サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 博士論文

去勢抵抗性前立腺癌に対する治療法の確立についての検討 : 去勢抵抗性前立腺癌の発展に関与する前立腺神経内分泌癌モデルに対するゾレドロン酸、ソマトスタチンアナログの効果の検討、および去勢抵抗性前立腺癌患者における血清テストステロン値と抗アンドロゲン薬追加効果の検討

Kohei Hashimoto [著]

詳細情報

タイトル 去勢抵抗性前立腺癌に対する治療法の確立についての検討 : 去勢抵抗性前立腺癌の発展に関与する前立腺神経内分泌癌モデルに対するゾレドロン酸、ソマトスタチンアナログの効果の検討、および去勢抵抗性前立腺癌患者における血清テストステロン値と抗アンドロゲン薬追加効果の検討
著者 Kohei Hashimoto [著]
出版地(国名コード) JP
出版社[Kohei Hashimoto]
出版年月日等 [2012]
大きさ、容量等 1冊
注記 博士論文
注記 博士論文
部分タイトル 1
部分タイトル Anti-tumor effects of zoledronic acid and somatostatin analogues in a murine prostatic neuroendocrine carcinoma model of the development of castration-resistant prostate cancer = 去勢抵抗性前立腺癌の発展に関与するマウス神経内分泌癌モデルに対するゾレドロン酸、ソマトスタチンアナログの効果
部分タイトル 2
部分タイトル Serum testosterone level to predict the efficacy of sequential use of antiandrogens as second-line treatment following androgen deprivation monotherapy in patients with castration-resistant prostate cancer = 去勢抵抗性前立腺癌患者における血清テストステロン値と去勢単独療法後二次療法としての抗アンドロゲン薬追加効果の予測
出版年(W3CDTF) 2012
NDLC UT51
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 書写資料
資料の種別 博士論文
授与大学名 札幌医科大学
授与年月日 平成24年3月31日
報告番号 甲第1090号
学位 博士 (医学)
言語(ISO639-2形式) eng : English

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで