サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

図説イスラーム庭園

フェアチャイルド・ラッグルズ 著,桝屋友子 監修,木村高子 訳

詳細情報

タイトル 図説イスラーム庭園
著者 フェアチャイルド・ラッグルズ 著
著者 桝屋友子 監修
著者 木村高子 訳
著者標目 Ruggles, D. Fairchild
著者標目 桝屋, 友子, 1961-
著者標目 木村, 高子
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社原書房
出版年月日等 2012.9
大きさ、容量等 295p 図版16p ; 27cm
注記 原タイトル: ISLAMIC GARDENS AND LANDSCAPES
注記 文献あり
ISBN 9784562047741
価格 5800円
JP番号 22144938
トーハンMARC番号 32806188
別タイトル ISLAMIC GARDENS AND LANDSCAPES
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 庭園--イスラム圏
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KA444
NDC(9版) 629.22 : 造園
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 図説イスラーム庭園
  • Contents
  • 第1部
  • はじめに 6
  • 1 イスラームの風景 11
  • 1 場所と記憶
  • 2 砂漠に花を咲かせる 21
  • 2 荒涼たる大地を変身させる
  • 3 園芸術 37
  • 3 農耕や造園に関する書物
  • 4 大地を整備する 49
  • 4 十字型庭園とチャハール・バーグ
  • 5 樹木と草花 61
  • 5 文献、および考古学に基づいた植物学的痕跡
  • 6 庭園と景観の表現 75
  • 6 彩色写本、織物などの技法にみる比喩的描写
  • 7 空想の庭園 89
  • 7 理想の庭園、文学に登場する庭園
  • 8 楽園としての庭園 105
  • 8 絵画表現の歴史的起源
  • 9 現世と来世 121
  • 9 廟と墓廟庭園
  • 10 景観としての庭園 137
  • 10 タージ・マハルとその先駆者たち
  • 11 宗教と文化 153
  • 11 非イスラームによるイスラーム庭園文化の採用
  • 第2部
  • スペイン 176
  • コルドバ―大モスク<メスキータ>/マディーナ・アッ=ザフラー
  • グラナダ―アルハンブラ宮殿/ヘネラリーフェ離宮
  • モンテアグド―城
  • セビーリャ―アルカサル
  • イタリア シチリア 183
  • パレルモ―ファヴァラ宮殿/ジーザ宮殿
  • モロッコ 185
  • フェズ―ダール・アル=バサ/アブド・アル=カリ・パシャの宮殿
  • マラケシュ―アグダール庭園/アル=バディーウ宮殿/クトゥビーヤ
  • ラバト―シェーラ墓所
  • アルジェリア 190
  • バニー・ハンマードの要塞都市―ダール・アル=バフル
  • チュニジア 191
  • カイラワーン―アグラブ朝の貯水槽
  • マヌーバ―ブルジュ・アル=カビール/ブルジュ・クッバト・アン=ナース
  • エジプト 194
  • カイロ―アズハル公園/アズバキーヤ庭園/フスタートの市街地
  • トルコ 197
  • アランヤ―ハスバフチェ
  • イスタンブル―ボスフォラス海峡沿いのあずまや/フェネルバフチェ/カラバリ庭園/スレイマニイェ墓地/トプカプ宮殿
  • マルマラ海―ウスキュダル宮殿/イュルドゥズ宮殿
  • マニサ―マニサ宮殿
  • 大シリア 205
  • アッ=ルサーファ―宮苑
  • ダマスクス―アル=アズム宮殿/18、19世紀の住宅群
  • ウエストバンク―ヒルバト・アル=マフジャル
  • パルミュラ―カスル・アル=ハイル・イースト
  • オマーン 209
  • マスカット―スルターン・カーブース大学
  • イラク 210
  • サーマッラー―バルクワーラー宮殿/ダール・アル=ヒラーファ宮殿
  • イラン 212
  • イスファハーン―/ナイチンゲール庭園とハシュト・ビヒシュト<八つの楽園>/チャハール・バーグ大通り/チヒル・ストゥーン<40柱殿>
  • カーシャーン―フィーン庭園
  • シーラーズ―玉座の庭園
  • タブリーズ―王の池の庭園
  • アフガニスタン 219
  • ヘラート―アブド・アッラー・アンサーリー廟
  • イスターリフ―キャラーン庭園
  • カーブル―バーブル庭園
  • ラシュカレ・バーザール―宮殿群
  • トルクメニスタン 223
  • メルヴ―スルターン=サンジャル廟
  • パキスタン 224
  • ラーホール―ラーホール城/ヒラン・ミーナール/ジャハーンギーリー、アーサフ・ハーン、ヌール・ジャハーンの廟/シャーリーマール庭園
  • インド 228
  • アーグラー―イイティマード・アッ=ダウラ廟/月光庭園/ラーム庭園/アーグラー城<レッド・フォート>/タージ・マハル
  • アンベール―アンベール城/ジャイガル要塞
  • ビージャープル―イブラーヒーム・ラウザ複合施設
  • デリー―ジュード庭園/ハウズ・ハース/フマーユーン廟/ラシュトラ・パティ・バワン<副王宮>のムガル風庭園/デリー城<レッド・フォート>/サフダール・ジャング廟
  • ドールプル―睡蓮の庭園<ニールーファル庭園>
  • ディーグ―ディーグ宮殿
  • ファテープル・スィークリー―後宮庭園
  • カシュミール―アチャバル庭園/ニシャート庭園/シャーリーマール庭園/ヴェールナーグ
  • マーンドゥー―宮殿群
  • ナーガウル―アッヒチャトラガルブ城塞
  • オルチャ―アーナンド・マンダル庭園
  • スィカンドラ―アクバル廟
  • ウダイプル―市街宮殿
  • アメリカ合衆国 253
  • ハワイ州、ホノルル―シャングリラ館
  • ワシントン―エニド・A・ハウプト庭園
  • 庭園の所在地、イスラームの主な王朝 256
  • 用語集 258
  • 注 260
  • 参考文献 276
  • 監修者あとがき 290
  • 訳者あとがき 292

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで