サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

豊穣の海・有明海の現状と課題 = Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea

大嶋雄治 編

詳細情報

タイトル 豊穣の海・有明海の現状と課題 = Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea
著者 大嶋雄治 編
著者標目 大嶋, 雄治
著者標目 日本水産学会
シリーズ名 水産学シリーズ ; 173
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社恒星社厚生閣
出版年月日等 2012.9
大きさ、容量等 124p ; 21cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784769912842
価格 3600円
JP番号 22151000
トーハンMARC番号 32813981
別タイトル Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea
部分タイトル 有明海佐賀県海域におけるノリ漁期の植物プランクトン / 松原賢 著
部分タイトル 有明海で発生する有害鞭毛藻 / 吉田誠 著
部分タイトル ノリ養殖の変遷と現状 / 川村嘉応, 横尾一成 著
部分タイトル タイラギの異常と資源回復への取り組み / 松山幸彦 著
部分タイトル 有明海におけるハマグリの生息状況と資源管理へ向けた取り組み / 逸見泰久 著
部分タイトル 有明海の魚類相と各種の資源生態 / 山口敦子, 古満啓介, 久米元 著
部分タイトル 有明海特産種エツの生態と漁業の現状 / 林宗徳, 松本昌大 著
部分タイトル 魚介類の生息環境としての有明海とその変動特性 / 速水祐一 著
部分タイトル ナルトビエイの利用加工と有効利用の可能性 / 山浦啓治 著
シリーズ著者日本水産学会 監修
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 海洋汚染--九州地方
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 水産保護--九州地方
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 有明海
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB727
NDC(9版) 663.96 : 水産基礎学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで