サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

戒律と倫理

日本佛教学会 編

詳細情報

タイトル 戒律と倫理
著者 日本佛教学会 編
著者標目 日本仏教学会
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社平楽寺書店
出版年月日等 2009.7
大きさ、容量等 354, 252p ; 22cm
注記 文献あり
ISBN 9784831311061
価格 10000円
JP番号 22165069
部分タイトル 仏教の倫理を考察するための視点 / 下田正弘 著
部分タイトル 伝教大師にみる戒と倫理 / 桑谷祐顕 著
部分タイトル 戒律制定の根底 / 龍口明生 著
部分タイトル 中国六朝仏教儀礼における倫理 / 坂本道生 著
部分タイトル 善導における戒律と懺悔 / 森田眞円 著
部分タイトル 唐代禅宗の倫理観 / 千田たくま 著
部分タイトル 受戒作法における三帰の位置 / 阿純章 著
部分タイトル 政教の教化と仏教の風化 / 手島一真 著
部分タイトル 五世紀初頭における中国仏教の戒律観 / 釆睪晃 著
部分タイトル 『東大寺要録』所収「戒和上次第」について / 真田尊光 著
部分タイトル 五条衣の変遷した掛絡と守持衣 / 川口高風 著
部分タイトル 円戒と三一権実論争 / 進藤浩司 著
部分タイトル 仁空実導の戒体 / 杉江幸彦 著
部分タイトル 法然浄土教における念仏と倫理 / 曽根宣雄 著
部分タイトル 浄土宗学としての戒とその意義 / 齊藤隆信 著
部分タイトル 末法無戒の諸解釈について / 井上善幸 著
部分タイトル 親鸞における戒律と倫理 / 中山彰信 著
部分タイトル 親鸞における「愚禿釈」の名乘りと「無戒名字の比丘」 / 三木彰円 著
部分タイトル 十六条戒の二重構造とその機能について / 晴山俊英 著
部分タイトル 法華経学史における戒律観の変遷 / 田村完爾 著
部分タイトル 中世日蓮宗における出家受戒について / 寺尾英智 著
部分タイトル 江戸時代における仏教倫理としての十善戒について / 藤谷厚生 著
部分タイトル 『ミリンダ王の問い』と死刑 / 菱木政晴 著
部分タイトル 近・現代僧侶の戒律観 / 熊本英人 著
部分タイトル 律蔵が示す浄施の種々相 / 山極伸之 著
部分タイトル 律における罪の分類方法 / 生野昌範 著
部分タイトル 戒の防護と捨戒 / 中川正法 著
部分タイトル 衣や鉢のadhi-√sthā- / 岸野亮示 著
部分タイトル 僧団の金融業 / 佐々木閑 著
部分タイトル 仏教入信の契機としての「戒律」 / 江崎公児 著
部分タイトル 初期大乘仏教教団と戒律 / 高橋審也 著
部分タイトル 大乘的規範命題の諸相 / 古坂紘一 著
部分タイトル 無我論と倫理をめぐる一考察 / 千葉公慈 著
部分タイトル インド・チベット仏教における大乘の瑜伽戒について / 藤田光寛 著
部分タイトル 「戒律」から「清規へ」 / 伊吹敦 著
部分タイトル 懺法における宗教的倫理と儀礼 / 加藤正賢 著
部分タイトル 親鸞における無我の論理 / 新井俊一 著
部分タイトル 戒律と倫理 / 小山典勇 著
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 仏教--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM11
NDC(9版) 180.4 : 仏教
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで