The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 政府刊行物

金谷町史 通史編 本編

金谷町史編さん委員会 編

details

Title 金谷町史
Author 金谷町史編さん委員会 編
Personal Name (Author) 金谷町 (静岡県)
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication金谷町 (静岡県)
Publisher金谷町
Date 2004.3
Size & Duration 882, 12p ; 22cm
National Bibliography No.(JPNO) 22215215
Volume 通史編 本編
Year of Publication(W3CDTF) 2004
Subject Heading(Keyword) 島田市--歴史
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC GC128
NDC(9th revised) 215.4 : Chubu
Target Audience 一般
Material Type 図書
Material Type 政府刊行物
Material Type 地方公共団体刊行物
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 金谷町史.通史編 本編
  • 目次
  • 口絵
  • 凡例
  • 序章 一
  • 第一編 原始・古代
  • 第一編 第一章 原始時代の金谷 一九
  • 第一編 第一章 第一節 旧石器.縄文時代の金谷 一九
  • 第一編 第一章 第一節 人類の進化と移動 一九
  • 第一編 第一章 第一節 日本列島における旧石器時代の人類の足跡 三一
  • 第一編 第一章 第一節 静岡県内における旧石器時代人の足跡 二三
  • 第一編 第一章 第一節 大井川流域の旧石器文化 二四
  • 第一編 第一章 第一節 牧之原台地の旧石器文化 牧之原台地の形成 二六
  • 第一編 第一章 第一節 牧之原台地における旧石器時代の遺跡 二七
  • 第一編 第一章 第一節 駿河山遺跡の調査 二八
  • 第一編 第一章 第一節 日本列島の縄文時代 二九
  • 第一編 第一章 第一節 大井川流域の縄文文化 三〇
  • 第一編 第一章 第一節 駿河山の縄文人のくらし 三二
  • 第一編 第一章 第二節 弥生時代の金谷 三五
  • 第一編 第一章 第二節 日本列島の弥生時代の始まり 三五
  • 第一編 第一章 第二節 稲作の伝播 三六
  • 第一編 第一章 第二節 大井川流域における水田稲作 三六
  • 第一編 第一章 第二節 金谷地域の弥生時代の遺跡 三七
  • 第一編 第一章 第二節 駿河山の弥生人のくらし 三八
  • 第一編 第一章 第三節 古墳時代の金谷 四〇
  • 第一編 第一章 第三節 古墳時代の開始 四〇
  • 第一編 第一章 第三節 静岡県内における畿内型前方後円墳の出現 四一
  • 第一編 第一章 第三節 志太地域における古墳文化の様相 四一
  • 第一編 第一章 第三節 金谷町域における古墳時代の遺跡 古墳 四二
  • 第一編 第一章 第三節 集落 四四
  • 第一編 第一章 第三節 駿河山の古墳時代のくらし 四四
  • 第一編 第二章 古代の金谷 四七
  • 第一編 第二章 第一節 氏族伝承の世界-大和王権と金谷地域 四七
  • 第一編 第二章 第一節 応神天皇と大山守皇子 四七
  • 第一編 第二章 第一節 土方君と榛原君 五〇
  • 第一編 第二章 第一節 先代旧事本紀と国造 五二
  • 第一編 第二章 第一節 王宮への奉仕 五五
  • 第一編 第二章 第一節 大井川と造船 五七
  • 第一編 第二章 第二節 遠江国榛原郡の成立と質侶郷 五九
  • 第一編 第二章 第二節 「東国」の範囲 五九
  • 第一編 第二章 第二節 国郡制の成立 六一
  • 第一編 第二章 第二節 榛原郡下の諸氏族 六四
  • 第一編 第二章 第二節 和名抄にみる郷名と質侶 六六
  • 第一編 第二章 第二節 古代の交通事情と金谷 六七
  • 第一編 第二章 第二節 災害と救済 七二
  • 第一編 第二章 第三節 古代の信仰と文化 七五
  • 第一編 第二章 第三節 常世の信仰 七五
  • 第一編 第二章 第三節 延喜式にみる神社 七六
  • 第一編 第二章 第三節 鵜田寺と薬師信仰 七七
  • 第一編 第二章 第三節 和歌と小夜の中山 八一
  • 第一編 第二章 第三節 経塚山と経塚 八二
  • 第一編 第二章 第三節 白山信仰 八五
  • 第一編 第二章 第四節 質侶荘の成立とその構造 八七
  • 第一編 第二章 第四節 遠江守大江公資と質侶牧 八七
  • 第一編 第二章 第四節 藤原永範による円勝寺への寄進 九〇
  • 第一編 第二章 第四節 質侶牧の四至 九三
  • 第一編 第二章 第四節 質侶荘の内部構成 九五
  • 第二編 中世
  • 第二編 第一章 鎌倉時代の金谷 一〇三
  • 第二編 第一章 第一節 鎌倉幕府の成立と東海道 一〇三
  • 第二編 第一章 第一節 鎌倉幕府の成立と遠江 一〇三
  • 第二編 第一章 第一節 金谷地域の東海道 一〇九
  • 第二編 第一章 第一節 大井川を渡る 一一四
  • 第二編 第一章 第二節 小夜の中山と菊川宿 一一八
  • 第二編 第一章 第二節 中御門宗行と菊川宿 一一八
  • 第二編 第一章 第二節 菊川宿と平田寺 一二四
  • 第二編 第一章 第二節 小夜の中山の情景 一二六
  • 第二編 第一章 第二節 「さや」と「さよ」 一二九
  • 第二編 第一章 第二節 命なりけりさやの中山 一三二
  • 第二編 第一章 第二節 歌枕小夜の中山 一三六
  • 第二編 第一章 第三節 質侶荘の伝領 一四一
  • 第二編 第一章 第三節 質侶牧から質侶荘へ 一四一
  • 第二編 第一章 第三節 東大寺宗性と質侶荘湯日郷 一四二
  • 第二編 第一章 第四節 横岡古墳と山茶碗生産 一四五
  • 第二編 第一章 第四節 釜谷西古窯の灰釉陶器生産 一四五
  • 第二編 第一章 第四節 すやん沢・きつね沢・椿沢窯の築窯 一四六
  • 第二編 第一章 第四節 ほろん沢窯の築窯と甕の生産 一四八
  • 第二編 第一章 第四節 島田市旗指古窯との比較 一四九
  • 第二編 第二章 南北朝・室町時代の金谷 一五三
  • 第二編 第二章 第一節 南北朝内乱と小夜の中山 一五三
  • 第二編 第二章 第一節 建武の新政のはじまり 一五三
  • 第二編 第二章 第一節 中先代の乱と小夜の中山合戦 一五五
  • 第二編 第二章 第一節 足利尊氏と直義の対立 一五六
  • 第二編 第二章 第一節 観応の擾乱と小夜の中山合戦 一五九
  • 第二編 第二章 第二節 室町時代の金谷と東海道 一六一
  • 第二編 第二章 第二節 金谷と東海道 一六一
  • 第二編 第二章 第二節 小夜の中山と夜泣石伝説 一六四
  • 第二編 第二章 第二節 足利義教の富士遊覧 一七二
  • 第二編 第二章 第二節 足利義教と足利持氏 一七三
  • 第二編 第二章 第二節 足利義教と駿河守護今川氏 一七四
  • 第二編 第二章 第二節 足利義教と小夜の中山 一七六
  • 第二編 第二章 第三節 室町時代の質侶荘 一七八
  • 第二編 第二章 第三節 清和院と室町殿 一七八
  • 第二編 第二章 第三節 清和院と質侶荘 一八二
  • 第二編 第二章 第四節 川根沢古窯と古瀬戸系施釉陶器の生産 一八八
  • 第二編 第二章 第四節 横岡・釜谷地区の施釉陶器窯 一八八
  • 第二編 第二章 第四節 尾張瀬戸地域での施釉陶器生産の変化 一九〇
  • 第二編 第二章 第四節 川根沢古窯の古瀬戸系施釉陶器製品 一九一
  • 第二編 第三章 戦国時代の金谷 一九三
  • 第二編 第三章 第一節 今川氏と金谷 一九三
  • 第二編 第三章 第一節 応仁の乱と遠江 一九三
  • 第二編 第三章 第一節 今川義忠の遠江侵攻 一九四
  • 第二編 第三章 第一節 今川氏親の遠江平定と横岡城 一九五
  • 第二編 第三章 第一節 今川義元の三河平定と桶狭間合戦 二〇一
  • 第二編 第三章 第一節 今川氏の金谷支配 二〇二
  • 第二編 第三章 第一節 戦国期の東海道 二〇五
  • 第二編 第三章 第一節 小夜の中山・菊川宿・金谷宿 二〇七
  • 第二編 第三章 第二節 武田氏と諏訪原城 二一一
  • 第二編 第三章 第二節 駿河・遠江への侵攻 二一一
  • 第二編 第三章 第二節 今川氏の滅亡 二一四
  • 第二編 第三章 第二節 武田・徳川両氏の抗争 二一六
  • 第二編 第三章 第二節 諏訪原城を築く 二一九
  • 第二編 第三章 第二節 諏訪原城の構造 二二二
  • 第二編 第三章 第二節 諏訪原城の発掘調査 二二六
  • 第二編 第三章 第二節 長篠合戦から諏訪原城攻防戦へ 二二八
  • 第二編 第三章 第二節 諏訪原城の陥落 二三〇
  • 第二編 第三章 第三節 武田・徳川両氏の攻防と諏訪原城 二三六
  • 第二編 第三章 第三節 武田氏の金谷支配 二三六
  • 第二編 第三章 第三節 諏訪原城から牧野城へ 二四一
  • 第二編 第三章 第三節 今川氏真の牧野入城と退去 二四二
  • 第二編 第三章 第三節 牧野城番と普請 二四三
  • 第二編 第三章 第三節 田中城・小山城・高天神城をめぐる攻防と牧野城 二四六
  • 第二編 第三章 第三節 武田氏の滅亡 二五四
  • 第二編 第三章 第四節 徳川氏と金谷 二五五
  • 第二編 第三章 第四節 徳川氏の五か国支配 二五五
  • 第二編 第三章 第四節 徳川家康と志戸呂焼 二五七
  • 第二編 第三章 第四節 五か国総検地の実施 二六〇
  • 第二編 第三章 第四節 金谷と徳川家七か条定書 二六一
  • 第二編 第三章 第四節 小田原攻めと金谷 二六二
  • 第二編 第三章 第五節 上志戸呂古窯の成立 二六四
  • 第二編 第三章 第五節 再び横岡地域に施釉陶器の生産 二六四
  • 第二編 第三章 第五節 一六世紀代の瀬戸窯業の動き 二六五
  • 第二編 第三章 第五節 大窯陶工集団の駿遠地方への移動 二六六
  • 第三編 近世
  • 第三編 第一章 幕藩体制の成立と金谷地域 二七一
  • 第三編 第一章 第一節 山内氏と中村氏の支配 二七一
  • 第三編 第一章 第一節 豊臣系大名の入部 二七一
  • 第三編 第一章 第一節 太閤検地の実施と村切 二七四
  • 第三編 第一章 第一節 天正の瀬替え 二七七
  • 第三編 第一章 第二節 天領と私領 二八〇
  • 第三編 第一章 第二節 領主の変遷 二八〇
  • 第三編 第一章 第二節 天領 二八二
  • 第三編 第一章 第二節 大名領と旗本知行地 二八五
  • 第三編 第一章 第三節 掛川藩の支配 二八九
  • 第三編 第一章 第三節 掛川藩主の変遷 二八九
  • 第三編 第一章 第三節 太田氏の藩政と地方御用達 二九一
  • 第三編 第二章 幕藩体制の確立と金谷 二九四
  • 第三編 第二章 第一節 大井川流域の耕地拡張と近世村落の成立 二九四
  • 第三編 第二章 第一節 大鹿の検地と村落 二九四
  • 第三編 第二章 第一節 五和村の成立 三〇四
  • 第三編 第二章 第二節 近世村落の確立 三一〇
  • 第三編 第二章 第二節 寛文・延宝の検地 三一〇
  • 第三編 第二章 第二節 牛尾村 三一二
  • 第三編 第二章 第二節 島村 三一七
  • 第三編 第二章 第二節 志戸呂村 三一九
  • 第三編 第二章 第二節 村人の支配と統制 三二五
  • 第三編 第二章 第二節 番生寺村の構造変化 三三四
  • 第三編 第二章 第三節 年貢と役負担 三四三
  • 第三編 第二章 第三節 年貢割付状の変遷 三四三
  • 第三編 第二章 第三節 貢租の量と質 三四八
  • 第三編 第二章 第三節 諸役と村の役負担 三五五
  • 第三編 第三章 金谷宿の成立・発展と大井川 三五九
  • 第三編 第三章 第一節 宿の成立 三五九
  • 第三編 第三章 第一節 宿の開設 三五九
  • 第三編 第三章 第一節 宿の概要 三六二
  • 第三編 第三章 第一節 小夜の中山と飴屋 三六六
  • 第三編 第三章 第二節 宿の構造と運営 三七一
  • 第三編 第三章 第二節 宿の役負担 三七一
  • 第三編 第三章 第二節 本陣と休泊者 三七五
  • 第三編 第三章 第二節 宿財政 三八〇
  • 第三編 第三章 第三節 大井川の徒渉 三八六
  • 第三編 第三章 第三節 大井川川越の風景 三八六
  • 第三編 第三章 第三節 川越と川止め 三八九
  • 第三編 第三章 第四節 金谷宿の助郷 三九七
  • 第三編 第三章 第四節 助郷制度の成立過程 三九七
  • 第三編 第三章 第四節 街道掃除と菊坂 四〇三
  • 第三編 第三章 第四節 助郷制度の変容と余荷助郷 四〇六
  • 第三編 第三章 第五節 朝鮮通信使と琉球使節 四一二
  • 第三編 第四章 金谷地方の地域的結合と産業 四一九
  • 第三編 第四章 第一節 組合村々の様相 四一九
  • 第三編 第四章 第一節 水防組合 四一九
  • 第三編 第四章 第一節 水利組合 四二一
  • 第三編 第四章 第一節 郡中議定の組織と村々-村々をつなぐ議定構造 四二五
  • 第三編 第四章 第一節 入会う村々 四三七
  • 第三編 第四章 第二節 山と川の恵み 四四三
  • 第三編 第四章 第二節 金屋から金谷へ 四四三
  • 第三編 第四章 第二節 御林と御林守 四四四
  • 第三編 第四章 第二節 林業・炭焼業の展開 四四七
  • 第三編 第四章 第二節 茶業の展開 四五二
  • 第三編 第四章 第二節 職人と技術 四五五
  • 第三編 第四章 第二節 酒造業 四五八
  • 第三編 第四章 第三節 農業生産と地主制 四六〇
  • 第三編 第四章 第三節 農業生産と余業 四六〇
  • 第三編 第四章 第三節 地主経営の展開 四六一
  • 第三編 第四章 第四節 志戸呂焼の生産と流通 四六五
  • 第三編 第四章 第四節 家康の死とかめ山衆 四六五
  • 第三編 第四章 第四節 志戸呂焼の販路 四六七
  • 第三編 第四章 第四節 掛川藩と志戸呂焼 四六七
  • 第三編 第四章 第四節 近世の陶工たち 四六九
  • 第三編 第五章 村の暮らし 四七一
  • 第三編 第五章 第一節 村人の生活 四七一
  • 第三編 第五章 第一節 年中行事と祭礼 四七一
  • 第三編 第五章 第一節 衣・食・住と消費 四七四
  • 第三編 第五章 第一節 民衆の金融世界 四七六
  • 第三編 第五章 第一節 村社会での教育 四七八
  • 第三編 第五章 第二節 村の楽しみと講 四八一
  • 第三編 第五章 第二節 番生寺村鷲山家の「年中諸事控帳」 四八一
  • 第三編 第五章 第二節 伊勢講と御師の活動 四八三
  • 第三編 第五章 第二節 秋葉講 四八七
  • 第三編 第五章 第二節 寺社勧進-村に来る人々ー 四八九
  • 第三編 第五章 第二節 三河万歳 四九一
  • 第三編 第五章 第二節 金谷出身の力士たち 四九二
  • 第三編 第五章 第三節 干・水害への対応 四九三
  • 第三編 第五章 第三節 大井川水系における干・水害の実態と対応策 四九三
  • 第三編 第五章 第三節 用治水土木技術の展開 四九五
  • 第三編 第五章 第四節 近世金谷の宗教 五〇一
  • 第三編 第五章 第四節 遠江地域における曹洞宗寺院の動向 五〇一
  • 第三編 第五章 第四節 金谷地域の曹洞宗寺院 五〇四
  • 第三編 第五章 第四節 村の信仰 五〇八
  • 第三編 第六章 近世金谷の学芸と文化 五一〇
  • 第三編 第六章 第一節 東海道と描かれた金谷 五一〇
  • 第三編 第六章 第一節 金谷宿と大井川 五一〇
  • 第三編 第六章 第一節 『東海道名所図会』 五一二
  • 第三編 第六章 第一節 保永堂版東海道五十三次之内の金谷 五一四
  • 第三編 第六章 第一節 司馬江漢筆金谷台富嶽遠望図 五一五
  • 第三編 第六章 第二節 金谷ゆかりの文人と画家 五一九
  • 第三編 第六章 第二節 『東海道人物志』と『賀莚雲集録』 五一九
  • 第三編 第六章 第二節 服部金陵と殿木修齢 五二二
  • 第三編 第六章 第二節 深津曙山と鶏頭塚 五三六
  • 第三編 第六章 第二節 丸尾月嶂と釈迦涅槃図 五三〇
  • 第三編 第六章 第三節 永村茜山の画業 五三二
  • 第三編 第六章 第三節 崋山と茜山 五三二
  • 第三編 第六章 第三節 伊豆七島巡視とその成果 五三四
  • 第三編 第六章 第三節 医王寺の天井画 五三七
  • 第三編 第七章 幕藩体制動揺期の金谷 五四〇
  • 第三編 第七章 第一節 百姓の困窮と村落社会の変容・危機 五四〇
  • 第三編 第七章 第一節 農村荒廃の進行 五四〇
  • 第三編 第七章 第一節 蓑着騒動の展開 五四三
  • 第三編 第七章 第一節 百姓の潰れと相続 五四八
  • 第三編 第七章 第二節 飢饉と地震災害 五五四
  • 第三編 第七章 第二節 天明と天保の飢饉 五五四
  • 第三編 第七章 第二節 東海地震 五五六
  • 第三編 第七章 第三節 近代への胎動 五六一
  • 第三編 第七章 第三節 異国船の登場と情報 五六一
  • 第三編 第七章 第三節 お札降りと「ええじゃないか」 五六三
  • 第四編 近現代
  • 第四編 第一章 激動の維新期 五七一
  • 第四編 第一章 第一節 維新期の金谷宿と地方の村 五七一
  • 第四編 第一章 第一節 「歳代記」に描かれた金谷 五七一
  • 第四編 第一章 第一節 御東幸と金谷宿 五七四
  • 第四編 第一章 第一節 静岡藩政の展開 五七五
  • 第四編 第一章 第二節 牧之原への士族入植 五七五
  • 第四編 第一章 第二節 新番組の入植 五七五
  • 第四編 第一章 第二節 士族入植と地元の村々 五七九
  • 第四編 第一章 第二節 士族の茶業 五八〇
  • 第四編 第一章 第三節 川越制度の廃止と架橋・通船 五八二
  • 第四編 第一章 第三節 歩行越の廃止と通船 五八二
  • 第四編 第一章 第三節 川越人足の牧之原入植 五八四
  • 第四編 第一章 第三節 大井川の架橋 五八六
  • 第四編 第二章 活力の明治前期 五八八
  • 第四編 第二章 第一節 維新改革と地域社会 五八八
  • 第四編 第二章 第一節 概要 五八八
  • 第四編 第二章 第一節 第三大区二十四小区・二十五小区 五八八
  • 第四編 第二章 第一節 第十大区二十四小区・二十五小区 五九〇
  • 第四編 第二章 第一節 大代村の二十四小区合併願 五九〇
  • 第四編 第二章 第一節 郡役所設置請願 五九一
  • 第四編 第二章 第一節 竹下村組と金谷町組 五九三
  • 第四編 第二章 第一節 地租改正事業の困難 五九四
  • 第四編 第二章 第一節 徴兵制と徴兵猶予願 五九七
  • 第四編 第二章 第一節 金谷学校・竹下学校の設立 六〇〇
  • 第四編 第二章 第二節 自治と民権の自覚 六〇二
  • 第四編 第二章 第二節 概要 六〇二
  • 第四編 第二章 第二節 遠州地方の押しつけ地価反対運動 六〇三
  • 第四編 第二章 第二節 地価特別修正請願 六〇五
  • 第四編 第二章 第二節 竹下村の地価特別修正願 六〇六
  • 第四編 第二章 第二節 二十四小区会、二十五小区会の開催 六一〇
  • 第四編 第二章 第二節 勧誘社の政談演説会 六一四
  • 第四編 第二章 第三節 茶業近代化と明治前期の経済活動 六一六
  • 第四編 第二章 第三節 五和地域の稲作 六一六
  • 第四編 第二章 第三節 秣場・虫送り・農業の近代化 六一八
  • 第四編 第二章 第三節 粗製茶・金谷茶業組合 六二四
  • 第四編 第二章 第三節 東遠社・金谷銀行 六二六
  • 第四編 第二章 第四節 明治前期の小学校 六二八
  • 第四編 第二章 第四節 竹下学校の困難 六二八
  • 第四編 第二章 第四節 竹下学校の校舎建設 六三二
  • 第四編 第二章 第四節 金谷学校の教育内容 六三三
  • 第四編 第二章 第五節 明治前期の生活と文化 六三七
  • 第四編 第二章 第五節 渡船.架橋.新道 六三七
  • 第四編 第二章 第五節 郷社横岡八幡神社 六三九
  • 第四編 第二章 第五節 松方デフレと勤倹貯蓄運動 六四〇
  • 第四編 第二章 第五節 扶桑友信会 六四三
  • 第四編 第二章 第五節 佐塚文化堂 六四五
  • 第四編 第二章 第六節 志戸呂焼近代化の軌跡 六四七
  • 第四編 第二章 第六節 明治維新とかめ山衆 六四七
  • 第四編 第二章 第六節 鈴木兼四郎・廣吉と内国勧業博覧会 六四八
  • 第四編 第二章 第六節 鈴木廣吉の陶器改良事業 六五〇
  • 第四編 第三章 発展の明治後期 六五四
  • 第四編 第三章 第一節 金谷町・五和村の成立と展開 六五四
  • 第四編 第三章 第一節 金谷町・五和村の成立 六五四
  • 第四編 第三章 第一節 町村会と区会 六五七
  • 第四編 第三章 第一節 金谷町と五和村の特徴と課題 六五九
  • 第四編 第三章 第一節 金谷町における政争 六六一
  • 第四編 第三章 第一節 東山村・倉真村との境界争論 六六三
  • 第四編 第三章 第二節 日清・日露戦争と地域社会 六六四
  • 第四編 第三章 第二節 日清戦争と金谷町・五和村の従軍兵士 六六四
  • 第四編 第三章 第二節 従軍兵士への支援と郵便 六六六
  • 第四編 第三章 第二節 従軍家族への支援 六七〇
  • 第四編 第三章 第二節 徴発馬匹と軍事献納 六七二
  • 第四編 第三章 第二節 日露戦争と金谷町・五和村の従軍兵士 六七三
  • 第四編 第三章 第二節 金谷町奉公会・五和村奉公義会 五七六
  • 第四編 第三章 第三節 地域社会の再編 六七七
  • 第四編 第三章 第三節 地方改良運動と金谷町政・五和村政 六七七
  • 第四編 第三章 第三節 五和村青年会・金谷町青年会 六八〇
  • 第四編 第三章 第三節 島報徳社と山田猪太郎 六八一
  • 第四編 第三章 第四節 茶業の展開と明治後期の経済活動 六八四
  • 第四編 第三章 第四節 東海道線の開通と金谷駅設置 六八四
  • 第四編 第三章 第四節 道路の発達 六八八
  • 第四編 第三章 第四節 金谷茶業組合と機械製茶の始まり 六八八
  • 第四編 第三章 第四節 五和銀行の設立 六九二
  • 第四編 第三章 第四節 大井川材木商同業組合の設立 六九四
  • 第四編 第三章 第四節 大井川通船組合と大井川川狩連合会の対立 六九六
  • 第四編 第三章 第四節 東海紙料株式会社の誘致運動と水力発電 六九九
  • 第四編 第三章 第五節 学校教育の拡充 七〇〇
  • 第四編 第三章 第五節 五和・金谷尋常高等小学校の設立 七〇〇
  • 第四編 第三章 第五節 教育勅語と「父兄諸君に希望の条々」 七〇三
  • 第四編 第三章 第五節 金谷実業補習学校の設立 七〇五
  • 第四編 第三章 第六節 明治後期の生活と文化 七〇六
  • 第四編 第三章 第六節 賭博禁止と近代化 七〇六
  • 第四編 第三章 第六節 電信と電話 七〇八
  • 第四編 第三章 第六節 金谷町消防組と水利・水防 七〇八
  • 第四編 第三章 第六節 五和村隔離病舎と金谷慈善会 七〇九
  • 第四編 第四章 改造の大正期 七一二
  • 第四編 第四章 第一節 大正デモクラシー下の政治・行政 七一二
  • 第四編 第四章 第一節 天皇の代替わり 七一二
  • 第四編 第四章 第一節 第一次世界大戦 七一四
  • 第四編 第四章 第一節 部落有財産の統一 七一五
  • 第四編 第四章 第一節 民力涵養運動 七一七
  • 第四編 第四章 第一節 金谷町自治会 七一八
  • 第四編 第四章 第一節 大正期の小笠・榛原郡政界 七一九
  • 第四編 第四章 第二節 金谷町の米騒動 七二〇
  • 第四編 第四章 第二節 米騒動の波及 七二〇
  • 第四編 第四章 第二節 村松多三郎日記にみる金谷の米騒動 七三一
  • 第四編 第四章 第二節 新聞で報じられた金谷の米騒動 七二三
  • 第四編 第四章 第二節 金谷町救済団 七二四
  • 第四編 第四章 第二節 五和村の状況 七二五
  • 第四編 第四章 第三節 大戦景気下の茶業と経済の発展 七二六
  • 第四編 第四章 第三節 道路の整備 七二六
  • 第四編 第四章 第三節 大井川鉄道 七二七
  • 第四編 第四章 第三節 金谷町水道組合 七二九
  • 第四編 第四章 第三節 国立茶業試験場の設置 七三〇
  • 第四編 第四章 第三節 牧之原の小作争議 七三四
  • 第四編 第四章 第四節 大正期の教育と文化 七三五
  • 第四編 第四章 第四節 地方改良運動の継続 七三五
  • 第四編 第四章 第四節 報国実践矯風会 七三七
  • 第四編 第四章 第四節 実業補習学校の整備 七三七
  • 第四編 第四章 第四節 社会教育の振興 七三九
  • 第四編 第四章 第四節 青年団と女子修養会 七四〇
  • 第四編 第四章 第四節 金谷町少年団 七四一
  • 第四編 第四章 第四節 地誌の編纂 七四三
  • 第四編 第五章 苦難の昭和戦前・戦中期 七四六
  • 第四編 第五章 第一節 昭和の始まり 七四六
  • 第四編 第五章 第一節 昭和天皇即位奉祝 七四六
  • 第四編 第五章 第一節 普通選挙と無産政党 七四七
  • 第四編 第五章 第一節 大井川鉄道の開通 七四九
  • 第四編 第五章 第一節 大井川通船組合の争議 七五〇
  • 第四編 第五章 第一節 金谷町郷土振興会 七五一
  • 第四編 第五章 第一節 五和村青年団機関紙『土』 七五一
  • 第四編 第五章 第二節 恐慌下の茶業と金谷町・五和村 七五三
  • 第四編 第五章 第二節 公私経済緊縮運動 七五三
  • 第四編 第五章 第二節 昭和恐慌と金谷の茶業 七五三
  • 第四編 第五章 第二節 農村経済更正運動 七五五
  • 第四編 第五章 第二節 満州事変 七五六
  • 第四編 第五章 第二節 恐慌下の教育 七五八
  • 第四編 第五章 第二節 選挙粛清運動 七五九
  • 第四編 第五章 第二節 振興委員会 七六〇
  • 第四編 第五章 第三節 日中戦争から太平洋戦争へ 七六一
  • 第四編 第五章 第三節 日中戦争 七六一
  • 第四編 第五章 第三節 戦死者と遺族たち 七六二
  • 第四編 第五章 第三節 銃後のつとめ 七六三
  • 第四編 第五章 第三節 統制経済 七六五
  • 第四編 第五章 第三節 金谷町警防団の活動 七六六
  • 第四編 第五章 第三節 大政翼賛会 七六七
  • 第四編 第五章 第三節 太平洋戦争の開始 七七〇
  • 第四編 第五章 第三節 金谷・五和の翼賛選挙 七七二
  • 第四編 第五章 第三節 決戦下の生活と経済活動 七七四
  • 第四編 第五章 第三節 戦争の中の教育 七七五
  • 第四編 第五章 第三節 金谷・五和への学童集団疎開 七七七
  • 第四編 第五章 第三節 海軍大井航空隊と海軍技術研究所 七七八
  • 第四編 第五章 第三節 本土決戦態勢から敗戦へ 七七九
  • 第四編 第六章 変革の昭和戦後期 七八二
  • 第四編 第六章 第一節 戦争の傷痕の中で 七八二
  • 第四編 第六章 第一節 復興への取り組み 七八二
  • 第四編 第六章 第一節 外地からの引き揚げ 七八四
  • 第四編 第六章 第一節 海軍技術廠・大井航空隊跡地の返還 七八五
  • 第四編 第六章 第二節 民主改革と六・三制教育 七八七
  • 第四編 第六章 第二節 女性議員の登場 七八七
  • 第四編 第六章 第二節 金谷町政・五和村政の再生 七八八
  • 第四編 第六章 第二節 戦前教育の否定と六・三制教育 七九〇
  • 第四編 第六章 第二節 五和中学校の設立と五和小学校 七九一
  • 第四編 第六章 第二節 困難な金谷中学校の建設 七九三
  • 第四編 第六章 第二節 島田商業高校金谷分校の設置 七九五
  • 第四編 第六章 第二節 金谷町の財政事情 七九七
  • 第四編 第六章 第三節 茶業再建と地域社会の経済復興 七九八
  • 第四編 第六章 第三節 五和村の農地改革 七九八
  • 第四編 第六章 第三節 農業協同組合の設立と電気製茶 八〇一
  • 第四編 第六章 第三節 大井川鉄道の電化と電源開発の矛盾 八〇三
  • 第四編 第六章 第三節 大井上水道の通水 八〇五
  • 第四編 第六章 第四節 戦後期の生活と文化 八〇六
  • 第四編 第六章 第四節 「食糧危機」と供出 八〇六
  • 第四編 第六章 第四節 五和村衛生組合とBCG接種 八〇七
  • 第四編 第六章 第四節 五和村消防団の設置と防災対策 八〇九
  • 第四編 第六章 第四節 五和村農家生活実態 八一〇
  • 第四編 第六章 第四節 意識の変化と生活改善 八一一
  • 第四編 第七章 近現代の金谷の学芸と人物 八一四
  • 第四編 第七章 第一節 近現代の学芸と人物 八一四
  • 第四編 第七章 第一節 『金谷町誌』と河村多賀造 八一四
  • 第四編 第七章 第一節 『竹下村誌稿』と渡辺陸平 八一七
  • 第四編 第七章 第一節 大草水雲と木村半雨 八一八
  • 第四編 第七章 第二節 洋画家・北川民次 八二一
  • 第四編 第七章 第二節 北川民次 八二一
  • 第四編 第七章 第二節 民次とメキシコ 八二二
  • 第四編 第七章 第二節 民次と牧之原 八二四
  • 第四編 第七章 第三節 新世代の画家たち 八二五
  • 第四編 第七章 第三節 五島聖湖 八二五
  • 第四編 第七章 第三節 瀧沢清 八二六
  • 第四編 第八章 変容の高度経済成長期 八二九
  • 第四編 第八章 第一節 金谷町と五和村の合併 八二九
  • 第四編 第八章 第一節 町村合併と金谷町の誕生 八二九
  • 第四編 第八章 第一節 新町建設五か年計画 八三六
  • 第四編 第八章 第二節 高度経済成長期の茶業改良と工場誘致 八四一
  • 第四編 第八章 第二節 金谷町総合開発計画 八四一
  • 第四編 第八章 第二節 茶樹改植と防霜ファン 八四二
  • 第四編 第八章 第二節 大井川用水と畑かん畑総事業 八四六
  • 第四編 第八章 第二節 金谷町工場設置奨励条例 八四九
  • 第四編 第八章 第三節 大代川改修事業の実現 八五〇
  • 第四編 第八章 第三節 八・二六集中豪雨災害 八五〇
  • 第四編 第八章 第三節 大代川早期完全改修期成同盟会 八五一
  • 第四編 第八章 第三節 大代川防災ダム 八五二
  • 第四編 第八章 第四節 地域社会の変容と教育・文化 八五三
  • 第四編 第八章 第四節 金谷町公害対策協議会 八五三
  • 第四編 第八章 第四節 沼津溶銅の銅公害 八五五
  • 第四編 第八章 第四節 島高金谷分校から金谷高校へ 八五六
  • 第四編 第八章 第四節 小学校・中学校の統合 八五八
  • 第四編 第八章 第四節 金谷町文化協会 八六一
  • 第四編 第八章 結語―金谷町の現状と課題― 八六四
  • 第四編 第八章 第三次金谷町総合計画 八六四
  • 第四編 第八章 諏訪原城跡と金谷坂・菊川坂石畳 八六七
  • 第四編 第八章 お茶の郷 八七一
  • 第四編 第八章 当面の課題 八七五
  • 写真・図・表一覧
  • 本巻に掲載したすべての写真・図・表につき、番号・タイトルを記した。なお、第1編から第4編の番号の冒頭に付した1~4の数字は省略した。また、写真については所蔵者・提供者を記した。さらに、図・表については、作成者が執筆者以外の場合に、その典拠を示した。
  • 口絵
  • 1 牛尾・駿河山遺跡出土硬玉製大珠
  • 2 横岡・宮ノ段古墳1号墳石室
  • 3 大代・白山神社経塚出土蘆双鶴文鏡(白山神社所蔵)
  • 4 大代・白山神社経塚出土経筒(白山神社所蔵)
  • 5 徳川家康朱印状(横岡 加藤正一郎氏所蔵)
  • 6 徳川家康伝馬手形(横岡 加藤正一郎氏所蔵)
  • 7 牧野古城図(埼玉県川越市 光西寺所蔵)
  • 8 金谷宿町割図(柏屋文書 金谷町所蔵)
  • 9 近世前期 志戸呂焼鉄釉銚子(愛知県陶磁資料館所蔵)
  • 10 近世後期 志戸呂焼蓋付水指(金谷町所蔵)
  • 11 永村茜山筆医王寺薬師堂龍の図(医王寺所蔵)
  • 12 北川民次作 茶畑(金谷町所蔵)
  • 第1編 古代・中世
  • 第1編 写真
  • 第1編 1 上空から見た駿河山遠景
  • 第1編 2 駿河山遺跡出土の縄文時代の竪穴住居跡
  • 第1編 3 駿河山遺跡出土の埋甕
  • 第1編 4 駿河山遺跡で採集された縄文時代の鉢
  • 第1編 5 駿河山遺跡出土の縄文時代の大珠
  • 第1編 6 駿河山遺跡で採集された弥生時代の壺
  • 第1編 7 横岡城遺跡出土の弥生時代の壺
  • 第1編 8 駿河山遺跡出土の弥生時代の方形周溝墓
  • 第1編 9 宮ノ段1号墳
  • 第1編 10 駿河山2号墳石室
  • 第1編 11 駿河山2号墳出土のフラスコ形瓶
  • 第1編 12 駿河山遺跡出土の古墳時代の方形周溝墓
  • 第1編 13 白山神社出土経筒
  • 第1編 14 東海道名所図会 阿波が嶽
  • 第1編 図
  • 第1編 1 原人以降の人類進化と地域の広がり(『静岡新聞』2003年6月12日より)
  • 第1編 2 金谷町周辺地域の旧石器時代遺跡分布図
  • 第1編 3 天然記念物に指定されたクスとスギの分布図
  • 第1編 4 質侶荘本家職の相伝
  • 第1編 5 質侶荘本家職の相伝(2)同預所職の相伝
  • 第1編 6 湯日郷条里(連続式坪配列による復元)
  • 第1編 表
  • 第1編 1 大井川流域・金谷町域遺跡年表
  • 第1編 2 応神天皇の皇子女(『日本書紀』)
  • 第1編 3 名代・子代と宮号
  • 第1編 4 征夷関係記事
  • 第1編 5 災害一覧
  • 第1編 6 薬師仏に関する伝承の比較
  • 第1編 7 質侶牧の地名
  • 第1編 8 質侶牧の在家と田地
  • 第2編 中世
  • 第2編 写真
  • 第2編 1 笠原荘一宮記(浜岡町 中村貞雄氏所蔵 静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第2編 2 倭名類聚抄
  • 第2編 3 東海道名所図会 菊川
  • 第2編 4 遺塵和歌集(宮内庁書陵部所蔵静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第2編 5 島田市渡口より牛尾山を望む
  • 第2編 6 島田市横井より牧之原台地を望む
  • 第2編 7 東海道名所図会 菊川宿
  • 第2編 8 宗行卿之塚(菊川所在)
  • 第2編 9 伏見天皇綸旨(相良町 平田寺所蔵 静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第2編 10 小夜の中山(菊川 下り口)
  • 第2編 11 西行画像(熱海市 MOA美術館所蔵 『静岡県史通史編2』より転載
  • 第2編 12 東海道名所図会 佐夜中山
  • 第2編 13 島田市湯日付近
  • 第2編 14 きつね沢3号窯全景
  • 第2編 15 きつね沢3号窯の焼成室の段階
  • 第2編 16 きつね沢3号窯の焼成階段上に埋め込まれた碗の底部
  • 第2編 17 足利尊氏木像(静岡市清水 清見寺所蔵 静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第2編 18 西行法師の歌碑(小夜の中山)
  • 第2編 19 夜泣石(菊川 佐夜鹿)
  • 第2編 20 夜泣石(掛川市 久延寺)
  • 第2編 21 小夜の中山(広重「東海道五十三次 日坂」)
  • 第2編 22 清和天皇画像(京都市 清和院所蔵)
  • 第2編 23 川根沢古窯跡窯体全景
  • 第2編 24 横岡城井戸
  • 第2編 25 長松院(掛川市)
  • 第2編 26 高天神城(大東町)
  • 第2編 27 武田勝頼画像(甲府市 法泉寺所蔵)
  • 第2編 28 諏訪原城跡周辺航空写真
  • 第2編 29 徳川家康肖像画(『久能山東照宮博物館100選』より転載)
  • 第2編 30 徳川家康朱印状(加藤正一郎家所蔵)
  • 第2編 31 上志戸呂2号窯
  • 第2編 32 上志戸呂の天目茶碗
  • 第2編 図
  • 第2編 1 後南朝関係略系図
  • 第2編 2 足利氏略系図
  • 第2編 3 今川氏略系図
  • 第2編 4 畠山氏系図
  • 第2編 5 斯波氏系図
  • 第2編 6 横岡城見取り図
  • 第2編 7 東海道ルート図(『静岡県歴史の道調査報告書―東海道―』1980年より)
  • 第2編 8 永禄12年前半における今川・北条・武田・徳川の勢力図
  • 第2編 9 諏訪原城縄張図
  • 第2編 10 大手曲輪2次調査遺構図
  • 第2編 11 天正年間における武田・徳川の城郭
  • 第2編 12 横岡古窯跡分布図
  • 第2編 13 小田原陣ノ時街道諸城守衛図
  • 第2編 表
  • 第2編 1 諏訪原城攻城戦に参加した徳川家諸士
  • 第2編 2 武田信玄発給文書一覧
  • 第2編 3 武田勝頼発給文書一覧
  • 第2編 4 牧野城在番衆・城普請一覧
  • 第3編 近世
  • 第3編 写真
  • 第3編 1 山内一豊画像((財)土佐山内家宝物資料館所蔵 静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第3編 2 中村一氏画像(京都市 大龍院所蔵 静岡県立中央図書館歴史文化情報センター提供)
  • 第3編 3 島田代官長谷川家墓所(島田市大草 天徳寺)
  • 第3編 4 本多家墓所(相良町波津 小堤山公園)
  • 第3編 5 番生寺村五人組帳(鷲山家文書)
  • 第3編 6 大井川続金谷風景(『東海道五十三駅勝景』羽衣出版)
  • 第3編 7 駒曳朱印(吉原宿伝馬朱印状の部分拡大 個人所蔵 富士市立博物館提供)
  • 第3編 8 佐夜中山之風景(『東海道五十三駅勝景』羽衣出版)
  • 第3編 9 東海道中膝栗毛 大井川問屋『新編日本古典文学全集81』小学館より転載
  • 第3編 10 嘉永4年「伊勢初穂請取帳」(鷲山家文書)
  • 第3編 11 秋葉神社神門(春野町)
  • 第3編 12 東大寺大仏殿(奈良市)
  • 第3編 13 相撲錦絵(金谷の和田ケ原 横山家所蔵)
  • 第3編 14 医王寺
  • 第3編 15 東海道名所図会 大井川
  • 第3編 16 東海道名所図会 大井川続き図
  • 第3編 17 司馬江漢筆金谷台富嶽遠望図
  • 第3編 18 月嶂釈迦涅槃図の落款(焼津市山口墨仁堂所蔵)
  • 第3編 19 永村茜山筆伊豆七島図巻(「三倉沖難風の図」)
  • 第3編 20 永村茜山筆医王寺天井画龍の図(部分)
  • 第3編 図
  • 第3編 1 大井川旧流路(浅井治平『大井川とその周辺』より転載)
  • 第3編 2 金谷宿家並図(『山田健治 東海道金谷宿』)より
  • 第3編 3 徒歩役と面積の関係
  • 第3編 4 元禄7年助郷村々
  • 第3編 5 街道と掃除丁場
  • 第3編 6 天明5年11月田畑屋敷売渡証文控
  • 第3編 7 郡中議定村々と組合議定村々『新視点日本の歴史』5(新人物往来社148ページより転載)
  • 第3編 8 郡中-組合-村々の議定構造(『新視点日本の歴史』より転載)
  • 第3編 9 圦樋断面図(『明治以前日本土木史』36ページの図参照)
  • 第3編 10 舒嘯丘と鶏頭塚
  • 第3編 11 番生寺村貢租量変遷図(『ヒストリア』143号より転載)
  • 第3編 12 異国船の図(河村正一家所蔵)
  • 第3編 表
  • 第3編 1 駿河・遠江・三河の豊臣系大名(『静岡県史通史編3』より転載)
  • 第3編 2 検地高目録にみる山内氏の所領
  • 第3編 3 検地高目録と正保郷帳との比較
  • 第3編 4 領主別石高および村数(「正保郷帳」・「元禄郷帳」は『静岡県史資料編9』付録を使用した。「元禄郷帳」の石高については磐田市史編纂室編「元禄天保明治遠江石高表」を使った。)
  • 第3編 5 村別領主変遷表(『正保郷帳』・『元禄郷帳』は『静岡県史資料編9』付録、『享保郷帳』は『資料編近世』による)
  • 第3編 6 歴代掛川藩主一覧(『静岡県史資料編9』より作成)
  • 第3編 7 金谷町域を中心とする榛原郡周辺村々の検地状況一覧(「文禄二年検地高目録」山内家史料第一代一豊公記)『榛原郡誌』『掛川誌稿』『静岡県史資料編10』
  • 第3編 8 検地帳による各村の石盛一覧
  • 第3編 9 慶長10年大鹿村検地集計表
  • 第3編 10 慶長10年高熊村検地帳
  • 第3編 11 慶長10年神尾村検地帳
  • 第3編 12 明暦元年高熊村名寄集計表
  • 第3編 13 村明細帳にみる出入作関係
  • 第3編 14 金谷町域各村々人数比較表
  • 第3編 15 番生寺村家数人数比較表
  • 第3編 16 年貢割付状にみる島・牛尾村の村高変化
  • 第3編 17(1) 寛文10年島村検地集計表(屋敷保有者)
  • 第3編 17(2) 寛文10年島村検地集計表(無屋敷)
  • 第3編 18(1) 延宝4年志戸呂村小作関係一覧
  • 第3編 18(2) 志戸呂村検地集計表
  • 第3編 19 正保・元禄郷帳にみる各村高(『静岡県史資料編9』付録)より
  • 第3編 20 番生寺村五人組帳記載の内訳表
  • 第3編 21 番生寺村旦那寺種別
  • 第3編 22 各村と番生寺村との移動状況(宝暦7年~慶応4年)
  • 第3編 23 番生寺村の人数増減原因
  • 第3編 24 寛文10年番生寺村検地帳による出入作を勘案した農村構造
  • 第3編 25 元禄5年番生寺村銘々田畑名寄帳による農村構造(鷲山家文書B111)
  • 第3編 26 元文2年番生寺村有高反別仕訳帳による村落構造
  • 第3編 27 大代村・島・牛尾村(『静岡県史別編災害史』による)年貢変遷表
  • 第3編 28 金谷宿屋号一覧(河原町文書「田畑屋敷売渡証文控」に記録されたもの)
  • 第3編 29 金谷宿役人一覧(東海道分間延絵図作成時)
  • 第3編 30 金谷宿駄賃変遷表(佐塚家文書)
  • 第3編 31 元禄6年6月29日 浅野内匠頭一行金谷宿泊名簿
  • 第3編 32 本陣佐塚屋に残る金谷宿通行一覧
  • 第3編 33 金谷宿助成金
  • 第3編 34 川越賃変遷表
  • 第3編 35 元治元年大井川深浅と川幅
  • 第3編 36 川越のため出人足数(文化3年調査、佐塚家文書)
  • 第3編 37 川越荷物運搬人数表(文化3年調査)
  • 第3編 38 公用川越出人足数
  • 第3編 39 万延2年の大井川川止め・渡し賃
  • 第3編 40 元禄7年改定による金谷宿助郷村々一覧
  • 第3編 41 享保10年改定による金谷宿助郷村々一覧
  • 第3編 42 掃除丁場一覧
  • 第3編 43 享和2年分間延絵図作成調査による金谷宿助郷村々一覧
  • 第3編 44 天保14年金谷宿助郷隔年勤一覧
  • 第3編 45 朝鮮通信使往来一覧(『海游録』解説より作成)
  • 第3編 46 宝暦14年朝鮮人大井川越人足役高帳
  • 第3編 47 琉球使節往来一覧
  • 第3編 48 大井川西側用水組合構成表
  • 第3編 49 文政2年組合議定構成村々一覧表
  • 第3編 50 文政2年郡中議定・組合議定項目対照表『新視点日本の歴史』5(新人物往来社)148ページより転載
  • 第3編 51 文政2年島村議定項目一覧『資料編2近世』101号より作成
  • 第3編 52 天保5年前期山内清兵衛の喜左衛門口からの炭仕入状況
  • 第3編 53 金谷宿・河原町酒造人一覧
  • 第3編 54 番生寺村次右衛門散田高内訳
  • 第3編 55 近世志戸呂焼陶工一覧
  • 第3編 56 番生寺村茂八救済の大黒講衆中一覧
  • 第3編 57 天保2年寺子屋桂花園における10~12歳までの日課一覧(『資料編近世』282号より作成)
  • 第3編 58 正徳6年大代川通川除御普請人足調達仕様(番生寺村分)
  • 第3編 59 「榛原郡誌」にみる町内寺院一覧
  • 第3編 60 番生寺村大地震被災者への下行米の状況
  • 第3編 61 金谷宿助郷村々の東海地震による被害状況
  • 第3編 62 弘化2年の月日順異国船情報
  • 第4編 近現代
  • 第4編 写真
  • 第4編 1 歳代記(松浦家所蔵)
  • 第4編 2 本陣の札(佐塚家所蔵)
  • 第4編 3 中条景昭(お茶の郷博物館)
  • 第4編 4 「高熊村事件日誌」(県立中央図書館所蔵 五和村文書より)
  • 第4編 5 徴兵御検査抽籤ニ付更達(鷲山家文書)
  • 第4編 6 医王寺(古横町)
  • 第4編 7 常安寺(竹下)
  • 第4編 8 出浜雑誌(山田信家文書)
  • 第4編 9 竹下村の地価修正願(県立中央図書館所蔵「五和村文書」)
  • 第4編 10 女性投票用紙(県立中央図書館所蔵 五和村文書)
  • 第4編 11 民撰区会日誌(県立中央図書館所蔵 五和村文書)
  • 第4編 12 虫送り(『静岡大務新聞』明治22.7.24)
  • 第4編 13 褒状 榛原郡製茶共進会(河村隆夫家所蔵)
  • 第4編 14 「金谷の茶商」(『静岡大務新聞』明治19.3.4)
  • 第4編 15 東遠社開業広告(函右日報 明治13.2.8)
  • 第4編 16 五和学校完成予定図(国文学研究資料館史料館所蔵 山田家文書)
  • 第4編 17 金谷尋常小学校第3・4学年男子修身科教授案(佐塚家文書)
  • 第4編 18 中山新道開通式(「歳代記」松浦家文書)
  • 第4編 19 (1)巌室神社(新町)・(2)横岡八幡神社(横岡)
  • 第4編 20 借金等報道(『静岡大務新聞』明治17.8.7)
  • 第4編 21 「不二」「扶桑」(佐塚家所蔵)
  • 第4編 22 旧金谷町役場
  • 第4編 23 旧五和村役場跡付近
  • 第4編 24 初代金谷町長 塚田弥太郎
  • 第4編 25 初代五和村長 渡辺真一
  • 第4編 26 明治27・8年従軍記章(中央)・従軍証書(土屋家所蔵)
  • 第4編 27 応召者心得(土屋家所蔵)
  • 第4編 28 二宮金次郎像(五和小学校)
  • 第4編 29 山田猪太郎(山田卓弥家所蔵)
  • 第4編 30 金谷停車場
  • 第4編 31 八木式茶葉揉捻機(島田市 東町八木家所蔵)
  • 第4編 32 川狩り風景(『ふるさと本川根』より転載)
  • 第4編 33 大井川渡船場風景
  • 第4編 34 金谷尋常小学校卒業証書(佐塚家所蔵)
  • 第4編 35 五和尋常高等小学校修業証書(河村隆夫家所蔵)
  • 第4編 36 河村多賀造
  • 第4編 37 即位大礼記念の図書寄贈に対する感謝状(佐塚家所蔵)
  • 第4編 38 浜松連隊区の補充兵証書(鈴木義弘家文書)
  • 第4編 39 政友本党支部榛原郡評議員嘱託書(鈴木義弘家所蔵)
  • 第4編 40 大井川新金谷駅
  • 第4編 41 金谷町上水道記念碑台石運搬の光景 大正14年3月(浅倉家所蔵)
  • 第4編 42 国立茶業試験場(佐塚家所蔵)
  • 第4編 43 川崎鉄工場全景(田中清司家所蔵)
  • 第4編 44 金谷共栄銀行株券(村松家所蔵)
  • 第4編 45 金谷信用購買組合解散にあたっての感謝状(鈴木義弘家所蔵)
  • 第4編 46 金谷尋常小学校卒業記念写真 大正4年3月(河村正一家所蔵)
  • 第4編 47 五和実業補習学校訓導辞令(河村隆夫家所蔵)
  • 第4編 48 昭和10年11月10日金谷町少年団10周年祭(少年団日本連盟理事長二荒芳徳を迎えて 金龍山道場にて 金谷町役場所蔵)
  • 第4編 49 昭和5年昭和天皇巡幸に際しての東海道大井川連台越行列の再現(佐塚家所蔵)
  • 第4編 50 金谷町議員選挙開票結果 号外
  • 第4編 51 杉浦啓一の逮捕を報じる新聞記事『静岡民友新聞』
  • 第4編 52 大井川鉄橋
  • 第4編 53 五和村経済厚生委員会委員嘱託書(山田信家文書)
  • 第4編 54 金谷町出身兵士の村葬(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 55 金谷町授産場の人々(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 56 金谷町授産場での作業(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 57 金谷町本町中組家庭防空演習(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 58 金谷町での防空演習(焼夷弾実験昭和13年7月8日~10日 金谷町役場所蔵)
  • 第4編 59 大政翼賛会常務委員の辞令(山田信家文書)
  • 第4編 60 武運長久祈願の日の丸(尾坂家所蔵)
  • 第4編 61 五和村翼賛壮年団島分団あての感謝状(山田信家文書)
  • 第4編 62 大井航空隊の隊員たち(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 63 金谷町出身戦死者の遺品(尾坂家所蔵)
  • 第4編 64 大井航空隊跡地(榛原町 牧之原)
  • 第4編 65 仲田ちゑ(金谷町初の女性議員仲田明家所蔵)
  • 第4編 66 五和村村報(河村隆夫家所蔵)
  • 第4編 67 金谷中学校卒業写真(女子生徒仲田堅二家所蔵)
  • 第4編 68 旧五和村農業協同組合(細川家所蔵)
  • 第4編 69 大井上水道組合(現企業団)
  • 第4編 70 木村半雨筆 雪江捕魚図(個人蔵)
  • 第4編 71 北川民次作 茶畑の風景(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 72 五島聖湖作 富士川の戦い図(左隻)(五島家所蔵)
  • 第4編 73 『広報かなや』創刊号
  • 第4編 74 喜びにわいた合併祝賀式(『広報かなや』5号)
  • 第4編 75 「金谷町綜合開発基本計画」(金谷町役場所蔵)
  • 第4編 76 防霜ファン(牧之原)
  • 第4編 77 第一製薬株式会社
  • 第4編 78 大代川決壊(天王町 柳川澈夫家所蔵)
  • 第4編 79 大代川防災ダム
  • 第4編 80 沼津熔銅公害(「広報かなや229号」)
  • 第4編 81 文化協会報・切磋琢磨・句誌
  • 第4編 図
  • 第4編 1 牧之原士族入植地(大石貞男編『牧之原開拓史考』より転載)
  • 第4編 2 静岡県下の米騒動(『静岡県の歴史近代・現代編』1979年)
  • 第4編 3 大井川用水水路図(『広報かなや』12号)
  • 第4編 4 地下水位の推移・用途別揚水量『広報かなや』196号
  • 第4編 表
  • 第4編 1 開墾資金一覧(A)「静岡県茶業史』(B)『榛原郡茶業史』(C)『新番組の牧之原開拓について』(枝村三郎)(D)『大井川物語』(武市光章)(E)服部一徳の記録榛葉磯一『記録に見る牧之原開墾の曙覚書』より作成。
  • 第4編 2 明治11年二十五小区民費総計(国文学資料館史料館所蔵 山田家文書)
  • 第4編 3 牛尾村改正収穫取調書(鈴木邦夫家文書)
  • 第4編 4 特別地価修正要求の71か村(『静岡県近代史研究』第19号)
  • 第4編 5 明治12年二十五小区職業別戸数(県立中央図書館所蔵 五和村文書)
  • 第4編 6 明治6年 二十五小区産出品取調書(県立中央図書館所蔵 五和村文書)
  • 第4編 7 明治8年金谷河原町物産調書(金谷町役場所蔵 金谷町文書)
  • 第4編 8 明治7年浜松県第三区各小区就学不就学総計表(『静岡県史資料編16』
  • 第4編 9 金谷尋常小学校第3・4学年男子修身科教授案(佐塚家文書)
  • 第4編 10 佐塚文化堂仕入一覧(佐塚家文書)
  • 第4編 11 明治11年~16年横岡村陶器生産高(「五和村文書「勧業書類」『資料編4考古・窯業史』第3部58号より作成」)
  • 第4編 12 明治27年~36年横岡村陶器生産概況『資料編4考古・窯業史』第3部93号より作成
  • 第4編 13 金谷町・五和村職業別戸数『榛原郡誌』所収「現在戸数職業別」より作成
  • 第4編 14 金谷町・五和村選出郡会議員『榛原郡誌』802~803ページより作成
  • 第4編 15 浅倉幸次郎日清戦争従軍行程 浅倉幸次郎「日清戦争従軍記」より作成
  • 第4編 16 土屋家日清戦争期郵便一覧 土屋家所蔵
  • 第4編 17 土屋家日露戦争期郵便一覧 土屋家所蔵
  • 第4編 18 金谷町域の報徳社(明治39年現在)『静岡県報徳社事蹟』より作成
  • 第4編 19 五和村内金融講(『資料編三近現代』260号より作成。)
  • 第4編 20 五和中学校開校年度在籍生徒数・学級数『五和村村報』第1号より作成
  • 第4編 21 昭和22年五和小学校児童数(『五和村村報』第1号より作成)
  • 第4編 22 五和小学校の昭和22年度「年中行事」(『五和村村報』第1号より作成)
  • 第4編 23 金谷中学校卒業生の動向(『資料編3近現代』550号より作成)
  • 第4編 24 五和村「家族地位別起床・就床時刻、農作業及睡眠時間」(『静岡新聞』昭和26.12.4より作成)
  • 第4編 25 五和村「主食一日当消費量」(『静岡新聞』昭和26.12.4より作成)
  • 第4編 26 合併時の金谷町・五和村(金谷町役場所蔵「金谷町文書」)
  • 第4編 27 産業別就業人口の推移(平成8年「金谷町統計書」)
  • 第4編 28 専業兼業別農家数の推移(平成8年「金谷町統計書」)
  • 第4編 29 強度別被害面積(『広報かなや』358号)
  • 第4編 30 高校進学率の推移(金谷町役場所蔵「町政要覧」)
  • 第4編 31 人口の推移(金谷町役場所蔵「町政要覧」)

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here