サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線

中嶋英雄 監修

詳細情報

タイトル マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線
著者 中嶋英雄 監修
著者標目 中嶋, 英雄, 1949-
シリーズ名 [新材料・新素材シリーズ]
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー出版
出版年月日等 2011.7
大きさ、容量等 281p ; 27cm
ISBN 9784781303475
価格 68000円
JP番号 21970963
NS-MARC番号 136095300
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) 金属材料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 多孔質体
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC M213
NDC(9版) 501.41 : 工業基礎学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線
  • 目次
  • 第1章 マクロポーラス金属の作製方法
  • 第1章 1 アルポラスの製法および特性 三好鉄二 1
  • 第1章 1 1.1 はじめに 1
  • 第1章 1 1.2 製造法 1
  • 第1章 1 1.3 特性 4
  • 第1章 2 超軽量クローズドセル型ポーラス金属の作製方法 金武直幸 7
  • 第1章 2 2.1 はじめに 7
  • 第1章 2 2.2 粉末プリカーサ法 7
  • 第1章 2 2.3 燃焼合成発泡法 9
  • 第1章 2 2.4 まとめ 11
  • 第1章 3 超塑性を利用した新機能ポーラス金属の創製 北薗幸一 13
  • 第1章 3 3.1 はじめに 13
  • 第1章 3 3.2 板材からのポーラス金属の作製 13
  • 第1章 3 3.3 超塑性の利用 15
  • 第1章 3 3.4 おわりに 19
  • 第1章 4 摩擦攪拌による発泡金属作製 半谷禎彦,宇都宮登雄 21
  • 第1章 4 4.1 はじめに 21
  • 第1章 4 4.2 摩擦攪拌を用いた発泡金属作製法 21
  • 第1章 4 4.3 傾斜機能ポーラスアルミニウム 22
  • 第1章 4 4.4 サンドイッチパネル 24
  • 第1章 4 4.5 発泡剤レスポーラスアルミニウム 25
  • 第1章 4 4.6 おわりに 27
  • 第1章 5 高圧ガスを用いた一方向気孔を有するロータス型ポーラス金属の製法 中嶋英雄 28
  • 第1章 5 5.1 はじめに 28
  • 第1章 5 5.2 高圧ガスを用いたロータス金属の作製法 28
  • 第1章 5 5.3 おわりに 35
  • 第1章 6 ガス化合物熱分解法によるロータス型ポーラス金属の製法 中嶋英雄,井手拓哉 37
  • 第1章 6 6.1 はじめに 37
  • 第1章 6 6.2 ガス化合物熱分解法によるロータス銅の作製 37
  • 第1章 6 6.3 ガス化合物熱分解法によるロータスアルミニウムの作製 39
  • 第1章 6 6.4 ガス化合物熱分解法によるロータス鉄の作製 41
  • 第1章 6 6.5 おわりに 42
  • 第1章 7 ロータス型ポーラス金属間化合物の作製と機械的性質 井手拓哉,中嶋英雄 44
  • 第1章 7 7.1 はじめに 44
  • 第1章 7 7.2 水素加圧雰囲気下での一方向凝固によるロータス型ポーラスNi3A1の作製 44
  • 第1章 7 7.3 ロータス型ポーラスTiAlの作製と機械的性質 46
  • 第1章 7 7.4 おわりに 48
  • 第1章 8 ロータス型ポーラスシリコンの作製 中嶋英雄 50
  • 第1章 8 8.1 はじめに 50
  • 第1章 8 8.2 ロータス型ポーラスシリコンの作製方法 50
  • 第1章 8 8.3 ロータス型ポーラスシリコンの特徴 51
  • 第1章 8 8.4 気孔率の水素分圧依存性 52
  • 第1章 8 8.5 おわりに 53
  • 第1章 9 ポーラス金属ガラスの作製と性質 和田武 55
  • 第1章 9 9.1 緒言 55
  • 第1章 9 9.2 過冷却液体状態での粘性流動を用いたポーラス金属ガラスの作製法 56
  • 第1章 9 9.3 高圧水素を利用した微小気泡を含むPd-Cu-Ni-P金属ガラスの作製 56
  • 第1章 9 9.4 微小水素気泡を含むPd基金属ガラスの過冷却液体発泡 57
  • 第1章 9 9.5 Pd基ポーラス金属ガラスの力学特性 58
  • 第1章 9 9.6 結論 60
  • 第1章 10 セルメット(R)の作製と応用 斉藤英敏 62
  • 第1章 10 10.1 緒言 62
  • 第1章 10 10.2 セルメット(R)の特徴 62
  • 第1章 10 10.3 セルメッド(R)の製造方法 63
  • 第1章 10 10.4 セルメット(R)の仕様 66
  • 第1章 10 10.5 セルメット(R)の応用 66
  • 第1章 11 スペーサ法によるポーラス金属の開発 馬渕守 69
  • 第1章 11 11.1 はじめに 69
  • 第1章 11 11.2 焼結スペーサ法によるポーラスアルミニウムの作製 69
  • 第1章 11 11.3 焼結スペーサ法によるポーラス銅の作製 72
  • 第1章 11 11.4 そのほかのポーラス金属 74
  • 第1章 11 11.5 おわりに 75
  • 第1章 12 溶融金属発泡法による発泡アルミニウムの作製と気泡安定性制御 門井浩太,中江秀雄 77
  • 第1章 12 12.1 はじめに 77
  • 第1章 12 12.2 気泡の安定性 77
  • 第1章 12 12.3 溶融金属発泡法と諸現象 79
  • 第1章 13 ロータス型ポーラス金属の凝固組織制御 鈴木進補 85
  • 第1章 13 13.1 はじめに 85
  • 第1章 13 13.2 純金属の凝固組織と気孔形態 85
  • 第1章 13 13.3 合金の凝固組織と気孔形態 86
  • 第1章 13 13.4 まとめ 89
  • 第1章 14 低環境負荷微細孔材料作製の試み 田中敏宏,鈴木賢紀,平井信充 91
  • 第1章 14 14.1 緒言 91
  • 第1章 14 14.2 表面微細孔組織の形成と特異拡張濡れ 92
  • 第1章 14 14.3 ガラスの分相と微細孔材の熱力学データベースを利用した設計の試み 93
  • 第1章 14 14.4 水熱反応を利用した微細孔材料の作製 94
  • 第1章 14 14.5 結言 97
  • 第1章 15 金属粉末射出成形によるマイクロポーラス金属精密部品の製造法 西籔和明 99
  • 第1章 15 15.1 金属粉末射出成形によるポーラス金属部品の製造の必要性 99
  • 第1章 15 15.2 パウダースペースホルダー金属粉末射出成形法およびその特徴 99
  • 第1章 15 15.3 パウダースペースホルダー金属粉末射出成形法によるポーラス部品の形状付与と構造制御 101
  • 第1章 15 15.4 パウダースペースホルダー金属粉末射出成形法によるポーラス部品の寸法精度 104
  • 第1章 15 15.5 まとめ 106
  • 第1章 16 ロータス型ポーラスセラミックスの作製 上野俊吉 107
  • 第1章 16 16.1 はじめに 107
  • 第1章 16 16.2 ロータス型ポーラスアルミナの作製 107
  • 第1章 16 16.3 ロータス型ポーラスアルミナの気孔形成機構 108
  • 第1章 16 16.4 溶解原料に含まれる不純物の気孔形成へ及ぼす影響 110
  • 第1章 16 16.5 おわりに 113
  • 第2章 マクロポーラス金属の物性と特性
  • 第2章 1 3D/4Dイメージングによるポーラス金属の力学的性質評価 小林正和,戸田裕之 114
  • 第2章 1 1.1 はじめに 114
  • 第2章 1 1.2 セル壁内部の不均質構造 115
  • 第2章 1 1.3 変形・破壊挙動 118
  • 第2章 2 ロータス型ポーラス金属の機械的性質(I) 多根正和 122
  • 第2章 2 2.1 はじめに 122
  • 第2章 2 2.2 ロータス金属の弾性率 122
  • 第2章 2 2.3 ロータス金属の引張強度 124
  • 第2章 3 ロータス型ポーラス金属の機械的性質(II) 多根正和 127
  • 第2章 3 3.1 はじめに 127
  • 第2章 3 3.2 AE法を利用したロータス銅の引張変形挙動の解析 127
  • 第2章 3 3.3 圧縮変形挙動のひずみ速度依存性 128
  • 第2章 4 ロータス型ポーラス金属の疲労特性 関宏範 131
  • 第2章 4 4.1 はじめに 131
  • 第2章 4 4.2 応力振幅と破壊までのサイクル数の関係 131
  • 第2章 4 4.3 気孔率・負荷方向と疲労強度の関係 132
  • 第2章 4 4.4 疲労強度と引張強度の関係 133
  • 第2章 4 4.5 疲労寿命に及ぼす気孔の傾きの影響 133
  • 第2章 4 4.6 疲労寿命に及ぼす気孔径分布の影響 134
  • 第2章 4 4.7 疲労試験後の破面 135
  • 第2章 4 4.8 まとめ 137
  • 第2章 5 ロータス型ポーラス金属の吸音特性 中嶋英雄 138
  • 第2章 5 5.1 はじめに 138
  • 第2章 5 5.2 吸音率の測定方法 138
  • 第2章 5 5.3 ロータスマグネシウムの吸音特性 139
  • 第2章 5 5.4 おわりに 140
  • 第2章 6 ポーラス金属の塑性加工による成形と材質制御 宇都宮裕 142
  • 第2章 6 6.1 はじめに 142
  • 第2章 6 6.2 ポーラス金属の塑性加工の利点 142
  • 第2章 6 6.3 ポーラス金属の圧延加工 147
  • 第2章 6 6.4 ロータス銅の圧延特性 148
  • 第2章 6 6.5 おわりに 150
  • 第2章 7 ロータス型ポーラス金属の腐食特性 藤本慎司 152
  • 第2章 7 7.1 はじめに 152
  • 第2章 7 7.2 腐食現象の電気化学平衡と速度論 152
  • 第2章 7 7.3 腐食の形態 154
  • 第2章 7 7.4 ポーラス金属の腐食挙動の特徴 156
  • 第2章 7 7.5 ロータス型ポーラスオーステナイトステンレス鋼の腐食挙動 156
  • 第2章 7 7.6 Nを合金化した,ロータス型ポーラスNiフリーオーステナイトステンレス鋼の腐食挙動 158
  • 第2章 7 7.7 ロータス型ポーラス金属の防食対策 160
  • 第2章 8 ロータス型ポーラス金属の接合 中田一博 161
  • 第2章 8 8.1 一般的なポーラス金属の溶接・接合 161
  • 第2章 8 8.2 ロータス型ポーラス金属の溶接・接合 162
  • 第2章 8 8.3 おわりに 168
  • 第2章 9 ECAEを用いたロータス型ポーラス金属の強化 鈴木進補 170
  • 第2章 9 9.1 はじめに 170
  • 第2章 9 9.2 ロータス金属のECAE加工 170
  • 第2章 9 9.3 まとめ 175
  • 第2章 10 中空金属球(MHS)成形体の特性評価 吉村英徳 176
  • 第2章 10 10.1 MHS成形体の構造および主な作製方法 176
  • 第2章 10 10.2 MHS成形体の機械特性 177
  • 第2章 10 10.3 MHS成形体の曲げ特性 180
  • 第3章 マクロポーラス金属の応用
  • 第3章 1 ポーラス金属を用いた生体材料設計 中野貴由,吉川秀樹 184
  • 第3章 1 1.1 はじめに 184
  • 第3章 1 1.2 生体材料設計におけるポーラス金属の役割 185
  • 第3章 1 1.3 セメントレス固定のための人工股関節の表面ポーラス化 186
  • 第3章 1 1.4 積層造形法とポーラス化形状設計 187
  • 第3章 1 1.5 造形ポーラス体インプラントによる骨再生 188
  • 第3章 1 1.6 骨でのアパタイト配向性とそれに基づく異方性ロータス型ポーラス金属への良質な骨侵入 189
  • 第3章 1 1.7 ポーラス金属を用いた近未来型生体材料の設計 191
  • 第3章 1 1.8 おわりに 192
  • 第3章 2 ポーラス金属を用いた生体材料 樋口裕一 194
  • 第3章 2 2.1 はじめに 194
  • 第3章 2 2.2 顎骨再建への応用 194
  • 第3章 2 2.3 インプラントへの応用 196
  • 第3章 2 2.4 おわりに 199
  • 第3章 3 ロータス型ポーラス金属を用いたヒートシンク開発 千葉博,大串哲朗 200
  • 第3章 3 3.1 まえがき 200
  • 第3章 3 3.2 ポーラス金属を用いたヒートシンクの種類 200
  • 第3章 3 3.3 あとがき 204
  • 第3章 4 ロータス型ポーラス炭素鋼を用いた工作機械の移動体 樫原一 205
  • 第3章 4 4.1 ロータス炭素鋼を用いた移動体の製作 205
  • 第3章 4 4.2 工作機械の特性評価方法 207
  • 第3章 4 4.3 特性評価試験結果 209
  • 第3章 4 4.4 まとめ 211
  • 第3章 5 ロータス型ポーラス金属の航空機用エンジン部材への応用 永留世一 213
  • 第3章 5 5.1 はじめに 213
  • 第3章 5 5.2 環境にやさしい航空機用エンジンの開発動向 213
  • 第3章 5 5.3 エンジンの効率向上と燃焼器用遮熱タイルの役割―燃費低減(CO2排出量低減),と低NOx化の両立― 214
  • 第3章 5 5.4 燃焼器用遮熱タイルに要求される要件 215
  • 第3章 5 5.5 ニッケル基耐熱合金製ロータス型ポーラス平板の製作 215
  • 第3章 5 5.6 燃焼器用遮熱タイルの試作と冷却特性評価 216
  • 第3章 5 5.7 ロータス型ポーラス金属の燃焼器用遮熱タイルへの適用のまとめ 217
  • 第3章 5 5.8 その他の航空機用エンジン部品への,ロータス型ポーラス金属の応用可能性 217
  • 第3章 5 5.9 まとめ 218
  • 第4章 ナノポーラス金属の作製方法と物性
  • 第4章 1 ナノポーラス金属間化合物の作製 吉見享祐 220
  • 第4章 1 1.1 はじめに 220
  • 第4章 1 1.2 ナノポーラス化現象が起こる金属間化合物群とその物理的根拠 220
  • 第4章 1 1.3 金属間化合物バルク内部のナノポーラス化 221
  • 第4章 1 1.4 金属間化合物表面のナノポーラス化現象 222
  • 第4章 1 1.5 ナノボアー形成メカニズムと結晶学的異方性 223
  • 第4章 1 1.6 おわりに 223
  • 第4章 2 脱合金化によるナノポーラス金属の創製 袴田昌高,馬渕守 225
  • 第4章 2 2.1 はじめに 225
  • 第4章 2 2.2 ナノポーラス金 225
  • 第4章 2 2.3 金以外のナノポーラス金属 227
  • 第4章 2 2.4 表面処理としての合金化/脱合金化と表面積測定 229
  • 第4章 2 2.5 結晶学的な性質 230
  • 第4章 2 2.6 おわりに 231
  • 第4章 3 ナノポーラス金属の機械的性質と電気特性 谷本久典 233
  • 第4章 3 3.1 はじめに 233
  • 第4章 3 3.2 ナノポーラス化による機械的性質の変化 233
  • 第4章 3 3.3 ナノポーラス化による電気伝導性変化 236
  • 第4章 3 3.4 おわりに 238
  • 第4章 4 ナノポーラス金属の触媒・光学特性 藤田武志 241
  • 第4章 4 4.1 はじめに 241
  • 第4章 4 4.2 ナノポーラス金属の触媒特性 242
  • 第4章 4 4.3 ナノポーラス金属の光学特性とラマン分光への応用 245
  • 第4章 4 4.4 最後に 247
  • 第4章 5 陽極酸化によるバルブ金属・合金表面へのナノポーラス酸化物層の創成 土谷博昭,藤本慎司 249
  • 第4章 5 5.1 はじめに 249
  • 第4章 5 5.2 チタンの陽極酸化によるポーラス酸化物層の創成 249
  • 第4章 5 5.3 バルブ金属の陽極酸化によるポーラス酸化物層の形成 253
  • 第4章 5 5.4 パルプ金属からなる合金における酸化物層の形態遷移とチューブ径分布の2極化現象 254
  • 第4章 5 5.5 おわりに 257
  • 第4章 6 金属の酸化反応を利用した酸化物ナノ中空構造体の作製 仲村龍介 259
  • 第4章 6 6.1 はじめに 259
  • 第4章 6 6.2 金属ナノ粒子の酸化による酸化物ナノ中空粒子の形成 259
  • 第4章 6 6.3 金属ナノワイヤーの酸化による酸化物ナノチューブの形成 260
  • 第4章 6 6.4 中空構造の形成メカニズム 260
  • 第4章 6 6.5 おわりに 262
  • 第5章 標準化(日本工業規格)
  • 第5章 1 標準化―用語 三原豊 264
  • 第5章 2 ポーラス金属の圧縮試験方法の標準化 金武直幸 268
  • 第5章 2 2.1 はじめに 268
  • 第5章 2 2.2 ポーラス金属の変形特性 268
  • 第5章 2 2.3 圧縮試験方法 269
  • 第5章 2 2.4 おわりに 272
  • 第5章 3 ポーラス金属の熱伝導率試験方法の標準化 大串哲朗 274
  • 第5章 3 3.1 まえがき 274
  • 第5章 3 3.2 試験片温度測定法の場合の実測例 275
  • 第5章 3 3.3 試験片厚さ変化法の場合の実測例 278
  • 第5章 3 3.4 あとがき 280

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで