サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

〈図説〉日本の結び

藤原覚一 著

詳細情報

タイトル 〈図説〉日本の結び
著者 藤原覚一 著
著者標目 藤原, 覚一, 1895-1990
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社築地書館
出版年月日等 2012.10
大きさ、容量等 303p ; 26×26cm
注記 布装
注記 箱入
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784806714453
価格 35000円
JP番号 22284076
トーハンMARC番号 32826057
新装版
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 結び
NDLC GD1
NDC(9版) 383 : 衣食住の習俗
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 〈図説〉日本の結び
  • 目次
  • まえがき iv
  • 本書の内容について v
  • 結びの信条 v
  • 第一章 人間と結びとの関係 三
  • 第一章 一 結びの原始 四
  • 第一章 一 a 火と結び 四
  • 第一章 一 b 外国の初期の結び 四
  • 第一章 一 c 日本の初期の結び 五
  • 第一章 二 結びの神秘 六
  • 第一章 二 a 結びの魔性 六
  • 第一章 二 b わが呪いの結び 六
  • 第一章 二 c アイヌの一例 七
  • 第一章 二 d 護符の呪い<1> 八
  • 第一章 二 e 護符の呪い<2> 八
  • 第一章 二 f 茅の結び 八
  • 第一章 三 コンミュニケーション 一一
  • 第一章 三 a 伝達と記録 一一
  • 第一章 三 b インカの結縄文字 一一
  • 第一章 三 c 備忘の記録 一二
  • 第一章 三 d 測定の記録 一三
  • 第一章 四 結びの文様化 一四
  • 第一章 四 a 結びの装飾 一四
  • 第一章 四 b 花結びおよび熨斗鮑 一四
  • 第一章 五 結びと儀礼 一七
  • 第一章 五 a 結びの芸道 一七
  • 第一章 五 h 結びと有職故実 一七
  • 第一章 六 遊戯と実技 一八
  • 第一章 六 a 工程をたどる 一八
  • 第二章 結びの機能を探る 二一
  • 第二章 一 結びの構造 二二
  • 第二章 一 a 掛けと留め 二二
  • 第二章 一 b 他働性機構 二三
  • 第二章 一 c 自働性機構 二四
  • 第二章 一 d 「目」 二四
  • 第二章 一 e 「体」 二五
  • 第二章 一 f 「手」 二五
  • 第二章 二 結び方の分類 二六
  • 第二章 二 a 結び方の条件 二六
  • 第二章 二 b 作業結びと装飾結び 二六
  • 第二章 三 結びの条材 二九
  • 第二章 三 a 条材の性格 二九
  • 第二章 三 b 水引 二九
  • 第二章 三 c 糸 二九
  • 第二章 三 d 紐 二九
  • 第二章 三 e 綱・縄 三二
  • 第二章 三 f 帯 三二
  • 第三章 結び方の技法〔I〕作業結び 三五
  • 第三章 一 作業結着法 三六
  • 第三章 二 作業接合法 六二
  • 第三章 三 作業結束法 七二
  • 第三章 四 作業縮結法 一〇二
  • 第三章 五 作業結節法 一一〇
  • 第四章 結び方の技法〔II〕装飾結び 一二一
  • 第四章 一 装飾結着法 一二二
  • 第四章 二 装飾接合法 一四六
  • 第四章 三 装飾結束法 一五四
  • 第四章 四 装飾縮結法 二二六
  • 第四章 五 装飾結節法 二三六
  • 第五章 結びの本質は何か 二七五
  • 第五章 一 結びと民俗学 二七六
  • 第五章 二 結びと呪術 二七六
  • 第五章 三 呪術とは何か 二七七
  • 第五章 四 呪術と宗教および科学 二七八
  • 第五章 五 呪術と芸術 二七九
  • 第五章 六 結びの歴史的展開 二七九
  • 参考文献 二八〇
  • 索引 二八三
  • 図目次
  • 図一 原始の結び方 四
  • 図二 オンボの編み目 四
  • 図三 新石器時代の魚網 四
  • 図四 欧州最古の寵編み遺物 五
  • 図五 わが先史時代の遺物 五
  • 図六 埴輪 五
  • 図七 沖縄の標縄 六
  • 図八 アイヌ墓標の彫りもの 七
  • 図九 能島水軍の櫓 九
  • 図一〇 病気治療の呪法 九
  • 図一一 九字の修法 九
  • 図一二 ポエというト占の具 九
  • 図一三 阿部晴明判紋 九
  • 図一四 ペンタックル 九
  • 図一五 茅の輪 一〇
  • 図一六 沖縄のゲーン 一〇
  • 図一七 インカの結縄文字キープ 一一
  • 図一八 沖縄の藁算 一二
  • 図一九 船足の測程器 一三
  • 図二〇 修学院離宮の扁額 一四
  • 図二一 ヘラルドリック・ノット 一五
  • 図二二 旧日本軍人の盛装と肩章 一五
  • 図二三 レオナルド・ダ・ビンチのアカデミア標識 一五
  • 図二四 アラベスク 一五
  • 図二五 熨斗 一五
  • 図二六 風呂敷に染めた束ね熨斗 一六
  • 図二七 手品 二人を一緒に結ぶ 一八
  • 図二八 綾取り<1> 一九
  • 図二九 綾取り<2> 一九
  • 図三〇 綾取り<3> 二〇
  • 図三一 草鞋を作る人 二〇
  • 図三二 掛け・留め 二二
  • 図三三 フック・縄・縄の撚りどめ 二二
  • 図三四 ほん結び・つの結び・かこ結び・ねじ挾み 二二
  • 図三五 他働性機構 二三
  • 図三六 自働性機構 二四
  • 図三七 目・手・取り手 二五
  • 図三八 シージング・手・たれ 二五
  • 図三九 結着法 二六
  • 図四〇 接合法 二六
  • 図四一 結束法 二七
  • 図四二 縮結法 二七
  • 図四三 結節法 二八
  • 図四四 撚り 三一
  • 図四五 縄打機<縄車> 三一
  • 図四六 綱の打ち方 三一
  • 図四七 木縄 三一
  • 図四八 ワイヤ・ロープ 三三
  • 図四九 チェーン 三三
  • 図五〇 帯 三四
  • 図五一 巻きと掛け 三七
  • 図五二 ボラーズとピンへの巻き方 三七
  • 図五三 クリートへのロープの掛け方 三七
  • 図五四 チェーン・ファスニングとダブル・チェーン・ファスニング 三九
  • 図五五 ワイヤ・ロープとチェーンの巻き方 三九
  • 図五六 ハーフ・ヒッチとティンバー・ヒッチ 三九
  • 図五七 ハーフ・アンド・ティンバー・ヒッチ 三九
  • 図五八 弦輪の結び 三九
  • 図五九 三味線の根緒の乳への結び方 三九
  • 図六〇 ひとえ結びと引解き結び 三九
  • 図六一 ローワリング・ヒッチ 四一
  • 図六二 クリンチ 四一
  • 図六三 マーリン・スパイク・ヒッチ 四一
  • 図六四 縄梯子の作り方 四一
  • 図六五 カラー・ノット 四一
  • 図六六 ステージ・ロープによる足場の作り方 四一
  • 図六七 蛇口<1> 四三
  • 図六八 蛇口<2> 四三
  • 図六九 滑締結び 四三
  • 図七〇 蛇口結び 四三
  • 図七一 もやい結び<ボーリン> 四三
  • 図七二 コンパウンド・ノット 四四
  • 図七三 ボーリン・ランニング 四四
  • 図七四 ボーリン・ウイズ・ア・バイト 四四
  • 図七五 こしかけ結び 四五
  • 図七六 ふたえ結び 四五
  • 図七七 フレンチ・ボーリン・ノット 四五
  • 図七八 三重ブーリン 四五
  • 図七九 ダブル・ランニング・ノット 四五
  • 図八〇 ハーネス・ヒッチ 四六
  • 図八一 ドロッパー・ループ 四六
  • 図八二 ミッテルマン結び 四七
  • 図八三 つぼ結び 四七
  • 図八四 鮪延縄 四七
  • 図八五 くわのこ結び 四九
  • 図八六 かこ結び 四九
  • 図八七 マグナス・ヒッチ 四九
  • 図八八 そえ結び 四九
  • 図八九 ロバンド・ヒッチ 四九
  • 図九〇 ハリヤード・ベンド 四九
  • 図九一 ローリング・ヒッチ 五〇
  • 図九二 小型帆船への応用例 五〇
  • 図九三 枝結び 五一
  • 図九四 釣鉤の結び<1> 五一
  • 図九五 釣鉤の結び<2> 五一
  • 図九六 釣鉤の結び<3> 五一
  • 図九七 シュバーベン結び 五三
  • 図九八 グランベル結び 五三
  • 図九九 雲雀結び 五三
  • 図一〇〇 ランニング・ノット 五三
  • 図一〇一 セルベージ・ストラップ 五三
  • 図一〇二 プルージック結び 五三
  • 図一〇三 起重機の機構 五五
  • 図一〇四 帆足綱の結び 五五
  • 図一〇五 スタンスル・タック・ベンド 五五
  • 図一〇六 鉤結び 五五
  • 図一〇七 錨結び 五五
  • 図一〇八 ハンモックの吊り手の結び 五五
  • 図一〇九 フックへのロープの掛け方 五五
  • 図一一〇 鉤綱の掛け方 五七
  • 図一一一 起重機での荷のくくり方 五七
  • 図一一二 蛸壼の縄の掛け方 五七
  • 図一一三 ごんぞう結び 五七
  • 図一一四 牛の鼻木に頬綱および追綱のつけ方 五七
  • 図一一五 荷車の馬のつなぎ方 五九
  • 図一一六 かぶとの忍緒の結び<1> 五九
  • 図一一七 かぶとの忍緒の結び<2> 五九
  • 図一一八 かぶとの忍緒の結び<3> 六〇
  • 図一一九 かぶとの忍緒の根緒のとり方 六一
  • 図一二〇 かぶと立てへのくくり方 六一
  • 図一二一 ほん結び 六三
  • 図一二二 たて結び 六三
  • 図一二三 ほん結びに木釘をはさむ 六三
  • 図一二四 外科結び 六三
  • 図一二五 アッハテル・クノッテン 六三
  • 図一二六 シングル・ノット 六三
  • 図一二七 バレル・ノット 六三
  • 図一二八 イングリッシュマンス・タイと馬の首緒結び 六三
  • 図一二九 あやすべりとダブル・スライディング 六四
  • 図一三〇 織工結び 六五
  • 図一三一 雑魚釣りの道具<1> 六五
  • 図一三二 雑魚釣りの道具<2> 六五
  • 図一三三 ふたえひかせ 六五
  • 図一三四 網糸の結び 六七
  • 図一三五 シーツ・ベンド・シングル 六七
  • 図一三六 シーツ・ベンド・ダブル 六七
  • 図一三七 メッシュ・ベンド 六七
  • 図一三八 引解きにしたはた結び 六七
  • 図一三九 かぎ結び 六七
  • 図一四〇 シングル・カリック・ベンド 六七
  • 図一四一 ダブル・カリック・ベンドまたはあやつぎ 六七
  • 図一四二 オーバ・カリック・ベンド 六九
  • 図一四三 ホーサー・ファスニング 六九
  • 図一四四 リービング・ライン・ノット 六九
  • 図一四五 ツー・ボーリンまたはもやいつなぎ 六九
  • 図一四六 ハーフ・ヒッチ・アンド・シージング 六九
  • 図一四七 ロープ・ヤーン・ノット 六九
  • 図一四八 スプライシング 六九
  • 図一四九 アイ・スプライスとカット・スプライス 六九
  • 図一五〇 ワイヤ・ロープのアイ・スプライス 七一
  • 図一五一 畳糸のつなぎ方 七一
  • 図一五二 毛糸のつなぎ方 七一
  • 図一五三 フレンチ・シュラウド・ノット 七一
  • 図一五四 針金のつなぎ方 七一
  • 図一五五 太い針金のつなぎ方 七一
  • 図一五六 巻き掛け 七三
  • 図一五七 小道具を使ったねじどめ 七三
  • 図一五八 細い木枝を使ったくくり方 七三
  • 図一五九 苗の束ね方 七三
  • 図一六〇 玉葱を貯蔵するときの束ね方 七三
  • 図一六一 矢束結び 七五
  • 図一六二 ま結びの応用 七五
  • 図一六三 ねじ挾み 七五
  • 図一六四 男結びまたは角結び 七五
  • 図一六五 荷箱を角結びでくくる 七五
  • 図一六六 荷を縦横にくくる 七五
  • 図一六七 運送貨物のくくり方 七六
  • 図一六八 荷結び 七七
  • 図一六九 引解き荷結び 七七
  • 図一七〇 行李に細引を掛ける 七七
  • 図一七一 大行李に細引を掛ける 七七
  • 図一七二 樽物の縄の掛け方 七七
  • 図一七三 酒樽菰かぶりのくくり方 七七
  • 図一七四 俵の結び 七九
  • 図一七五 植木の根の巻き方 八一
  • 図一七六 ちまきの巻き方 八一
  • 図一七七 あらまきの包み方 八一
  • 図一七八 草鞋のはき方 八一
  • 図一七九 ゲートルの巻き方 八一
  • 図一八〇 歴史にみられるシーツ・ベンド 八三
  • 図一八一 鎧の胴先の帯の結び 八三
  • 図一八二 鎧の繰締緒の結びと表帯の結び 八三
  • 図一八三 襷の掛け方と抜衣紋の調え方 八三
  • 図一八四 武道の襷の掛け方 八三
  • 図一八五 褌の結び 八四
  • 図一八六 捕縄の結び 八五
  • 図一八七 木材のくくり方<1>足場を組む 八七
  • 図一八八 木材のくくり方<2>箱結び 八七
  • 図一八九 木材のくくり方<3>針金でくくる場合 八七
  • 図一九〇 木材のくくり方<4>船のスパーの応急処置 八七
  • 図一九一 竹梯子のくくり方 八七
  • 図一九二 救急用担架の作り方 八九
  • 図一九三 ホイッピング<1>スパーの補強、日本刀の柄巻 八九
  • 図一九四 ホイッピング<2>竹の握り手の場合 八九
  • 図一九五 シージング<1>針金の場合 九一
  • 図一九六 シージング<2>竹刀の場合 九一
  • 図一九七 マーリン・ヒッチ 九一
  • 図一九八 ハンモックの取り扱い 九一
  • 図一九九 ホイッピング 九二
  • 図二〇〇 コンモン・ホイッピング 九三
  • 図二〇一 ウエスト・カンツリー・ホイッピング 九三
  • 図二〇二 ニードル・ホイッピング 九三
  • 図二〇三 グラフティング 九三
  • 図二〇四 コーチ・ホイッピング 九三
  • 図二〇五 ウオーミングと固め結び 九四
  • 図二〇六 ラウンド・シージングとフラット・シージング 九五
  • 図二〇七 ラッキング・シージング 九五
  • 図二〇八 クリップ・オン・ロープ 九五
  • 図二〇九 バック・リング 九五
  • 図二一〇 スロート・シージング 九五
  • 図一一一 マウシング 九五
  • 図二一二 シアー・ヘッド・ラッシング 九六
  • 図二一三 ローズ・ラッシング 九七
  • 図二一四 クロス・シージング 九七
  • 図二一五 グランメット 九七
  • 図二一六 クリングル 九七
  • 図二一七 かがりぬい<1>帆布の小穴の修理 九七
  • 図二一八 かがりぬい<2>帆布のかざりぬい 九七
  • 図二一九 組輪結び 九八
  • 図二二〇 小索の束ね方 九九
  • 図二二一 三角包帯の巻き方 九九
  • 図二二二 鉢巻き 一〇一
  • 図二二三 風呂敷包み 一〇一
  • 図二二四 チェーン・ノット<1> 一〇三
  • 図二二五 チェーン・ノット<2> 一〇三
  • 図二二六 ストラップまたはスリングの使い方 一〇三
  • 図二二七 ペンドロのとめ方 一〇三
  • 図二二八 シープ・シャンク<1> 一〇三
  • 図二二九 シープ・シャンク<2> 一〇三
  • 図二三〇 シープ・シャンク<3> 一〇四
  • 図二三一 ショートニング・パーシング・スルーノット 一〇四
  • 図二三二 トラックの積み荷の締め方 一〇五
  • 図二三三 トラックの荷造り 一〇五
  • 図二三四 テントの張り方 一〇五
  • 図二三五 貨車の荷の締め方 一〇五
  • 図二三六 竹刀のつるの締め方 一〇五
  • 図二三七 針金を強く張る法 一〇七
  • 図二三八 スパニッシュ・ウインドラス 一〇七
  • 図二三九 下駄の鼻緒のたて方 一〇七
  • 図二四〇 張り綱の張り方 一〇七
  • 図二四一 器具を使った縮結法 一〇七
  • 図二四二 ストッパー 一〇七
  • 図二四三 ダビットについているストッパー 一〇八
  • 図二四四 ひとえ結び 一一一
  • 図二四五 8字結び 一一一
  • 図二四六 サーゼンス・ノット 一一一
  • 図二四七 スティプドアス・ノット 一一一
  • 図二四八 ウォール・ノット 一一一
  • 図二四九 ラニヤード・ノット 一一一
  • 図二五〇 クラウン・ノット 一一一
  • 図二五一 ダブル・クラウン・ノット 一一一
  • 図二五二 クラウン・ノットをさらに確実にする 一一一
  • 図二五三 ダブル・ウォール・ノット 一一一
  • 図二五四 クラウン・アンド・ウォール 一一二
  • 図二五五 マンロープ・ノット 一一三
  • 図二五六 ダブル・ウォール・アンド・シングル・クラウン 一一三
  • 図二五七 マシュー・ウォーカー・ノット 一一三
  • 図二五八 ダイヤモンド・ノット 一一三
  • 図二五九 スタンディング・タークス・ヘッド 一一三
  • 図二六〇 ランニング・タークス・ヘッドをたが状に結ぶ 一一三
  • 図二六一 ランニング・タークス・ヘッドの球形結び方とヒービング・ライン・ノット 一一四
  • 図二六二 セニットとマット 一一五
  • 図二六三 網 一一七
  • 図二六四 草鞋の絢い方 一一七
  • 図二六五 足半の鼻緒の結び 一一九
  • 図二六六 雲雀結び 一二二
  • 図二六七 一筋叶結び 一二三
  • 図二六八 一筋五行結び 一二三
  • 図二六九 扇、采配、武羅の環に紐をつける 一二三
  • 図二七〇 守袋の紐の結び 一二三
  • 図二七一 御礼の鳥目に附申す木札 一二三
  • 図二七二 瓢の結び<1> 一二三
  • 図二七三 瓢の結び<2> 一二四
  • 図二七四 瓢の結び<3> 一二四
  • 図二七五 三味線の根緒の結び 一二五
  • 図二七六 サンシーンの根緒の結び 一二五
  • 図二七七 両締叶結び 一二五
  • 図二七八 鎧の紐結び 一二七
  • 図二七九 鎧の背面総角と大袖の結びつけ 一二六
  • 図二八〇 鎧の鳩尾板を高紐へくくりつける法 一二六
  • 図二八一 執加緒をぐみの緒にとめる法 一二六
  • 図二八二 せんだんの板を高紐へくくる一法 一二八
  • 図二八三 鎧の大袖をぐみの緒へ結ぶ法 一二九
  • 図二八四 鎧の大袖の受緒の結び方 一二九
  • 図二八五 太刀、大小の帯び方 一二九
  • 図二八六 装具をつけた昔の軍馬 一三一
  • 図二八七 おもがいに轡と手綱のつけ方 一三一
  • 図二八八 しりがい、むながい、あおりの図解 一三一
  • 図二八九 和鞍の図解 一三二
  • 図二九〇 和鞍に胸がい、尻がい、腹帯をつける 一三三
  • 図二九一 手綱と轡 一三三
  • 図二九二 おもがい代用の麻籠頭 一三四
  • 図二九三 仔牛のもがた 一三五
  • 図二九四 阿部家伝の手綱の取り方 一三五
  • 図二九五 白雲手綱の一法 一三六
  • 図二九六 軍陣二重腹帯の結び 一三六
  • 図二九七 鎌差縄 一三七
  • 図二九八 革箙 一三九
  • 図二九九 中縫苧の編み結び 一三九
  • 図三〇〇 箙の革紐の結び 一三九
  • 図三〇一 箙の上帯、およびその応用の結び 一四一
  • 図三〇二 箙矢搦の結び 一四一
  • 図三〇三 母衣の図解と紐結び 一四二
  • 図三〇四 水煙管の提げ緒の結び 一四四
  • 図三〇五 楽器袋 一四五
  • 図三〇六 釣香炉の総角 一四五
  • 図三〇七 釣香炉のもろわな 一四五
  • 図三〇八 掛け角の釣り紐の結び 一四五
  • 図三〇九 叶結び 一四七
  • 図三一〇 五行結び 一四七
  • 図三一一 筒守の紐の結び 一四七
  • 図三一二 相生結び 一四七
  • 図三一三 麻苧結び 一四七
  • 図三一四 麻苧結び別法 一四九
  • 図三一五 向兎、馬具結び、玉結び、鳥首結び 一四九
  • 図三一六 平行接合法 一四九
  • 図三一七 革紐の平行接合法 一四九
  • 図三一八 刀剣の下げ緒の結び<1> 一四九
  • 図三一九 刀剣の下げ緒の結び<2> 一五〇
  • 図三二〇 鞭結び<1> 一五一
  • 図三二一 鞭結び<2> 一五一
  • 図三二二 鞭結び<3> 一五一
  • 図三二三 素袍、直垂の胸紐の結び<1> 一五一
  • 図三二四 素袍、直垂の胸紐の結び<2> 一五二
  • 図三二五 羽織の紐の結び<1> 一五二
  • 図三二六 羽織の紐の結び<2> 一五二
  • 図三二七 羽織の紐の結び<3> 一五三
  • 図三二八 羽織の紐の結び<4> 一五三
  • 図三二九 あげまき 一五三
  • 図三三〇 こま結び 一五五
  • 図三三一 かたわな結び 一五五
  • 図三三二 もろわな結び 一五五
  • 図三三三 おなご結びとおとこ結び 一五五
  • 図三三四 長箱物の片緒の結び 一五五
  • 図三三五 樽結び<1> 一五五
  • 図三三六 樽結び<2> 一五五
  • 図三三七 平物のリボンの掛け方 一五六
  • 図三三八 貝桶の結び<1> 一五七
  • 図三三九 貝桶の結び<2> 一五七
  • 図三四〇 貝桶の結び<3> 一五七
  • 図三四一 貝桶の結び<4> 一五七
  • 図三四二 行器の紐結び<1> 一五八
  • 図三四三 行器の足に奉書紙を巻く 一五九
  • 図三四四 行器の紐結び<2> 一五九
  • 図三四五 行器の紐結び<3> 一五九
  • 図三四六 文庫結び 一五九
  • 図三四七 食籠の紐結び 一五九
  • 図三四八 カルタ箱の結び 一六〇
  • 図三四九 にない結び 一六一
  • 図三五〇 かます紐結び 一六一
  • 図三五一 鎧櫃の結び 一六一
  • 図三五二 手箱紐の結び 一六一
  • 図三五三 手箱封結び 一六一
  • 図三五四 文箱の緒結び 一六一
  • 図三五五 文箱の四つ組の結び 一六二
  • 図三五六 文箱の蝶結び 一六二
  • 図三五七 文箱の三つ組蝶結び 一六三
  • 図三五八 文箱の封結び 一六三
  • 図三五九 千代久封結び 一六三
  • 図三六〇 革文箱長緒結び 一六三
  • 図三六一 梅結び 一六三
  • 図三六二 桜結び 一六四
  • 図三六三 菖蒲結び 一六五
  • 図三六四 菊結び 一六五
  • 図三六五 文箱袋入の結び<真> 一六五
  • 図三六六 文箱袋入の結び<行> 一六五
  • 図三六七 文箱袋入の結び<草> 一六五
  • 図三六八 挾箱の結び<1> 一六五
  • 図三六九 挾箱の結び<2> 一六六
  • 図三七〇 挾箱の結び<3> 一六六
  • 図三七一 挾箱の結び<4> 一六六
  • 図三七二 挾箱の結び<5> 一六六
  • 図三七三 挾箱の結び<6> 一六七
  • 図三七四 挾箱の結び<7> 一六七
  • 図三七五 挾箱の結び<8> 一六七
  • 図三七六 挾箱の結び<9> 一六七
  • 図三七七 袋物の下結び 一六七
  • 図三七八 袋物の二つ輪の結び 一六八
  • 図三七九 香炉袋の結び<1> 一六八
  • 図三八〇 香炉袋の結び<2> 一六八
  • 図三八一 香炉袋の結び<3> 一六八
  • 図三八二 三つ輪封結び 一六九
  • 図三八三 封じ結び 一六九
  • 図三八四 香炉袋長緒の結び 一六九
  • 図三八五 翁結び 一六九
  • 図三八六 とんぼう結び 一七〇
  • 図三八七 輪結び 一七〇
  • 図三八八 蝶結び 一七〇
  • 図三八九 梅結び 一七〇
  • 図三九〇 桜結び 一七一
  • 図三九一 桔梗結び 一七一
  • 図三九二 かたばみ結び 一七一
  • 図三九三 菊結び 一七一
  • 図三九四 三つ輪結び 一七一
  • 図三九五 羽子結び 一七二
  • 図三九六 蜻蛉結び 一七二
  • 図三九七 藤結び 一七二
  • 図三九八 八重梅結び 一七三
  • 図三九九 四つ手結び 一七三
  • 図四〇〇 守り袋の封じ結び 一七三
  • 図四〇一 巾着の結び 一七四
  • 図四〇二 二重叶結び 一七四
  • 図四〇三 香炉結びまたは真封じ結び 一七四
  • 図四〇四 しめ袋緒留 一七四
  • 図四〇五 巾着型鍵袋の結び 一七五
  • 図四〇六 一説茶入茶碗袋之緒結形 一七五
  • 図四〇七 文書袋の底の組み紐のとめ 一七五
  • 図四〇八 茱萸袋紐結び 一七六
  • 図四〇九 弓袋結び様 一七七
  • 図四一〇 幕畳以手縄括様 一七七
  • 図四一一 幕緒返し結び 一七七
  • 図四一二 銭差の結び<1> 一七七
  • 図四一三 銭差の結び<2> 一七八
  • 図四一四 封書の結び 一七九
  • 図四一五 三角紙の帯封 一八〇
  • 図四一六 軸物の結び方 一八一
  • 図四一七 軸物長緒結び 一八一
  • 図四一八 経巻の結び 一八一
  • 図四一九 三幅対掛物の結び<1> 一八三
  • 図四二〇 三幅対掛物の結び<2> 一八三
  • 図四二一 二幅対掛物の結び 一八三
  • 図四二二 一幅物掛物の結び 一八三
  • 図四二三 水引のこま結び 一八三
  • 図四二四 水引のかたわな結び 一八四
  • 図四二五 水引のもろわな結び 一八五
  • 図四二六 水引の鮑結び 一八五
  • 図四二七 水引の逆鮑結び 一八五
  • 図四二八 水引の飾り巻きあげ 一八五
  • 図四二九 水引の鮑がえし結び 一八五
  • 図四三〇 水引の双輪相生結び 一八五
  • 図四三一 水引の相生結び 一八七
  • 図四三二 水引の石菖結び 一八七
  • 図四三三 一束一本の折り形 一八七
  • 図四三四 中元結び 一八七
  • 図四三五 和服の帯の結び 一八八
  • 図四三六 降帯の結び 一九一
  • 図四三七 はせこ、はさみ帯、はせ帯 一九一
  • 図四三八 貝の口 一九一
  • 図四三九 おたいこ結び 一九三
  • 図四四〇 きっちゃ結び 一九三
  • 図四四一 単帯の結び 一九三
  • 図四四二 立やの字結び 一九三
  • 図四四三 襠下帯の結び 一九三
  • 図四四四 文庫結び 一九五
  • 図四四五 さげ帯の結び 一九五
  • 図四四六 だらりの帯 一九五
  • 図四四七 千鳥結び 一九五
  • 図四四八 都鳥結び 一九六
  • 図四四九 弥生結び 一九六
  • 図四五〇 七五三の祝帯の結び 一九六
  • 図四五一 花嫁の帯の鳳鳳結び 一九六
  • 図四五二 花嫁の帯の対扇結び 一九七
  • 図四五三 花嫁の帯の菊結び 一九七
  • 図四五四 袴下帯の結び 一九七
  • 図四五五 禅僧の帯の結び 一九七
  • 図四五六 横綱の飾り結び 一九八
  • 図四五七 たたんだ産衣の飾り結び 一九九
  • 図四五八 蝶ネクタイの結び 一九九
  • 図四五九 結び下げネクタイの結び<1> 一九九
  • 図四六〇 結び下げネクタイの結び<2> 一九九
  • 図四六一 結び下げネクタイの結び<3> 一九九
  • 図四六二 袴の紐の結び 二〇一
  • 図四六三 男袴の紐のたたみ方 二〇一
  • 図四六四 女袴の紐のたたみ方 二〇一
  • 図四六五 水干装束の結び 二〇一
  • 図四六六 烏帽子の掛緒の結び<1> 二〇一
  • 図四六七 鳥帽子の掛緒の結び<2> 二〇二
  • 図四六八 烏帽子の掛緒の結び<3> 二〇三
  • 図四六九 烏帽子の掛緒の結び<4> 二〇三
  • 図四七〇 髪結もとどりの結び 二〇三
  • 図四七一 結髪 二〇四
  • 図四七二 代表的な髪型 二〇七
  • 図四七三 太刀の下げ緒の結び 二〇七
  • 図四七四 阿部家伝、太刀の帯取り法 二〇八
  • 図四七五 川口家伝、太刀の帯取り法 二〇八
  • 図四七六 阿部家伝、儀式用太刀の帯取り法 二〇八
  • 図四七七 『包結之栞』による儀式用太刀の帯取り法 二〇九
  • 図四七八 刀の下げ緒の巻き方 二〇九
  • 図四七九 槍の紐の巻き納め方 二一〇
  • 図四八〇 刀袋の緒の結び<1> 二一一
  • 図四八一 刀袋の緒の結び<2> 二一一
  • 図四八二 刀袋の緒の結び<3> 二一一
  • 図四八三 小さ刀の袋の緒の結び 二一一
  • 図四八四 小さ刀の長緒の結び 二一一
  • 図四八五 刀の袋の緒の特殊な結び 二一一
  • 図四八六 社寺登城小刀の袋の緒の結び 二一二
  • 図四八七 刀袋の乳のない場合の緒の結び 二一二
  • 図四八八 守脇差の袋の緒の結び<1> 二一三
  • 図四八九 守脇差の袋の緒の結び<2> 二一三
  • 図四九〇 守袋つき刀袋の緒の結び<1> 二一三
  • 図四九一 守袋つき刀袋の緒の結び<2> 二一三
  • 図四九二 守袋つき刀袋の緒の結び<3> 二一四
  • 図四九三 守袋つき刀袋の緒の結び<4> 二一五
  • 図四九四 守袋つき刀袋の緒の結び<5> 二一五
  • 図四九五 守袋つき刀袋の緒の結び<6> 二一五
  • 図四九六 長刀の鞘袋の緒の結び<1> 二一五
  • 図四九七 長刀の鞘袋の緒の結び<2> 二一六
  • 図四九八 長刀の鞘袋の緒の結び<3> 二一六
  • 図四九九 長刀の鞘袋の緒の結び<4>つけ結び 二一六
  • 図五〇〇 槍・傘袋の緒の結び 二一六
  • 図五〇一 阿部家伝、槍の鞘袋の緒の結び 二一七
  • 図五〇二 阿部家伝、傘袋の緒の結び 二一七
  • 図五〇三 阿部家伝、婚礼立傘袋の緒の結び 二一七
  • 図五〇四 阿部家伝、傘または槍袋の緒の結び<1> 二一八
  • 図五〇五 阿部家伝、傘または槍袋の緒の結び<2> 二一九
  • 図五〇六 装飾結びのシージング 二一九
  • 図五〇七 垣根のしゅろ縄の結び 二一九
  • 図五〇八 書物の綴じ方 二二一
  • 図五〇九 屏風のつなぎの仕立て方 二二四
  • 図五一〇 鎖結び<1> 二二六
  • 図五一一 鎖結び<2> 二二七
  • 図五一二 三つ組<1> 二二七
  • 図五一三 三つ組<2> 二二七
  • 図五一四 三つ組<3> 二二七
  • 図五一五 三つ頭 二二七
  • 図五一六 四つ頭 二二七
  • 図五一七 綾結び 二二七
  • 図五一八 幕手縄の結び<1> 二二九
  • 図五一九 幕手縄の結び<2> 二二九
  • 図五二〇 幕手縄の結び<3> 二三〇
  • 図五二一 幕手縄の結び<4> 二三〇
  • 図五二二 幕手縄の結び<5> 二三一
  • 図五二三 幕手縄の結び<6> 二三一
  • 図五二四 鷹の大緒の結び<1> 二三三
  • 図五二五 鷹の大緒の結び<2> 二三三
  • 図五二六 鷹の大緒の結び<3> 二三三
  • 図五二七 鷹の大緒の結び<4> 二三四
  • 図五二八 露結び<1> 二三七
  • 図五二九 露結び<2> 二三七
  • 図五三〇 鳥の首と兎頭 二三七
  • 図五三一 菊綴 二三八
  • 図五三二 平紐のたたみ方 二三八
  • 図五三三 一筋叶結び<1> 二三八
  • 図五三四 一筋叶結び<2> 二三九
  • 図五三五 一筋五行結び<1> 二四〇
  • 図五三六 一筋五行結び<2> 二四一
  • 図五三七 正倉院御物硝子尺の紐結び 二四一
  • 図五三八 正倉院御物組紐の結び 二四一
  • 図五三九 正倉院御物刀子結び紐 二四一
  • 図五四〇 正倉院御物魚符紐結び 二四一
  • 図五四一 正倉院御物鑑紐結び 二四一
  • 図五四二 こはぜの結節<1>いいぼ結び、蜻蛉頭 二四二
  • 図五四三 こはぜの結節<2>釈迦頭 二四三
  • 図五四四 こはぜの結節<3>釦結び 二四三
  • 図五四五 こはぜの結節<4> 二四三
  • 図五四六 こはぜの結節<5>こはぜ結び 二四三
  • 図五四七 こはぜの結節<6>小児拳 二四三
  • 図五四八 緒締一筋立 二四三
  • 図五四九 緒締二筋立 二四四
  • 図五五〇 略緒締一筋立 二四四
  • 図五五一 略緒締二筋立 二四五
  • 図五五二 六方緒締 二四五
  • 図五五三 根付結び 二四五
  • 図五五四 とんぼう結び、ほらのかいどめ 二四五
  • 図五五五 あげまき<1> 二四五
  • 図五五六 あげまき<2> 二四六
  • 図五五七 あげまき<3> 二四七
  • 図五五八 鬼頭結び 二四七
  • 図五五九 掛帯結び 二四七
  • 図五六〇 けまん結び 二四七
  • 図五六一 蝶目結 二四七
  • 図五六二 鮑結び 二四七
  • 図五六三 六葉結び 二四八
  • 図五六四 四つ手結び 二四八
  • 図五六五 三つ輪取手、五行鮑、御簾飾 二四九
  • 図五六六 かりろく飾り結び 二四九
  • 図五六七 淡路繋ぎ 二四九
  • 図五六八 かさねあげまき、あげまきつなぎ 二四九
  • 図五六九 三つ輪取結び、四菱結び 二五〇
  • 図五七〇 唐結び 二五〇
  • 図五七一 蝶結び 二五〇
  • 図五七二 装束飾の結び 二五一
  • 図五七三 思結び 二五一
  • 図五七四 あげまきじめ 二五一
  • 図五七五 四菱結び 二五一
  • 図五七六 蝉結び 二五一
  • 図五七七 相生結び 二五二
  • 図五七八 松、竹、梅の結び 二五三
  • 図五七九 四つ組松結び、四つ組竹結び、四つ組梅結び 二五三
  • 図五八〇 蝶結び 二五三
  • 図五八一 飽飾雌蝶雄蝶 二五三
  • 図五八二 鶴亀の結び 二五四
  • 図五八三 鮑結びの応用<1> 二五五
  • 図五八四 鮑結びの応用<2> 二五五
  • 図五八五 旗紐の飾り結び<1> 二五五
  • 図五八六 旗紐の飾り結び<2> 二五六
  • 図五八七 旗紐の飾り結び<3> 二五六
  • 図五八八 真の蜻蛉結び 二五七
  • 図五八九 真の蜻蛉結び、真の掛蜻蛉結び 二五七
  • 図五九〇 草の蜻蛉結び 二五七
  • 図五九一 蜻蛉結びの異形<1> 二五七
  • 図五九二 蜻蛉結びの異形<2> 二五七
  • 図五九三 古代母衣結び 二五七
  • 図五九四 三弁花結び 二五八
  • 図五九五 阿部家伝、ヲモ形結び 二五八
  • 図五九六 襖引手結び 二五九
  • 図五九七 二重叶結び<1> 二五九
  • 図五九八 横一重叶結び、横二重叶結び 二五九
  • 図五九九 二重叶結び<2> 二五九
  • 図六〇〇 木瓜結び 二五九
  • 図六〇一 東結び 二五九
  • 図六〇二 花結び<1> 二六〇
  • 図六〇三 花結び<2>二つ輪結び 二六〇
  • 図六〇四 花結び<3>三つ輪結び 二六一
  • 図六〇五 花結び<4>梅結び、蝶結び、わらび結び 二六一
  • 図六〇六 花結び<5> 二六一
  • 図六〇七 花結び<6>新橋結び 二六二
  • 図六〇八 花結び<7>菊花結び 二六三
  • 図六〇九 花結び<8>八重菊結び 二六三
  • 図六一〇 花結び<9>蝶花形結び 二六三
  • 図六一一 花結び<10>紅葉結び、梅結び 二六三
  • 図六一二 花結び<11>くさめ結び 二六三
  • 図六一三 儀礼章の結び 二六四
  • 図六一四 蜷結び 二六四
  • 図六一五 蜷結びの応用 二六五
  • 図六一六 蜷結びの近代様 二六七
  • 図六一七 組み紐<1> 二六七
  • 図六一八 組み紐<2>四角編み、丸編み 二六七
  • 図六一九 組み紐<3>むかで編み、ねじ編み 二六七
  • 図六二〇 編み物<1>二本棒編み 二六八
  • 図六二一 編み物<2>鉤針編み 二六八
  • 図六二二 麦稈真田編み<1>三つ組、四つ組 二六九
  • 図六二三 麦稈真田編み<2>五つ平編み 二六九
  • 図六二四 麦稈真田編み<3>四つ菱編み 二六九
  • 図六二五 麦稈真田編み<4>六つ菱編み 二七一
  • 図六二六 麦稈真田編み<5>八方菱の編み 二七一
  • 図六二七 麦稈真田編み<6>麦稈細工 二七一
  • 図六二八 房紐 二七二
  • 図六二九 玉総結び 二七三

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで