サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

うなぎ|謎の生物

虫明敬一 編

詳細情報

タイトル うなぎ|謎の生物
著者 虫明敬一 編
著者標目 虫明, 敬一, 1958-
シリーズ名 水産総合研究センター叢書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社築地書館
出版年月日等 2012.7
大きさ、容量等 279p ; 19cm
注記 索引あり
ISBN 9784806714415
価格 2400円
JP番号 22133994
トーハンMARC番号 32775739
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) ウナギ
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB764
NDC(9版) 666.695 : 水産増殖.養殖業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • うなぎ|謎の生物
  • もくじ
  • まえがき
  • 第1章 日本人とウナギ 廣瀬慶二,虫明敬一 13
  • 第1章 1 ウナギを食べる 14
  • 第1章 1 ウナギの語源と起源
  • 第1章 1 ウナギ料理
  • 第1章 1 ウナギの安全性
  • 第1章 2 ウナギの養殖 22
  • 第1章 2 ウナギの陸上生活
  • 第1章 2 ウナギ養殖の歴史
  • 第1章 3 養殖の種苗に使うシラスウナギ 28
  • 第1章 3 シラスウナギとは?
  • 第1章 3 シラスウナギの漁獲量
  • 第1章 3 シラスウナギの輸入
  • 第1章 4 ウナギの消費量 31
  • 第1章 4 国産ウナギの消費量
  • 第1章 4 輸入ウナギの消費量
  • 第1章 5 ウナギ種苗生産研究の夜明け 33
  • 第1章 5 国内でのウナギ種苗生産開拓者
  • 第1章 5 ウナギ種苗生産研究における県の役割
  • 第1章 6 ウナギプロジェクトへの道 40
  • 第1章 6 増養殖研究所とは?
  • 第1章 6 自然産卵に成功!
  • 第1章 6 ウナギは多回産卵するのか
  • 第1章 6 雑種はできるのか
  • 第1章 6 ウナギプロジェクト
  • 第2章 ウナギの産卵場を求めて 塚本勝巳 47
  • 第2章 1 産卵場の謎 49
  • 第2章 1 ウナギの生活史
  • 第2章 1 レプトセファルスの謎
  • 第2章 1 大西洋のウナギ産卵場
  • 第2章 1 世界のウナギ産卵場
  • 第2章 2 太平洋の調査 56
  • 第2章 2 産卵場調査の歴史
  • 第2章 2 ビギナーズラック
  • 第2章 2 魔法の石
  • 第2章 2 空白の時
  • 第2章 2 さまざまな試み
  • 第2章 3 二つの仮説 67
  • 第2章 3 採れない理由
  • 第2章 3 海山仮説
  • 第2章 3 新月仮説
  • 第2章 3 原点回帰と新兵器
  • 第2章 4 プレレプトセファルスの採集 76
  • 第2章 4 ハングリードッグ作戦
  • 第2章 4 プレレプトセファルスが採れた!
  • 第2章 4 経験することの意味
  • 第2章 4 プレレプトセファルスと卵の差
  • 第2章 5 親ウナギの捕獲 81
  • 第2章 5 漁業調査船・開洋丸
  • 第2章 5 出港
  • 第2章 5 親ウナギ捕獲!
  • 第2章 5 海山とウナギの産卵
  • 第2章 5 雌親魚の発見
  • 第2章 5 オオウナギとニホンウナギ
  • 第2章 5 産卵生態の不思議
  • 第2章 6 卵の発見 94
  • 第2章 6 合同調査
  • 第2章 6 卵が採れた!
  • 第2章 6 傾いた塩分フロント
  • 第2章 6 ウナギの当たり年
  • 第2章 6 産卵の水深
  • 第2章 6 遇然か、必然か?
  • 第2章 6 産卵地点の移動
  • 第2章 6 ウナギの未来
  • 第3章 ウナギをつくる 香川浩彦,太田博巳 107
  • 第3章 1 ウナギの性 108
  • 第3章 1 養殖ウナギは雄ばかり
  • 第3章 1 天然ウナギの性
  • 第3章 1 雄になるための条件
  • 第3章 1 養殖場ウナギの性
  • 第3章 1 ウナギの性転換
  • 第3章 1 外観からの性判別
  • 第3章 2 ウナギの成熟の不思議 121
  • 第3章 2 成熟したウナギはいない?
  • 第3章 2 天然のウナギも成熟しない?
  • 第3章 2 環境によって授かる命
  • 第3章 2 ウナギの寝床
  • 第3章 2 ウナギの試練
  • 第3章 2 成熟ウナギ発見
  • 第3章 2 ウナギの産卵回数は?
  • 第3章 2 なぜウナギは産卵を先延ばしにするのか
  • 第3章 2 ウナギの正しい産卵行動とは?
  • 第3章 3 ウナギを人工的に成熟させる方法 135
  • 第3章 3 歴史的な研究成果
  • 第3章 3 ウナギを成熟させる魔法の妙薬
  • 第3章 3 常識では考えられないホルモンの効き目
  • 第3章 3 サケ脳下垂体を集めろ.
  • 第3章 3 卵の黄身の役割
  • 第3章 3 サケ脳下垂体抽出液は万能ではなかった
  • 第3章 3 試験管の中の卵
  • 第3章 3 この研究は何の役に立つ?
  • 第3章 4 雌の成熟 149
  • 第3章 4 ウナギの卵は水っぽい
  • 第3章 4 水に浮かぶウナギの卵
  • 第3章 4 都合よくはいかないのがウナギ
  • 第3章 4 世界に誇る日本の技術
  • 第3章 4 怠慢が生んだ技術
  • 第3章 4 厳格な研究者の技術
  • 第3章 4 夢のゆくえ
  • 第3章 5 雄の成熟 162
  • 第3章 5 ウナギの精巣
  • 第3章 5 養殖した雄ウナギが成熟するまで
  • 第3章 5 ウナギの精子
  • 第3章 5 死んだ精子が半分以上!
  • 第3章 5 精子は海を泳ぐ
  • 第3章 5 卵のトンネルに引き寄せられる精子
  • 第3章 5 精子は冷蔵庫に大量保存
  • 第3章 6 人工授精 179
  • 第3章 6 受精卵を得る二つの方法
  • 第3章 6 ウナギの人工授精
  • 第3章 6 誘発産卵か人工授精か
  • 第3章 7 よい卵をつくる 185
  • 第3章 7 卵質向上が目下の課題
  • 第3章 7 卵質評価の指標とは?
  • 第3章 7 地道な品質チェック作業
  • 第3章 7 超小型水槽で生残率を測定
  • 第3章 7 卵質改善に向けて
  • 第3章 7 排卵誘発のタイミング
  • 第3章 7 人工授精のタイミング
  • 第3章 7 卵への栄養強化
  • 第3章 7 今後の課題
  • 第4章 ウナギを育てる 田中秀樹 201
  • 第4章 1 ウナギの赤ちゃんは育つのか? 202
  • 第4章 1 衝撃の出会い
  • 第4章 1 私が「魚飼い」を目指すまで
  • 第4章 1 魚の赤ちゃんを育てる
  • 第4章 1 ウナギの仔魚との対面
  • 第4章 1 先人の足跡
  • 第4章 2 どんな環境がいいの? 218
  • 第4章 2 本格的なウナギ仔魚飼育試験の始まり
  • 第4章 2 ついにワムシを食べた!
  • 第4章 2 元気な仔魚に育つ条件
  • 第4章 2 水圧の影響
  • 第4章 2 たくさん餌を食べる条件
  • 第4章 2 なぜ少ししか食べないのか
  • 第4章 3 いったい何を食べるの? 236
  • 第4章 3 新しい餌の探索
  • 第4章 3 ブレークスルー
  • 第4章 3 サメ卵飼料を用いたウナギ仔魚の長期飼育法
  • 第4章 3 仔魚の成長と形態の変化
  • 第4章 3 新たな壁
  • 第4章 4 足りない栄養は何? 246
  • 第4章 4 タンパク質不足なのか
  • 第4章 4 ペプチドとの出会い
  • 第4章 4 飼育条件の再検討
  • 第4章 4 餌の再検討
  • 第4章 4 究極の餌の誕生
  • 第4章 5 劇的な変身~シラスウナギの誕生 255
  • 第4章 6 ついに実現!「完全養殖」 261
  • 第4章 7 未来のウナギ養殖 265
  • 引用文献 271
  • さくいん 279
  • さくいん
  • 【A~Z】
  • Big Fish 74,100
  • GSI 163,164
  • hCG 166
  • JAS法 20
  • SRY遺伝子 112
  • 【あ】
  • アクアポリン 150
  • アメリカウナギ 53,54
  • ウナギ谷 99
  • 海鷹丸 65
  • エストラジオール 118
  • エルニーニョ 103
  • 塩分フロント 76,85,95,98,101,102
  • オオウナギ 90
  • おしょろ丸 94
  • オスモティックポンプ 156
  • オタマボヤ 237,238
  • 親ウナギ 81,85,92,99,101,104
  • 温度躍層 100
  • 【か】
  • 海山 62,69,79
  • 海山仮設 88
  • 海山列 95,98,101
  • カイヨウポイント 86,90,96,99,103
  • 開洋丸 81,82,98,129
  • 加温式養殖 25,27
  • カニューラ法 193
  • 完全養殖 262,264-268
  • 乾導法 181
  • 黄ウナギ 50
  • 北赤道海流 68
  • 銀ウナギ 50
  • 下りウナギ 35,41,123,128
  • グリッドサーベイ 59
  • クロコ 26,49
  • 黒潮 104
  • クロロフィル 100,101
  • 敬天丸 56
  • 原産地偽装 20
  • 高密度飼育 114,115
  • 国際資源管理 105
  • 【さ】
  • サザンシフト 103
  • サメ卵粉末 237,238,252
  • サルガッソ海 33,53~55
  • 仔魚 49
  • 仔魚膜 208,257
  • 仔魚密度 104
  • 耳石 60,72,78
  • 死滅回遊 103
  • 受精卵 179
  • シュミット,ヨハネス 33,52
  • 松果体 137
  • 照洋丸 94
  • シラスウナギ 24,28,105,117,253,255~257,260,261
  • 新月 72,73,78,79
  • 人工授精法 179,184
  • 人工精漿 178
  • スルガ海山 63,64,71,79,99,103
  • 駿河丸 64
  • 性決定 112
  • 性決定遺伝子 112,113
  • 精原細胞 168
  • 精細胞 168
  • 精子 168
  • 精子変態 168
  • 成熟誘起ステロイド 145,146,152,165,186,192
  • 精漿 170,177
  • 生殖腺刺激ホルモン 35,137,140,158
  • 生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン 137
  • 性転換 117
  • 性比 109,111
  • 精母細胞 168
  • 背開き 18
  • 【た】
  • 多回産卵 42
  • 天鷹丸 94,98
  • 【な】
  • 長濱嘉孝 146
  • 西マリアナ海嶺 95,99
  • ニホンウナギ 16,43,48,50,54,56,91,105
  • 脳下垂体 35,38,41
  • 脳下垂体抽出液 138-140,150,165,186
  • 【は】
  • 排精 170
  • 排卵 170
  • 排卵後過熱 196
  • 排卵後瀘胞 92
  • 白鳳丸 56,59,82,98,222
  • 腹開き 18
  • 春夏産卵魚 125
  • ハングリードッグ作戦 77
  • ヒト胎盤性生殖腺刺激ホルモン 138,163
  • 日比谷京 33
  • 平賀源内 17
  • 孵化仔魚 36,38
  • 負の走光性 241
  • プレレプトセファルス 36,42,46,49,62,67,78,96,100,101,103,225,243
  • フロント仮設 95
  • 分離浮性卵 151,208
  • ペプチド 248,251
  • 変態 49
  • 北光丸 94,99
  • ホルモン 137,139
  • 【ま】
  • マリアナ諸島西方海域 56,58
  • ミンダナオ海流 103
  • ムチン 15,22
  • 【や】
  • 山本喜一郎 33~35,135
  • 誘起産卵法 153,179,184
  • 輪精管 169
  • ヨーロッパウナギ 30,32,43,52,54.108,115
  • 【ら】
  • 卵核胞 144
  • 卵質 187
  • 卵母細胞 130,131
  • 卵膜 175
  • 卵門 144,175
  • リアルタイムPCR 74
  • レプトセファルス 28,36,38,49,51,52,217,222,243,253,255
  • 【わ】
  • ワシントン条約 30,32
  • ワムシ 24,45,46,208,210,220,221,233

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで