サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

コレクション日本歌人選 045

和歌文学会 監修

詳細情報

タイトル コレクション日本歌人選
著者 和歌文学会 監修
著者標目 高重, 久美, 1943-
著者標目 和歌文学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社笠間書院
出版年月日等 2012.10
大きさ、容量等 143p ; 19cm
注記 文献あり 年譜あり
ISBN 9784305706454
価格 1200円
JP番号 22170944
トーハンMARC番号 32837717
巻次 045
別タイトル 能因
部分タイトル 能因 / 高重久美 著
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 能因, 988-
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG712
NDLC KG48
NDC(9版) 911.102 : 詩歌
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • コレクション日本歌人選.045
  • 『能因』|目次
  • 01 別るれど安積の沼の[安積沼の駒] 2
  • 02 かくしつゝ暮れぬる秋と[馬との別れ] 6
  • 交友
  • 03 今更に思ひぞ出づる[藤原保昌] 10
  • 04 いづくとも定めぬものは[藤原兼房] 14
  • 05 宮城野を思ひ出でつゝ[和泉式部] 18
  • 06 さすらふる身はいづくとも[橘義通] 22
  • 07 匂ひだに飽かなくものを[観教法眼] 26
  • 08 思ふ人ありとなけれど[源為善] 30
  • 09 ふるさとを思ひ出でつゝ[大江公資] 34
  • 10 白波の立ちながらだに[橘則長] 38
  • 11 蜘蛛の糸にかゝれる[相模] 42
  • 12 あはれ人今日の命を[大江嘉言] 46
  • 13 藻塩やく海辺にゐてぞ[藤原長能] 50
  • 14 有度浜に天の羽衣[藤原資業] 54
  • 旅と山里
  • 15 昔こそ何ともなしに[伏見里] 58
  • 16 神無月寝覚めに聞けば[落葉の音] 60
  • 17 甲斐が嶺に咲きにけらしな[山梨岡] 64
  • 18 わが宿の木末の夏に[児屋池亭] 66
  • 奥州の旅
  • 19 東路はいづかたとかは[東路] 70
  • 20 都をば霞とともに[白河関] 74
  • 21 甲斐が嶺に雪の降れるか[甲斐嶺] 78
  • 22 浅茅原荒れたる野べは[信夫里] 82
  • 23 さ夜ふけてものぞ悲しき[塩釜浦] 86
  • 24 わび人は外つ国ぞよき[わび人] 88
  • 25 幾年に帰り来ぬらん[京の家の松] 94
  • 26 陸奥の白尾の鷹を[白尾の鷹] 96
  • 27 うち払ふ雪も止まなん[鷹狩り] 100
  • 28 夕されば汐風越して[野田玉川] 104
  • 歌合ほか
  • 29 時鳥き鳴かぬ宵の[時鳥の声] 106
  • 30 世の中を思ひ捨ててし[思ひ捨てし身] 110
  • 31 嵐吹く御室の山の[竜田の紅葉] 114
  • 32 春がすみ志賀の山越え[志賀の山越] 118
  • 歌人略伝 123
  • 略年譜 124
  • 解説 「友と生き旅に生きた歌人能因」 高重久美 129
  • 読書案内 134
  • 安田章生 137

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで