The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

災害対策全書 3 (復旧・復興)

ひょうご震災記念21世紀研究機構災害対策全書編集企画委員会 編

details

Title 災害対策全書
Author ひょうご震災記念21世紀研究機構災害対策全書編集企画委員会 編
Personal Name (Author) ひょうご震災記念21世紀研究機構
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication神戸
Publisherひょうご震災記念21世紀研究機構災害対策全書編集企画委員会
Place of Publication東京
Publisherぎょうせい (制作・発売)
Date 2011.5
Size & Duration 549p ; 31cm
ISBN 9784324800430
Price 6190円
National Bibliography No.(JPNO) 21965030
Volume 3 (復旧・復興)
Parallel Title Handbook of disaster management
Year of Publication(W3CDTF) 2011
Subject Heading(Keyword) 災害復興
NDLC EG77
NDC(9th revised) 369.3 : Social welfare
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 災害対策全書. 3
  • CONTENTS―(3)復旧・復興―
  • 発刊にあたって 貝原俊民●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長 i
  • 編集にあたって 五百旗頭真●災害対策全書編集企画委員会代表 ii
  • はじめに ―新たな歴史の構築 林敏彦●復旧・復興編編集長 xvii
  • 第1章 復旧・復興の理念と目標
  • 第1章 1 復旧・復興の定義と意義 2
  • 第1章 1 1.1 概説 ―災害復興とは何か 永松伸吾●関西大学社会安全学部准教授 2
  • 第1章 1 1.2 復旧・復興の理念と目標 6
  • 第1章 1 1.2 1 現代社会における復興の意味とその変遷 大矢根淳●専修大学人間科学部社会学科教授
  • 第1章 1 1.2 2 復旧と復興 宮原浩二郎●関西学院大学社会学部教授 10
  • 第1章 1 1.2 3 人間復興 山中茂樹●関西学院大学災害復興制度研究所教授 12
  • 第1章 1 1.3 復旧・復興の主体と目的 16
  • 第1章 1 1.3 1 減災サイクルと復興 室﨑益輝●関西学院大学災害復興制度研究所長・教授 16
  • 第1章 1 1.3 2 被災からの回復と再生 室﨑益輝●関西学院大学災害復興制度研究所長・教授 20
  • 第1章 1 1.3 3 「復興バネ」と新しい質の獲得 室﨑益輝●関西学院大学災害復興制度研究所長・教授 24
  • 第1章 1 1.3 4 協働システムと復興 室﨑益輝●関西学院大学災害復興制度研究所長・教授 28
  • 第1章 1 1.4 復旧・復興のプロセス 32
  • 第1章 1 1.4 1 復興のスピード 中林一樹●明治大学大学院政治経済学研究科特任教授 32
  • 第1章 1 1.4 2 被災地復興と個人の復興 中林一樹●明治大学大学院政治経済学研究科特任教授 36
  • 第1章 2 災害復興体制と復興計画 40
  • 第1章 2 2.1 概説 ―災害復興のガバナンス 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 40
  • 第1章 2 2.2 復興体制と復興計画の歴史 44
  • 第1章 2 2.2 1 関東大震災 越澤明●北海道大学大学院工学研究院教授 44
  • 第1章 2 2.2 2 阪神・淡路大震災の復興計画 越澤明●北海道大学大学院工学研究院教授 48
  • 第1章 2 2.2 3 2004年新潟県中越地震 平井邦彦●財団法人山の暮らし再生機構副理事長 54
  • 第1章 2 2.3 復興の主体と復興計画の作成 58
  • 第1章 2 2.3 1 政府・自治体による計画作成 後藤隆昭●内閣府防災担当(災害復旧・復興担当)参事官補佐 58
  • 第1章 2 2.3 2 被災者・市民による計画作成 小森星児●神戸復興塾塾長 60
  • 第1章 2 2.4 事前の復興ビジョン作成 64
  • 第1章 2 2.4 1 事前復興計画の必要性 太田敏一●神戸防災技術者の会幹事 64
  • 第1章 2 2.4 2 首都直下地震 武田文男●京都大学防災研究所 66
  • 第1章 2 2.4 3 東海・東南海・南海地震 永松伸吾●関西大学社会安全学部准教授 70
  • 第1章 2 2.5 巨大複合災害からの復興体制 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 72
  • 第1章 3 復興計画作成の課題検討と整理 74
  • 第1章 3 3.1 概説 ―基本的視点 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 74
  • 第1章 3 3.2 復興計画の作成手順と留意点 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 76
  • 第1章 3 3.3 被害実態の確定と被害額の推定 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 78
  • 第1章 3 3.4 復興スキームの作成 80
  • 第1章 3 3.4 1 目標・地域・対象・期間 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 80
  • 第1章 3 3.4 2 復興方針の確定 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 82
  • 第1章 3 3.4 3 復興事業の検討 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 84
  • 第1章 3 3.4 4 事業実施体制の検討 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 86
  • 第1章 3 3.4 5 復興事業の実施方策 角野幸博●関西学院大学総合政策学部教授 88
  • 第1章 3 3.4 6 復興予算の調達と確保 角野幸博●関西大学総合政策学部教授 90
  • 第1章 4 災害復興のファイナンス 92
  • 第1章 4 4.1 概説 ―基本的視点 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 92
  • 第1章 4 4.2 災害復興財政制度 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 94
  • 第1章 4 4.3 復興基金 102
  • 第1章 4 4.3 1 概説―基本的視点 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 102
  • 第1章 4 4.3 2 雲仙から阪神・淡路大震災、中越地震へ 福留邦洋●新潟大学災害復興科学センター特任准教授 104
  • 第1章 4 4.3 3 阪神・淡路大震災復興基金 五百蔵俊彦●財団法人兵庫県園芸・公園協会会長 108
  • 第1章 4 4.3 4 能登半島地震 紅谷昇平●人と防災未来センター研究主幹 112
  • 第1章 4 4.3 5 新潟県中越沖地震 紅谷昇平●人と防災未来センター研究主幹 114
  • 第1章 5 復興事業の評価と検証 116
  • 第1章 5 5.1 概説 ―基本的視点 新野幸次郎●阪神・淡路大震災復興10年委員会座長 116
  • 第1章 5 5.2 復興事業の評価 新野幸次郎●阪神・淡路大震災復興10年委員会座長 118
  • 第1章 5 5.3 検証事業の実施手法と留意点~阪神・淡路大震災復旧、復興事業の検証~ 齋藤富雄●公益財団法人兵庫県国際交流協会理事長 122
  • 第2章 分野別課題
  • 第2章 1 被災者の生活再建 130
  • 第2章 1 1.1 概説 ―基本的視点 立木茂雄●同志社大学社会学部教授 130
  • 第2章 1 1.2 資金的支援援助 足達和則●前兵庫県企画県民部防災企画局復興支援課長 132
  • 第2章 1 1.3 被災者生活再建支援制度 足達和則●前兵庫県企画県民部防災企画局復興支援課長 136
  • 第2章 1 1.4 暮らしの再建支援方策 立木茂雄●同志社大学社会学部教授 140
  • 第2章 1 1.5 域外避難者への支援 田並尚恵●川崎医療福祉大学医療福祉学部准教授 142
  • 第2章 1 1.6 中山間地域における生活再建 澤田雅浩●長岡造形大学造形学部准教授 146
  • 第2章 1 1.7 長期避難と生活復興 木村拓郎●株式会社社会安全研究所顧問 152
  • 第2章 1 1.8 復興におけるNPOの役割 金子洋二●新潟NPO協会副代表理事 156
  • 第2章 2 要援護者の生活復興 160
  • 第2章 2 2.1 概説 ―基本的視点 松原一郎●関西大学社会学部教授 160
  • 第2章 2 2.2 要援護者生活復興計画の策定―作成の手順と留意点 松原一郎●関西大学社会学部教授 162
  • 第2章 2 2.3 要援護高齢者の生活復興 松澤賢治●流通科学大学サービス産業学部教授 166
  • 第2章 2 2.4 高齢者施設等が行う支援策 小山剛●社会福祉法人長岡福祉協会高齢者総合ケアセンターこぶし園総合施設長 170
  • 第2章 2 2.5 高齢者の孤独死の防止と地域見守り活動 霜川卓之●長寿文化フォーラム代表幹事 174
  • 第2章 2 2.6 すまいと福祉サービスのリンク 森田文明●兵庫県後期高齢者医療広域連合事務局長 178
  • 第2章 2 2.7 障害者への支援 磯辺康子●神戸新聞編集委員 182
  • 第2章 2 2.8 外国人住民への支援 磯辺康子●神戸新聞編集委員 184
  • 第2章 2 2.9 生活困窮者への支援 磯辺康子●神戸新聞編集委員 186
  • 第2章 2 2.10 生活復興の支援者とネットワーク 佐藤寿一●宝塚市社会福祉協議会事務局長 188
  • 第2章 3 医療の復興 192
  • 第2章 3 3.1 概説 ―基本的視点 後藤武●財団法人兵庫県健康財団理事長 192
  • 第2章 3 3.2 医療復興計画の策定―作成の手順と留意点 太田稔明●兵庫県健康福祉部医監 194
  • 第2章 3 3.3 被災診療所、病院の本格的復興 太田稔明●兵庫県健康福祉部医監 196
  • 第2章 3 3.4 災害拠点病院の整備 鵜飼卓●兵庫県災害医療センター顧問 198
  • 第2章 3 3.5 日本DMATの組織化と平時の準備 近藤久禎●厚生労働省医政局災害医療対策室DMAT事務局次長 200
  • 第2章 3 3.6 広域医療救援体制の整備 ~隣県との協定や医療と消防などとの連携~ 小澤修一●兵庫県災害医療センター長 206
  • 第2章 3 3.7 災害看護ボランティア 南裕子●高知県立大学学長 212
  • 第2章 3 3.8 災害医療ボランティアの登録と活用 木村博樹●人と防災未来センター副センター長 216
  • 第2章 4 こころのケア 220
  • 第2章 4 4.1 概説 ―基本的視点 鈴木友理子●独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所成人精神保健研究部災害等支援研究室長 220
  • 第2章 4 4.2 被災者のケア 明石加代●兵庫県こころのケアセンター主任研究員 224
  • 第2章 4 4.3 時間とケアの課題(子どもを対象として) 藤森和美●武蔵野大学人間関係学部教授 228
  • 第2章 5 教育の復興 234
  • 第2章 5 5.1 概説 ―基本的視点 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 234
  • 第2章 5 5.2 教育復興計画の策定 ―策定の手順と留意点 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 236
  • 第2章 5 5.3 被災校舎、教育施設の本格的復興 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 242
  • 第2章 5 5.4 防災教育の充実方策 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 244
  • 第2章 5 5.5 防災拠点としての学校整備と運営策 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 248
  • 第2章 5 5.6 学校、家庭、地域の防災連携策 上羽慶市●神戸親和女子大学文学部教授 252
  • 第2章 6 芸術と文化の復興 254
  • 第2章 6 6.1 概説 ―基本的視点 端信行●兵庫県立歴史博物館館長 254
  • 第2章 6 6.2 芸術文化復興計画の作成 ―手順と留意点 端信行●兵庫県立歴史博物館館長 258
  • 第2章 6 6.3 芸術文化施設の本格的復興 端信行●兵庫県立歴史博物館館長 260
  • 第2章 6 6.4 芸術文化による復興とその支援策 島田誠●アート・サポートセンター神戸代表 262
  • 第2章 6 6.5 地域文化の復興 森栗茂一●大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授 266
  • 第2章 6 6.6 災害文化と復興 芹田健太郎●神戸大学名誉教授 268
  • 第2章 6 6.7 災害復興と多文化共生 吉富志津代●特定非営利活動法人多言語センターFACIL理事長 272
  • 第2章 7 住宅の復興 278
  • 第2章 7 7.1 概説 ―基本的視点 小浦久子●大阪大学大学院工学研究科准教授 278
  • 第2章 7 7.2 住宅復興計画 ―作成の手順と留意点 小浦久子●大阪大学大学院工学研究科准教授 284
  • 第2章 7 7.3 復興住宅の建設地と建設方法 柴田高博●森ビル株式会社特別顧問 288
  • 第2章 7 7.4 公的復興住宅の建設と供給 柴田高博●森ビル株式会社特別顧問 292
  • 第2章 7 7.5 民間住宅の再建支援 柴田高博●森ビル株式会社特別顧問 298
  • 第2章 7 7.6 マンションの再建 野崎隆一●特定非営利活動法人神戸まちづくり研究所理事・事務局長 304
  • 第2章 7 7.7 賃貸住宅の再建 川端宏幸●兵庫県県土整備部まちづくり部長 308
  • 第2章 7 7.8 グループホーム等への支援 岸本達也●神戸新聞社会部記者(防災担当) 312
  • 第2章 7 7.9 住宅情報の発信 岸本達也●神戸新聞社会部記者(防災担当) 316
  • 第2章 7 7.10 兵庫県住宅再建共済制度(愛称:フェニックス共済)の創設と活用 和久克明●公益財団法人兵庫県住宅再建共済基金評議員・相談役 318
  • 第2章 7 7.11 住文化の継承と環境ガバナンス 小浦久子●大阪大学大学院工学研究科准教授 324
  • 第2章 8 産業の復興 328
  • 第2章 8 8.1 概説 ―基本的視点 加藤恵正●兵庫県立大学政策科学研究所長・教授 328
  • 第2章 8 8.2 産業復興計画―作成の手順と留意点 江木耕一●元兵庫県公営企業管理者 332
  • 第2章 8 8.3 資金繰りへの緊急融資 小林英明●前兵庫県信用保証協会専務理事 334
  • 第2章 8 8.4 中小企業政策(公民) 佐竹隆幸●兵庫県立大学大学院経営研究科教授 336
  • 第2章 8 8.5 商店街のにぎわい再生をめざして 田中道雄●大阪学院大学経営学部教授 342
  • 第2章 8 8.6 被災地復興ツーリズムの推進 大西信行●社団法人ひょうごツーリズム協会専務理事 346
  • 第2章 8 8.7 震災復興と食料・飲料水の安定供給 保田茂●神戸大学名誉教授 350
  • 第2章 8 8.8 企業間連携による復興 佐竹隆幸●兵庫県立大学大学院経営研究科教授 356
  • 第2章 8 8.9 調整経済のマネジメント 永松伸吾●関西大学社会安全学部准教授 360
  • 第2章 8 8.10 被災地経済の自立に向けた地域産業政策 江木耕一●元兵庫県公営企業管理者 364
  • 第2章 8 8.11 被災地再生への起業・新産業創出 江木耕一●元兵庫県公営企業管理者 366
  • 第2章 8 8.12 企業の地震対策、復旧・復興計画 宮川裕●株式会社神戸製鋼所環境防災部担当役員補佐 368
  • 第2章 9 雇用・就業の復興 372
  • 第2章 9 9.1 概説 ―基本的視点 加藤恵正●兵庫県立大学政策科学研究所長・教授 372
  • 第2章 9 9.2 雇用・就業復興計画の作成―手順と留意点 表具喜治●公益財団法人ひょうご産業活性化センター理事長 374
  • 第2章 9 9.3 緊急雇用対策 小西康生●神戸大学名誉教授 376
  • 第2章 9 9.4 離職・求職者対策 小西康生●神戸大学名誉教授 380
  • 第2章 9 9.5 就業形態の多様化 小西康生●神戸大学名誉教授 382
  • 第2章 9 9.6 勤労者の生活支援と相談体制の充実等 表具喜治●公益財団法人ひょうご産業活性化センター理事長 384
  • 第2章 9 9.7 被災離職者等に対する職業能力開発の実施 表具喜治●公益財団法人ひょうご産業活性化センター理事長 386
  • 第2章 9 9.8 コミュニティ・ビジネスの振興 相川康子●特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事 388
  • 第2章 9 9.9 災害時における雇用・就業安定化の制度設計 相川康子●特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事 392
  • 第2章 9 9.10 雇用・就業機会の創出 表具喜治●公益財団法人ひょうご産業活性化センター理事長 394
  • 第2章 10 復興のまちづくり 396
  • 第2章 10 10.1 概説 ―基本的視点 鳴海邦碩●大阪大学名誉教授 396
  • 第2章 10 10.2 復興まちづくり計画の策定―作成の手順と留意点 小林郁雄●神戸山手大学環境文化学科教授 398
  • 第2章 10 10.3 都市計画事業型の復興まちづくり 小林郁雄●神戸山手大学環境文化学科教授 400
  • 第2章 10 10.4 市街地改善事業型の復興まちづくり 小林郁雄●神戸山手大学環境文化学科教授 402
  • 第2章 10 10.5 景観形成と復興まちづくり 鳴海邦碩●大阪大学名誉教授 404
  • 第2章 10 10.6 生活空間の継続を目指した復興まちづくり 鳴海邦碩●大阪大学名誉教授 406
  • 第2章 10 10.7 復興と中心市街地の活性化 鳴海邦碩●大阪大学名誉教授 408
  • 第2章 10 10.8 緑の復興とまちづくり 中瀬勲●兵庫県立大学自然・環境科学研究所教授 410
  • 第2章 10 10.9 協働のまちづくり 土井幸平●前大東文化大学環境創造学部教授 414
  • 第2章 10 10.10 復興まちづくりと地域らしさの形成 小林郁雄●神戸山手大学環境文化学科教授 418
  • 第2章 11 都市基盤の復興と防災都市構造の強化 422
  • 第2章 11 11.1 概説 ―減災と備え 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 422
  • 第2章 11 11.2 都市基盤復興計画の作成―作成方法と留意点 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 426
  • 第2章 11 11.3 交通基盤等の復旧・復興 428
  • 第2章 11 11.3 1 概説 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 428
  • 第2章 11 11.3 2 鉄道 国広敏彦●西日本旅客鉄道株式会社鉄道本部施設部長 430
  • 第2章 11 11.3 3 道路・高速道路 原口和夫●株式会社大林組常勤顧問 436
  • 第2章 11 11.3 4 河川 窪田彰●前兵庫県但馬県民局豊岡土木事務所長 440
  • 第2章 11 11.3 5 砂防 上野勉●中央復建コンサルタンツ株式会社理事 444
  • 第2章 11 11.3 6 港湾 片桐正彦●神戸港埠頭株式会社相談役 450
  • 第2章 11 11.4 ライフラインの復旧・復興 454
  • 第2章 11 11.4 1 概説 ―基本的視点 鍬田泰子●神戸大学大学院工学研究科准教授 454
  • 第2章 11 11.4 2 電力・通信・ガス 鍬田泰子●神戸大学大学院工学研究科准教授 458
  • 第2章 11 11.4 3 上水道・下水道 鍬田泰子●神戸大学大学院工学研究科准教授 462
  • 第2章 11 11.5 地盤の復興 466
  • 第2章 11 11.5 1 概説 ―基本的視点 沖村孝●財団法人建設工学研究所常務理事 466
  • 第2章 11 11.5 2 被災宅地の復興 沖村孝●財団法人建設工学研究所常務理事 470
  • 第2章 11 11.5 3 土砂災害・液状化等 沖村孝●財団法人建設工学研究所常務理事 474
  • 第2章 11 11.6 市街地復興と都市計画 478
  • 第2章 11 11.6 1 概説 ―基本的視点 安田丑作●神戸大学名誉教授 478
  • 第2章 11 11.6 2 市街地復興の計画と制度 安田丑作●神戸大学名誉教授 484
  • 第2章 11 11.6 3 市街地復興の事業と運用 安田丑作●神戸大学名誉教授 486
  • 第2章 11 11.7 防災都市づくり戦略 490
  • 第2章 11 11.7 1 概説 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 490
  • 第2章 11 11.7 2 住宅・建築物・インフラ・宅地の耐震化と広域応援 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 494
  • 第2章 11 11.7 3 災害に強いまちづくり 澁谷和久●国土交通省総合政策局政策課長 498
  • 第2章 12 グリーンリカバリー 500
  • 第2章 12 12.1 概説 ―基本的視点 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 500
  • 第2章 12 12.2 災害廃棄物処理と環境への配慮 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 502
  • 第2章 12 12.3 インフラ復興とグリーンリカバリー 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 504
  • 第2章 12 12.4 河川改修からグリーンイノベーションヘ 林敏彦●公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究統括 506
  • あとがき 加藤恵正●復旧・復興編編集委員 509

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here