サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

犬と猫におけるリハビリテーション,支持療法および緩和療法 : 疾病管理に関する症例検討

Samantha Lindley, Penny Watson 編,長谷川篤彦 監修,青木忍, 井手香織, 今井彩子, 内田佳子, 宇塚雄次, 遠藤泰之, 大谷功, 田中亜紀, 富田幸子, 松鵜彩, 村井妙, 由里和世 訳

詳細情報

タイトル 犬と猫におけるリハビリテーション,支持療法および緩和療法 : 疾病管理に関する症例検討
著者 Samantha Lindley, Penny Watson 編
著者 長谷川篤彦 監修
著者 青木忍, 井手香織, 今井彩子, 内田佳子, 宇塚雄次, 遠藤泰之, 大谷功, 田中亜紀, 富田幸子, 松鵜彩, 村井妙, 由里和世 訳
著者標目 Lindley, Samantha
著者標目 Watson, Penny
著者標目 長谷川, 篤彦, 1937-
著者標目 青木, 忍
著者標目 井手, 香織
著者標目 今井, 彩子
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社学窓社
出版年月日等 2012.4
大きさ、容量等 459p ; 30cm
注記 原タイトル: BSAVA Manual of Canine and Feline Rehabilitation,Supportive and Palliative Care
注記 索引あり
ISBN 9784873627175
価格 23000円
JP番号 22126310
トーハンMARC番号 32766354
別タイトル BSAVA Manual of Canine and Feline Rehabilitation,Supportive and Palliative Care
出版年(W3CDTF) 2012
件名(キーワード) 犬--疾患
件名(キーワード) 猫--疾患
件名(キーワード) リハビリテーション
NDLC RB651
NDC(9版) 645.66 : 家畜・畜産動物各論
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 犬と猫におけるリハビリテーション,支持療法および緩和療法 :疾病管理に関する症例検討
  • 目次
  • Part 1 リハビリテーション,支持療法および緩和療法の原理
  • Part 1 第1章 序論 Samantha Lindley,Penny Watson 1
  • Part 1 第2章 急性疼痛:評価と管理 Chris Seymour 8
  • Part 1 第3章 慢性疼痛 Samantha Lindley,Polly Taylor 20
  • Part 1 第4章 伴侶動物における恐怖,不安および葛藤 Rachel Casey 36
  • Part 1 第5章 臨床栄養学の基本 Penny Watson,Daniel L. Chan 48
  • Part 1 第6章 肥満と体重管理 Alex German 67
  • Part 1 第7章 免疫調整を促す食物成分と栄養補助食品 Daniel L. Chan 86
  • Part 1 第8章 理学療法入門 Samantha Lindley 94
  • Part 1 第9章 理学療法と身体のリハビリテーション Brian Sharp 100
  • Part 1 第10章 水治療法 Samantha Lindley,Holly Smith 126
  • Part 1 第11章 緩和療法およびリハビリテーション医療における鍼治療法 Samantha Lindley 136
  • Part 2 臨床におけるリハビリテーション,支持療法および緩和療法:症例報告
  • Part 2 第12章 軟部外科手術の症例 Karla Lee編 145
  • Part 2 第13章 神経疾患の症例 Natasha Olby編 188
  • Part 2 第14章 整形外科疾患の症例 Sorrel Langley-Hobbs編 220
  • Part 2 第15章 腫瘍の症例 Gerry Polton編 263
  • Part 2 第16章 心疾患の症例 Ruth Willis編 305
  • Part 2 第17章 呼吸器疾患の症例 Melissa Java,Lesley King編 329
  • Part 2 第18章 泌尿器疾患の症例 Clive Elwood編 352
  • Part 2 第19章 消化管,肝および膵疾患の症例 Penny Watson編 388
  • Part 2 第20章 口腔および歯科疾患の症例 Peter Southerden編 419
  • Part 2 第21章 眼科疾患の症例 David L. Williams編 432
  • Part 2 第22章 皮膚疾患の症例 Hilary Jackson編 440
  • Part 2 索引 453
  • 索引
  • 【あ】
  • 亜鉛,肝疾患 54
  • 圧迫法(理学療法) 108~109
  • 圧力測定板 106
  • アトピー,水治療(法)の禁忌および警告 130
  • アマンタジン,投与量 31
  • アミトリプチソン、投与量 31
  • アミノ酸,栄養管理 51,88~89
  • アルフェンタニル
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 15
  • アロディニア 23,26~27,29
  • 安静時のエネルギー必要量(RER) 49
  • 安全上の注意 271~272
  • 安楽死
  • 心疾患 306
  • 冶療の継続 5~6
  • 癌の症例 283
  • 【い】
  • 異化状態,栄養補助 49
  • 維持エネルギー需要量(MER) 74
  • 意思疎通,リハビリテーション/緩和療法の役割 4
  • 胃食道逆流、術後 146~147
  • 痛みの三角解析法 25~26
  • 犬における胸腰部の椎間板突出 215~219
  • 犬における頸部の脊髄炎 202~206
  • 犬における頸部の椎間板ヘルニア 198~202
  • 犬のアスペルギルス症 161~166
  • 犬のアトピー性皮膚炎 447~452
  • 犬の胃拡張胃捻転 155~160
  • 犬のインスリノーマ 285~290
  • 犬の咽頭穿刺損傷 166~170
  • 犬の(慢性)外耳炎 442~447
  • 犬の角膜潰瘍 434-437
  • 犬の(陵性)肝炎 414~418
  • 犬の乾性角結膜炎 404
  • 犬の気管虚脱 348~351
  • 犬の(慢性)気管支炎 338~343
  • 犬の急性心不全 307~312
  • 犬の血胸 335~339
  • 犬の高カルシウム血症 282~285
  • 犬の喉頭麻痺 161~166
  • 犬の肛門嚢腺癌 282~285
  • 犬の膝蓋骨脱臼 244~248
  • 犬の重篤な急性膵炎 399~403
  • 犬の上腕骨骨折 248~253
  • 犬の(慢性)腎盂腎炎 360~363
  • 犬の心嚢液貯留 316~320
  • 犬の線椎肉腫 279~282
  • 犬の前十字靱帯修復 235~238
  • 犬の前立腺炎 384~387
  • 犬の置換術 227~231
  • 犬の直腸腺癌 170~174
  • 犬の椎間破脊椎炎 206~211
  • 犬の椎間板突出 215~219
  • 犬のてんかん 212~215
  • 犬の脾臓破裂 184~187
  • 犬の変形性関節疾患 414~418
  • 犬の慢性心不全 312~315
  • 犬のリンパ腫 273~278
  • イミプラミン,投与量 31
  • 胃瘻チューブ 51,54,151
  • 飲水,猫の水飲み場 376
  • インスリン抵抗 51
  • 【う】
  • 運動
  • インスリノーマ 287289
  • 骨関節炎 34
  • 使役犬 183
  • 心疾患 305
  • 整形外科疾患 221
  • 制限とフラストレーション
  • 犬 43~44
  • 猫 46
  • 前十字靱帯修復 238
  • 体重減少 75
  • 猫の喘息 333
  • 良い影響 98
  • 療法
  • 種類 118
  • 程度 120
  • 運動学的分析 106
  • 【え】
  • 栄養
  • 栄養補助の考慮 49
  • エネルギー要求量 49~50
  • 下部尿路疾患 65~66,352
  • 監視と記録の継続 49
  • 給与計画 51
  • 強制食物給与 53~54
  • 口腔/歯科疾患 421
  • 腫瘍 266
  • 消化管疾患/膵炎 61~63,389
  • 食物の選択 51
  • 食欲増進薬 53
  • 心疾患 64~65
  • 腎疾患 60~61,352~353
  • 体重制限食 74
  • 蛋白要求量 50
  • チューブによる食物給与 54~56
  • なだめて食べさせる 52~53
  • 非経口栄養 57~59
  • 免疫増強する食物 86~89
  • 栄養補助食品
  • 肝疾患 416
  • 間質性膀胱炎 91
  • 攻撃性の犬 318
  • 骨関節炎/変形性関節疾患 89,,221,228,416
  • 重篤な症例 152
  • 腫瘍 172
  • 消化管疾患 90~91
  • 腎疾患 358
  • 心不全 309314
  • 膵炎 402406411
  • 椎間板疾患 217~218
  • 定義 86
  • てんかん 213
  • 動脈性血栓塞栓症 322
  • 尿路惑染 362
  • 皮膚疾患 445450
  • 変形性関節疾患 416
  • 薬物毒性に対する防御 213
  • 栄養要求量 449~451
  • エネルギー,方程式 74
  • エネルギー制限 74
  • エネルギー要求量
  • 罹患時 49~50
  • 炎症性腸症
  • 犬 395~398
  • 猫の「三重炎」 408~413
  • 【お】
  • 横臥状態の症列
  • 看護と支持療法 189~190
  • 水冶療(法) 129
  • 応急処置 348
  • 踊りの運動
  • 犬 118
  • 猫 123
  • オピオイド
  • α2作動薬との相乗効果 17
  • 作用 9,12~16
  • 投与 12~13
  • オメガ3脂肪酸 86~87,89
  • オメガ6脂肪酸 86
  • 尾を引っ張られて負傷した猫 191~195
  • 温熱療法 114~115
  • 術後 202
  • 整形外科疾患 221
  • 【か】
  • 外固定の管理 244
  • 飼い主
  • 痛み/苦痛の程度についての懸念 28
  • 順守 33
  • 心疾患への支持 306
  • 肥満 72
  • 役割
  • 体重管理 77~78
  • 疼痛管理 34
  • 理学療法 102~103
  • リハビリテーション/緩和療法 2
  • 下顎骨切除術,犬 279~282
  • 化学療法 275
  • 薬の投与 264277295
  • 健康と安全性 264~265,271,278
  • 準備 271
  • 排泄物の処理 278300
  • プロトコール 273~274,295
  • 有害作用の危険性 265~266,271,277,296
  • 隔離看護 394
  • 可動域 106110
  • 関節,正常な値 107
  • ガバペンチン
  • 犬の投与 14,31
  • 使用 17,31
  • 猫の投与 15,31
  • 有害作用 32
  • 過敏性腸症 395
  • 下部尿路疾患,栄養管理 65~66
  • カラスガイ 89
  • カリウム
  • 心疾患 65
  • 腎疾患 61
  • カルシウム,腎疾患 61
  • カルプロフェン
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 15
  • 眼科疾患
  • 痛み 29,432~433
  • 視力の回復と維持 433
  • 環境切打法 111
  • 看護と支持療法
  • 横臥状態の生物 189~190
  • 消化管/肝/膵疾患 390
  • 神経疾患 188~189
  • 尿路疾患 355
  • 理学療法 102
  • 肝疾患
  • 栄養 389
  • 栄養管理 63~64
  • 鎮痛 389~390
  • 低血糖 389
  • 低/高血糖 389
  • 貧血 389
  • 感情を示す状態 36~38
  • 肝生検の合併症 173
  • 関節計 107234
  • 感染症の管理
  • E. coli 210
  • 口腔外科 421
  • 術後 148
  • 消化管疾患 390
  • 腎疾患 354
  • パルボウイルス 393395
  • リンパ腫 277
  • 眼痛,眼科疾患 432~433
  • 眼内手術,鎮痛 433
  • 緩和療法
  • 飼い主の役割 2~3
  • 獣医療チームの役割 3~4
  • 定義 1~2
  • 倫理規範 4~7
  • 【き】
  • 吸引性肺炎
  • 在宅看護 165~166
  • 理学療法 164
  • 急性アレルギー 277
  • 胸腔ドレーンによる看護 23
  • 胸腔内麻酔 16
  • 恐怖 36~37
  • 行動徴候 38~39
  • 水 129~130
  • 局所麻酔薬
  • 口腔外科 420
  • 作用 9,16
  • 投与 16
  • 筋骨格疾患,痛み 240259
  • 筋電図検査 106
  • 筋肉,筋膜の痛み 29
  • 筋膜におけるトリガーポイント 138~139
  • 筋力強化 118~119
  • 【く】
  • 空腸瘻チューブ 54
  • クーページ 111
  • 苦痛,痛み 20,23~27
  • 苦痛の程度 28~29
  • グルコサミン 89,91
  • グルタミン 51,88,89,152
  • 【け】
  • 脛骨骨折修復 239~244
  • 軽擦法 109152229
  • 経皮吸収薬,オピオイド 16
  • 経鼻食道チューブ 54,55,392
  • 経皮的脊髄電気的鎮痛 30180
  • 経皮電気的神経刺激 30,117~118,242
  • ケージ環境,猫 241
  • 外科的指針,口腔/歯科疾患 419~420
  • ケタミン
  • 犬の投与 13
  • 混合 16
  • 作用 9,16
  • 猫の投与 15
  • 血腫,術後 147
  • 血小板減少症,化学療法 266
  • 結腸切除,合併症 173
  • ケトプロフェン
  • 犬の投与 14
  • 猫の投与 15
  • 健康面と安全性
  • 化学療法 264~265,271,278
  • 水治療(法) 132~133
  • 「幻肢」痛,骨盤骨折,猫 224
  • 断脚後,火 268~269
  • 断尾猫 193
  • 【こ】
  • 子犬の下顎骨骨折 422~425
  • 子犬の急性パルボウイルス感染症 390~395
  • 子犬の動脈管開存症(PDA) 325~328
  • 子犬のパルボウイルス感染症 390~395
  • 口腔衛生
  • 犬 343421
  • 猫 430~431
  • 口腔/歯科疾患
  • 栄養 421
  • 感染予防 421
  • 外科的指針 419~420
  • 歯痛 29419421
  • 攻撃性
  • 犬 37319
  • 猫 297
  • 高血圧,泌尿器疾患 353
  • 高血糖,肝/膵疾患 389
  • 抗酸化物質 87~88,89
  • 甲状腺切除後の低カルシウム血症
  • 猫 178
  • 高体温,術後の監視 146
  • 叩打法 111
  • 効果 109
  • 手技 109111
  • 高窒素血症 353~354
  • 行動
  • 監視,犬 43
  • 社会的
  • 犬 41~42
  • 猫 44~45
  • 変化 26,41-42
  • 抗不安,鍼治療(法) 139~140
  • 硬膜外経路による投与
  • オピオイド 12~13
  • 氷のマッサージ 115116
  • 股関節形成不全
  • 子犬 231~234
  • 水治療(法) 133~135
  • 呼吸器系の合併症 189
  • 呼吸器疾患
  • 横臥状態 189
  • 緊急対処法 329~330.336,348
  • 肥満 69,70
  • 予防 346~347
  • 呼吸困難/起座呼吸
  • あらゆる方法 338
  • 骨関節炎
  • 痛み 25
  • 犬 254~258,447~452
  • 栄養補助食品 89~90
  • 治療目的 33~34
  • 猫 258~262
  • 水治療(法) 133~135
  • 骨髄抑制,化学療法 265
  • 骨折
  • 下顎骨,子犬 422~425
  • 脛骨,猫 239~244
  • 骨盤,猫 222
  • 上腕骨,犬 248~253
  • 骨肉腫
  • 痛み 25
  • 犬 267~273
  • 骨盤骨折,猫 222
  • コデインとパラセタモールの混合薬剤 17
  • 固有受容性 119~120,237
  • 根拠となる事実の序列 94
  • 【さ】
  • サプリメント 450
  • 三環系抗うつ薬(TCAs)
  • 作用 31
  • 有害作用 32
  • 酸素補給 330
  • 犬 165,310.336,338,348
  • 猫 334
  • 【し】
  • ジアゼパム,食欲増進薬 53
  • 持久力 119
  • 脂質代謝異常,肥満 69
  • 四肢不全麻痺,水治療(法) 129
  • 自傷
  • 骨盤骨折,猫 223
  • 耳疾患 446
  • 皮膚疾患 206451
  • 失明 433437438
  • 耳道洗浄/内科的治療 447
  • シプロヘブタジン 53
  • 脂肪酸 86~87,89
  • 脂肪(量)
  • 肝疾患 63
  • 腫瘤 67
  • 消化管疾患 62
  • 腎疾患 61
  • 重度,不快,本質 105
  • 柔軟性 119
  • 出血性膀胱炎
  • 化学療法の有害作用 265~266,275
  • 術後管理,軟部外科 145~148
  • 術後の輸液療法 159
  • 術創,烈開 148
  • 術創もしくは開放創,水治療(法) 130
  • 受動運動 110~113
  • 犬 209229251
  • 猫 123
  • 寿命 68~69
  • 腫瘍
  • 栄養 266
  • 飼い主への配慮 263
  • 疾病の改善 267
  • 手術に伴う危険 264
  • 全身性化学療法 264
  • 鎮痛 266~267
  • 肥満 69,70
  • 併発疾患 263~264
  • 放射線療法の危険性 266
  • 漿液腫、術後 147~148,165
  • 消化管潰瘍,食物 200
  • 消化管疾患
  • 栄養 389
  • 栄養管理 61~63
  • 栄養補助食品 90~91
  • 感染症の管理 390
  • 在宅看護 390
  • 体液と電解質平衡 388
  • 鎮痛 389~390
  • 低カリウム血症 388
  • 低/高血糖 389
  • 低蛋白血症 389
  • 貧血 389
  • 消化器疾患,肥満 69
  • 消化器症状,化学療法の有害作用 265
  • 褥瘡性潰瘍 206364
  • 予防/治療 173190205366367
  • 食道瘻チューブ 54,55,225,421
  • 食物,給与用玩具
  • 犬 44236328415
  • 猫 46195332
  • 食物過敏
  • 食物試験 449~450
  • 水治療(法) 130
  • 食欲増進薬 53
  • 食欲不振
  • 犬 163210
  • 栄養補助 49
  • 生理学的変化 52
  • 猫 176177290356358
  • 除脂肪量 67
  • ジルロタビド 73217345372
  • 侵害受容性疼痛 21,23
  • 神経因性疼痛 21,22,23,29
  • 骨盤骨折 223
  • 神経可塑性 10
  • 神経筋電気刺激(NMES) 117
  • 椎間板疾患,犬 218
  • 神経疾患
  • 治療原則 88~189
  • 水治療(法)の適応 129
  • 理学療法の適応 104
  • 心血管系機能,術後の監視 146
  • 人工股関節総置換術 227~231
  • シンコフェンとプレドニゾロンの混合薬剤
  • 犬の投与 31
  • 有害作用 32
  • 心疾患
  • 悪液質 305
  • 安楽死 306
  • 運動 305
  • 栄養管理 64~65,88
  • 飼い主への支持 306
  • 監視 306
  • 若齢犬 307
  • 電解質平衡 305~306
  • 突然死 306
  • 猫 307
  • 肥満 70
  • 水治療(法)の禁忌および警告 130
  • 腎疾患
  • 栄養管理 60~61
  • 栄養要求量 353
  • 看護 355
  • 感染予防 354
  • 高血圧 353
  • 体液と電解質平衡 352
  • 鎮痛 355
  • 貧血 353
  • 寝床
  • 横臥状態の症例 205
  • 骨関節炎 257
  • 瘙痒 452
  • 老齢動物 173187
  • 心性悪液質 64305
  • 腎性二次性副甲状腺機能亢進症 60
  • 振せん法 109111
  • 伸展 110~113
  • 振動法(理学療法) 109111
  • 心不全
  • 急性,犬 307~312
  • 慢性,犬 312~315
  • 【す】
  • 膵炎
  • 栄養管理 61~63
  • 急性,犬 399~403
  • 猫 408~413
  • 慢性,犬 404~408
  • 膵疾患
  • 栄養 389
  • 低カリウム血症 388
  • 低/高血糖 389
  • 疼痛管理 389~390
  • 水分摂取,尿石症 65~66
  • ストレス
  • 反応 39~40
  • 慢性 40
  • 生理学的変化 21
  • 予防手段 42~43,46~47
  • ストローキング(撫でる)
  • 効果 109
  • 手技 108
  • 神経生理学的効果 97
  • 【せ】
  • 生活の質
  • 神経疾患 188
  • 評価 6~7
  • 整形外科疾患
  • 運動 221
  • 栄養補助食品 220
  • 温熱および冷却療法 221
  • 在宅看護 221
  • 体重管理 220~221
  • 鎮痛 220
  • 肥満 69,70
  • 麻酔 221
  • 水治療(法)の適応 129
  • 理学療法の適応 104221
  • 精神活性薬物 46
  • 生体インピーダンス分析 68
  • 接触,神経生理学的効果 97
  • 切打法 111
  • 繊維
  • 肝疾患 63~64
  • 腎疾患 61
  • 【そ】
  • 創傷,砂糖を塗布して包帯を巻く方法 207
  • 術後管理 147~148
  • 創傷感染,犬 148
  • 創傷治癒
  • 口腔外科 420
  • 鍼治療(法) 140142
  • 瘙痒
  • 犬 440~441,447~452
  • 猫 441
  • 鍼治療(法) 140
  • 【た】
  • 体型計測 68
  • 体重管理 72~77,79
  • 犬の骨肉腫 269~270
  • 医薬品 73~74,76
  • 運動 75
  • 栄養補助 49
  • 化学療法中の監視 273276
  • 股関節形成不全 233
  • 骨関節炎 33
  • 策戦 75~76
  • 食物 74
  • 食物過敏症,犬 450~451
  • 膵炎,犬 406
  • 整形外科疾患 220~221
  • 喘息,猫 332
  • 短頭種気道閉塞症侯群(BAOS)
  • 犬 343~347
  • 肘関節炎,猫 260~261
  • 椎間板疾患,犬 217
  • 尿道括約筋機能不全 372
  • 体組成の測定 67~68
  • 多頭飼いの猫,ストレッサー 41
  • 断脚
  • 犬 267~273
  • 猫 222~227
  • 蛋白
  • 肝疾患 63
  • 消化管疾患 62
  • 腎疾患 60
  • 制限食 51
  • 尿石症 66
  • 要求量,罹患時 50
  • 蛋白漏出性腎症 354
  • 犬 364~368
  • 【ち】
  • チューブによる食物給与
  • 合併症 57
  • 材質 54
  • 種類と選択 54
  • 使用終了 57
  • 食物給与 56~57
  • 食物の準備 54~56
  • チューブの設置 54
  • 超音波療法 117
  • 治療の効果
  • 研究 95
  • 定義 95
  • 治療の有効性
  • 研究 98
  • 定義 95
  • 鎮静
  • 鎮痛薬の有害作用 32
  • 鍼治療(法) 142
  • 鎮痛
  • 口腔/歯科疾患 420
  • 腫瘍 266~267
  • 消化管/肝/膵疾患 389~390
  • 尿路疾患 355
  • 【つ】
  • 椎間板痛 29
  • 痛覚過敏 22,23,26~27,29
  • 摘み上げる方法 109
  • 【て】
  • 低カリウム血症
  • 消化管/肝/膵疾患 388
  • 泌尿器疾患 352
  • 低血糖
  • 運動 287289
  • 監視 287289
  • 肝疾患 389
  • 食物管理 287
  • ストレス 286
  • 低体温,術後の監視 146
  • 低蛋白血症 389
  • デクスメデトミジン
  • 犬の投与 13
  • 作用 17
  • 猫の投与 15
  • 点眼薬の投与 436
  • 電気療法 116~118
  • 【と】
  • 銅,肝疾患 64
  • 同居している,猫 44~45
  • 疼痛,苦痛 20,23~27
  • 原因 29
  • 構成要素 23~25
  • 神経生理学 9,10,21~23
  • 身体的変化 2,8,21
  • 整形外科疾患 220
  • 専門用語 23
  • 治療における実際的な方法 27~33
  • 定義 8,20~23
  • 皮膚疾患 441~442
  • 水治療(法) 130
  • 疼痛管理 11~17
  • 鍼治療(法) 137~139
  • 方法 11,27~33
  • マルチモーダル鎮痛 8,12
  • 先取り鎮痛 11~12
  • 慢性疼痛 30
  • 疼痛評価 10~11
  • 三角解析法 25~27
  • スコア方式 10~11
  • 犬 11
  • 猫 11,19
  • 理学療法効果の評価 105
  • 糖尿病
  • 犬 338~343
  • 猫 301~304,408~413
  • 肥満 69~70
  • 特発性膀胱炎
  • 猫 374~378
  • 猫におけるストレッサー 41
  • 飛び越える運動 119
  • トラマドール
  • 犬の投与 14,31
  • 使用 17,31
  • 猫の投与 15,31
  • トルフェナミク酸
  • 犬の投与 14
  • 猫の投与 15
  • ドレーンによる看護 147~148,168,183
  • 【な】
  • 内臓痛 29
  • 内分泌疾患,肥満 69
  • なだめて食べさせる 52~53
  • ナトリウム
  • 心疾患 65
  • 腎疾患 61
  • 軟部外科
  • 胃食道逆流 146~147
  • 術後管理 145
  • 術後の監視 146
  • 創傷管理 147~148
  • 麻酔からの覚醒 145
  • 【に】
  • 入院
  • 犬の負の感情状態 41~43
  • 猫の負の感情状態 44~46
  • 入院室用記録用紙の例 50
  • 尿失禁
  • 横臥状態の症例 210
  • 尿道括約筋機能不全 371~374
  • 尿石症,犬 381~384
  • 尿停滞
  • 横臥状態の症例 189
  • 術後 146
  • 尿道括約筋機能不全,犬 371~374
  • 尿道カテーテルによる看護 153~154,194
  • 尿毒症 353~354,365,366
  • 尿量,化学療法中の監視 278
  • 尿路感染症,犬 207~211
  • 尿路閉塞 354~355
  • 猫 378~381
  • 【ね】
  • 猫の下垂体腫瘍 301~304
  • 猫の肝リピドーシスの予防 410
  • 猫の急性尿路閉塞 378~381
  • 猫の甲状腺切除 174~179
  • 猫の「三重炎」 408~413
  • 猫の(慢性)歯肉口内炎 426~431
  • 猫の脂肪指数(BMI) 68
  • 猫の接種部位肉腫 295~300
  • 猫の喘息 331~335
  • 猫の先端肥大症 301~304
  • 猫の動脈性血栓塞栓症 320~325
  • 猫の肉腫 295~300
  • 猫の白血病 290~294
  • 猫の慢性歯肉口内炎 426~431
  • 捻じる方法(理学療法) 110
  • 年齢,肥満 71
  • 【の】
  • 脳腫瘍の犬 196~198
  • 【は】
  • 排便,横臥状態の症例 190
  • 白色脂肪組織 68
  • 破行の採点 105
  • パピーの社会化クラス 43
  • パラセタモール,犬の投与 14,31
  • 鍼治療(法),安全面に対する考察 143,271~272,294,299
  • 胃の正常機能 158397
  • 異分節効果 137~138
  • 抗瘙痒効果 140299
  • 抗不安 139~140,380
  • 褥瘡性潰瘍 364
  • 食欲増進 164294412
  • 制吐/抗悪心効果 140271359366
  • 創傷治癒 140142182299
  • 鎮静化 142
  • 鎮痛効果 137~139
  • 定義 136
  • てんかん 213
  • 電気鍼療法 143
  • トリガーポイント 138~139
  • 内臓の機能不全 140~141
  • 尿道カテーテル 380
  • 尿閉 194
  • 猫 142
  • 分節効果 137141
  • 免疫調節作用 140333445451
  • 臨床的考察 142~143
  • 【ひ】
  • ヒアルロン酸 89
  • 非経口栄養(法) 57~59
  • 膵炎 401
  • 非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
  • 作用 9
  • 使用上の注意 17,32
  • 慢性疼痛における使用 31
  • 肥大性心筋症栄養要求最 177
  • ビタミン要求量
  • 肝疾患 64
  • 「三重炎」 411
  • 腎疾患 61
  • 必須脂肪酸,皮膚疾患 445450
  • 泌尿器疾患
  • 栄養要求量 353
  • 看護 355
  • 感染予防 354
  • 体液と電解質平衡 352
  • 鎮痛 355
  • 肥満 70
  • 皮膚,うねらせながら転がす 109110
  • 皮膚疾患
  • 瘙痒 440~442
  • 疼痛 29440441
  • 肥満に関連した疾患 69
  • 皮膚についての看護
  • 横臥状態の症例 190
  • 肥満
  • 危険要因 70~72
  • 定義 67
  • 病理的重要性 68~70
  • 予防 79~80
  • 肥満管理
  • 医薬品 73~74,76
  • 運動 75
  • 策戦 75~76
  • 食物 74
  • 肥満指数 67
  • 貧血
  • 消化管肝疾患 389
  • 泌尿器疾患 353
  • 品種,肥満の危険因子 71
  • 【ふ】
  • 不安/葛藤 36~37
  • 横臥状態の症例 191
  • 行動徴候 38~39
  • フィロコキシブ,犬の投与 14
  • フェノバルビタール
  • 飼い主への助言 198
  • 毒性,防御 213
  • フェロモン 46
  • フェンタニル
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 14
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 管理/監視 363
  • 浮腫 367
  • 術後 150,152~153.181
  • 末梢性 344
  • 不全対麻痺,水治療(法) 129
  • 不全麻痺,水治療(法) 129
  • 不適切排泄,猫 260
  • 不動化 121
  • ブトルファノール
  • 犬の使用 13
  • 猫の投与 15
  • 不妊処置,肥満 71
  • 負の感情状態
  • 犬 41~43
  • 猫 44~46
  • ブビバカイン
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 15
  • ブブレノルフイン
  • 犬の投与 13,31
  • 猫の投与 15,31
  • フラストレーション 37~38
  • 犬 43,44
  • 猫 46
  • プラセボ効果 95~96
  • ブラセボ有害効果 96
  • 振り向かせるような動き 119
  • プレッシャーマットスキャンシステム 107
  • プレドニゾロン,飼い主への助言 198
  • ブレバイオティック 90
  • プロトコール,計画 295
  • プロバイオティック 90~91
  • 【へ】
  • 平衡運動 119~120,209,230,236,247
  • ペインクリニック 34
  • ベチジン
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 14
  • 便軟化剤 194
  • 【ほ】
  • 膀胱
  • 犬の移行上皮癌 368~371
  • 管理
  • 横臥状態の動物 189~190
  • 尾を引っ張られて負傷 192195
  • 椎間板脊椎炎 210211
  • 触診 371
  • 膀胱炎
  • 栄養補助食品 91
  • 出血性,化学療法の有害作用 265~266,275
  • 特発性
  • 猫 374~378
  • 猫におけるストレッサー 41
  • 慢性疼痛,犬 151
  • 膀胱破裂の修復,犬 149~154
  • 膀胱瘻造設術
  • 犬 369370
  • 猫 192
  • 放射線療法の危険性 266
  • 包帯被覆 147
  • 発作 212~215
  • ボディ・コンディション・スコア(BCS) 68
  • 歩様
  • 三角解析法 27
  • 分析 106
  • 【ま】
  • マグネシウム,心疾患 65
  • 摩擦法 109110
  • 麻酔,整形外科疾患 221
  • マッサージ
  • 禁忌/注意点 110
  • 効果 108
  • 手技 97,108~111
  • 末梢性感作 10,22,23
  • マニピュレーション 113
  • 慢性腎疾患,栄養要求量
  • 肘関節炎 260
  • 慢性腎不全,猫 356~360
  • 慢性疼痛症候群 22
  • 慢性疼痛治療に用いる磁石 30
  • 【み】
  • 水治療(法)
  • 安全な施行 132~133
  • 禁忌および警告 129~130
  • 計画 133~135
  • 結果の評価 135
  • 原理 126~128
  • 効果 128
  • 股関節形成不全 233
  • 使役犬 182
  • 膝蓋骨脱臼 247
  • 従業員教育 133
  • 上腕骨骨折 252
  • 神経疾患 129
  • 人工股関節総置換術 230
  • 整形外科疾患 129,133~135
  • 脊髄手術 204
  • 設備 130~132
  • 前十字靱帯修復(術前/術後) 237
  • 断脚 225~226
  • 椎間板疾患,犬 218
  • 椎間板脊椎炎 209
  • 適応 129
  • 皮膚疾患 451
  • 浮腫 152~153,366
  • 水の処理/水質検査 131~132
  • ミダゾラム,食欲増進薬 53
  • 密封パック,空き瓶,分離 278
  • ミトラタピド 73
  • ミルタゼピン 53
  • 【め】
  • メタドン
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 14
  • メデトミジン
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 15
  • 眼の見えない 438
  • メロキシカム
  • 犬の投与 14
  • 猫の投与 15
  • 免疫増強,食物 86~89
  • 免疫調節作用,鍼治療(法) 140
  • 【も】
  • モビリゼーション 113
  • モルヒネ
  • 犬の投与 13
  • 混合 16
  • 猫の投与 14
  • 【ゆ】
  • 有害作用,化学療法剤 296
  • 輸液療法
  • 術後 150159
  • 消化管疾患 388
  • 心嚢液貯留 319
  • 泌尿器疾患 352
  • 【よ】
  • 抑うつ,鎮痛薬の有害作用 32
  • 【り】
  • 理学療法
  • 委託・紹介 103~104
  • 過程
  • 評価 105
  • 目標と結果 105~106
  • 吸引性肺炎 164
  • 脛骨骨折修復 241~242
  • 血胸 337
  • 効果
  • 非得意的 95~98
  • 評価 98~99
  • 有効性 98
  • 口腔外科 424429
  • 後肢麻痺 322~323
  • 高齢動物 123
  • 股関節形成不全 233
  • 骨関節炎,犬 255~256
  • 資質 102
  • 膝蓋骨脱臼 246~247,341
  • 集中治療室 123
  • 手技
  • 運動 118~120
  • 温熱/冷却療法 114~116
  • 関節のモビリゼーション/マニピュレーション 113
  • 受動運動/伸展 110~113
  • 電気療法 116~118
  • 軟部組織 113~114
  • マッサージ 107~110
  • 術前 122
  • 上腕骨骨折 251~252
  • 人工股関節総置換術 229~230
  • 心不全 310314
  • 整形外科疾患 221
  • 脊髄手術 201204
  • 接種部位肉腫 298
  • 前十字靱帯修復 236~237
  • 組織的対応 100~102
  • 断脚
  • 犬 270
  • 猫 225
  • 肘関節炎,猫 261
  • 椎間板疾患,犬 218
  • 椎間板脊椎炎 208~209
  • 導入 104
  • 動脈管開存症 326~327
  • 猫 122~123
  • 院内 104
  • 浮腫 152,181~182,366
  • 発咳 346
  • 慢性気管支炎 341
  • リハビリテーション 120~122
  • リドカイン
  • 犬の投与 13
  • 混合 16
  • 作用 16
  • 猫の投与 15
  • リノレイン酸 87
  • リハビリテーション
  • 飼い主の役割 2~3
  • 計画 120
  • 使役犬 181~182
  • 獣医療チームの役割 3~4
  • 術後 122
  • 定義 1100
  • 倫理規範 4~7
  • 硫酸コンドロイチン 89
  • 緑内障
  • 犬 437~439
  • 眼痛 433
  • リン酸塩の制御,腎疾患 60~61
  • 【れ】
  • 冷却療法 115~116
  • 術後 202
  • 整形外科疾患 221
  • レーザー療法 116~117,341
  • レミフェンタニル
  • 犬の投与 13
  • 猫の投与 15
  • 【ろ】
  • ロベナコキシブ
  • 犬の投与 14
  • 猫の投与 15
  • 【わ】
  • ワインドアップ 10,22,23
  • ワクチン接種の助言
  • 接種部位肉腫 300
  • パルボウイルス 395
  • 【欧文】
  • α2作動薬
  • オピオイドとの相乗効果 17
  • 作用 9
  • 使用 17
  • αカソゼピン 46
  • αリノレイン酸 87
  • DEXA 67
  • N-アセチルシステシン 88,89
  • P54FP 89

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで