サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 2011

東京マーケティング本部第三事業部 調査・編集

詳細情報

タイトル スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望
著者 東京マーケティング本部第三事業部 調査・編集
著者標目 富士経済
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社富士経済
出版年月日等 2011.8
大きさ、容量等 320p ; 30cm
ISBN 9784834914184
価格 100000円
JP番号 22146567
巻次 2011
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) エネルギー政策
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) スマートシティ
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL65
NDC(9版) 501.6 : 工業基礎学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望.2011
  • 目次
  • I. 総括・分析編
  • I. 1. スマート化によって形成される新市場/ビジョン(国内市場) 1
  • I. 2. スマートコミュニティ関連技術の標準化動向
  • I. 2. 2-1. スマートグリッド技術標準化に関連する組織/団体 3
  • I. 2. 2-2. 海外の標準化に向けた取り組み 4
  • I. 2. 2-3. 標準化に向けた最新動向 4
  • I. 2. 2-4. スマートグリッド関連の標準規格 6
  • I. 3. スマートコミュニティ関連市場の将来展望
  • I. 3. 3-1. 市場規模推移(2009年実績~2020年予測) 11
  • I. 3. 3-2. 製品開発動向 19
  • I. 3. 3-3. スマート化による課題・問題点 21
  • I. 4. スマートコミュニティ関連技術開発のロードマップ 26
  • I. 5. スマートコミュニティ関連ビジネスの業界構造
  • I. 5. 5-1. 主要プレーヤーのポジション 30
  • I. 5. 5-2. 参入企業一覧 31
  • I. 6. スマートコミュニティ・プロジェクト一覧 36
  • II. 国別個票編
  • II. 1. 日本 39
  • II. 2. アメリカ合衆国 48
  • II. 3. スペイン 63
  • II. 4. ドイツ 70
  • II. 5. フランス 79
  • II. 6. イギリス 86
  • II. 7. デンマーク 93
  • II. 8. オランダ 99
  • II. 9. イタリア 106
  • II. 10. スウェーデン 112
  • II. 11. 韓国 118
  • II. 12. 中国 123
  • II. 13. インド 129
  • II. 14. シンガポール 134
  • II. 《個票項目》
  • II. 1. 低炭素化政策
  • II. 2. 電力生産・最終消費量
  • II. 3. スマートコミュニティ関連の施策
  • II. 4. スマートコミュニティに係る主なプロジェクト、実証実験
  • II. 5. スマートコミュニティの位置づけと今後の見通し
  • III. 品目個票編
  • III. A. クリーンエネルギー領域
  • III. A. 1. 太陽光発電 139
  • III. A. 2. 小型風力発電 149
  • III. A. 3. 風力発電 154
  • III. A. 4. 小型水力発電 161
  • III. A. 5. バイオマス・廃棄物ガス化発電 165
  • III. A. 6. 未利用エネルギー(太陽熱・地熱) 170
  • III. A. 7. 燃料電池コージェネ 175
  • III. B. 電力貯蔵領域
  • III. B. 8. NAS電池 182
  • III. B. 9. ニッケル水素電池 186
  • III. B. 10. リチウムイオン電池 191
  • III. B. 11. 鉛電池 199
  • III. C. 系統・受配電・インフラ関連領域
  • III. C. 12. 超電導電力ケーブル 204
  • III. C. 13. 柱上変圧器 209
  • III. C. 14. 自動電圧調整器(SVR) 213
  • III. C. 15. 無効電力補償装置(SVC) 218
  • III. D. 次世代交通関連領域
  • III. D. 16. EV/PHV 223
  • III. D. 17. 燃料電池自動車 232
  • III. D. 18. 普通・急速充電器 237
  • III. D. 19. 水素ステーション 244
  • III. D. 20. V2G/V2H 249
  • III. E. 構成要素技術領域
  • III. E. 21. スマートメーター(電力・ガス) 256
  • III. E. 22. パワーコンディショナ 267
  • III. E. 23. PLC(電力線搬送通信)モジュール 272
  • III. E. 24. WiMAXサービス 278
  • III. E. 25. ZigBeeモジュール 283
  • III. F. エネルギーマネジメント領域
  • III. F. 26. HEMS(Home Energy Management System) 289
  • III. F. 27. BEMS(Building and Energy Management System) 295
  • III. F. 28. FEMS(Factory Energy Management System) 300
  • III. F. 29. CEMS(Community Energy Management System) 304
  • III. G. スマート交通領域
  • III. G. 30. 充電インフラシステム(充電インフラ+課金) 310
  • III. G. 31. バッテリー交換ステーション 316
  • III. 【個票記載項目】
  • III. 1. スマートコミュニティにおける製品の位置づけ/定義
  • III. 2. 市場概況/スマート化の現況
  • III. 3. スマートコミュニティに向けた取り組み
  • III. 4. 市場規模推移(2009年~2020年)
  • III. 5. 需要分野別構成比(日本市場)
  • III. 6. 主要プレーヤーの動向
  • III. 7. キーデバイス技術の動向
  • III. 8. スマート化による課題・問題点
  • III. 9. スマートコミュニティ形成の見通しと今後の方向性
  • III. 10. スマートコミュニティ関連プロジェクト一覧
  • III. 11. 参入企業の取扱製品一覧

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで