サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

交通経済ハンドブック

日本交通学会 編

詳細情報

タイトル 交通経済ハンドブック
著者 日本交通学会 編
著者標目 日本交通学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社白桃書房
出版年月日等 2011.10
大きさ、容量等 341p ; 21cm
注記 日本交通学会創立70周年記念
注記 文献あり
ISBN 9784561761921
価格 3300円
JP番号 21998268
別タイトル The handbook of transportation economics
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) 交通経済--便覧
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC D2
NDLC DK3
NDC(9版) 681.036 : 交通政策・行政・経営
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 交通経済ハンドブック
  • 目次Contents
  • 刊行に当たって
  • 第1章 経済と交通
  • 第1章 0101 交通とは何か 2
  • 第1章 0102 交通・交通機関の種類 4
  • 第1章 0103 交通の機能 6
  • 第1章 0104 交通の特性 8
  • 第1章 0105 交通システムと交通市場 10
  • 第1章 0106 交通とマクロ経済 12
  • 第1章 0107 交通企業・交通産業 14
  • 第1章 0108 交通企業の経営形態と公共事業 16
  • 第1章 0109 交通近代化の歴史 17
  • 第1章 0110 交通技術システムの将来展望 19
  • 第1章 0111 交通政策―歴史的変遷 20
  • 第1章 0112 交通政策―都市と交通 22
  • 第1章 0113 交通政策―現代の課題 24
  • 第1章 0114 交通計画 26
  • 第1章 0115 交通と学問―交通学 28
  • 第1章 0116 交通学へのアクセス 30
  • 第2章 需要
  • 第2章 0201 交通需要の特性 34
  • 第2章 0202 旅客交通の需要特性 36
  • 第2章 0203 自家用交通の需要特性 38
  • 第2章 0204 貨物交通の需要特性 40
  • 第2章 0205 交通混雑と需要 42
  • 第2章 0206 需要関数の理論 43
  • 第2章 0207 交通需要予測 45
  • 第2章 0208 集計モデル 47
  • 第2章 0209 非集計モデル 49
  • 第3章 費用
  • 第3章 0301 交通の費用特性 52
  • 第3章 0302 交通の一般化費用 54
  • 第3章 0303 交通の社会的費用 55
  • 第3章 0304 規模の経済,範囲の経済 57
  • 第3章 0305 ピークロード 58
  • 第3章 0306 混雑問題 59
  • 第3章 0307 費用構造と生産性の推計 60
  • 第3章 0308 内部補助と費用概念 62
  • 第4章 運賃・料金
  • 第4章 0401 伝統的運賃理論 66
  • 第4章 0402 限界費用価格形成 67
  • 第4章 0403 平均費用価格形成 69
  • 第4章 0404 差別価格理論 70
  • 第4章 0405 ラムゼイ価格 72
  • 第4章 0406 混雑料金の理論 73
  • 第4章 0407 ピークロードプライシング 75
  • 第4章 0408 総括原価方式 77
  • 第4章 0409 ヤードスティック規制 79
  • 第4章 0410 プライスキャップ規制 81
  • 第4章 0411 料金体系 83
  • 第4章 0412 価格規制の実際 85
  • 第5章 規制と補助
  • 第5章 0501 規制の種類 88
  • 第5章 0502 経済的規制の根拠 90
  • 第5章 0503 社会的規制の根拠 92
  • 第5章 0504 外部性の内部化 93
  • 第5章 0505 補助の種類 95
  • 第5章 0506 補助の根拠 96
  • 第5章 0507 規制緩和の経済理論 98
  • 第5章 0508 規制の失敗 99
  • 第5章 0509 コンテスタビリティ市場理論 101
  • 第5章 0510 民営化 103
  • 第5章 0511 運輸産業の規制緩和 105
  • 第5章 0512 ゲーム理論の交通産業への応用 107
  • 第5章 0513 産業組織論の交通産業への応用 109
  • 第6章 投資
  • 第6章 0601 交通社会資本 112
  • 第6章 0602 交通社会資本整備の基準 113
  • 第6章 0603 交通投資による地域開発 115
  • 第6章 0604 交通にかかわる計画体系 117
  • 第6章 0605 交通計画策定の手続き 119
  • 第6章 0606 プロジェクト評価 121
  • 第6章 0607 費用便益分析 123
  • 第6章 0608 便益評価の理論的基礎 125
  • 第6章 0609 非市場財の便益評価 127
  • 第6章 0610 社会資本の費用負担 129
  • 第6章 0611 財源調達 131
  • 第6章 0612 整備・運営への民間活用 133
  • 第6章 0613 社会資本マネジメント 135
  • 第6章 0614 国際交通社会資本整備計画 136
  • 第7章 鉄道政策
  • 第7章 0701 鉄道市場の特性 140
  • 第7章 0702 鉄道運賃政策 142
  • 第7章 0703 鉄道事業規制 144
  • 第7章 0704 鉄道投資・鉄道整備政策 146
  • 第7章 0705 上下分離とオープンアクセス 148
  • 第7章 0706 地方鉄道 150
  • 第7章 0707 整備新幹線 152
  • 第7章 0708 国鉄改革 154
  • 第7章 0709 JRの経営 156
  • 第7章 0710 鉄道改革モデル 158
  • 第7章 0711 高速鉄道の発展 160
  • 第8章 道路・自動車交通政策
  • 第8章 0801 道路交通 164
  • 第8章 0802 モータリゼーション 166
  • 第8章 0803 道路整備計画 167
  • 第8章 0804 道路整備の財源・手法 169
  • 第8章 0805 有料道路料金政策 171
  • 第8章 0806 道路公団民営化 173
  • 第8章 0807 道路交通問題 174
  • 第8章 0808 道路混雑問題 175
  • 第8章 0809 道路交通の円滑化 177
  • 第8章 0810 ロードプライシング 178
  • 第8章 0811 交通需要マネジメント(TDM) 180
  • 第8章 0812 道路交通の情報化 181
  • 第8章 0813 自動車の社会的費用 182
  • 第8章 0814 最適自動車課税 184
  • 第8章 0815 交通ネットワーク均衡 186
  • 第8章 0816 街路空間の効率的利用 188
  • 第9章 都市交通・地域交通政策
  • 第9章 0901 都市・地域交通市場 190
  • 第9章 0902 都市・地域交通政策 192
  • 第9章 0903 都市鉄道 194
  • 第9章 0904 公営交通 196
  • 第9章 0905 私鉄経営 197
  • 第9章 0906 大都市圏のバス 199
  • 第9章 0907 地方都市圏のバス 201
  • 第9章 0908 高速バス 203
  • 第9章 0909 タクシー 205
  • 第9章 0910 地方部の公共交通 207
  • 第9章 0911 離島交通 209
  • 第9章 0912 地域交通と福祉交通 210
  • 第10章 貨物・物流政策
  • 第10章 1001 物流 214
  • 第10章 1002 ロジスティクス 216
  • 第10章 1003 サプライチェーンマネジメント(SCM) 218
  • 第10章 1004 物流業の高度化とサードパーティロジスティクス 219
  • 第10章 1005 トラック輸送の特性と発展 221
  • 第10章 1006 トラック輸送の規制と事業区分 222
  • 第10章 1007 トラック輸送市場の構造 223
  • 第10章 1008 宅配便 225
  • 第10章 1009 鉄道貨物輸送 226
  • 第10章 1010 シティロジスティクス 228
  • 第10章 1011 グリーン物流 229
  • 第10章 1012 日本の物流政策 230
  • 第10章 1013 アメリカの物流政策 232
  • 第10章 1014 ヨーロッパの物流政策 233
  • 第11章 海運・港湾政策
  • 第11章 1101 海運市場と海運サイクル 236
  • 第11章 1102 海上運賃と運送契約 238
  • 第11章 1103 海運同盟と規制政策 240
  • 第11章 1104 国際海上複合輸送と物流の発展 242
  • 第11章 1105 便宜置籍船と船員雇用 243
  • 第11章 1106 海運業の提携と多角化 244
  • 第11章 1107 外航海運政策 245
  • 第11章 1108 東アジア経済発展と海運物流 247
  • 第11章 1109 内航海運市場と海運経営 249
  • 第11章 1110 内航海運政策 250
  • 第11章 1111 日本の港湾管理と港湾政策 251
  • 第11章 1112 港湾運送事業とメガターミナルオペレーター 253
  • 第12章 航空・空港政策
  • 第12章 1201 航空輸送の発展と航空事業の特質 256
  • 第12章 1202 航空市場の寡占化とローコストキャリア 258
  • 第12章 1203 航空ネットワークと経営戦略 260
  • 第12章 1204 航空運賃 262
  • 第12章 1205 航空貨物とグローバルロジスティクス 264
  • 第12章 1206 アメリカの航空規制緩和と競争政策 266
  • 第12章 1207 日本の航空規制緩和 268
  • 第12章 1208 国際航空の自由化 270
  • 第12章 1209 空港の整備と財源 272
  • 第12章 1210 混雑空港とスロット配分 273
  • 第12章 1211 空港の所有と管理 275
  • 第13章 環境
  • 第13章 1301 交通における環境問題 278
  • 第13章 1302 地球温暖化問題 280
  • 第13章 1303 大気汚染 282
  • 第13章 1304 騒音 283
  • 第13章 1305 交通とエネルギー問題 284
  • 第13章 1306 環境問題と市場機構 286
  • 第13章 1307 環境外部性の経済評価 287
  • 第13章 1308 環境に関する国際協力 288
  • 第13章 1309 国際交通と環境問題 289
  • 第14章 安全・防災対策
  • 第14章 1401 道路交通事故と安全対策の現状 292
  • 第14章 1402 事故対策の現状―航空 293
  • 第14章 1403 事故対策の現状―海運 294
  • 第14章 1404 事故対策の現状―鉄道 295
  • 第14章 1405 災害・テロリズム対策の現状 296
  • 第14章 1406 安全性と経済学 297
  • 第14章 1407 安全性と市場の失敗要因 298
  • 第14章 1408 安全と需給調整規制 299
  • 第14章 1409 保険とリスクマネジメント 300
  • 第14章 1410 安全規制の費用便益 301
  • 第14章 1411 安全と行為規制・資本規制 302
  • 第15章 交通統計
  • 第15章 1501 交通統計の体系 304
  • 第15章 1502 主な交通統計調査一覧(公的主体が整備するもの) 306
  • 第15章 1503 鉄道統計 308
  • 第15章 1504 自動車・道路統計 309
  • 第15章 1505 海運・港湾統計 311
  • 第15章 1506 航空・空港統計 313
  • 第15章 1507 地域間旅客流動調査 315
  • 第15章 1508 地域間貨物流動調査 316
  • 第15章 1509 都市圏旅客流動調査 317
  • 第15章 1510 都市圏貨物流動調査 319
  • 第15章 1511 観光統計 320
  • 第15章 1512 安全および環境・エネルギーにかかわる交通関連調査 322
  • 第15章 1513 産業連関表 324
  • 編集後記
  • 索引

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで