サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

小児科学

五十嵐隆 編

詳細情報

タイトル 小児科学
著者 五十嵐隆 編
著者標目 五十嵐, 隆, 1953-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社文光堂
出版年月日等 2011.4
大きさ、容量等 1141p ; 27cm
注記 索引あり
ISBN 9784830630347
価格 24000円
JP番号 21940130
NS-MARC番号 135486000
別タイトル PEDIATRICS
別タイトル PEDIATRICS
改訂第10版
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) 小児科学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC411
NDC(9版) 493.9 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 小児科学
  • 目次
  • 1 小児科学序論
  • 1 I. 小児科学の魅力 2
  • 1 II. 小児医療の特徴 3
  • 1 III. 小児科診療におけるヒント 3
  • 1 IV. 教科書が何の役に立つのか 4
  • 1 V. 真の高度医療をめざして 5
  • 2 成長
  • 2 I. 成長とは何か 8
  • 2 II. 成長に関して理解しておくべき概念 8
  • 2 II. A. 成長曲線 8
  • 2 II. B. projected height 9
  • 2 II. C. target heightとtarget range 9
  • 2 II. D. secular trend 14
  • 2 II. E. 骨年齢 14
  • 2 II. F. Tannerの分類 14
  • 2 II. G. ネオテニー 15
  • 2 III. 成長のステージとその特徴 15
  • 2 III. A. 各ステージに共通する原則 16
  • 2 III. B. 各ステージの特徴 16
  • 2 IV. 成長の評価方法 17
  • 2 IV. A. 身長および体重の評価 17
  • 2 IV. B. 体格の評価 18
  • 2 IV. C. その他の評価 18
  • 3 発達生理
  • 3 総論
  • 3 I. 小児の発達 22
  • 3 II. 体型の変化 22
  • 3 III. 臓器の発育 22
  • 3 各論
  • 3 I. 呼吸 23
  • 3 II. 循環 24
  • 3 III. 血液 25
  • 3 IV. 免疫 26
  • 3 V. 体温 27
  • 3 VI. 睡眠 28
  • 4 脳の発達と発達心理
  • 4 I. こころと脳の発達 32
  • 4 I. A. はじめに 32
  • 4 I. B. 新生児~乳児期 33
  • 4 I. C. 幼児期 34
  • 4 I. D. 学童期 36
  • 4 I. E. 思春期 36
  • 4 I. F. 脳発達障害(被虐待児における脳発達) 37
  • 4 II. 発達心理 42
  • 4 II. A. はじめに 42
  • 4 II. B. 胎児期~乳児期 43
  • 4 II. C. 幼児期 44
  • 4 II. D. 学童期 44
  • 4 II. E. 思春期 44
  • 4 II. F. 小児期の心理発達を診るうえで 45
  • 5 小児の診察法
  • 5 I. 小児の診察法 50
  • 5 I. A. 心構え 50
  • 5 I. B. アプローチの実際 50
  • 5 II. 病歴の取り方 51
  • 5 II. A. 主訴 51
  • 5 II. B. 現病歴 51
  • 5 II. C. 家族歴 51
  • 5 II. D. 既往歴 51
  • 5 III. 身体診察 52
  • 5 III. A. 身体計測 52
  • 5 III. B. バイタルサイン・一般状態 54
  • 5 III. C. 皮膚所見 54
  • 5 III. D. 頭部 55
  • 5 III. E. 眼 55
  • 5 III. F. 耳 55
  • 5 III. G. 鼻 55
  • 5 III. H. 口唇 55
  • 5 III. I. 口腔 55
  • 5 III. J. 頸部 56
  • 5 III. K. リンパ節 56
  • 5 III. L. 胸部 56
  • 5 III. M. 脊柱および背部 56
  • 5 III. N. 呼吸音 56
  • 5 III. O. 心音 56
  • 5 III. P. 腹部 56
  • 5 III. Q. 四肢 56
  • 5 III. R. 外陰部 57
  • 5 III. S. 神経学的検査 57
  • 5 III. T. 髄膜刺激症状 57
  • 5 III. U. 感覚 57
  • 5 III. V. 行動観察 57
  • 5 III. W. 変質徴候(小奇形) 58
  • 6 新生児の診察法
  • 6 I. 新生児の診察法 60
  • 6 I. A. 新生児の診察の目的 60
  • 6 I. B. 新生児の診察の時期 60
  • 6 I. C. 診察前に必要な情報 60
  • 6 I. D. 母親の観察 60
  • 6 I. E. 新生児診察の手順での注意点 60
  • 6 I. F. 新生児診察の手順 61
  • 6 II. 身体診察 61
  • 6 II. A. 皮膚所見 61
  • 6 II. B. 頭部 63
  • 6 II. C. 顔 63
  • 6 II. D. 耳 64
  • 6 II. E. 鼻 64
  • 6 II. F. 眼 64
  • 6 II. G. 瞳孔 64
  • 6 II. H. 口 64
  • 6 II. I. 頸部 64
  • 6 II. J. 胸部 64
  • 6 II. K. 腹部 65
  • 6 II. L. 外性器 66
  • 6 II. M. 肛門 66
  • 6 II. N. 背部 66
  • 6 II. O. 四肢 66
  • 6 II. P. 神経学的検査 66
  • 7 治療総論
  • 7 I. 序論 72
  • 7 II. 薬物療法 72
  • 7 III. 薬物の投与経路と体内動態 73
  • 7 IV. 輸液療法 74
  • 7 V. 輸血 75
  • 7 VI. 食事療法 76
  • 7 VII. 胃内チューブ 77
  • 7 VIII. 呼吸器系に関する治療 77
  • 7 IX. 治療・検査のための基本手技 78
  • 7 X. 移植 80
  • 7 XI. 精神・心理的対応 80
  • 7 XII. そのほかの療法 81
  • 8 予防小児医学
  • 8 I. 予防接種 84
  • 8 I. A. 予防接種の歴史 84
  • 8 I. B. 予防接種の原理 84
  • 8 I. B. 1. 能動免疫と受動免疫 84
  • 8 I. B. 2. 生ワクチンと不活化ワクチン 86
  • 8 I. B. 3. 個人防衛と集団防衛 86
  • 8 I. C. 日本の予防接種制度 87
  • 8 I. C. 1. 勧奨接種 87
  • 8 I. C. 2. 任意接種 87
  • 8 I. C. 3. 母子感染予防 87
  • 8 I. D. 予防接種の実際 87
  • 8 I. D. 1. ポリオワクチン 87
  • 8 I. D. 2. DPTワクチン 88
  • 8 I. D. 3. BCGワクチン 88
  • 8 I. D. 4. 麻疹ワクチン 88
  • 8 I. D. 5. 風疹ワクチン 89
  • 8 I. D. 6. 日本脳炎ワクチン 89
  • 8 I. D. 7. インフルエンザワクチン 89
  • 8 I. D. 8. 水痘ワクチン 90
  • 8 I. D. 9. おたふくかぜワクチン 90
  • 8 I. D. 10. B型肝炎ワクチン 90
  • 8 I. D. 11. インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン 91
  • 8 I. D. 12. 結合型肺炎球菌ワクチン 91
  • 8 I. D. 13. ヒトパピローマウイルスワクチン 91
  • 8 I. E. 外国の予防接種制度 92
  • 8 II. 感染症発生動向調査 92
  • 8 II. A. 感染症発生動向調査の目的 92
  • 8 II. B. 感染症発生動向調査の実際 93
  • 8 III. マススクリーニング 94
  • 8 III. A. マススクリーニングの特徴 94
  • 8 III. B. 新生児のマススクリーニング 95
  • 8 III. C. 学童のマススクリーニング 96
  • 8 III. C. 1. 学校心臓検診 96
  • 8 III. C. 2. 学校検尿 96
  • 8 III. C. 3. その他 96
  • 9 育児の知識と乳幼児健診
  • 9 I. 育児と育児相談 100
  • 9 I. A. 育児と育児学 100
  • 9 I. B. 育児相談の実際 100
  • 9 I. C. 保健・生活指導の実際 101
  • 9 I. C. 1. 食事 101
  • 9 I. C. 2. 睡眠 102
  • 9 I. C. 3. 排泄 103
  • 9 I. C. 4. くせ・性格 104
  • 9 I. C. 5. 日常生活 104
  • 9 I. D. 育児の今日的課題 107
  • 9 I. D. 1. 生活習慣 107
  • 9 I. D. 2. 情報化社会(メディアの問題) 108
  • 9 II. 育児支援 109
  • 9 II. A. 育児不安とは 109
  • 9 II. B. 育児不安をみつける眼 109
  • 9 II. C. 育児不安の背景 109
  • 9 II. C. 1. 知識や経験の不足から生じる単純な不安 109
  • 9 II. C. 2. 女性の社会的な環境の変化 109
  • 9 II. C. 3. 母親自身の問題 110
  • 9 II. C. 4. 子どもの問題 110
  • 9 II. C. 5. 家族機能の問題 110
  • 9 II. C. 6. 世間の情報や地域社会での問題 110
  • 9 II. D. 育児不安への対応 110
  • 9 II. D. 1. 母親の話への傾聴 110
  • 9 II. D. 2. コメディカルスタッフの協カ 110
  • 9 II. D. 3. リーフレットの利用 111
  • 9 II. D. 4. 地域の育児支援システムの利用 111
  • 9 II. D. 5. 医師の自発的な活動 111
  • 9 II. D. 6. 出産前小児保健指導 111
  • 9 III. 乳幼児健康診査 112
  • 9 III. A. 目的と意義 112
  • 9 III. A. 1. 健診の歴史 112
  • 9 III. A. 2. 母子保健事業の市町村委譲 113
  • 9 III. A. 3. 発達障害への対応 113
  • 9 III. A. 4. 「健やか親子21」の推進 113
  • 9 III. B. 乳幼児健康診査のシステム 113
  • 9 III. B. 1. 実施時期 113
  • 9 III. B. 2. 集団健診と個別健診 114
  • 9 III. B. 3. 母子健康手帳(母子手帳) 114
  • 9 III. C. 乳幼児健康診査に必要な基本的態度・技術 115
  • 9 III. C. 1. 健診を行う医師の基本的心構え 115
  • 9 III. C. 2. 乳幼児健診における問診法 115
  • 9 III. C. 3. 乳幼児健診における診察技術 116
  • 9 III. C. 4. 終了時の説明・指導 116
  • 9 III. D. 乳幼児健康診査の実施内容 116
  • 9 III. D. 1. 問診票の確認 116
  • 9 III. D. 2. 発達障害のリスク因子の確認 117
  • 9 III. D. 3. 一般診察 117
  • 9 III. D. 4. 発達診断学的診察 118
  • 9 III. D. 5. スクリーニング検査 122
  • 9 III. D. 6. 歯科健診 123
  • 9 III. D. 7. 育児指導 124
  • 9 III. E. 事後措置 124
  • 9 III. E. 1. 事後指導 124
  • 9 III. E. 2. 精密健診 124
  • 9 III. E. 3. 実務的な管理 124
  • 9 III. F. 健康診査の評価 126
  • 9 IV. 母子手帳の意義 126
  • 9 IV. 1. 母子手帳は日本のオリジナル 126
  • 9 IV. 2. 母子手帳を上手に活用する 127
  • 9 IV. 3. 母子手帳をめぐる新しい潮流 127
  • 9 IV. 4. 外国人家族にも活用可能 128
  • 9 IV. 5. 地域における小児保健の向上のために 128
  • 10 保育施設と小児科医
  • 10 保育施設と小児科医 132
  • 10 A. 保育施設とは 132
  • 10 B. 保育所で育てられるわが国の乳幼児数の増加 132
  • 10 C. 保育施設における感染症と感染症対策 133
  • 10 D. 長時間保育や0歳児保育に対する配慮 134
  • 10 E. う歯予防 134
  • 10 F. 病児・病後児保育 134
  • 10 G. 障害を持つ子どもの保育 135
  • 11 社会小児科学
  • 11 I. 社会小児科学とは 138
  • 11 II. 子どもの権利としての健康と,医療・保健における子どもの権利 139
  • 11 III. 地域から子どもの健康と医療を守る 141
  • 11 III. A. 市町村における母子保健施策 141
  • 11 III. B. 学校保健 141
  • 11 III. C. 地域開発 142
  • 11 III. D. 地域の医療と質 143
  • 11 IV. 社会全体から子どもの健康を考える 143
  • 11 IV. A. 人口構造と子どもたちの環境 143
  • 11 IV. B. 家族構成に占める小児 144
  • 11 IV. C. 小児の疾病構造・罹患率 144
  • 11 IV. D. 妊産婦と小児の死亡率 144
  • 11 IV. E. 低出生体重児の割合 145
  • 11 IV. F. 低出生体重児の死亡率の変化 147
  • 11 IV. G. 子どもの福祉 147
  • 11 IV. H. 子どもの福祉(well-being)と幸福感 147
  • 11 IV. I. 子どもの社会保障と開発援助 148
  • 11 IV. J. 乳幼児突然死症候群におけるキャンペーン 149
  • 11 V. 地球規模における子どもの健康を考える 150
  • 11 V. A. 地球規模の子どもの死亡削減へ(MDG4) 150
  • 11 V. B. 世界の妊産婦の健康へ向けて(MDG5) 150
  • 11 V. C. 三大感染症の闘い(MDG6) 152
  • 11 V. D. 地球規模保健課題戦略 153
  • 11 VI. 社会小児科学的手法とアドヴォカシー 153
  • 11 VI. A. 量的研究手法 153
  • 11 VI. B. 質的研究手法 156
  • 11 VI. C. 系統的レビュー 156
  • 11 VI. D. 根拠に基づく公衆衛生施策の策定手法 156
  • 11 VI. E. アドヴォカシー 157
  • 12 小児虐待
  • 12 I. 小児医療が虐待にかかわることの重要性 162
  • 12 II. 虐待の定義 163
  • 12 II. A. 虐待とは 163
  • 12 II. B. 虐待の種類 164
  • 12 II. B. 1. 身体的虐待 164
  • 12 II. B. 2. ネグレクト 164
  • 12 II. B. 3. 性的虐待 164
  • 12 II. B. 4. 心理的虐待 164
  • 12 III. 虐待を受けることによる危険 165
  • 12 III. A. 身体的危険 165
  • 12 III. B. 精神的危険 165
  • 12 III. C. 繰り返し被害を受ける危険 165
  • 12 III. D. 加害に至る危険 165
  • 12 IV. 虐待の判断に必要な医学的所見 165
  • 12 IV. A. 全身所見 165
  • 12 IV. B. 皮膚所見 165
  • 12 IV. C. 乳幼児の骨折 166
  • 12 IV. D. 虐待による頭部外傷(乳幼児揺さぶられ症候群) 167
  • 12 IV. E. 内臓損傷 168
  • 12 IV. F. 代理ミュンヒハウゼン症候群 168
  • 12 IV. G. 医療ネグレクト 169
  • 12 IV. H. 性器出血・性感染症 169
  • 12 IV. I. 行動の問題 169
  • 12 V. 虐待の具体的対応 169
  • 12 V. A. 虐待対応の目的 169
  • 12 V. B. 虐待の発見と初期対応 169
  • 12 V. B. 1. 虐待を疑う 169
  • 12 V. B. 2. 疑ったときの問診と診察 170
  • 12 V. B. 3. 虐待を疑ったときに必要な検査 171
  • 12 V. B. 4. 虐待対応の医療システム 171
  • 12 V. B. 5. 通告と他機関との連携 172
  • 12 V. B. 6. 要保護児童対策地域協議会 172
  • 12 V. B. 7. 児童相談所の権限 172
  • 12 V. C. 再発予防の地域支援 172
  • 13 事故による傷害とその予防
  • 13 I. 傷害とその実態 176
  • 13 I. A. 傷害の定義 176
  • 13 I. B. 傷害への取り組み 176
  • 13 I. C. 不慮の傷害の実態 176
  • 13 II. 不慮の傷害の予防 180
  • 13 II. A. 小児医療,保健分野で行われている予防活動 180
  • 13 II. B. 傷害予防の考え方 180
  • 13 II. C. 傷害予防に求められる包括的アプローチ 181
  • 13 II. D. 傷害予防のための「制御モデル」 183
  • 13 II. E. 傷害予防の戦略 184
  • 13 II. F. 予防活動の実際―交通事故の予防 184
  • 13 II. G. 心肺蘇生法・応急処置の普及活動 186
  • 13 III. 傷害の診断と治療 186
  • 13 III. A. 異物誤飲・中毒 186
  • 13 III. B. 鼻内・耳道異物 188
  • 13 III. C. 食道異物 188
  • 13 III. D. 気道異物 188
  • 13 III. E. 窒息 189
  • 13 III. F. 溺水 189
  • 13 III. G. 熱傷・火傷 190
  • 13 III. H. 外傷 190
  • 13 III. I. 刺傷・咬傷 191
  • 13 III. J. 低体温・凍傷・熱中症 192
  • 14 小児の救急医療
  • 14 I. わが国の小児救急の現状と展望 196
  • 14 I. A. 小児救急車搬送の現状 196
  • 14 I. B. わが国の小児救急医療体制の問題点 196
  • 14 II. 小児の救命処置法 197
  • 14 II. A. 救命の連鎖 197
  • 14 II. B. 一次救命処置法 198
  • 14 II. C. 小児の評価法 198
  • 14 II. D. 呼吸・循環障害の重症度分類 199
  • 14 II. E. 呼吸・循環障害の病態原因分類 199
  • 14 II. F. 病態別治療法 200
  • 14 II. G. チーム医療 201
  • 14 II. H. 外因性疾患の初期診療 204
  • 15 小児の病因総論
  • 15 I. 小児科学における病因論 208
  • 15 II. 胎内発育と病気 208
  • 15 III. 小児の特性 209
  • 15 IV. 遺伝子異常の概論 210
  • 15 V. 染色体とその異常 212
  • 15 VI. サイトカインと疾患 212
  • 15 VII. Tリンパ球の役割 212
  • 16 健康小児の栄養と栄養不足・過剰
  • 16 I. 健康小児の栄養 216
  • 16 II. 食事摂取基準 216
  • 16 III. エネルギー・栄養素 217
  • 16 III. A. エネルギー 217
  • 16 III. B. 蛋白質 217
  • 16 III. C. 脂質 218
  • 16 III. D. 炭水化物(糖質) 220
  • 16 III. E. ビタミン 220
  • 16 III. F. 無機質(ミネラル) 222
  • 16 IV. 母乳・牛乳と育児用乳製品 223
  • 16 IV. A. 母乳・人乳 223
  • 16 IV. B. 市販の牛乳 223
  • 16 IV. C. 育児用乳製品 224
  • 16 IV. D. 治療用乳(特殊用途乳) 225
  • 16 V. 母乳栄養 225
  • 16 V. A. 母乳栄養の動向 225
  • 16 V. B. 母乳の分泌 225
  • 16 V. C. 母乳栄養の実際 226
  • 16 V. D. 授乳障害 226
  • 16 VI. 人工栄養 227
  • 16 VI. A. 人工栄養の実際 227
  • 16 VI. B. 母乳栄養と人工栄養の差異(母乳栄養の利点) 227
  • 16 VII. 離乳 227
  • 16 VIII. 幼児の栄養 227
  • 16 VIII. A. 幼児栄養の特質 227
  • 16 VIII. B. 間食(おやつ) 228
  • 16 IX. 学童の栄養 228
  • 16 X. 栄養の評価・診断 228
  • 16 X. A. 栄養失調症 228
  • 16 X. B. 肥満 228
  • 16 X. C. 小児期メタボリック症候群 229
  • 17 水・電解質・酸塩基平衡と脱水症
  • 17 I. 小児の水代謝とその異常 232
  • 17 II. 小児の電解質代謝の異常 234
  • 17 II. A. 血清Na代謝とその異常 234
  • 17 II. B. 血清K代謝とその異常 237
  • 17 II. C. 血清Cl代謝とその異常 238
  • 17 II. D. 血清Ca代謝とその異常 238
  • 17 II. E. 血清P代謝とその異常 239
  • 17 II. F. 血清Mg代謝とその異常 241
  • 17 III. 小児の酸塩基平衡とその異常 242
  • 17 III. A. 酸塩基平衡の調節 242
  • 17 III. B. 腎における酸の排泄機構 242
  • 17 III. C. 代謝性アシドーシス 243
  • 17 III. D. 代謝性アルカローシス 243
  • 17 III. E. 呼吸性アシドーシス 244
  • 17 III. F. 呼吸性アルカローシス 244
  • 17 III. G. 酸塩基平衡の代償作用 244
  • 17 III. H. 酸塩基平衡異常の診断 244
  • 17 III. I. 酸塩基平衡異常の生体に対する影響と臨床症状 245
  • 17 III. J. 酸塩基平衡異常の治療 245
  • 17 IV. 小児の脱水症 246
  • 17 IV. A. 小児の脱水症の主な原因と疾患 246
  • 17 IV. B. 脱水症のタイプ 247
  • 17 IV. C. 脱水症の臨床症状 247
  • 17 IV. D. 脱水症の検査所見 248
  • 17 IV. E. 脱水症の判定 248
  • 17 IV. F. 小児の維持輸液が必要な病態 249
  • 17 IV. G. 輸液療法の実際 250
  • 18 出生前小児科学
  • 18 I. 胎児環境論 256
  • 18 I. A. 子宮 256
  • 18 I. B. 胎盤・臍帯系 256
  • 18 I. B. 1. 胎盤・臍帯の構造と機能・胎盤形成 256
  • 18 I. B. 2. 胎盤におけるガス交換 258
  • 18 I. B. 3. 胎盤における物質交換 259
  • 18 I. B. 4. ホルモンの胎盤通過性 259
  • 18 I. B. 5. 臍帯 260
  • 18 I. B. 6. 羊膜・羊水 260
  • 18 I. B. 7. 羊膜索症候群 261
  • 18 II. 胎児期の発達生理学 261
  • 18 II. A. 胎児の発育と成熟 261
  • 18 II. A. 1. 器官形成期と臨界期 261
  • 18 II. A. 2. 胎児発育・成熟を規定する因子 261
  • 18 II. A. 3. 胎児期の身体各臓器の発育と成熟 262
  • 18 III. 胎児症候論 265
  • 18 III. A. fetal well-beingの評価法 265
  • 18 III. A. 1. 胎児発育 265
  • 18 III. A. 2. 胎児心拍数陣痛図 266
  • 18 III. A. 3. ノンストレステストとそのバックアップテスト 266
  • 18 III. A. 4. 胎児貧血の評価 266
  • 18 III. B. 胎児期特有の病態―総論 266
  • 18 III. B. 1. 胎児機能不全 266
  • 18 III. B. 2. 子宮内発育制限 268
  • 18 III. B. 3. 胎児水腫 268
  • 18 III. C. 胎児期特有の病態―各論 269
  • 18 III. C. 1. 感染症 269
  • 18 III. C. 2. 化学的・物理的侵襲 271
  • 18 III. C. 3. 母児間の免疫応答の異常 271
  • 18 III. C. 4. 母体糖尿病の児への影響 273
  • 18 IV. 成人病胎児期発症(DOHaD)説 274
  • 18 IV. A. DOHaD説―疫学的研究 274
  • 18 IV. B. わが国の母子の健康状態に関する危惧 275
  • 19 新生児学
  • 19 総論
  • 19 I. 新生児の特徴 278
  • 19 I. A. 新生児の定義・区分 278
  • 19 I. B. 新生児の死亡率 278
  • 19 I. C. 胎児の生理 280
  • 19 I. C. 1. 循環系 280
  • 19 I. C. 2. 呼吸系 280
  • 19 I. C. 3. 血液 280
  • 19 I. C. 4. 消化器系 280
  • 19 I. C. 5. 泌尿器系 280
  • 19 I. C. 6. 運動機能 281
  • 19 I. D. 新生児の生理適応 282
  • 19 I. D. 1. 呼吸適応 282
  • 19 I. D. 2. 循環適応 283
  • 19 I. D. 3. 体温・代謝 284
  • 19 I. D. 4. 腎・水分代謝 284
  • 19 I. D. 5. 消化管 284
  • 19 I. D. 6. 内分泌 284
  • 19 I. D. 7. 免疫 285
  • 19 I. D. 8. 血液 285
  • 19 I. D. 9. 反射と神経系 286
  • 19 I. E. 新生児の症状 286
  • 19 I. E. 1. 呼吸障害 286
  • 19 I. E. 2. チアノーゼ 287
  • 19 I. E. 3. 体温異常 287
  • 19 I. E. 4. 嘔吐 287
  • 19 I. E. 5. 痙攣 288
  • 19 I. F. 新生児の養護 289
  • 19 I. F. 1. 出生直後の養護 289
  • 19 I. F. 2. 日常の養護 289
  • 19 I. G. 新生児の蘇生法 291
  • 19 I. G. 1. 新生児蘇生法の標準化 291
  • 19 I. G. 2. 新生児蘇生法の実際 291
  • 19 II. ハイリスク新生児 291
  • 19 各論
  • 19 I. 母体要因による疾患 292
  • 19 I. A. 子宮内圧迫による変形 292
  • 19 I. B. 母子垂直感染 292
  • 19 I. C. 先天梅毒 293
  • 19 I. D. 母体合併症による疾患 293
  • 19 I. E. 胎児水腫 294
  • 19 I. F. 巨大児 294
  • 19 I. G. 子宮内発育遅延 295
  • 19 II. 分娩周辺期の疾患 295
  • 19 II. A. 新生児仮死 295
  • 19 II. B. 軟部組織の損傷 297
  • 19 II. C. 分娩麻痺 297
  • 19 II. D. 骨折 298
  • 19 III. 多胎 299
  • 19 III. A. 多胎の問題点と支援 299
  • 19 III. B. 多胎に伴う疾患 299
  • 19 IV. 呼吸器疾患 299
  • 19 IV. A. 新生児一過性多呼吸 299
  • 19 IV. B. 胎便吸引症候群 300
  • 19 IV. C. エアリーク(気胸,気縦隔) 301
  • 19 IV. D. 肺出血 302
  • 19 IV. E. 慢性肺疾患 302
  • 19 IV. F. 先天性横隔膜ヘルニア 304
  • 19 IV. G. 肺低形成 304
  • 19 V. 循環器疾患 306
  • 19 V. A. 新生児遷延性肺高血圧 306
  • 19 V. B. 一過性心筋虚血 306
  • 19 VI. 感染症 306
  • 19 VI. A. 新生児肺炎 307
  • 19 VI. B. 新生児敗血症 307
  • 19 VI. C. 新生児髄膜炎 308
  • 19 VI. D. ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 308
  • 19 VI. E. 新生児眼炎 309
  • 19 VI. F. 新生児流行性下痢症 309
  • 19 VI. G. その他の感染症 309
  • 19 VII. 黄疸 309
  • 19 VII. A. 新生児生理的黄疸 309
  • 19 VII. B. 間接型高ビリルビン血症 310
  • 19 VII. C. 新生児溶血性疾患 311
  • 19 VII. D. 核黄疸 312
  • 19 VII. E. 母乳性黄疸 313
  • 19 VII. F. 直接型高ビリルビン血症 313
  • 19 VIII. 血液疾患 314
  • 19 VIII. A. 新生児出血性疾患 314
  • 19 VIII. B. 出血性貧血 315
  • 19 VIII. C. 多血症 315
  • 19 IX. 中枢神経疾患 316
  • 19 IX. A. 頭蓋内出血 316
  • 19 IX. B. 低酸素性虚血性脳症 316
  • 19 X. 代謝性疾患 317
  • 19 X. A. 新生児低血糖症 317
  • 19 X. B. 新生児低カルシウム血症 318
  • 19 XI. 消化器疾患 319
  • 19 XI. A. 先天性食道閉鎖 319
  • 19 XI. B. 新生児胃穿孔 319
  • 19 XI. C. 先天性腸閉鎖 320
  • 19 XI. D. 腸回転異常症 320
  • 19 XI. E. Hirschsprung病 321
  • 19 XI. F. 鎖肛 321
  • 19 XI. G. 胎便性腹膜炎 322
  • 19 XI. H. 新生児ミルクアレルギー 322
  • 19 XII. 新生児医療体制 322
  • 19 XII. A. 新生児集中治療室 322
  • 19 XII. B. 地域化 323
  • 19 XII. C. 周産期センター 323
  • 20 低出生体重児学
  • 20 総論
  • 20 低出生体重児総論 326
  • 20 A. 低出生体重児の定義 326
  • 20 B. 低出生体重児の出生の原因 326
  • 20 C. 低出生体重児の疾患と予後予測因子 327
  • 20 C. 1. 低出生体重児と疾患 327
  • 20 C. 2. 低出生体重児の予後 327
  • 20 C. 3. 低出生体重児予後の予測法 327
  • 20 D. 成熟度判定 328
  • 20 E. 低出生体重児の管理 328
  • 20 E. 1. 低出生体重児のケア 328
  • 20 E. 2. 温度管理 328
  • 20 E. 3. 水分管理 329
  • 20 E. 4. 経静脈的栄養法 329
  • 20 E. 5. 経腸栄養 330
  • 20 E. 6. 経腸栄養の開始 330
  • 20 E. 7. 母乳栄養の利点と母乳に添加すべき栄養素 331
  • 20 E. 8. 感染症の予防 331
  • 20 E. 9. 薬物代謝の未熟性 332
  • 20 F. 退院に向けて 332
  • 20 各論
  • 20 I. 低出生体重児に特有な疾患 332
  • 20 I. A. 呼吸窮迫症候群 332
  • 20 I. B. 周期性呼吸と未熟児無呼吸発作 334
  • 20 I. C. 動脈管開存症 335
  • 20 I. D. 新生児壊死性腸炎 335
  • 20 I. E. 脳室内出血・脳室周囲白質軟化症 337
  • 20 I. F. 未熟児貧血 339
  • 20 I. G. 未熟児くる病(未熟児骨減少症) 339
  • 20 I. H. 未熟(児)網膜症 339
  • 20 II. 低出生体重児の成長と発達 340
  • 20 II. A. 身体発育 340
  • 20 II. B. 神経学的発達 340
  • 21 遺伝と遺伝カウンセリング
  • 21 総論
  • 21 I. 遺伝が関係する疾患のとらえ方 344
  • 21 I. A. 家系図の書き方 344
  • 21 I. B. 遺伝と環境 345
  • 21 II. 先天異常 346
  • 21 III. 単一遺伝子病(単因子遺伝病) 346
  • 21 III. A. Mendel遺伝に従うヒト遺伝子の統計 346
  • 21 III. B. 単一遺伝子病 347
  • 21 IV. 多因子遺伝病 349
  • 21 V. 染色体とその異常 350
  • 21 V. A. 染色体はDNAの高次構造体である 350
  • 21 V. B. 染色体の分子構築 351
  • 21 V. C. 染色体分析 352
  • 21 V. D. 染色体核型karyotypeの表記法は国際規約の命名法(ISCN)に従う 352
  • 21 V. E. 染色体異常 353
  • 21 V. F. 新しい染色体検査法 354
  • 21 各論
  • 21 I. 染色体異常 355
  • 21 I. A. Down症候群 355
  • 21 I. B. 18トリソミー 355
  • 21 I. C. 13トリソミー 356
  • 21 I. D. Turner症候群 356
  • 21 I. E. Klinefelter症候群 356
  • 21 I. F. Xトリソミー 356
  • 21 I. G. 5p―症候群 357
  • 21 I. H. 22q11.2欠失症候群(DiGeorge症候群を含む) 357
  • 21 I. I. Williams症候群 357
  • 21 I. J. XX男性 357
  • 21 I. K. 脆弱X症候群 357
  • 21 I. L. 多発奇形症候群 358
  • 21 II. 遺伝カウンセリング 358
  • 21 II. A. バイオエシックスとヒトゲノム 358
  • 21 II. B. 遺伝カウンセリング(遺伝相談) 359
  • 22 先天奇形
  • 22 総論
  • 22 I. 先天異常と先天奇形 362
  • 22 I. A. 先天異常とは 362
  • 22 I. B. 先天奇形の定義 362
  • 22 I. C. 先天奇形の用語 362
  • 22 I. D. 先天奇形の小児医療におけるインパクト 362
  • 22 I. E. 先天奇形の頻度 362
  • 22 I. F. 異常形態診断学 362
  • 22 I. G. 先天奇形の分類 363
  • 22 I. H. 症候群(先天奇形症候群),連合,シークエンス 364
  • 22 I. I. 先天奇形の原因 365
  • 22 I. J. 先天奇形の発生のメカニズム 366
  • 22 I. K. 臨界期 366
  • 22 II. 先天奇形,先天奇形症候群の診断とその意義 367
  • 22 II. A. 診断の意義 367
  • 22 II. B. 先天奇形,症候群の診断のアプローチ 367
  • 22 III. 先天奇形の治療,健康管理,遺伝カウンセリング 368
  • 22 III. A. 先天奇形の治療,健康管理 368
  • 22 III. B. 先天奇形を有する子どもの親への心理社会的支援と遺伝カウンセリング 369
  • 22 各論
  • 22 I. 単一の大奇形 370
  • 22 II. 環境要因,催奇形因子による先天奇形 370
  • 22 II. A. 放射線胎児障害 370
  • 22 II. B. 先天性風疹症候群 371
  • 22 II. C. 胎児性アルコール症候群 371
  • 22 III. シークエンス・連合 371
  • 22 III. A. 羊水過少シークエンス 371
  • 22 III. B. 全前脳胞症シークエンス 371
  • 22 III. C. Robinシークエンス 372
  • 22 III. D. VACTERL(VATER)連合 372
  • 22 IV. 代表的な先天異常症候群 372
  • 23 先天性代謝異常症
  • 23 総論
  • 23 先天性代謝異常症総論 376
  • 23 A. 先天性代謝異常症とは 376
  • 23 B. 先天性代謝異常症の遺伝 376
  • 23 C. 先天性代謝異常症の臨床症状と診断 376
  • 23 D. 先天性代謝異常症の治療 377
  • 23 E. 先天性代謝異常症の遺伝相談 378
  • 23 F. マススクリーニング 378
  • 23 各論
  • 23 I. 糖代謝異常 379
  • 23 I. A. 糖原病 379
  • 23 I. B. ガラクトース血症 382
  • 23 I. C. 果糖の代謝異常 383
  • 23 II. アミノ酸代謝異常症 383
  • 23 II. A. フェニルアラニンの代謝障害 383
  • 23 II. B. アミノ酸転送障害 390
  • 23 III. 有機酸血症 391
  • 23 IV. リポ蛋白代謝異常症 393
  • 23 V. リソソーム代謝異常症 393
  • 23 V. A. リソソーム病―総論 393
  • 23 V. B. リソソーム病―各論:複合脂質の代謝異常 394
  • 23 VI. ムコ多糖症 397
  • 23 VII. 金属代謝異常 399
  • 23 VIII. 核酸代謝障害 401
  • 23 IX. ペルオキシソームの異常 402
  • 24 代謝性疾患
  • 24 I. 糖尿病 406
  • 24 I. A. 定義・分類 406
  • 24 I. B. 成因からの分類 406
  • 24 I. C. 疫学 409
  • 24 I. D. 症状 410
  • 24 I. E. 診断 411
  • 24 I. F. 糖尿病ケトアシドーシス(DKB)時および日常生活における治療 412
  • 24 II. 低血糖 416
  • 24 II. A. 低血糖時の症状 416
  • 24 II. B. 血糖維持にかかわるシステム 417
  • 24 II. C. 小児低血糖の原因による分類 417
  • 24 II. D. 低血糖症の診断 419
  • 24 II. E. 低血糖の治療 420
  • 24 III. カルシウム,リンの代謝異常 421
  • 24 III. A. カルシウムの調節 421
  • 24 III. B. リンの調節 422
  • 24 III. C. カルシウム,リン代謝異常を示す各種疾患 422
  • 25 成長障害と内分泌疾患
  • 25 I. 内分泌疾患総論 430
  • 25 I. A. ホルモンの種類 430
  • 25 I. B. ホルモンの作用機序 430
  • 25 I. C. ホルモンの分泌調節 430
  • 25 I. D. 小児期のホルモン変化 431
  • 25 I. E. 内分泌疾患の原因と種類 431
  • 25 I. F. 内分泌学的検査と負荷試験 431
  • 25 I. G. 小児の成長 432
  • 25 I. H. 症候論 432
  • 25 I. H. 1. 低身長 432
  • 25 I. H. 2. 高身長 434
  • 25 I. H. 3. 肥満 434
  • 25 I. H. 4. やせ 434
  • 25 I. H. 5. 性発育 435
  • 25 II. 視床下部・下垂体疾患 435
  • 25 II. A. 視床下部疾患 436
  • 25 II. B. 下垂体前葉疾患 436
  • 25 II. C. 下垂体後葉疾患と類縁疾患 439
  • 25 III. 甲状腺疾患 441
  • 25 III. A. 先天性甲状腺機能低下症 441
  • 25 III. B. その他の新生児甲状腺機能異常 443
  • 25 III. C. 後天性甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎) 443
  • 25 III. D. 甲状腺機能亢進症 444
  • 25 III. E. 甲状腺炎 445
  • 25 III. F. 甲状腺ホルモン不応症(Refetoff症候群) 445
  • 25 III. G. 甲状腺腫瘍 445
  • 25 IV. 副甲状腺疾患 445
  • 25 IV. A. 特発性副甲状腺機能低下症 446
  • 25 IV. B. 偽性副甲状腺機能低下症 446
  • 25 IV. C. 副甲状腺機能亢進症 448
  • 25 V. 副腎疾患 448
  • 25 V. A. 先天性副腎皮質過形成症 448
  • 25 V. B. 先天性副腎低形成症 452
  • 25 V. C. ACTH不応症 452
  • 25 V. D. Addison病 452
  • 25 V. E. Cushing症候群 452
  • 25 V. F. 原発性アルドステロン症 453
  • 25 V. G. 偽性低アルドステロン症1型 453
  • 25 V. H. その他の鉱質コルチコイド異常症 453
  • 25 V. I. 副腎髄質の疾患―褐色細胞腫 453
  • 25 VI. 性腺疾患 453
  • 25 VI. A. 思春期発来の異常を示す疾患 453
  • 25 VI. A. 1. 思春期発来の異常と正常との判別 453
  • 25 VI. A. 2. 思春期早発症 454
  • 25 VI. A. 3. 性成熟不全症(思春期遅発症) 455
  • 25 VI. B. 性分化疾患 456
  • 25 VI. B. 1. 性分化疾患とは 456
  • 25 VI. B. 2. 性の決定・分化の基本プログラム 457
  • 25 VI. B. 3. 分類 457
  • 25 VI. B. 4. 性分化疾患の症状 458
  • 25 VI. B. 5. 診断のすすめ方 458
  • 25 VI. B. 6. 社会的性の決定と治療の基本 459
  • 25 VI. B. 7. 性染色体異常による疾患 459
  • 25 VI. B. 8. 46,XY性分化疾患(46,XY DSD) 460
  • 25 VI. B. 9. 46,XX性分化疾患 461
  • 26 生体防衛と免疫不全疾患
  • 26 総論
  • 26 I. 生体防衛機構 464
  • 26 II. 自然免疫と獲得免疫 464
  • 26 III. 免疫系の構成因子 464
  • 26 III. A. 抗体 464
  • 26 III. B. 補体 466
  • 26 III. C. 免疫細胞 467
  • 26 III. D. サイトカイン・ケモカイン 469
  • 26 IV. 免疫破綻状況(免疫不全)に見られる臨床症状 469
  • 26 V. 検査法 470
  • 26 VI. 治療法 470
  • 26 VI. A. 免疫グロブリン 470
  • 26 VI. B. サイトカイン療法 471
  • 26 VI. C. 細胞輸注療法 471
  • 26 VI. D. 酵素補充療法 471
  • 26 VI. E. 造血幹細胞移植 472
  • 26 VI. F. 遺伝子治療 472
  • 26 各論
  • 26 I. 原発性免疫不全症(PID) 472
  • 26 I. A. 複合型免疫不全症 473
  • 26 I. B. 抗体産生不全 483
  • 26 I. C. その他の特徴的な免疫不全症 484
  • 26 I. D. 免疫調整異常による疾患 486
  • 26 I. E. 原発性食細胞異常 487
  • 26 I. F. 自然免疫系欠損を示す疾患 490
  • 26 I. G. 自己炎症性疾患 491
  • 26 I. H. 補体欠損症 492
  • 26 II. 続発性免疫不全症 492
  • 26 II. A. 続発性免疫不全をもたらす病態 492
  • 26 II. B. AIDS 492
  • 27 アレルギー疾患
  • 27 総論
  • 27 I. アレルギーとは 496
  • 27 I. A. アレルギーの定義 496
  • 27 I. B. アレルギー免疫の機序 496
  • 27 I. C. アレルギー検査法 497
  • 27 II. アレルギー関連疾患とアレルギーマーチ 497
  • 27 II. A. アレルギー関連疾患の概要 497
  • 27 II. B. アレルギーマーチ 498
  • 27 II. C. 各種アレルギー疾患ガイドライン 498
  • 27 II. D. 学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン 498
  • 27 各論
  • 27 I. アトピー性皮膚炎 499
  • 27 II. 食物アレルギー 502
  • 27 III. 気管支喘息 505
  • 27 IV. アナフィラキシー 509
  • 27 V. アレルギー性鼻炎 510
  • 27 VI. アレルギー性結膜疾患 511
  • 28 リウマチ性疾患と類縁疾患
  • 28 I. 小児期のリウマチ性疾患の概念 516
  • 28 II. 小児期の慢性関節炎 517
  • 28 III. その他のリウマチ性疾患 523
  • 28 III. A. 全身性エリテマトーデス 523
  • 28 III. B. 混合性結合組織病 527
  • 28 III. C. 抗リン脂質抗体症候群 530
  • 28 III. D. 全身性硬化症(強皮症) 532
  • 28 III. E. 若年性皮膚筋炎 534
  • 28 III. F. Sjögren症候群 537
  • 28 III. G. Behҫet病 539
  • 28 III. H. 血管炎症候群 540
  • 29 川崎病
  • 29 川崎病 548
  • 29 A. 概念 548
  • 29 B. 疫学 548
  • 29 C. 病理 548
  • 29 D. 病態生理 548
  • 29 E. 診断 549
  • 29 F. 心血管合併症 551
  • 29 G. 急性期治療の実際 552
  • 30 生物学的病因総論
  • 30 I. 感染症総論 556
  • 30 I. A. 感染症の概念 556
  • 30 I. B. 感染症の変貌 556
  • 30 I. C. 感染と発症 556
  • 30 I. D. 感染症対策 556
  • 30 II. 感染と免疫 557
  • 30 II. A. 細菌感染の防御 557
  • 30 II. B. ウイルス感染の防御 558
  • 30 II. C. 細胞内寄生細菌・真菌・原虫の防御 558
  • 30 III. 小児期の感染症の特徴 559
  • 30 III. A. 子宮内感染・産道感染 559
  • 30 III. B. 母乳感染 559
  • 30 III. C. 新生児期の感染 559
  • 30 III. D. 乳幼児期の感染 559
  • 30 III. E. 学童期・思春期の感染 560
  • 30 IV. 特殊な状況下での感染症 560
  • 30 IV. A. 院内感染 560
  • 30 IV. B. 免疫不全と感染症 560
  • 30 IV. C. 保育園・幼稚園・学校などにおける感染症 560
  • 30 IV. D. 輸入感染症と国際感染症 560
  • 30 IV. E. 人畜共通感染症 561
  • 30 V. 感染症の診断 561
  • 30 V. A. 臨床症状と一般検査診断 561
  • 30 V. B. 病原診断(分離同定・迅速診断) 561
  • 30 V. C. 血清診断(抗体診断) 562
  • 30 VI. 感染症の治療 562
  • 30 VI. A. 抗菌薬 562
  • 30 VI. B. 抗ウイルス薬 562
  • 30 VI. C. 免疫グロブリン 562
  • 30 VI. D. 免疫療法 562
  • 30 VII. 感染症の予防 562
  • 30 VII. A. 一般的予防法 562
  • 30 VII. B. 特異的予防法 562
  • 30 VIII. 感染症に関する法律(感染症法) 563
  • 31 ウイルス性疾患
  • 31 I. 発疹性ウイルス感染症 568
  • 31 I. A. 麻疹 568
  • 31 I. B. 風疹 569
  • 31 I. C. 突発性発疹 570
  • 31 I. D. 伝染性紅斑 570
  • 31 I. E. 水痘・帯状疱疹 571
  • 31 I. F. 単純ヘルペスウイルス感染症 573
  • 31 II. 中枢神経系ウイルス感染症 574
  • 31 II. A. ウイルス性脳炎・脳症 574
  • 31 II. B. ウイルス性髄膜炎 575
  • 31 III. 腸管系ウイルス感染症 576
  • 31 III. A. エンテロウイルス感染症 576
  • 31 III. B. ポリオ(急性灰白髄炎) 576
  • 31 IV. ウイルス性下痢症 577
  • 31 V. 呼吸器系ウイルス感染症 577
  • 31 V. A. 普通感冒 577
  • 31 V. B. アデノウイルス感染症 577
  • 31 V. C. インフルエンザ 578
  • 31 V. D. パラインフルエンザウイルス感染症 579
  • 31 V. E. RSウイルス感染症 579
  • 31 V. F. ヒトメタニューモウイルス感染症 580
  • 31 VI. 周産期ウイルス感染症 581
  • 31 VI. A. 周産期ウイルス感染症―総論 581
  • 31 VI. B. 周産期ウイルス感染症―各論 582
  • 31 VII. その他のウイルス感染症 584
  • 31 VII. A. ムンプス(流行性耳下腺炎) 584
  • 31 VII. B. Epstein-Barrウイルス感染症 584
  • 31 VII. C. サイトメガロウイルス感染症 585
  • 31 VII. D. ヒト免疫不全ウイルス感染症 586
  • 31 VII. E. 成人T細胞白血病ウイルス感染症 586
  • 31 VII. F. 亜急性壊死性リンパ節炎 587
  • 31 VIII. クラミジア感染症 587
  • 31 VIII. A. 肺炎クラミジア感染症 587
  • 31 VIII. B. オウム病 588
  • 31 VIII. C. Chlamydia trachomatis肺炎 588
  • 31 IX. リケッチアおよび類縁細菌による感染症 589
  • 31 IX. A. ツツガムシ病 589
  • 31 IX. B. Q熱 589
  • 32 細菌・真菌感染症
  • 32 総論
  • 32 細菌感染症総論 592
  • 32 A. はじめに 592
  • 32 B. 感染と発病 592
  • 32 C. 伝播と流行 592
  • 32 D. 感染症に伴う病態 592
  • 32 E. 細菌感染症に対する生体防御機構 592
  • 32 F. 隔離基準 592
  • 32 G. 細菌感染症の診断 593
  • 32 H. 抗菌薬の使用法 594
  • 32 各論
  • 32 I. 敗血症 594
  • 32 II. 中枢神経系感染症 595
  • 32 II. A. 細菌性髄膜炎 595
  • 32 III. 呼吸器感染症 597
  • 32 III. A. 上気道炎(鼻炎・扁桃炎・咽頭炎) 597
  • 32 III. B. 猩紅熱 598
  • 32 III. C. 咽後膿瘍 598
  • 32 III. D. クループ 598
  • 32 III. E. ジフテリア(真性クループ) 598
  • 32 III. F. 急性喉頭蓋炎 599
  • 32 III. G. 中耳炎 599
  • 32 III. H. 気管支炎 600
  • 32 III. I. 肺炎 600
  • 32 III. J. レジオネラ感染症 600
  • 32 III. K. 百日咳 601
  • 32 III. L. 結核 602
  • 32 III. M. 非結核性抗酸菌症 603
  • 32 IV. 循環器(心臓)疾患 603
  • 32 IV. A. 感染性心内膜炎 603
  • 32 V. 骨・関節感染症 604
  • 32 V. A. 急性化膿性関節炎 604
  • 32 V. B. 急性化膿性骨髄炎 605
  • 32 VI. 消化管感染症 605
  • 32 VI. A. カンピロバクター腸炎 606
  • 32 VI. B. サルモネラ感染症 606
  • 32 VI. C. 赤痢 607
  • 32 VI. D. 下痢原性(病原性)大腸菌感染症 607
  • 32 VI. E. 黄色ブドウ球菌性胃腸炎 608
  • 32 VI. F. ボツリヌス症 608
  • 32 VI. G. コレラ 608
  • 32 VI. H. エルシニア感染症 608
  • 32 VI. I. クロストリジウム・ディフィシル感染症 609
  • 32 VI. J. 腸炎ビブリオ感染症 609
  • 32 VII. 尿路感染症 609
  • 32 VIII. 皮膚感染症 610
  • 32 VIII. A. 伝染性膿痂疹 610
  • 32 VIII. B. 丹毒 610
  • 32 VIII. C. 蜂巣炎(蜂窩織炎) 610
  • 32 VIII. D. ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 610
  • 32 VIII. E. 新生児毒素性ショック症候群様発疹性疾患 611
  • 32 VIII. F. 毒素性ショック症候群 611
  • 32 VIII. G. ハンセン病(癩) 612
  • 32 IX. 皮膚・リンパ節などの感染症 612
  • 32 IX. A. 猫ひっかき病 612
  • 32 X. 嫌気性菌感染症 613
  • 32 X. A. 破傷風 613
  • 32 X. B. ガス壊疽 613
  • 32 X. C. 炭疽 614
  • 32 X. D. 無芽胞嫌気性菌感染症 614
  • 32 X. E. 放線菌症 614
  • 32 XI. 真菌感染症 614
  • 32 XI. A. カンジダ症 614
  • 32 XI. B. アスペルギルス症 615
  • 32 XI. C. クリプトコックス症 615
  • 33 原虫・寄生虫・節足動物による疾患
  • 33 I. 原虫疾患 618
  • 33 I. A. 赤痢アメーバ症 618
  • 33 I. B. ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症) 618
  • 33 I. C. クリプトスポリジウム症 619
  • 33 I. D. トリコモナス症 620
  • 33 I. E. マラリア 620
  • 33 I. F. トキソプラズマ症 622
  • 33 I. G. ニューモシスチス肺炎(従来のカリニ原虫症) 623
  • 33 II. 寄生蠕虫疾患 623
  • 33 II. A. 蟯虫症 623
  • 33 II. B. 回虫症 624
  • 33 II. C. 鉤虫症 624
  • 33 II. D. 鞭虫症 625
  • 33 II. E. 糞線虫症 625
  • 33 II. F. 横川吸虫症 626
  • 33 II. G. 条虫症 626
  • 33 II. H. イヌ回虫症(トキソカラ症) 627
  • 33 II. I. 住血吸虫症 628
  • 33 II. J. 広東住血線虫症 628
  • 33 II. K. エキノコックス症 629
  • 33 II. L. アニサキス症 629
  • 33 III. 節足動物疾患 630
  • 33 III. A. アタマジラミ症 630
  • 34 呼吸器疾患
  • 34 総論
  • 34 I. 呼吸器の成長 634
  • 34 I. A. 各器官 634
  • 34 I. B. 肺機能検査値 634
  • 34 II. 小児呼吸器の病態生理学的特徴 635
  • 34 II. A. 小容量 635
  • 34 II. B. 未熟性 635
  • 34 II. C. 構造の差 635
  • 34 III. 症状 636
  • 34 III. A. 咳嗽 636
  • 34 III. B. 喘鳴 636
  • 34 III. C. 嗄声 636
  • 34 III. D. 喀痰 636
  • 34 III. E. 血痰・喀血 636
  • 34 III. F. 胸痛 637
  • 34 III. G. 呼吸困難 637
  • 34 III. H. チアノーゼ 637
  • 34 III. I. 太鼓ばち指・ばち状指 637
  • 34 IV. 身体所見ならびに検査 637
  • 34 IV. A. 胸部聴診 637
  • 34 IV. B. 胸部打診 638
  • 34 IV. C. 胸部X線写真 638
  • 34 IV. D. 断層写真 638
  • 34 IV. E. DR(digital radiography) 638
  • 34 IV. F. CT 638
  • 34 IV. G. MRI 639
  • 34 IV. H. 喉頭・気管支ファイバースコピー 639
  • 34 IV. I. 肺動脈造影 639
  • 34 IV. J. 気管支造影 639
  • 34 IV. K. 胸腔穿刺 639
  • 34 IV. L. 気管支肺胞洗浄 639
  • 34 IV. M. 肺生検 639
  • 34 IV. N. 肺機能検査 639
  • 34 各論
  • 34 I. 気道疾患 641
  • 34 I. A. 先天異常 641
  • 34 I. B. 感染症 644
  • 34 I. C. 気道異物 647
  • 34 I. D. 気管支拡張症 648
  • 34 I. E. 閉塞性細気管支炎 648
  • 34 II. 肺実質疾患 649
  • 34 II. A. 先天異常 649
  • 34 II. B. 肺炎 651
  • 34 II. C. 無気肺 657
  • 34 II. D. 肺気腫 658
  • 34 II. E. 肺水腫 659
  • 34 II. F. 肺塞栓 660
  • 34 II. G. 無呼吸・不規則呼吸 660
  • 34 II. H. その他の肺疾患 661
  • 34 III. 縦隔疾患 662
  • 34 III. A. 縦隔腫瘍 662
  • 34 III. B. 縦隔気腫 662
  • 34 IV. 胸膜・胸腔疾患 663
  • 34 IV. A. 胸腔内液体貯留(胸膜滲出液,胸水) 663
  • 34 IV. B. 気胸 663
  • 34 V. 横隔膜・胸壁疾患 664
  • 34 V. A. 横隔膜ヘルニア 664
  • 34 V. B. 横隔膜挙上症 664
  • 34 V. C. 横隔膜弛緩症(神経麻痺) 664
  • 34 V. D. 胸郭変形 665
  • 34 V. E. 呼吸筋・神経疾患 665
  • 35 循環器疾患
  • 35 総論
  • 35 I. 発生 670
  • 35 I. A. 原始心筒とルーピング(屈曲) 670
  • 35 I. B. 心房中隔と卵円孔 670
  • 35 I. C. 大血管の発生 670
  • 35 I. D. 肺静脈の形成 672
  • 35 II. 胎児循環から成人循環への移行 672
  • 35 II. A. 胎児循環 672
  • 35 II. B. 新生児(または移行)循環 672
  • 35 III. 小児心疾患の症候・診断・治療 673
  • 35 III. A. 主な症候と病態生理 673
  • 35 III. A. 1. 心音の異常と心雑音 673
  • 35 III. A. 2. チアノーゼ 676
  • 35 III. A. 3. 脈拍の異常 676
  • 35 III. A. 4. 血圧 676
  • 35 III. A. 5. 心不全 676
  • 35 III. A. 6. 低酸素発作(無酸素発作) 678
  • 35 III. A. 7. 胸痛 678
  • 35 III. A. 8. 失神 678
  • 35 III. A. 9. ショック 678
  • 35 III. B. 主な検査法 679
  • 35 III. B. 1. 胸部単純X線像 679
  • 35 III. B. 2. 心電図 680
  • 35 III. B. 3. 心エコー法(心臓超音波検査) 680
  • 35 III. B. 4. 心臓カテーテル検査 682
  • 35 III. B. 5. CT,MRI 683
  • 35 III. C. 治療と管理 683
  • 35 III. C. 1. 内科的治療 684
  • 35 III. C. 2. 手術と禁忌 686
  • 35 III. C. 3. 生活・運動管理 686
  • 35 III. C. 4. 学校心臓検診 687
  • 35 各論
  • 35 I. 先天性心疾患―総論 687
  • 35 I. A. 概念・分類 687
  • 35 I. B. 疫学 687
  • 35 I. C. 発生要因 687
  • 35 II. 先天性心疾患―各論 688
  • 35 II. A. 心房中隔欠損症 688
  • 35 II. B. 心室中隔欠損症 689
  • 35 II. C. 動脈管開存症 692
  • 35 II. D. 房室中隔欠損症(心内膜床欠損症) 693
  • 35 II. E. Fallot四徴症 696
  • 35 II. F. 両大血管右室起始症 698
  • 35 II. G. 完全大血管転換症 699
  • 35 II. H. 純型肺動脈弁閉鎖症(心室中隔欠損を伴わない肺動脈弁閉鎖症) 700
  • 35 II. I. 三尖弁閉鎖症 702
  • 35 II. J. 左心低形成症候群 703
  • 35 II. K. 大動脈縮窄症 704
  • 35 II. L. 大動脈弓離断症 705
  • 35 II. M. 総肺静脈還流異常症 705
  • 35 II. N. 部分肺静脈還流異常症 707
  • 35 II. O. Ebstein病 707
  • 35 II. P. 総動脈幹症 708
  • 35 II. Q. 単心室症 708
  • 35 II. R. 無脾/多脾症候群 709
  • 35 II. S. 大動脈弁狭窄症 709
  • 35 II. T. 肺動脈弁狭窄症 710
  • 35 II. U. 冠動脈の先天性異常 710
  • 35 II. V. 血管輪 710
  • 35 II. W. 肺動静脈瘻 711
  • 35 II. X. 冠動脈瘻 711
  • 35 II. Y. 右胸心・左胸心 711
  • 35 III. 後天性心疾患 712
  • 35 III. A. 急性心筋炎 712
  • 35 III. B. 心筋症 713
  • 35 III. C. 心内膜線維弾性症 714
  • 35 III. D. 感染性心内膜炎 715
  • 35 III. E. 急性心外膜炎 715
  • 35 III. F. 不整脈 716
  • 35 III. G. 川崎病心血管合併症 718
  • 35 III. H. リウマチ熱 719
  • 35 III. I. 心臓腫瘍 720
  • 35 III. J. 肺高血圧症 720
  • 35 III. K. 高血圧症 721
  • 35 III. L. 起立性調節障害 722
  • 35 III. M. 血管迷走神経性失神 722
  • 35 III. N. 先天性心疾患と遺伝子 722
  • 35 III. O. 全身性疾患と心疾患 723
  • 36 消化器疾患
  • 36 総論
  • 36 I. 消化器官の解剖学的発達 726
  • 36 II. 消化器官の生理的発達 726
  • 36 II. A. 消化吸収能の発達 726
  • 36 II. B. 消化管運動の発達 726
  • 36 II. C. 腸内細菌叢の発達 727
  • 36 II. D. 消化器官の機能発達に影響を及ぼす因子 727
  • 36 III. 主要症状と病態 728
  • 36 III. A. 嘔吐 728
  • 36 III. B. 腹痛 728
  • 36 III. C. 下痢 729
  • 36 III. D. 便秘 729
  • 36 III. E. 吐血,下血 730
  • 36 III. F. 黄疸 730
  • 36 IV. 診断と検査 731
  • 36 IV. A. 画像診断 731
  • 36 IV. B. 細菌検査 731
  • 36 IV. C. 消化管内視鏡検査 732
  • 36 IV. D. pHモニタリング 732
  • 36 各論
  • 36 I. 口腔・頸部疾患 733
  • 36 I. A. 口内炎 733
  • 36 I. B. 口腔カンジダ症(鵞口瘡) 733
  • 36 I. C. 唾液腺疾患 733
  • 36 II. 食道・胃疾患 733
  • 36 II. A. 胃食道逆流症 733
  • 36 II. B. 噴門狭窄症(アカラシア) 734
  • 36 II. C. 胃軸捻転症 735
  • 36 II. D. 胃炎・消化性潰瘍 735
  • 36 II. E. H. pyroli感染症 736
  • 36 II. F. 乳児肥厚性幽門狭窄症 737
  • 36 III. 腸・肛門疾患 738
  • 36 III. A. 急性腸炎 738
  • 36 III. B. 難治性下痢症 740
  • 36 III. C. 蛋白漏出性胃腸症 740
  • 36 III. D. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・Crohn病) 741
  • 36 III. E. 過敏性腸症候群 742
  • 36 III. F. 腸回転異常症 744
  • 36 III. G. 腸閉塞 744
  • 36 III. H. 腸重積症 745
  • 36 III. I. 虫垂炎 746
  • 36 III. J. 消化管ポリープ 747
  • 36 III. K. Meckel憩室 748
  • 36 III. L. Hirschsprung病 748
  • 36 III. M. 便秘症 749
  • 36 III. N. 肛門周囲膿瘍 751
  • 36 IV. 腹膜・腹壁疾患 751
  • 36 IV. A. 腹膜炎 751
  • 36 IV. B. 横隔膜ヘルニア 751
  • 36 IV. C. 外鼠径ヘルニア 752
  • 36 V. 肝・胆道疾患 752
  • 36 V. A. ウイルス性肝炎 752
  • 36 V. B. 急性肝不全・劇症肝不全 756
  • 36 V. C. 薬物性肝障害 757
  • 36 V. D. 自己免疫性肝疾患 758
  • 36 V. E. 新生児胆汁うっ滞症 760
  • 36 V. F. 代謝性疾患 762
  • 36 V. G. 肝・胆道の囊胞性疾患 764
  • 36 V. H. 家族性肝内胆汁うっ滞症候群 766
  • 36 V. I. 体質性黄疸 768
  • 36 V. J. 肝硬変症 768
  • 36 V. K. 門脈圧亢進症 769
  • 36 V. L. 脂肪肝・NASH 770
  • 36 V. M. 肝膿瘍 771
  • 36 V. N. 胆囊疾患 771
  • 36 VI. 膵疾患 772
  • 36 VI. A. 急性膵炎 772
  • 36 VI. B. 慢性膵炎 774
  • 36 VI. C. 囊胞性線維症 775
  • 36 VI. D. Shwachman-Diamond症候群 776
  • 37 腎・泌尿器・生殖器疾患
  • 37 総論
  • 37 I. 発達 780
  • 37 I. A. 腎の発達 780
  • 37 I. B. 生殖器の発達 780
  • 37 II. 症候 780
  • 37 II. A. 蛋白尿 780
  • 37 II. B. 血尿 781
  • 37 II. C. 白血球尿(膿尿)・細菌尿 782
  • 37 II. D. 糖尿 782
  • 37 II. E. 尿量の異常 782
  • 37 II. F. 排尿障害 783
  • 37 II. G. 浮腫 783
  • 37 II. H. 高血圧 783
  • 37 III. 検査法 783
  • 37 III. A. 検尿 783
  • 37 III. B. 腎機能検査 784
  • 37 III. C. 画像診断 786
  • 37 III. D. 腎生検 787
  • 37 IV. 学校検尿 787
  • 37 V. 治療総論 790
  • 37 V. A. 食事療法 790
  • 37 V. B. 運動制限 790
  • 37 V. C. 透析療法 790
  • 37 V. D. 腎移植 790
  • 37 各論
  • 37 I. 糸球体疾患 792
  • 37 I. 1. 急性腎炎症候群 792
  • 37 I. 2. 急速進行性腎炎症候群 792
  • 37 I. 3. 反復性または持続性血尿 792
  • 37 I. 4. 慢性腎炎症候群 792
  • 37 I. 5. ネフローゼ症候群 792
  • 37 I. A. 一次性糸球体疾患 794
  • 37 I. A. 1. 溶連菌感染後急性糸球体腎炎 794
  • 37 I. A. 2. 急速進行性糸球体腎炎 795
  • 37 I. A. 3. IgA腎症 796
  • 37 I. A. 4. 微小変化型ネフローゼ症候群 797
  • 37 I. A. 5. 巣状分節性糸球体硬化症 799
  • 37 I. A. 6. メサンギウム増殖性糸球体腎炎型ネフローゼ症候群 800
  • 37 I. A. 7. 膜性糸球体腎炎(膜性腎症) 800
  • 37 I. A. 8. 膜性増殖性糸球体腎炎 800
  • 37 I. B. 全身性疾患による腎障害 801
  • 37 I. B. 1. 紫斑病性腎炎 801
  • 37 I. B. 2. ループス腎炎 802
  • 37 I. B. 3. 溶血性尿毒症症候群 803
  • 37 I. C. 遺伝性腎疾患 804
  • 37 I. C. 1. 遺伝性腎炎(Alport症候群) 804
  • 37 I. C. 2. 良性家族性血尿(菲薄基底膜病) 805
  • 37 I. C. 3. 先天性ネフローゼ症候群 805
  • 37 II. 尿細管疾患 806
  • 37 II. 1. 尿細管間質性腎炎,間質性腎炎 806
  • 37 II. 2. 特発性尿細管性蛋白尿症(Dent病) 806
  • 37 II. 3. Fanconi症候群 807
  • 37 II. 4. 腎尿細管性アシドーシス 807
  • 37 II. 5. シスチン尿症 807
  • 37 II. 6. 囊胞性腎疾患 807
  • 37 III. 腎不全 808
  • 37 III. A. 急性腎不全 808
  • 37 III. B. 慢性腎不全 809
  • 37 IV. 尿路感染症・膀胱尿管逆流 809
  • 37 IV. 1. 尿路感染症 809
  • 37 IV. 2. 膀胱尿管逆流 810
  • 37 V. 尿路結石 810
  • 37 VI. 先天性腎尿路奇形 811
  • 37 VI. A. 腎無形成 811
  • 37 VI. B. 低形成腎・異形成腎 811
  • 37 VI. C. 水腎症 811
  • 37 VI. D. 尿道上裂(膀胱外反症)・尿道下裂 811
  • 37 VI. E. 停留精巣(停留睾丸) 811
  • 37 VI. F. 精巣水瘤(陰囊水瘤) 811
  • 38 血液と造血器疾患
  • 38 総論
  • 38 I. 造血組織の発生 814
  • 38 II. 骨髄造血細胞の分化 815
  • 38 II. A. 造血幹細胞 815
  • 38 II. B. 骨髄造血細胞の分化制御 815
  • 38 II. C. 赤血球系造血 816
  • 38 II. D. 骨髄系造血 818
  • 38 II. E. 巨核球系造血 818
  • 38 III. リンパ球系細胞の分化 818
  • 38 III. A. Bリンパ球の分化 818
  • 38 III. B. Tリンパ球の分化 819
  • 38 IV. 小児の正常血液像 820
  • 38 V. リンパ節の構造と疾患 820
  • 38 各論
  • 38 I. 小児の貧血 823
  • 38 I. A. 貧血の定義と成因 823
  • 38 I. B. 貧血の診断 824
  • 38 I. C. 赤血球の産生障害 825
  • 38 I. D. 赤血球の分化障害 826
  • 38 I. E. 赤血球喪失の亢進 828
  • 38 II. 好中球の異常 830
  • 38 II. A. 好中球減少症 830
  • 38 II. B. 好中球機能異常症 831
  • 38 III. 血小板・凝固能の異常 832
  • 38 III. A. 止血機序 832
  • 38 III. B. 出血傾向のスクリーニング検査 832
  • 38 III. C. 血小板減少症 832
  • 38 III. D. 血小板機能異常症 835
  • 38 III. E. 先天性凝固異常症 837
  • 38 IV. 血液・造血器腫瘍 838
  • 38 IV. A. 白血病 838
  • 38 IV. B. 悪性リンパ腫 844
  • 38 IV. C. 組織球増殖性疾患 846
  • 38 IV. D. 造血器腫瘍の分子遺伝学 847
  • 39 悪性新生物
  • 39 総論
  • 39 I. 小児がんの疫学 852
  • 39 I. A. わが国の小児がんの発生頻度と種類 852
  • 39 I. B. 好発年齢と性差 852
  • 39 I. C. 発生要因 853
  • 39 II. 診断・治療の基本的な考え方 853
  • 39 II. A. 診断 853
  • 39 II. B. 治療 853
  • 39 III. 晩期障害 854
  • 39 各論
  • 39 I. 神経芽腫 855
  • 39 II. 腎腫瘍 859
  • 39 III. 肝腫瘍 861
  • 39 IV. 胚細胞性腫瘍 863
  • 39 V. 脳腫瘍 865
  • 39 VI. 網膜芽細胞腫 866
  • 39 VII. 横紋筋肉腫 867
  • 39 VIII. 骨肉腫 868
  • 39 IX. Ewing肉腫ファミリー腫瘍 869
  • 40 神経系疾患
  • 40 総論
  • 40 I. 症候から見たアプローチ 874
  • 40 I. A. 発達の遅れ 874
  • 40 I. B. 発作性の異常(けいれん・意識障害) 874
  • 40 I. C. 意識障害(持続性) 874
  • 40 I. D. 筋力低下・麻痺 874
  • 40 I. E. 小脳失調・不随意運動 875
  • 40 II. 神経学的診察法 876
  • 40 II. A. 乳幼児の神経所見のポイント 876
  • 40 II. B. 鑑別上重要な身体所見 878
  • 40 III. 神経学的検査 879
  • 40 III. A. 画像検査 879
  • 40 III. A. 1. 頭部CT検査 879
  • 40 III. A. 2. 頭部MRI検査 879
  • 40 III. A. 3. 核医学検査 880
  • 40 III. B. 電気生理検査 881
  • 40 III. B. 1. 脳波 881
  • 40 III. B. 2. 聴性脳幹反応 881
  • 40 III. B. 3. 末梢神経伝導検査 881
  • 40 各論
  • 40 I. 奇形・先天異常 882
  • 40 I. A. 神経系の先天奇形 882
  • 40 I. A. 1. 二分脊椎,髄膜瘤,Chiari II奇形 882
  • 40 I. A. 2. 脳梁欠損症 882
  • 40 I. A. 3. 全前脳胞症,中隔・視神経異形成症 884
  • 40 I. A. 4. 脳回形成異常(滑脳症,多小脳回,異所性灰白質) 884
  • 40 I. A. 5. 裂脳症,孔脳症 886
  • 40 I. A. 6. 水頭症,Dandy-Walker症候群 887
  • 40 I. B. 神経皮膚症候群・母斑症 888
  • 40 I. B. 1. 結節性硬化症 888
  • 40 I. B. 2. 神経線維腫症1型(von Recklinghausn病) 890
  • 40 I. B. 3. Sturge-Weber症候群 890
  • 40 II. 周産期脳障害 891
  • 40 III. 脳性麻痺・重度心身障害 894
  • 40 IV. 機会発作 895
  • 40 IV. A. 熱性けいれん 895
  • 40 IV. B. 熱性けいれんと鑑別すべき疾患 897
  • 40 IV. B. 1. 胃腸炎関連けいれん(軽症下痢に伴うけいれん) 897
  • 40 IV. B. 2. 憤怒けいれん 898
  • 40 V. てんかんと類縁疾患 898
  • 40 VI. 炎症性神経疾患 904
  • 40 VI. A. 急性脳症 904
  • 40 VI. B. 多発性硬化症 906
  • 40 VI. C. 急性小脳失調 906
  • 40 VI. D. オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群 907
  • 40 VII. 脳血管障害・頭部外傷 907
  • 40 VII. 1. もやもや病 907
  • 40 VII. 2. その他の脳血管障害 908
  • 40 VII. 3. 頭部外傷 908
  • 40 VIII. 神経変性疾患 908
  • 40 VIII. 1. Rett症候群 908
  • 40 VIII. 2. glucose transporter type 1欠損症 910
  • 40 VIII. 3. Joubert症候群 911
  • 40 VIII. 4. 小脳失調・脊髄小脳変性症 911
  • 40 VIII. 5. 神経セロイドリポフスチン症 912
  • 40 VIII. 6. 大脳白質形成不全症・大脳白質変性症 912
  • 40 VIII. 7. 捻転ジストニア 912
  • 40 VIII. 8. 瀬川病(日内変動を伴う遺伝性進行性ジストニア) 913
  • 41 筋・末梢神経と結合組織疾患
  • 41 総論
  • 41 筋・末梢神経と結合組織疾患総論 916
  • 41 A. 解剖と生理 916
  • 41 B. 概要と症候 916
  • 41 C. 検査法 918
  • 41 C. 1. 血液検査 918
  • 41 C. 2. 骨格筋CT,骨格筋MRI 918
  • 41 C. 3. 筋電図,末梢神経伝導速度 919
  • 41 C. 4. 筋生検 919
  • 41 C. 5. 遺伝子検査 919
  • 41 各論
  • 41 I. 神経筋疾患 920
  • 41 I. A. 運動ニューロン疾患 920
  • 41 I. A. 1. 脊髄性筋萎縮症(SMA) 920
  • 41 I. B. 末梢神経疾患 922
  • 41 I. B. 1. Guillain-Barré症候群 922
  • 41 I. B. 2. 遺伝性ニューロパチー,遺伝性運動感覚性ニューロパチー,Charcot-Marie-Tooth病 922
  • 41 I. C. 神経筋接合部疾患 923
  • 41 I. C. 1. 重症筋無力症 923
  • 41 I. D. 筋疾患 924
  • 41 I. D. 1. 筋ジストロフィー 924
  • 41 I. D. 2. 先天性ミオパチー 930
  • 41 I. D. 3. 代謝性ミオパチー 930
  • 41 I. D. 4. 内分泌障害に伴うミオパチー 933
  • 41 I. D. 5. 周期性四肢麻痺 933
  • 41 I. D. 6. 筋強直症候群 933
  • 41 I. D. 7. 炎症性ミオパチー―皮膚筋炎,多発性筋炎 936
  • 41 II. 結合組織疾患 936
  • 41 II. 1. Marfan症候群 936
  • 41 II. 2. Ehlers-Danlos症候群 937
  • 41 II. 3. 骨形成不全症 937
  • 41 II. 4. 軟骨無形成症 938
  • 41 III. 骨・関節疾患 938
  • 41 III. 1. 先天性股関節脱臼 938
  • 41 III. 2. 下肢変形 938
  • 42 発達障害と行動小児医学
  • 42 I. 知的障害(精神発達遅滞) 942
  • 42 II. 発達障害とその周辺 946
  • 42 II. A. 自閉症スペクトラム障害(ASD) 946
  • 42 II. A. 1. 自閉症(自閉性障害) 947
  • 42 II. A. 2. Rett障害(Rett症候群) 949
  • 42 II. A. 3. 小児期崩壊性障害 949
  • 42 II. A. 4. 高機能自閉症 949
  • 42 II. B. 注意欠陥・多動性障害(ADHD) 951
  • 42 II. C. 学習障害(LD) 952
  • 42 II. D. コミュニケーション障害 954
  • 42 II. E. 発達性協調障害 954
  • 42 II. F. 反抗挑戦性障害 954
  • 42 II. G. 行為(素行)障害 955
  • 42 II. H. チック障害 956
  • 42 II. I. Tourette障害 956
  • 42 II. J. 強迫性障害 957
  • 42 III. その他の行動の問題 958
  • 42 III. A. 分離不安障害 958
  • 42 III. B. 幼児期または小児期の反応性愛着障害 958
  • 42 III. C. 選択性緘黙(場面緘黙) 958
  • 42 III. D. 常同性障害 959
  • 42 IV. その他の幼児期,小児期または青年期の障害 959
  • 42 IV. A. 摂食障害 959
  • 42 IV. A. 1. 異食症 959
  • 42 IV. A. 2. 反芻性障害 959
  • 42 IV. A. 3. 幼児期および小児期早期の哺育障害 959
  • 42 IV. B. 排泄障害 959
  • 42 IV. B. 1. 遺糞症 959
  • 42 IV. B. 2. 遺尿症 960
  • 43 思春期の子どもの医療
  • 43 I. 思春期とは 962
  • 43 I. A. 思春期とは 962
  • 43 I. B. 思春期の体の変化 962
  • 43 I. C. 思春期発来の異常 963
  • 43 I. D. 思春期の心の変化 963
  • 43 II. 思春期と性 963
  • 43 II. A. 思春期の性の問題 963
  • 43 III. 不登校 964
  • 43 IV. うつ病とその周辺 966
  • 43 V. リストカット・OD・自殺 967
  • 43 VI. 過呼吸症候群 967
  • 43 VII. 飲酒・喫煙 968
  • 43 VIII. 薬物乱用 968
  • 43 IX. 摂食障害 969
  • 43 IX. A. 神経性食欲不振(無食欲)症 969
  • 43 IX. B. 神経性大食(過食)症 971
  • 43 X. 思春期に見られるその他の精神の問題 972
  • 43 X. A. 全般性不安障害 972
  • 43 X. B. 外傷後ストレス障害 972
  • 43 X. C. 転換性障害 973
  • 44 皮膚疾患
  • 44 総論
  • 44 新生児の皮膚の特徴 976
  • 44 A. 胎脂 976
  • 44 B. 皮膚の厚さ 976
  • 44 C. 小児の皮膚付属器の特徴と発達 976
  • 44 各論
  • 44 I. 新生児の一過性の皮膚の変化 977
  • 44 I. A. 新生児中毒性紅斑 977
  • 44 I. B. 鼻皮脂 977
  • 44 I. C. 稗粒腫 977
  • 44 I. D. 水晶様汗疹 977
  • 44 I. E. 網状皮斑 977
  • 44 II. 小児の湿疹・皮膚炎 978
  • 44 II. A. 新生児痤瘡 978
  • 44 II. B. 乳児脂漏性皮膚炎 978
  • 44 II. C. アトピー性皮膚炎 979
  • 44 II. D. 汗疹 982
  • 44 II. E. おむつ皮膚炎 983
  • 44 III. 母斑・血管腫 984
  • 44 III. A. 血管腫 984
  • 44 III. B. 褐色斑 986
  • 44 III. C. 黒色斑 988
  • 44 III. D. 青色斑 989
  • 44 III. E. 白色斑 990
  • 44 IV. 感染性皮膚疾患 991
  • 44 IV. A. 皮膚カンジダ症 991
  • 44 IV. B. 伝染性膿痂疹 992
  • 44 IV. C. ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 993
  • 44 IV. D. 伝染性軟属腫 994
  • 44 IV. E. 単純ヘルペス・カポジー水痘様発疹症 994
  • 45 眼疾患
  • 45 総論
  • 45 I. 眼球の発育 998
  • 45 II. 視力の発達 998
  • 45 III. 両眼視機能の発達 999
  • 45 IV. 屈折の変化 999
  • 45 V. 調節の変化 1000
  • 45 各論
  • 45 I. 先天色覚異常 1000
  • 45 II. 弱視 1001
  • 45 III. 斜視 1001
  • 45 III. A. 共同斜視(非麻痺性斜視) 1002
  • 45 III. B. 麻痺性斜視 1003
  • 45 III. C. 偽斜視 1004
  • 45 IV. 涙器の疾患 1005
  • 45 IV. A. 先天性鼻涙管閉塞 1005
  • 45 V. 眼瞼の疾患 1005
  • 45 V. A. 霰粒腫 1005
  • 45 V. B. 睫毛内反 1005
  • 45 V. C. 先天性眼瞼下垂 1005
  • 45 V. D. 眼瞼縮小症 1006
  • 45 VI. 角結膜の疾患 1006
  • 45 VI. A. 先天性角膜混濁 1006
  • 45 VI. B. Peters奇形 1006
  • 45 VI. C. 角膜デルモイド 1006
  • 45 VI. D. 結膜デルモイド 1006
  • 45 VII. 水晶体の疾患 1007
  • 45 VII. A. 小児白内障 1007
  • 45 VII. B. 水晶体偏位 1008
  • 45 VIII. ぶどう膜・前房隅角の疾患 1008
  • 45 VIII. A. 瞳孔膜遺残 1008
  • 45 VIII. B. 無虹彩 1008
  • 45 VIII. C. Axenfeld-Rieger奇形 1009
  • 45 VIII. D. 虹彩線維柱帯形成異常 1009
  • 45 VIII. E. Waardenburg症候群 1009
  • 45 VIII. F. ぶどう膜炎 1009
  • 45 VIII. G. 白子症 1010
  • 45 VIII. H. コロボーマ 1010
  • 45 VIII. I. 朝顔症候群 1010
  • 45 IX. 緑内障 1011
  • 45 IX. A. 原発先天緑内障(隅角形成異常) 1011
  • 45 IX. B. 続発緑内障 1011
  • 45 X. 網膜・硝子体の疾患 1012
  • 45 X. A. 白色瞳孔 1012
  • 45 X. B. 未熟児網膜症 1012
  • 45 X. C. 網膜芽細胞腫 1013
  • 45 X. D. 胎生血管遺残 1013
  • 45 X. E. Leber先天黒内障 1013
  • 45 X. F. 被虐待児の眼所見 1014
  • 45 XI. 視神経の疾患 1014
  • 45 XI. A. 視神経低形成 1014
  • 45 XI. B. うっ血乳頭 1014
  • 46 耳鼻咽喉疾患
  • 46 総論
  • 46 頭頸部の生理 1018
  • 46 A. 聴覚の生理 1018
  • 46 B. 鼻腔の生理 1018
  • 46 C. 音声の生理 1019
  • 46 各論
  • 46 I. 耳疾患 1019
  • 46 I. A. 先天性耳瘻孔 1019
  • 46 I. B. 外耳道炎 1019
  • 46 I. C. 急性中耳炎 1020
  • 46 I. D. 滲出性中耳炎 1020
  • 46 I. E. 慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎 1021
  • 46 I. F. 外耳・中耳先天異常 1021
  • 46 I. G. 遺伝性難聴 1021
  • 46 I. H. 後天性感音難聴 1022
  • 46 I. I. めまい 1022
  • 46 I. J. 言語発達遅滞 1023
  • 46 I. K. 顔面麻痺 1023
  • 46 II. 鼻疾患 1024
  • 46 II. A. アレルギー性鼻炎 1024
  • 46 II. B. 鼻出血 1025
  • 46 II. C. 急性副鼻腔炎 1025
  • 46 II. D. 慢性副鼻腔炎 1026
  • 46 II. E. 後鼻孔閉鎖 1026
  • 46 II. F. 鼻骨骨折・眼窩壁骨折 1026
  • 46 III. 口腔・咽頭疾患 1027
  • 46 III. A. 口内炎 1027
  • 46 III. B. がま腫 1027
  • 46 III. C. アデノイド・口蓋扁桃肥大 1028
  • 46 III. D. 急性咽頭・扁桃炎 1028
  • 46 III. E. 扁桃病巣疾患 1029
  • 46 III. F. 睡眠時無呼吸症候群 1029
  • 46 III. G. 反復性耳下腺炎 1029
  • 46 IV. 喉頭・気管疾患 1030
  • 46 IV. A. 声帯ポリープ・声帯結節 1030
  • 46 IV. B. 急性喉頭蓋炎 1030
  • 46 IV. C. 声門下喉頭炎 1031
  • 46 IV. D. 喉頭軟弱症 1032
  • 46 IV. E. 声帯麻痺 1032
  • 46 V. その他 1032
  • 46 V. A. 耳鼻咽喉領域の異物 1032
  • 46 V. B. 頸部の囊胞性疾患 1033
  • 46 V. C. 頸部リンパ節腫脹 1034
  • 47 歯・ロ腔疾患
  • 47 総論
  • 47 口腔領域の発育と小児期の歯科疾患 1038
  • 47 A. 歯の発育 1038
  • 47 B. 歯列および咬合の発育 1038
  • 47 C. 小児期の歯科疾患と現状 1038
  • 47 各論
  • 47 小児期の歯科疾患 1039
  • 47 A. 先天異常 1039
  • 47 B. う蝕 1041
  • 47 C. 歯周疾患 1042
  • 47 D. 歯列・咬合の異常 1044
  • 47 E. 顎関節症 1044
  • 47 F. 口腔の習癖 1045
  • 47 G. 歯の外傷 1046
  • 47 H. 小帯の異常 1047
  • 48 骨・関節疾患
  • 48 総論
  • 48 骨の解剖と成長 1052
  • 48 各論
  • 48 I. 全身の骨・関節疾患 1052
  • 48 I. A. 軟骨無形成症(軟骨異栄養症) 1052
  • 48 I. B. 脊椎骨端異形成症 1053
  • 48 I. C. 骨形成不全症 1053
  • 48 I. D. 大理石骨病 1053
  • 48 I. E. 先天性多発性関節拘縮症 1054
  • 48 II. 体幹の疾患 1054
  • 48 II. A. 斜頸 1054
  • 48 II. B. 脊柱変形 1054
  • 48 III. 上肢の骨・関節疾患 1054
  • 48 III. A. 分娩麻痺 1054
  • 48 III. B. 外反肘・内反肘 1055
  • 48 IV. 下肢の骨・関節疾患 1055
  • 48 IV. A. 先天性股関節脱臼 1055
  • 48 IV. B. Perthes病 1055
  • 48 IV. C. 大腿骨頭すべり症 1055
  • 48 IV. D. 内反膝・外反膝・反張膝 1055
  • 48 IV. E. Osgood-Schlatter病 1056
  • 48 IV. F. 先天性下腿偽関節症 1056
  • 48 IV. G. 内反足・外反足 1056
  • 48 V. 骨・軟部腫瘍と類似疾患 1057
  • 48 V. A. 骨腫瘍 1057
  • 48 V. B. 骨腫瘍類似疾患 1057
  • 48 V. C. 軟部腫瘍 1057
  • 48 VI. 骨関節の外傷と感染症 1057
  • 48 VI. A. 骨折 1057
  • 48 VI. B. 肘内障 1058
  • 48 VI. C. 骨・関節感染症 1058
  • 49 小児科学の学び方
  • 49 I. 小児科学の学び方 1062
  • 49 II. 小児医学の歴史的背景を知る 1062
  • 49 III. 小児科学が果たしてきた医学の新展開への役割を知る 1062
  • 49 IV. 成長と発達の理解と診断能力を修得する 1063
  • 49 V. 小児医療倫理を常に念頭に学ぶ 1064
  • 49 VI. 小児の予防医学の重要性を学習する 1064
  • 49 VII. 小児期の多数の疾患の学習法 1064
  • 49 VIII. 小児の症候の学習法 1065
  • 49 IX. 年齢に応じた疾患の重要性を学習する 1065
  • 49 X. 小児科学は小児の心身の問題すべてに対応する 1065
  • 49 XI. 小児科学の学習を通して学んでほしいこと 1065
  • 50 薬物投与の基本的考え方
  • 50 I. 薬物動態学・薬力学と臨床薬理学 1068
  • 50 II. 小児における製剤・添加剤と薬物動態 1074
  • 50 III. 小児の薬力学 1077
  • 50 IV. 治療的薬物モニタリング(TDM) 1077
  • 50 V. 妊娠・授乳と薬 1078
  • 50 VI. 臨床現場におけるその他の留意点 1078
  • 51 小児の薬用量
  • 51 I. 抗菌薬 1083
  • 51 II. 抗ウイルス薬 1085
  • 51 III. 抗真菌薬 1085
  • 51 IV. 抗寄生虫薬 1086
  • 51 V. 解熱・鎮痛・抗炎症薬 1086
  • 51 VI. アレルギー用薬 1086
  • 51 VII. 循環器用薬 1087
  • 51 VIII. 蘇生用薬 1088
  • 51 IX. 呼吸器用薬 1088
  • 51 X. 消化器用薬 1089
  • 51 XI. ビタミン 1090
  • 51 XII. 代謝疾患用薬 1090
  • 51 XIII. 血液疾患用薬 1090
  • 51 XIV. 利尿薬 1091
  • 51 XV. ホルモン 1091
  • 51 XVI. 神経用薬 1092
  • 51 XVII. 精神用薬 1093
  • 51 XVIII. 免疫抑制薬 1093
  • 51 XIX. 感覚器用薬(耳・鼻・眼) 1093
  • 52 正常数値など
  • 52 I. 血液学 1096
  • 52 II. 血液生化学 1096
  • 52 III. 血液の物理学的性質 1098
  • 52 IV. 肝機能 1099
  • 52 V. 内分泌機能 1099
  • 52 VI. 腎機能 1102
  • 52 VII. 健康小児の髄液 1104
  • 52 VIII. 臓器の重量 1104
  • 52 IX. 小児の成長 1105
  • 52 X. 体格・体型判定票 1112
  • (●)索引 1113

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで