サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

フクシマの正義 : 「日本の変わらなさ」との闘い

開沼博 著

詳細情報

タイトル フクシマの正義 : 「日本の変わらなさ」との闘い
著者 開沼博 著
著者標目 開沼, 博, 1984-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社幻冬舎
出版年月日等 2012.9
大きさ、容量等 380p ; 19cm
ISBN 9784344022393
価格 1800円
JP番号 22224430
トーハンMARC番号 32810553
部分タイトル 復興の内実
部分タイトル ぶつかり合う正義
部分タイトル 日本はなぜこんなに変わらないのか
部分タイトル 「弱者」を利用してきた「知識人」
部分タイトル 「東京的なるもの」への欲望
部分タイトル 「地方」という植民地
部分タイトル なぜ福島に原発ができたのか
部分タイトル 今アカデミズムに何ができるのか
部分タイトル 研究なんかで食えると思うな
部分タイトル デモで社会は変わったのか
部分タイトル 「善意」が生み出す悪
部分タイトル ふたたび「宗教」化した世界で
部分タイトル なぜ彼女はマスクを外したか
部分タイトル 放射線と花粉の日常
部分タイトル モンスター・ボランティア
部分タイトル 遺体と向きあった六〇日
部分タイトル それでも原発と生きていく
部分タイトル 「模範解答」は書かない.原発避難者は今どうしているのか / 山下祐介 述
部分タイトル 敵も悲劇もつくるな / 高橋源一郎 述
部分タイトル 原発安全信仰の皮肉な拡大 / 荻上チキ 述
部分タイトル 原発は地域を守ってきたのか / 逢坂誠二 述
部分タイトル 沖縄、福島-踏み台の苦難 / 大城立裕 述
部分タイトル 福島は不幸であり続けなくてはいけないのか / 大野更紗 述
部分タイトル 「東電タブー」とは何か / 佐野眞一 述
部分タイトル あえて「希望」は見ない / 古市憲寿 述
部分タイトル なぜ「フクシマ」を問い続けるのか
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 福島第一原発事故 (2011)
件名(キーワード) 原子力政策--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 福島県--行政
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EG77
NDC(9版) 369.36 : 社会福祉
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで