サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

LED照明のアプリケーションと技術 = Application and Technology of LED Lighting : 光学設計・評価・光学部品

関英夫 監修

詳細情報

タイトル LED照明のアプリケーションと技術 = Application and Technology of LED Lighting : 光学設計・評価・光学部品
著者 関英夫 監修
著者標目 関, 英夫
シリーズ名 エレクトロニクスシリーズ
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー出版
出版年月日等 2012.9
大きさ、容量等 255p ; 27cm
ISBN 9784781305677
価格 68000円
JP番号 22154210
トーハンMARC番号 32818017
別タイトル Application and Technology of LED Lighting
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) LED照明
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC ND371
NDC(9版) 549.81 : 電子工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • LED照明のアプリケーションと技術 =Application and Technology of LED Lighting : 光学設計・評価・光学部品
  • 目次
  • 第1編 LED照明機器のアプリケーション
  • 第1編 第1章 照明デザインの概要とLED照明の留意点 岡本賢
  • 第1編 第1章 1 照明デザインの概要 3
  • 第1編 第1章 1 1.1 照明業界全体の概要 3
  • 第1編 第1章 1 1.2 照明デザインとは? 3
  • 第1編 第1章 1 1.3 建築照明デザインの流れ 5
  • 第1編 第1章 2 照明計画に関する基本的な用語解説 6
  • 第1編 第1章 2 2.1 色温度 6
  • 第1編 第1章 2 2.2 演色性 7
  • 第1編 第1章 2 2.3 グレアと遮光角 8
  • 第1編 第1章 2 2.4 1/2ビーム角・1/2照度角 9
  • 第1編 第1章 2 2.5 建築化照明 10
  • 第1編 第1章 2 2.6 タスク・アンビエント照明 12
  • 第1編 第1章 2 2.7 明るさ感 13
  • 第1編 第1章 2 2.8 照明実験・モックアップ 13
  • 第1編 第1章 2 2.9 フォーカシング 14
  • 第1編 第1章 3 LED照明の留意点 15
  • 第1編 第1章 3 3.1 照明計画・照明デザインとLED照明 15
  • 第1編 第1章 3 3.2 電球形LEDランプ/LEDランプと器具一体形 16
  • 第1編 第1章 3 3.3 マルチシャドウ 18
  • 第1編 第1章 3 3.4 調光 20
  • 第1編 第1章 3 3.5 実物を確認する 20
  • 第1編 第2章 施設・店舗用照明機器 岡安泉
  • 第1編 第2章 1 商業施設 22
  • 第1編 第2章 1 1.1 エントランス 22
  • 第1編 第2章 1 1.2 共用通路 23
  • 第1編 第2章 1 1.3 食品売場 24
  • 第1編 第2章 1 1.4 総合店舗 24
  • 第1編 第2章 1 1.5 衣料品店 24
  • 第1編 第2章 1 1.6 貴金属店 26
  • 第1編 第2章 1 1.7 映画館 26
  • 第1編 第2章 1 1.8 飲食店 26
  • 第1編 第2章 2 量販店 27
  • 第1編 第2章 3 図書館 27
  • 第1編 第3章 屋外照明器具(演出型器具・イルミネーション・街路灯・投光器) 松川晋也
  • 第1編 第3章 1 屋外用照明器具の条件 29
  • 第1編 第3章 2 屋外型LED照明の種類と使用用途 31
  • 第1編 第3章 3 意匠・演出型LED屋外照明器具 31
  • 第1編 第3章 3 3.1 RGB演出型LED器具 32
  • 第1編 第3章 3 3.2 イルミネーション演出照明器具 33
  • 第1編 第3章 3 3.3 LED地中埋設型照明器具 34
  • 第1編 第3章 4 機能型LED屋外照明器具 35
  • 第1編 第3章 4 4.1 LED街路灯,LED防犯灯 36
  • 第1編 第3章 4 4.2 LED投光器,LED屋外型スポットライト 38
  • 第1編 第3章 4 4.3 LED庭園灯,LED足下灯 39
  • 第1編 第3章 5 光害について 40
  • 第1編 第3章 6 LED屋外照明器具に対する今後の期待 41
  • 第1編 第4章 オフィス・住宅用照明器具(ベースライト,ダウンライト,電球型,蛍光ランプ型) 遠藤充彦
  • 第1編 第4章 1 オフィス用照明器具 43
  • 第1編 第4章 1 1.1 オフィス空間と照度の変遷 43
  • 第1編 第4章 1 1.2 オフィスワーキングの変化と照明要件 46
  • 第1編 第4章 1 1.3 今後求められるオフィスビル空間性能と省エネの潮流 48
  • 第1編 第4章 1 1.4 新しい照明推奨照度について 49
  • 第1編 第4章 1 1.5 LEDによるオフィス照明の適合性 49
  • 第1編 第4章 1 1.6 LEDのデジタル制御の長所を生かした調光調色技術 50
  • 第1編 第4章 1 1.7 まとめ:オフィス用LED照明器具の求められる条件 51
  • 第1編 第4章 2 住宅用照明器具 53
  • 第1編 第4章 2 2.1 住宅用照明の成り立ち 53
  • 第1編 第4章 2 2.2 白熱ランプとLED電球 53
  • 第1編 第4章 2 2.3 ダウンライトとLED電球 54
  • 第1編 第4章 2 2.4 シーリングライト・ペンダントとLED電球 55
  • 第1編 第4章 2 2.5 屋外照明とLED 56
  • 第1編 第4章 2 2.6 住宅用LED照明器具 56
  • 第1編 第4章 2 2.7 まとめ:住宅用LED照明器具の求められる条件 57
  • 第1編 第5章 展示用照明 佐久間茂
  • 第1編 第5章 1 概略 58
  • 第1編 第5章 1 1.1 展示用照明に必要な特性 59
  • 第1編 第5章 1 1.2 展示用照明の種類について 61
  • 第1編 第5章 1 1.3 照明計画の注意点 62
  • 第1編 第5章 2 各種照明器具の構造とその特徴 62
  • 第1編 第5章 2 2.1 空間照明 63
  • 第1編 第5章 2 2.2 ケース内照明 63
  • 第1編 第5章 3 電源・制御 72
  • 第1編 第5章 3 3.1 電源について 72
  • 第1編 第5章 3 3.2 調光方式について 72
  • 第1編 第6章 舞台照明機器 渋谷寛之
  • 第1編 第6章 1 舞台照明設備 73
  • 第1編 第6章 2 照明機器 76
  • 第1編 第6章 2 2.1 従来のフラッドライト 76
  • 第1編 第6章 2 2.2 ボーダーライト 76
  • 第1編 第6章 2 2.3 アッパー・ロアーホリゾントライト 77
  • 第1編 第6章 2 2.4 フットライト 77
  • 第1編 第6章 3 LEDフラッドライトの考え方 77
  • 第1編 第6章 3 3.1 LEDホーダーライトの例 80
  • 第1編 第6章 3 3.2 LEDフットライトの例 83
  • 第1編 第6章 3 3.3 LEDホリゾントライトの例 84
  • 第1編 第6章 4 従来のスポットライト 85
  • 第1編 第6章 4 4.1 平凸スポットライト 85
  • 第1編 第6章 4 4.2 フレネルレンズスポットライト 86
  • 第1編 第6章 4 4.3 カッタースポットライト 87
  • 第1編 第6章 4 4.4 パーライト 87
  • 第1編 第6章 5 LEDスポットライトの考え方 89
  • 第1編 第6章 5 5.1 単レンズスポットライトの例 89
  • 第1編 第6章 5 5.2 カッタースポットライトの例 92
  • 第1編 第6章 5 5.3 LEDパッケージを使ったスポットライトの例 93
  • 第1編 第7章 植物栽培用照明機器 秋間和広,宮坂裕司
  • 第1編 第7章 1 植物と光 96
  • 第1編 第7章 2 植物の光に対する反応 97
  • 第1編 第7章 3 植物の生長に関連する光の単位 99
  • 第1編 第7章 4 植物栽培用照明の種類と特徴 99
  • 第1編 第7章 5 植物の生長に及ぼす光質の影響 101
  • 第1編 第7章 6 LED照明の電力消費 103
  • 第1編 第8章 検査機器・画像処理用照明機器 増村茂樹
  • 第1編 第8章 1 背景と現状 106
  • 第1編 第8章 2 マシンビジョンライティングの機能要件 107
  • 第1編 第8章 2 2.1 視覚機能構築の課題とアプローチ 109
  • 第1編 第8章 2 2.2 マシンビジョンにおける照明系の役割 111
  • 第1編 第8章 2 2.3 照明系の最適化設計へのアプローチ 112
  • 第1編 第8章 3 一般照明とマシンビジョンライティング 113
  • 第1編 第8章 4 LED照明の適合性 116
  • 第2編 LED照明の光学設計
  • 第2編 第9章 LED照明光学系設計の理解に役立つ光学理論 牛山善太
  • 第2編 第9章 1 光というものをどのように考えるか 123
  • 第2編 第9章 1 1.1 光線としての性質 123
  • 第2編 第9章 1 1.2 波としての性質 123
  • 第2編 第9章 1 1.3 粒子としての性質 124
  • 第2編 第9章 2 光がどこを通るのか 125
  • 第2編 第9章 2 2.1 誘電体の形成する自由空間 25
  • 第2編 第9章 2 2.2 異なる性質の媒質により形成される境界面 126
  • 第2編 第9章 2 2.3 微粒子の存在する誘電体媒質 126
  • 第2編 第9章 3 光の進み方を考える 126
  • 第2編 第9章 3 3.1 光線とは 126
  • 第2編 第9章 3 3.2 光の進み方を考える上で重要な法則,ならびに計算結果 127
  • 第2編 第10章 基本的な照明理論 牛山善太
  • 第2編 第10章 1 照明の基本単位 131
  • 第2編 第10章 1 1.1 放射量,視感度そして立体角 131
  • 第2編 第10章 1 1.2 重要な測光諸量の定義 132
  • 第2編 第10章 2 照明系設計の簡単な法則など 134
  • 第2編 第10章 2 2.1 放射照度の法則 134
  • 第2編 第10章 2 2.2 輝度不変則の概念 135
  • 第2編 第10章 2 2.3 光源の形状と照度の関係について 141
  • 第2編 第11章 照明系設計・シミュレーションソフトついて 牛山善太
  • 第2編 第11章 1 照明系設計ソフトとは 144
  • 第2編 第11章 2 照明系評価ソフトの分類 146
  • 第2編 第12章 照明シミュレーション 稲畑達雄
  • 第2編 第12章 1 光源の配置と照度分布 151
  • 第2編 第12章 2 LEDユニットと室内照明 154
  • 第2編 第12章 3 LEDユニットと街路灯 156
  • 第3編 LED照明の評価
  • 第3編 第13章 LED照明の測光技術 岩永敏秀
  • 第3編 第13章 1 測光の概要 163
  • 第3編 第13章 1 1.1 視感度と光束 163
  • 第3編 第13章 2 LED単体の測光・測色 165
  • 第3編 第13章 2 2.1 概要 165
  • 第3編 第13章 2 2.2 LED単体の光度測定 165
  • 第3編 第13章 2 2.3 LED単体の全光束測定 166
  • 第3編 第13章 2 2.4 異色測光誤差 167
  • 第3編 第13章 3 LEDモジュールやLED照明器具の測光・測色 169
  • 第3編 第13章 3 3.1 概要 169
  • 第3編 第13章 3 3.2 LEDの温度特性 169
  • 第3編 第13章 3 3.3 光度・配光測定の注意点 170
  • 第3編 第13章 3 3.4 全光束測定の注意点 170
  • 第3編 第13章 4 LED測光システムの例 172
  • 第3編 第13章 4 4.1 光源の測光システム 172
  • 第3編 第13章 4 4.2 全光束測定システム 173
  • 第3編 第13章 4 4.3 配光測定システムー 173
  • 第3編 第14章 演色性評価 中村広隆
  • 第3編 第14章 1 光と色 176
  • 第3編 第14章 2 視覚系の仕組み 177
  • 第3編 第14章 3 色覚メカニズム 179
  • 第3編 第14章 4 表色系 179
  • 第3編 第14章 4 4.1 等色実験と三刺激値 180
  • 第3編 第14章 4 4.2 RGB表色系 181
  • 第3編 第14章 4 4.3 XYZ表色系の三刺激値と色度座標 183
  • 第3編 第14章 4 4.4 均等色度図 184
  • 第3編 第14章 4 4.5 均等色空間 185
  • 第3編 第14章 5 光源の色の評価 186
  • 第3編 第14章 5 5.1 色温度 186
  • 第3編 第14章 5 5.2 演色性の評価 187
  • 第3編 第14章 5 5.3 演色評価数の数値例 189
  • 第4編 LED照明用光学部品
  • 第4編 第15章 集光レンズ 金井紀文
  • 第4編 第15章 1 光源 193
  • 第4編 第15章 1 1.1 波長分布 193
  • 第4編 第15章 1 1.2 配光特性 194
  • 第4編 第15章 1 1.3 全光束 194
  • 第4編 第15章 2 設計可否検討 195
  • 第4編 第15章 2 2.1 一般化Lagrange不変量 195
  • 第4編 第15章 2 2.2 一般化Lagrange不変量とStraubelの定理の等価性 195
  • 第4編 第15章 2 2.3 ランバート光源のEtendueの計算例 196
  • 第4編 第15章 2 2.4 照射効率見積り(1) 197
  • 第4編 第15章 2 2.5 照射効率見積り(2) 198
  • 第4編 第15章 2 2.6 照度分布見積り 200
  • 第4編 第15章 3 光学部材 201
  • 第4編 第15章 4 レンズの種類 201
  • 第4編 第16章 レンズ機能拡散板―マイクロレンズアレイによるLED照明のムラ解消技術 関英夫
  • 第4編 第16章 1 レンズ機能拡散板による照明ムラの解消 203
  • 第4編 第16章 2 レンズ拡散板の機能と特徴 204
  • 第4編 第16章 3 一般的な拡散板との違い 206
  • 第4編 第16章 4 一般的な集光レンズとの併用 207
  • 第4編 第16章 5 一般照明分野での高品位化要求に対応 207
  • 第4編 第16章 6 レンズ拡散板―LSDの製法と基板の種類 209
  • 第4編 第16章 7 照明シミュレーションソフトによる検証 210
  • 第4編 第17章 照明カバー用ポリカーボネート樹脂材料 松井宏道
  • 第4編 第17章 1 拡散剤による光拡散手法 213
  • 第4編 第17章 2 難燃化 214
  • 第4編 第17章 2 2.1 難燃性に関する規格 214
  • 第4編 第17章 2 2.2 難燃剤 214
  • 第4編 第17章 3 照明カバー用材料の成形方法 215
  • 第4編 第17章 4 光学特性 215
  • 第4編 第17章 5 照明カバー用材料の実際 216
  • 第4編 第17章 6 照明カバー用材料の課題 216
  • 第4編 第18章 LED照明用光拡散シート 河井兼次
  • 第4編 第18章 1 光拡散シート「ユニルック(R)」の特徴 222
  • 第4編 第18章 1 1.1 優れた光線透過率と拡散性 222
  • 第4編 第18章 1 1.2 使用目的に合わせた拡散パターンコントロール 224
  • 第4編 第18章 1 1.3 輝点(不快グレア)の抑制効果 225
  • 第4編 第18章 1 1.4 成型品への応用 226
  • 第4編 第19章 LED照明器具用アルミ反射板 デトレフ・デュエ
  • 第4編 第19章 1 LEDの課題 230
  • 第4編 第19章 1 1.1 長寿命対応 230
  • 第4編 第19章 1 1.2 防眩 231
  • 第4編 第19章 1 1.3 配光コントロール 231
  • 第4編 第19章 2 アルミ反射板の特性 232
  • 第4編 第19章 2 2.1 長寿 232
  • 第4編 第19章 2 2.2 防眩 233
  • 第4編 第19章 2 2.3 配光コントロール 234
  • 第4編 第19章 3 その他 236
  • 第4編 第20章 導光板(LEDの面光源化) 松井弘一
  • 第4編 第20章 1 導光板開発のヒント 238
  • 第4編 第20章 2 導光板の開発へ 238
  • 第4編 第20章 3 新聞発表と意外な反響 238
  • 第4編 第20章 4 シェアNO.1 239
  • 第4編 第20章 5 業界の姿に違和感を,薄型の"導光パネル"開発へ 240
  • 第4編 第20章 6 "導光パネル"を発売 240
  • 第4編 第20章 7 住友化学の導光板素材 240
  • 第4編 第20章 8 "導光パネル"発売とクレーム 241
  • 第4編 第20章 9 失敗を経験しての新開発と製品作りの注意点 242
  • 第4編 第20章 9 9.1 新開発1:別体枠の開発(日本,韓国,米国で特許取得。日本特許第4990952号) 242
  • 第4編 第20章 9 9.2 新開発2:吊下げ額縁等の開発(特許出願済) 243
  • 第4編 第20章 9 9.3 新開発3:柔軟連結の開発(特許出願済) 244
  • 第4編 第20章 9 9.4 新開発4:導光板サイズの限界に挑戦(特許第5049945号) 245
  • 第4編 第20章 9 9.5 新開発5:クレーム事例対策 246
  • 第4編 第20章 10 特許対策について 247
  • 第4編 第20章 11 その他,業界で注目している事柄 247
  • 第4編 第21章 超微細発泡光反射板 株本昭
  • 第4編 第21章 1 光学特性 249
  • 第4編 第21章 2 諸特性 250
  • 第4編 第21章 3 熱成型性(加工性) 251
  • 第4編 第21章 4 応用事例 253

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで