サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

北原白秋

國生雅子 著

詳細情報

タイトル 北原白秋
著者 國生雅子 著
著者標目 國生, 雅子, 1956-
著者標目 和歌文学会
シリーズ名 コレクション日本歌人選 = Collected works of Japanese poets ; 17
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社笠間書院
出版年月日等 2011.5
大きさ、容量等 122p ; 19cm
注記 年譜あり
注記 文献あり
ISBN 9784305706171
価格 1200円
JP番号 21940752
別タイトル Kitahara Hakushu
シリーズ著者和歌文学会 監修
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) 北原, 白秋, 1885-1942
NDLC KG551
NDC(9版) 911.52 : 詩歌
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 北原白秋
  • 『北原白秋』|目次
  • 01 春の鳥な鳴きそ鳴きそ 2
  • 02 かなしげに春の小鳥も 6
  • 03 仏蘭西のみやび少女が 10
  • 04 はるすぎてうらわかぐさの 14
  • 05 片恋のわれかな身かな 16
  • 06 こころもち黄なる花粉の 20
  • 07 君かへす朝の舗石 22
  • 08 桐の花ことにかはゆき 26
  • 09 歎けとていまはた目白 28
  • 10 病める児はハモニカを吹き 30
  • 11 吾弟らは鳰のよき巣を 32
  • 12 廃れたる園に踏み入り 36
  • 13 我つひに還り来にけり 40
  • 14 かいつぶり橋くぐり来ぬ 44
  • 15 雉子ぐるま雉子は啼かねど 46
  • 16 垂乳根の母にかしづき 50
  • 17 いつまでか貧しき我ぞ 54
  • 18 老いらくの父を思へば 56
  • 19 垂乳根の母父ゆゑに 60
  • 20 かなしきは人間のみち 64
  • 21 編笠をすこしかたむけ 68
  • 22 ふたつなき阿古屋の玉を 72
  • 23 いと酢き赤き柘榴を 74
  • 24 煌々と光りて動く 78
  • 25 飛びあがり宙にためらふ 82
  • 26 昼ながら幽かに光る 86
  • 27 行く水の目にとどまらぬ 90
  • 28 白南風の光葉の野薔薇 92
  • 29 照る月の冷さだかなる 96
  • 30 帰らなむ筑紫母国 100
  • 歌人略伝 103
  • 略年譜 104
  • 解説 「底の見えない人 北原白秋」 國生雅子 106
  • 読書案内 113
  • 【付録エッセイ】童謡・童心・童子 白秋の詩の本質をなすもの 山本健吉 115

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで