サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

犯罪論の基本構造

鈴木茂嗣 著

詳細情報

タイトル 犯罪論の基本構造
著者 鈴木茂嗣 著
著者標目 鈴木, 茂嗣, 1937-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社成文堂
出版年月日等 2012.12
大きさ、容量等 486p ; 22cm
ISBN 9784792319663
価格 9000円
JP番号 22194299
トーハンMARC番号 32866841
部分タイトル 刑訴法335条2項にいわゆる「法律上犯罪の成立を妨げる理由」 規範的評価と可罰的評価 構成要件論の再構成 犯罪論の体系. 1 犯罪論の体系. 2 犯罪論の体系. 3 中山博士の認定論的犯罪論体系について 刑事訴訟からみた犯罪論 犯罪評価と事実認定 犯罪論の新構想 犯罪論のあり方 刑法と目的的行為 行為の目的性・違法性・有責性 Recklessnessと故意・過失 故意と意思 刑事責任の構造 違法性について 相当因果関係と客観的帰属 刑法における危険概念 犯罪論と量刑論 犯罪論は何のためにあるか 宮本刑法学と佐伯刑法学 論文評: 特集『構成要件論の再生』 論文評: 山中敬一「犯罪体系論における行為規範と制裁規範」 論文評: 曽根威彦「主観的要素と犯罪論構造」 論文評: 宇藤崇「刑事訴訟における要件事実についての一考察」 論文評: 小田直樹「『認定論』という構想について」同「可罰的評価について」 論文評: 松原久利「責任阻却事由と事前責任」
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 刑法総論
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 犯罪
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A712
NDC(9版) 326.1 : 刑法.刑事法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで