サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

「知の加工学」事始め : 受容し、加工し、発信する日本の技法

松永典子, 施光恒, 吉岡斉 編著

詳細情報

タイトル 「知の加工学」事始め : 受容し、加工し、発信する日本の技法
著者 松永典子, 施光恒, 吉岡斉 編著
著者標目 松永, 典子, 1959-
著者標目 施, 光恒, 1971-
著者標目 吉岡, 斉, 1953- 2018
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社編集工房球
出版地東京
出版社新宿書房
出版年月日等 2011.3
大きさ、容量等 232p ; 22cm
ISBN 9784880084152
価格 3500円
JP番号 21939718
NS-MARC番号 121904800
部分タイトル 「知の加工学」の可能性 / 施光恒 著
部分タイトル 〈知〉の受容・加工 近代日本の「知の加工」と翻訳 / 松永典子 著
部分タイトル 九州帝大初の女子留学生 / 波潟剛 著
部分タイトル 幕末・明治期における西洋の政治的諸概念の加工 / 大河原伸夫 著
部分タイトル 〈知の加工〉と〈教養〉 / 鏑木政彦 著
部分タイトル 日本近代文学における身体の受容と表現 / 松本常彦 著
部分タイトル 石炭液化とイソオクタン製造にみる日本の技術水準 / 三輪宗弘 著
部分タイトル 〈知〉の活用・発信 日本におけるコミュニティ概念の定着と住民自治 / 松井康浩 著
部分タイトル 日本留学者の帰国後の就業状況と留学経験への評価 / 阿部康久, 徐亜文 著
部分タイトル 法整備支援と日本の経験 / 大屋雄裕 著
部分タイトル 日本の原子力産業の国際戦略 / 吉岡斉 著
出版年(W3CDTF) 2011
件名(キーワード) 日本研究
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB61
NDC(9版) 210.04 : 日本史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで