilution Analysis(AEDA) 109
  • astringent 1
  • B 43
  • BMI(body mass index) 147
  • Camellia sinensis(L.) 14
  • Camellia属 43
  • CML 161
  • CTC 78
  • Cu 43
  • 2,4-D 51
  • DNAマーカー 23
  • DPPHラジカル消去活性試験 132
  • EC 120
  • ECg 120,164,181
  • EGC 120,181
  • EGCg 120,141,164,167,181
  • EGCg3"Me 182
  • F 43
  • Fe 43
  • GABA 51,171
  • GABA-Bレセプタ 178
  • GABA-T(GABAアミノ基転移酵素) 172
  • GCg 181
  • GC-Olfactometry 109
  • γ-glutamyl methyamide 52
  • γ-glutamylethylamide 48
  • Glu 51
  • GMA 52
  • Helicobacter pylori 164
  • HIV 167
  • HSL 150,156
  • influenza virus 167
  • IPM 64,67
  • LTP 81
  • MNNG 141
  • MRSA 164,168
  • Ni 43
  • 1-NP(1-ニトロピレン) 140
  • 4NQO(4-ニトロキノリン-N-オキシド) 141
  • Nrf-2 107,136
  • (EHEC)O157 164
  • pH 36,88
  • PhIP 141
  • P吸収係数 40
  • RO膜濃縮 94
  • Ready-To-Drink(RTD)飲料 94
  • SAMサイクル 55
  • theaflavin digallate (TF3) 165,167
  • Trp-P-1 140
  • TS 51
  • UHT殺菌 96
  • var.assamica 14
  • var.sinensis 14
  • Zn 43
  • あ行
  • 亜鉛(Zn) 43
  • 青葉アルコール 5,71
  • 赤焼病 64
  • 浅刈り 30
  • 亜酸化窒素 46
  • アスコルビン酸 88,140
  • アスコルビン酸残存率 89,91
  • アスパラギン 51
  • アッサム種 14,16
  • アッサム変種 18
  • アディポネクチン 157
  • アデノシン 176
  • アトピー性皮膚炎 181
  • アフタヌーンティー 8
  • アフラトキシンB1 141
  • 網胴回転攪拌式蒸機 73
  • アミノ-カルボニル反応 141
  • アミノ酸 35,103,126
  • γ-アミノ酪酸 128,170
  • 荒茶 91
  • アラニン脱炭酸酵素(ADC) 51
  • アルカロイド 105
  • アルデヒド捕捉作用 134
  • アルデヒド類 89
  • α波 176
  • アルミ蒸着フィルム 92
  • アルミ積層フィルム 92
  • アルミニウム(Al) 36,40,41,43
  • アレルギー抑制作用 180
  • アントシアニジンシンターゼ 59
  • アントシアニジンレダクターゼ 59
  • アンモニア 52
  • アンモニア態窒素 38
  • イオウ(S) 42
  • 育苗 29
  • 一期一会 10
  • 一番茶 31
  • 萎凋 79
  • 遺伝資源 19
  • イニシエーション 138,143
  • イニシエーター 138
  • イノシン酸-5'-モノリン酸 55
  • 炒り葉機 78
  • インスタントティー 93
  • インフルエンザ 168
  • インフルエンザワクチン 169
  • う歯 165
  • 旨味の相乗効果 122
  • ウレアーゼ 39
  • ウーロン茶 8,14,70,81,113,158
  • 上乾き 74
  • 永忠 7
  • 永年性常緑樹 25
  • 栄養系比較試験 20
  • 栄養診断 43
  • 栄養繁殖 18
  • エチルアミン 49
  • N-ニトロソアミン 141
  • N-メチルトランスフェラーゼ 54,56
  • (-)-エピカテキン(EC) 2,56,98
  • (-)-エピカテキンガレート(ECg) 2,56,98
  • (-)-エピガロカテキン(EGC) 2,56,98
  • (-)-エピガロカテキンガレート(EGCg) 2,56,98
  • エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート(EGCg3"Me) 182
  • エームス試験 140
  • 黄色ブドウ球菌感染症 168
  • オーソドックス製法 78,79
  • オフフレーバー成分 112
  • か行
  • 加水分解型タンニン 101
  • ガスバリア性 89,91,92
  • 活性酸素吸収能力(ORAC)法 133
  • 活性酸素種 129
  • カテキュー 2
  • カテキン吸入療法 168
  • カテキン類 15,47,56,88,98,122,128,129,150,181
  • ―とタンパク質との相互作用 107
  • ―の血漿抗酸化能 129
  • ―の抗酸化作用の発現機構 131
  • ―のラジカル消去作用 129
  • 果糖 4
  • 加熱殺菌工程 99
  • カフェイン 3,15,47,53,126,127,128,152,171
  • ―の分解 56
  • カフェインシンターゼ 54
  • カフェイン生合成 53
  • かぶせ茶 99
  • 花粉症 181
  • 釜炒り製 69
  • 釜炒り製緑茶 78,112
  • 釜香 78
  • 噛み茶 119
  • カリウム(K) 36,41
  • カルコンイソメラーゼ 57
  • カルコンシンターゼ 57
  • ガロイル基 164
  • カロテノイド類 88
  • 含気包装 89
  • カンザワハダニ 66
  • 官能評価 91
  • γ線 143
  • 機械摘み 32
  • 木茎分離 87
  • 拮抗微生物 60
  • 喫茶養生記 7
  • 気分調査(POMS) 178
  • 強制水泳試験 177
  • 玉露 8,34,77
  • 金属キレート作用 133
  • クチクラ層 39
  • グラム陰性桿菌 165
  • グラム陽性球菌 165
  • ぐり茶 9
  • クリームダウン 96
  • グルタミン 51
  • グルタミン合成酵素 49
  • グルタミン酸 49,51
  • グレリン 157
  • 黒茶 118
  • クロモグラニンA 178
  • クロロゲン酸 140
  • クロロフィル 43,72,91
  • クワシロカイガラムシ 23,67
  • 血圧上昇抑制作用 175
  • 血液脳関門 172
  • 結合水 89
  • 血漿抗酸化能 129
  • ケナガカブリダニ 61
  • 減圧加熱濃縮 94
  • 剣先 91,92
  • 減率乾燥 74
  • 抗ウイルス作用 163,167
  • 抗がん作用 137
  • 抗菌作用 163
  • 合組 87
  • 抗酸化作用 129
  • 抗酸化物質 88
  • 更新 30
  • 交信攪乱剤 66,67
  • 降水量 27
  • 抗生物質 165
  • 光線 88,91,92
  • 紅茶 8,14,70,78,115,158
  • 光透過性 92
  • 抗突然変異 137
  • 抗肥満効果 147
  • 光分解 92
  • 抗変異原作用 140
  • 恒率乾燥 74
  • 固液分離 95
  • 呼吸商 152
  • 個体選抜 20
  • 後発酵茶 118,119
  • コホート研究 145
  • コミカンアブラムシ 66
  • コメットアッセイ 140
  • コレステロール 148
  • コレラ 164
  • さ行
  • 再乾機 78
  • 細菌外毒素 165
  • 細菌外毒素阻害作用 163,165
  • 細菌酵素 166
  • 細菌酵素阻害作用 163,165
  • 細菌細胞膜 165
  • 細菌性食中毒 168
  • 細胞壁 165
  • サザンカ 49
  • 挿し木 18,29
  • 殺菌作用 163
  • 殺青機 83
  • サポニン 4,106
  • 酸化還元電位 131
  • 酸化酵素の阻害作用 135
  • 酸化促進作用 107,136
  • 酸化発酵 101
  • 散水氷結法 31
  • 酸素 88,89,90,91
  • 酸素透過性 92
  • 残存酸素濃度 91
  • 仕上げ加工 83
  • 仕上茶 91
  • 紫外線 88,92
  • 色彩選別機 87
  • GC-質量分析計(GC-MS) 109
  • 脂質過酸化反応 131,134
  • 脂質反応性 165
  • 歯周病 165
  • 自然萎凋 79
  • 仕立て 30
  • 7,12-ジメチルベンゾ[a]アントラセン 141
  • 室内萎凋 83
  • 自動酸化 88
  • しとり 74
  • ジヒドロフラボノール4-レダクターゼ 57
  • ジメチルスルフィド 43
  • 遮光栽培 99
  • ジャスミン茶 113
  • 蛇紋岩 43
  • シュウ酸 4
  • 自由水 89
  • 揉捻 75,79
  • 受動的回避試験 174
  • 種苗法 20
  • 小核試験 140
  • 症候性肥満 149
  • 常在細菌 165
  • 硝酸化成(硝化) 46
  • 硝酸還元酵素活性 39
  • 硝酸態窒素 38,46
  • 蒸熱 71
  • 消変異原(desmuagen) 140
  • 乗用型摘採機 33
  • 小葉種 99
  • 食中毒 164
  • 食品用酸化防止剤 136
  • ショ糖 4
  • 新規物質探索試験 174
  • 真空包装 91
  • 人工萎凋 79
  • 新梢枯死症 63
  • 神農 6
  • 水乾機 78
  • 水分 88,91
  • 水分管理 47
  • 杉山彦三郎 18,24
  • スクシニルセミアルデヒド脱炭酸酵素 172
  • G-ストリクチニン 185
  • ストリクチニン 184
  • ストレス軽減効果 179
  • スプレードライ 94
  • 精揉 70,76
  • 製造工程 93
  • 清澄化工程 95
  • 静電分離機 87
  • 生物的抗変異原(bioantimutagen) 140
  • 施肥管理 45
  • 煎茶 8,70,109
  • 千利休 10
  • 相互作用 107
  • 送帯式蒸機 73
  • 増粒加工 94
  • 粗揉 73
  • た行
  • 大海 92
  • 台切り 30
  • 体脂肪 149
  • 体脂肪率 147
  • 退色 89
  • 耐凍性 31
  • 大葉種 99
  • 多田元吉 82
  • 脱酸素剤 91
  • 脱酸素包装 89
  • 棚被覆 34
  • 食べるお茶 119
  • 短鎖アルデヒド類 131,134
  • 単純性肥満 149
  • 炭疽病 23,62
  • 磚茶 9
  • タンナーゼ 96
  • タンニン 1
  • タンニン酸 140
  • タンパク結合性 167
  • 単分子層吸着水分量 89
  • 窒素 36,38
  • 窒素施肥 46
  • 茶(チャ)
  • ―の機能 128
  • ―の原産地 6
  • ―の香気成分 109
  • ―のフードシステム 13
  • 茶育成系統評価試験 20
  • 茶園生態系 61
  • 茶粥 6
  • 茶経 7,71
  • 茶筅 7
  • チャトゲコナジラミ 66
  • チャノキイロアザミウマ 65
  • チャノコカクモンハマキ 66
  • チャノナガサビダニ 66
  • チャノホコリダニ 66
  • チャノホソガ 66
  • チャノミドリヒメヨコバイ 65
  • チャハマキ 66
  • チャ品種 21
  • 中国黒茶 70
  • 中国種 14,16
  • 中国変種 18
  • 中揉 76
  • 抽出条件 95
  • 中枢神経興奮作用 174
  • 腸管出血性大腸菌感染症 164
  • 直接被覆 34
  • 貯蔵臭 89
  • チロシンキナーゼ(Lyn)リン酸化阻害 183
  • 沈殿 96
  • ツアンパ 6
  • 漬物茶 118
  • ツマグロアオカスミカメ 66
  • テアクリン 53,55
  • テアシネンシン類 102
  • テアニン 3,15,47,97,103,120,122,128,170
  • テアニン合成酵素 49
  • テアフラビン類 81,102
  • テアルビジン類 81
  • 低カフェイン茶 56
  • 定植 29
  • 呈味改善剤 49
  • テイン 3
  • テオブロミン 53
  • 摘採 31
  • 摘採期 20
  • 摘採面 60
  • 鉄(Fe) 43
  • 鉄観音 81
  • 手摘み 32
  • てん茶 34,77
  • てん茶機 77
  • 天敵 60
  • 糖 105
  • 銅(Cu) 43
  • 導管液 43
  • 凍霜害 31
  • 糖尿病 160
  • α-トコフェロール 140
  • 土壌pH 45
  • 土壌改善指標 29
  • 土壌改良 28
  • 土着天敵 67,68
  • トリグリセリド 148
  • トロロックス当量抗酸化機能(TEAC)法 132
  • 団揉 83
  • トンネル被覆 34
  • な行
  • 苗床検定 20
  • 中切り 30
  • ナガチャコガネ 67
  • 生葉収量 31
  • II型糖尿病 148
  • 苦味受容体 125
  • 二次おり 96,101
  • にじり口 10
  • ニツケル(Ni) 43
  • 二番茶 31
  • 日本後紀 7
  • 尿素 39
  • 熱 88
  • 熱産生 151
  • 濃縮 94
  • 脳内神経伝達物質 173
  • 脳波 176
  • 農林認定制度 20
  • ノルアドレナリン 150
  • は行
  • 葉打機 75
  • 包揉 83
  • 白癬 164
  • 発酵 69,81
  • 発酵茶 69
  • 花茶 113
  • 半発酵茶 70,81,113
  • 非アルコール性嗜好飲料 14
  • 火入れ 85
  • 被害許容水準 62
  • 尾懸垂試験 177
  • 微生物発酵茶 69,70,118
  • ビタミン 103
  • ビタミンE 105
  • ビタミンC 4
  • 被覆栽培 34
  • 日干萎凋 83
  • 肥満 149
  • 百日咳 164
  • 病害虫抵抗性 22
  • 標準化死亡比 144
  • 病虫害 60
  • 日和見感染症 164
  • ピロガロール基 164
  • 品質指標 88
  • 品質劣化 89
  • 品種登録 20
  • ピンホール 91,92
  • プーアル茶 70,146,158,162
  • 武夷岩茶 81
  • フェオフィチン 72,89,91
  • フェニルプロパノイド 57
  • フェロモントラップ 67
  • 深刈り 30
  • 不活性ガス置換包装 91
  • 深蒸し茶 72
  • 腹腔内脂肪 151
  • フッ素(F) 43
  • ブドウ糖 4
  • 不発酵茶 6 69
  • 不飽和脂肪酸 89
  • プラスチックフィルム 92
  • フラバノン3-オールシンターゼ 59
  • フラバノン3-ヒドロキシラーゼ 57
  • フラバン-3-オール 56
  • フラボノイド 57,100,128
  • フラボノイド合成系 57
  • フラボノイド3',5'-ヒドロキシラーゼ 57
  • プリメベロシダーゼ 117
  • β-プリメベロシド 117
  • プリンヌクレオチド 55
  • 篩分け 86
  • プロアントシアニジン類 101
  • プロモーション 138,143
  • プロモーター 138,144
  • クロロフィル 88
  • 粉末茶 92
  • 噴霧乾燥 94
  • 餅茶 7
  • ペットボトル 13
  • ヘテロサイクリックアミン類 140,141
  • べにふうき 185
  • ヘプタジエナール 89
  • ヘモグロビンA1c 159
  • ベンジルアデニン 51
  • ベンゾ[a]ピレン 141
  • 萌芽 31
  • ほうじ茶 113
  • ホウ素(B) 43
  • 防湿性 92
  • 放射線 141,146
  • 包種茶 83
  • 包装資材 88
  • 防霜ファン 31
  • 保蔵条件 88
  • ポリフェノールオキシダーゼ 71,79
  • ポリフェノール類 52
  • ホルモン感受性リパーゼ 150
  • ポーレイ茶 161
  • ま行
  • マイコプラズマ(肺炎) 164
  • マグネシウム(Mg) 42
  • マスト細胞 182
  • マダラカサハラハムシ 66
  • 抹茶 77,97
  • マンガン(Mn) 37,43
  • ミアン 6
  • 蒸し製 69
  • 蒸し製玉緑茶 77
  • 村田珠光 10
  • メイラード反応 134,141,159
  • メチル化カテキン類 182
  • メチルキサンチン 173
  • 7-メチルキサンチン 53
  • 7-メチルキサントシンシンターゼ 53
  • 没食子酸エステル 59
  • 没食子酸合成系 59
  • や行
  • 薬剤抵抗性 67
  • やぶきた 18,24
  • ヤマチャ 19
  • 有効態リン酸 40
  • 輸出 10
  • 輸入 11
  • 容器詰め飲料 94
  • 揺青 83
  • 抑制性神経伝達物質 175
  • ヨノン系 88
  • ヨモギエダシャク 66
  • ら行
  • ラジカル消去作用 131
  • ラジカル消去能 131
  • ラペソー 6
  • 陸羽 7
  • リノール酸 89
  • リノレン酸 89
  • リーフ緑茶離れ 11
  • 硫酸イオン 42
  • 緑茶 14,69,109,158
  • ―の血漿抗酸化能 129
  • 緑茶ドリンク 10
  • リン酸 36,40
  • リン酸溶解菌 40
  • 臨床医学的応用 168
  • 輪斑病 23,63
  • ルイボス茶 143,146
  • レプチン 157
  • レール走行式摘採機 34
  • ロイコアントシアニジン 59
  • ローターバン 80

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで