サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

フィクション論への誘い : 文学・歴史・遊び・人間

大浦康介 編

詳細情報

タイトル フィクション論への誘い : 文学・歴史・遊び・人間
著者 大浦康介 編
著者標目 大浦, 康介, 1951-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社世界思想社
出版年月日等 2013.1
大きさ、容量等 328p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784790715825
価格 3800円
JP番号 22206185
トーハンMARC番号 32865152
部分タイトル フィクション論の問題圏 / 大浦康介 執筆
部分タイトル 虚構のなかの遊び / 近藤秀樹 執筆
部分タイトル 透明人間の夢 / 大浦康介 執筆
部分タイトル 「道に沿って持ち歩く鏡」のたくらみ / 岩松正洋 執筆
部分タイトル 痕跡・記号・運動 / 石田美紀 執筆
部分タイトル あなたは誰?わたしはどこ? / 久保昭博 執筆
部分タイトル プロレス、あるいは虚実の間 / 師茂樹 執筆
部分タイトル 語〈騙〉り継がれるカティリーナ / 鷲田睦朗 執筆
部分タイトル フロイトの「歴史小説」 / 小森謙一郎 執筆
部分タイトル 歴史叙述と「想像力」 / 小関隆 執筆
部分タイトル ヴァーチャルリアリティーはフィクションに何をもたらすか / 塩瀬隆之 執筆
部分タイトル フィクションについて精神分析は何を語れるか / 立木康介 執筆
部分タイトル 語る行為の存在論 / 河田学 執筆
出版年(W3CDTF) 2013
件名(キーワード) 文学
NDLC KE122
NDC(9版) 901 : 文学理論・作法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで